注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

セルフで前髪をカットする方法と、失敗した時の対処法とは

セルフで前髪をカットするなら、美容室へ行ってカットしてもらった前髪をキープするくらいの頻度で、カットしましょう。

そうすると、美容師さんが作ってくれた前髪をベースにカットすることができるので失敗する確率が減りますよ。

なので、前髪は伸びたと感じる前にちょこっとカットするのが正解です!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新卒基本給15万の会社に入社する時のチェック項目と生活実態

新卒で基本給15万が多いか少ないかの判断は難しく、決して余裕がある金額ではありませんが、地方では基本...

サッカー選手の結婚が早いのはなぜなのか?について調査!

サッカー選手の結婚って早いイメージがありませんか?実際、日本人の平均初婚年齢よりも大幅に早いこと...

心拍数を下げる方法や緊張を和らげるコツとトレーニングとは

緊張すると人は呼吸が早くなったり、心拍数が上がりますが、その上がった心拍数を下げるにはどうしたらいい...

突然メールが来なくなるのはなぜ?理由についてをご紹介

突然メールが来なくなることは、よくあります。一番多い理由は単純に、あなたへの興味を失ったから。...

女性がスカートをはく理由にはさまざまなものがその理由とは

スカートといえば女性のものというイメージですが、なぜ女性はスカートをはくのでしょうか?女性がスカート...

電車でスーツケースが転がる時の対処法・迷惑にならない乗車方法

電車でスーツケースが転がると周囲の乗客の方たちに迷惑をかけてしまいますよね。周りに迷惑をかけないよう...

男性必見!定番シャツをおしゃれに着こなすポイント

男性が私服でよく着るシャツは、着こなし方やシャツの選び方次第で、おしゃれにもダサくも見えてしまうので...

絵のコツ【顔の描き方】上達するポイントやバランスの取り方

絵のコツについて、顔が上手に描けないという人はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?人の顔を...

顔の輪郭のニキビの原因と改善のためのスキンケアや予防習慣

顔の輪郭にニキビができてしまうととても気になってしまいます。嫌な大人ニキビを改善するためには、どうし...

趣味が貯金の男性は人気!見分けるための特徴と判断する方法

趣味が貯金という男性に対してどんなイメージがありますか?最近では、収入が多い男性よりも貯金がある...

体の柔軟性について。 柔らかい事のメリットは沢山。意外な効果も

前屈すると床に手が届かない、背中に回した手がくっつかないなど体が硬いと感じている方は多いのではないで...

彼氏がピアスを嫌がる理由と納得させるコツや対処法とは

彼氏がピアスを嫌がるのはどうしてなのでしょう?彼女のピアスを嫌がる理由とは?では、そんな彼女...

横顔が綺麗な男性の特徴!女性が思わずドキリとする瞬間

男性と並んで歩いていて、ふと隣を見た時に「あっ、横顔が綺麗…」なんて心の中で思ったことはありませんか...

油絵の風景画で気をつける事とは?初心者が上達するコツを紹介

初心者が油絵の風景画を描くときには、いったいどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?風景画と...

ホログラムネイルの落とし方のオススメのコツや注意点とケア方法

ホログラムのネイルって普通のネイルの落とし方では、簡単に落ちないですよね。では、そんな頑固な...

スポンサーリンク

セルフで前髪をカットする方法をお教えいたします!

あなたは、セルフで前髪をカットしていますか。前髪程度なら、ちょっと伸びてきた時に、セルフカットしている人も少なくないと思います。

美容室へ行ってから随分と時が経ってしまうと、前髪が伸びすぎて、カット直後はどんな前髪だったのかさえ思い出すことも不可能になります。そこからのセルフカットは、慣れていないと至難の業に違いありません。

セルフで前髪をカットする方法を、覚えておくと、少し伸びてきた時にカットすることができ失敗することが少なくなりますよ。

サイドに斜めに流れる前髪のカット方法

まずは、前髪以外をカットしてしまわないように、横の髪をヘアクリップで留めます。前髪の分け目を決め、分けた時に少ない方の髪もヘアクリップで留めて置きましょう。

前髪にクシを入れ、ハサミを縦に入れながら、カットしていきましょう。後々、斜めに流すので、少し長めにカットしてください。

長さを整えた前髪を、流したい方向と反対方向に持っていき、斜めにカットするための緩やかな角度を決定しましょう。そして、再び縦にハサミを入れてカットしていきましょう。

その後、スキバサミを利用して、前髪を自然な仕上がりにしていきます。少量の毛束を手に取って、流したい方向とは逆にねじります。ねじった髪に、中間と下部分に一回ずつ、ハサミの角度が下から上になるように斜めにスキバサミを入れます。他の部分も同じように、少しずつ手にとって、流したい方とは逆の方向に毛束をねじり、中間と下部分にスキバサミを入れて行きましょう。

最後に、分け目より横に留めておいた前髪を、横の前髪と長さが同じ長さになりるようにカットします。目に髪がかからない程度の長さの斜め前髪になれば終了です。クシを使用することで、緩やかな角度で斜めにカットすることが出来ます。失敗しないように、少しずつカットして行きましょう。

セルフで前髪をカットしたい!必要な道具とは?

セルフカットに使うもの

カットするために必要なのは、ヘアカット用のハサミ。そしてピンやクリップ、なければゴムやヘアバンドなどでもかまいません。最後に、コームです。
この3つは、セルフカットに必ず使用するアイテムとも言えます。

髪さえ切れればよいのだからと、ハサミであれば何でも良いのではと思っていませんか。買うのが面倒だからと、自宅にある工作用のハサミや布用の裁ちばさみなどを使って髪を切ろうとしている人もいるかもしれませんが、工作用のハサミは、切り口などは考慮されていない場合もあります。裁ちばさみは繊維を切るために作られているため、布以外の物を切ると、刃が欠けたり、切れ味が悪くなってしまう可能性もあります。

ハサミはそれぞれの使い道に対して、最適な状態で切れるように作られているのです。ですから、髪を切る際は、ヘアカット用のハサミを使用しましょう。小さめのサイズをつかうと、初心者は失敗しづらいでしょう。
髪の分量を調整したい時は、スキバサミを持っていると、便利です。

前髪をカットする際に、他の髪を切ってしまわないように、横髪などを留めておくよいでしょう。そのためにも、ピンやクリップは必要不可欠です。また切る前には、コームなどを使ってしっかりと、髪をとかしておきましょう。

セルフで前髪をカットするなら10日に1度くらいがベスト

セルフで前髪をカットの頻度

10日に1度くらいがベストでしょう。髪は1週間で3ミリ程度しか伸びません。10日程度経過した段階でもまだ数ミリ程度しか伸びていないはずです。数ミリ程度セルフカットすることで、元の状態の前髪をキープする事ができます。少し伸びたらカット、また少し伸びたらカットするという事を繰り返して微調整していけば、大きな失敗もさけられます。カット自体にも時間がかからず、簡単に完成させることができるのです。

万が一、放置してしまい、髪型が崩れるまで前髪を伸ばしきってしまった場合、元の長さにしようとしても、元の長さが思い出せず、上手く切ることができない可能性があります。短くしすぎたり、元の前髪から遠のいてしまうこともあるでしょう。。

もし、美容室でカットしてきたら、まずは自分の髪を写真に収めましょう。その髪を見て自分でカットすれば、更に自然に仕上がるはずです。
また、同じ髪型にしてもらいたいときは、自分の写真を美容室に持って行けば良いので、気に入った髪型に仕上げてもらった場合は、写真に撮っておくと便利でしょう。

セルフで前髪をカット、失敗した場合

セルフカットの失敗をイメージチェンジに生かす

カラーリングやメイクを変えてみるだけで、いつもと違う雰囲気になり、個性的なスタイルを楽しむこともできます。

また、切りすぎた前髪を横に流して、耳に両方の髪を掛けて思い切って顔を出してしまいましょう。ヘアワックスやヘアピンで髪を抑えると格好良くなり、いつもとは違うカッチリとした雰囲気になります。

派手なヘアピンやヘアバンドなどを使うと、そちらに目が行くので、失敗してしまった前髪から視線をそらすことができます。カッチリスタイルなら、耳元に大ぶりのイヤリングなどをつけるのも効果的でしょう。

工夫して済むほど前髪カットの失敗が軽度ではない場合、美容室に事情を話して再カットしてもらうのが無難です。腕の良い美容師であれば、現在の失敗を生かして、プラスに変えてくれるはずです。思っていたより、もっとステキになる可能性もあるのです。

失敗は成功のもとです。失敗から得られることもあります。新たなスタイルに、以外な発見があるかもしれません。
恐れずに、まずは、自分でセルフカットしてみましょう。