注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で涙袋をGETできる事があるようです。

涙袋の筋肉を鍛えたい時、どんなトレーニングを行えば良いのでしょうか。筋肉を鍛える時の注意点は?

そこで今回は、涙袋の筋肉を鍛えることができるトレーニング方法と、注意点についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

疑問と質問の違いとは?上手に質問する方法を紹介

疑問と質問にはどのような違いがあるのでしょうか?「質問はありますか?」と聞かれたときには、質問したほ...

彼女が料理を頑張ってる姿に胸キュンする男性は多いと判明

彼女の料理が美味しいと、それだけで男性は嬉しいものですが、料理が苦手でも頑張ってる姿に可愛いと感じて...

【男子向け】眉毛を整える方法~簡単お手入れのコツ

あなたの眉毛はきちんと手入れがされたスッキリとした印象ですか?眉毛なんて一度も整えたことがないと...

不安な気持ちを解消させるなら、音楽を聴いてみよう

日々の生活を送っていると、仕事や勉強、家事や育児、人間関係などさまざまな要因が重なって強いストレスを...

ピアスホールがが安定しない期間が半年!安定までにかかる期間

半年たってもピアスホールが安定しないことに頭を悩ませている人もいますよね。せっかくピアスを開けたので...

黒い服に付いたほこりの取り方!すぐにできる方法と外出先の対処

黒い服はいろいろなアイテムとも合わせやすく、誰もが1枚は持っていると思います。しかし、黒い服は他...

絵画の写真の上手な撮り方とは?コツと注意点を徹底解説

デジカメの性能もどんどん良くなっているので、自分の描いた絵画や美術館などに展示してある絵画の写真を撮...

日本のおもてなしを外国の人はどう思っている?海外の反応とは

日本のおもてなしは世界で一番!?海外の反応はどのようなものなのでしょうか?日本のおもてなしが...

彼女のお弁当、迷惑なんだよね。だってマズイから…ごめん

彼女がお弁当を作ってくれる!本来ならば、嬉しいことですが、その弁当、マズイんです…。そん...

髪の毛のお団子ヘアは短い髪でもできるコツで可愛くアレンジ

お団子ヘアの髪の毛ってとても可愛いくてオシャレですが、短い髪の毛でもできるのでしょうか?では...

ショートヘアの切り方とは?女性がセルフで切る場合の注意点

美容室へ行きたいと思っても「お金もかかるし、ゆっくり行ける時間もないし…。」と前回行ってから期間が空...

ありがとうやごめんなさいが素直に言える人は最強モテ女子

「ありがとう」や「ごめんなさい」が素直に言える人。あなたの周りにもいるのでは?大人になればなるほ...

髪切ったけど明らかに失敗でしょ!衝撃の私と鏡の中でご対面

髪切った。失敗。もう、絶望的ですよね?鏡の中仕上がった自分。えっ!?これが仕上がり!...

彼女が悩みを話さないのはナゼ?頼って欲しいのに頼られない時は

彼女が自分に対して悩みを話さないことが気になる…。彼女が悩み事を相談しないのは、あなたにだけ...

ハムスターが擬似冬眠してしまったら温めとマッサージが必要

ハムスターの擬似冬眠を知っていますか?ハムスターを飼育には温度が重要。寒すぎると疑似冬眠をしてしまう...

スポンサーリンク

涙袋の筋肉を鍛えるトレーニング方法

涙袋の筋肉を鍛えたい方にオススメなトレーニング方法をご紹介致します。

涙袋はピースサイン体操で鍛える

これは、目だけ上を見ている状態で、両目の両端を、手の人差し指と中指で押さえるというもの。

さらに、その状態で目を細めるイメージで下まぶたを引き上げましょう。

だいたいこのトレーニング1回を10回行うのが1セットとして、一日に数セット行ってください。

かなり涙袋の筋肉が鍛えられますよ。

ウインクも涙袋を鍛える事ができる

これはすごく簡単です。

ただ目を強く何度もつぶるという方法です。

このとき、注意して欲しいのが、頬の筋肉を使わないようにすること。

涙袋の筋肉を鍛えるように意識してやりましょう。

また、シンプルで簡単な目を細くして、眉毛を上げるだけという細目方法もありますよ。

いずれも続けることで、効果を得られるはずです。

涙袋の筋肉を鍛えるにはこんな方法も

8の字方法で鍛える

両目の目線を動かしていく8の字方法というものもあるんです。

両目を大きく見開いた状態で、黒目で目線を8の字を意識して動かしていきましょう。

5回くらい続けたら、次は先ほどとは逆方向で動かしていきます。

隙間時間などに行うだけでも、きっと効果は現れますよ。

それから、下まぶたでまばたきすることで、涙袋の周りの筋肉を鍛えることができます。

これは、下まぶたを目一杯上に引き上げるように意識して行うのがポイントです。

もちろん、その前に上のまぶたも下がらないように意識してくださいね。

これも一日に30回くらい行えば、筋肉は鍛えられていきますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

涙袋の筋肉を鍛える時は気をつけないと逆効果になることも

涙袋の筋肉を鍛えるということ

涙袋の筋肉を鍛える時は、注意しなければならないこともあります。

皮膚のたるみを引き締めることにも効果がありますが、それが過剰に伸ばしてしまうこともあるのです。

涙袋を答えたいあまりに、無理に皮膚を引っ張るようなトレーニングを続けていると、逆に皮膚が伸びて逆効果になる場合があるのです。

それから、まぶたの上げ下げなどを行うことで、顔の表情がくしゃくしゃになる動きになっていると、しわができてしまうこともあります。

これは、過度のトレーニングによる逆の効果になります。

ですから、涙袋のためにはトレーニングを続けることは大切ですが、逆効果を引き起こすようなやりすぎなトレーニングはやめましょう。

適度に行うことが大切です。気をつけましょう!

女性の涙袋は男性からの人気にも差がでる?

女性は涙袋があると、見た目の印象が明るくなり、男性からの人気がアップします。

この涙袋ですが、生まれつきに目立つ女性もいれば、逆に全く目立たない女性もいるのです。

中には、笑った時にこの涙袋が表れる女性もいますよね。

でも、できることなら常に涙袋が表れて、女性として魅力的になりたいものですよね。

涙袋は表情を明るくしたり、親しみやすさを感じる効果があります。

しかし、逆に涙袋がない女性は表情が暗く見えたり、沈んだ感じの印象になってしまうのです。

例え、美人だとしてもこの涙袋がないだけで、男性からは近づきがたい印象になってしまうこともあります。

確かに、涙袋のある女性って明るくて愛嬌がありませんか?

あなたの周りにもいる涙袋女子を思い浮かべてみてください。

涙袋があるだけで、男性からも気軽に話しかけやすい、親しみやすいと思われるそうですよ。

こんなにも、涙袋があるとないとで、人から受ける印象は変わってくるんですね。

だったら、やっぱり涙袋のある女性になりたいですよね。

涙袋の筋肉を鍛えてキレイな女性に近付こう

涙袋は、特に笑った時にでてくる事が多いですよね。むしろ、笑ったときだけしかでてこない人もいます。

これは、笑ったり、目を細めることで、涙袋の筋肉が盛り上がってくるからなんです。

このように、笑ったときに涙袋がでてくる人は、涙袋の筋肉である眼輪筋が発達しているということになります。

それなら、ぜひトレーニングをして、笑っていないときでも自然と涙袋がでてくるように頑張りたいですよね。

綺麗な女性の必須アイテムとも言える涙袋は、トレーニングを繰り返せば、鍛えることができます。

ただ、これは継続しなければ意味がありません。

もちろんやりすぎはいけませんよ。

適度なトレーニングを行って、モテ女子のアイテム、涙袋をゲットしましょうね。

ぜひトレーニングの方法を参考にして、頑張ってください。

あなたも涙袋の筋肉を鍛えてキレイな女性に近づきましょう!