注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で涙袋をGETできる事があるようです。

涙袋の筋肉を鍛えたい時、どんなトレーニングを行えば良いのでしょうか。筋肉を鍛える時の注意点は?

そこで今回は、涙袋の筋肉を鍛えることができるトレーニング方法と、注意点についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼女のスタイルが良くないと嫌ですか?男性の意見とは

女性の考える美の基準と、男性が求める女性の魅力にはズレがありますが、女性は「スタイルが良くない私が彼...

熱帯魚のヒーターが故障したときの緊急対策や備えと注意点

熱帯魚のヒーターの故障は熱帯魚を飼育する上でありえることです。しかし、はじめて熱帯魚を飼育し...

中国の結婚式はいくらご祝儀が必要?日本とは違う中国の風習

中国の結婚式と聞いてピンと来ない方がほとんどではないでしょうか。中国の結婚式は日本とは違うため、...

絵画を購入するときのポイント 初心者の買い方レッスン

絵画の購入を考えているけれど、初心者はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?そのときの気...

寝起きに体重が重いのは女性ならではの原因や出来る事を紹介

ダイエットの基本、一日の夜と朝に体重計に乗るのは大事なことです。朝体重計に乗ったら、昨晩より...

東洋人と西洋人の顔の作りの違いって?決定的な違いについて

東洋人と西洋人の顔の作りって、何かが決定的に違うと思いませんか?その理由は、人種の起源が違う...

別れ話の保留ってどのくらいの期間?結局連絡ないまま自然消滅に

別れ話になって『今までありがとう!お幸せに!』なんて、さわやかに別れられることはありませんよね?...

男性のセルフカットの方法!初心者でもできるカットのコツ

男性の皆さんは、普段髪を切る時には理容室や美容室で切っているという方が多いと思いますが、最近は男性で...

体育でダンスが必修になったのはなぜ?現場で起こる問題点

中学校の体育でダンスが必修科目になったのが、平成20年。それから改定されたりしながら、今中学生は...

耳に髪の毛をかける人の心理・髪の毛をかける仕草は男性に人気

耳に髪の毛をかける人を見かける事もありますよね。髪の毛に癖がついてしまう事もあるのに、耳に髪の毛をか...

体の柔軟性について。 柔らかい事のメリットは沢山。意外な効果も

前屈すると床に手が届かない、背中に回した手がくっつかないなど体が硬いと感じている方は多いのではないで...

ハイライトはセルフでの入れ方をマスターすれば簡単にできます

美容室でカラーリングする時、ハイライトを入れてもらうと印象が変わりますよね。しかし、毎月美容...

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできる?水槽の作り方

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできるのでしょうか?掃除をしないでキレイなままの水槽であればとても...

好きな人が留学!連絡がきた時・連絡をする時の連絡のとり方

片思い中の好きな人が留学してしまうことになったら、しばらくの間会うことができずに寂しい思いをしてしま...

指輪をつける指の位置はバランスとデザインを考えて決めよう!

指輪の重ね付けっておしゃれで素敵ですよね。でも、自分もやってみたいとは思ってもつける指の位置...

スポンサーリンク

涙袋の筋肉を鍛えるトレーニング方法

涙袋の筋肉を鍛えたい方にオススメなトレーニング方法をご紹介致します。

涙袋はピースサイン体操で鍛える

これは、目だけ上を見ている状態で、両目の両端を、手の人差し指と中指で押さえるというもの。

さらに、その状態で目を細めるイメージで下まぶたを引き上げましょう。

だいたいこのトレーニング1回を10回行うのが1セットとして、一日に数セット行ってください。

かなり涙袋の筋肉が鍛えられますよ。

ウインクも涙袋を鍛える事ができる

これはすごく簡単です。

ただ目を強く何度もつぶるという方法です。

このとき、注意して欲しいのが、頬の筋肉を使わないようにすること。

涙袋の筋肉を鍛えるように意識してやりましょう。

また、シンプルで簡単な目を細くして、眉毛を上げるだけという細目方法もありますよ。

いずれも続けることで、効果を得られるはずです。

涙袋の筋肉を鍛えるにはこんな方法も

8の字方法で鍛える

両目の目線を動かしていく8の字方法というものもあるんです。

両目を大きく見開いた状態で、黒目で目線を8の字を意識して動かしていきましょう。

5回くらい続けたら、次は先ほどとは逆方向で動かしていきます。

隙間時間などに行うだけでも、きっと効果は現れますよ。

それから、下まぶたでまばたきすることで、涙袋の周りの筋肉を鍛えることができます。

これは、下まぶたを目一杯上に引き上げるように意識して行うのがポイントです。

もちろん、その前に上のまぶたも下がらないように意識してくださいね。

これも一日に30回くらい行えば、筋肉は鍛えられていきますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

涙袋の筋肉を鍛える時は気をつけないと逆効果になることも

涙袋の筋肉を鍛えるということ

涙袋の筋肉を鍛える時は、注意しなければならないこともあります。

皮膚のたるみを引き締めることにも効果がありますが、それが過剰に伸ばしてしまうこともあるのです。

涙袋を答えたいあまりに、無理に皮膚を引っ張るようなトレーニングを続けていると、逆に皮膚が伸びて逆効果になる場合があるのです。

それから、まぶたの上げ下げなどを行うことで、顔の表情がくしゃくしゃになる動きになっていると、しわができてしまうこともあります。

これは、過度のトレーニングによる逆の効果になります。

ですから、涙袋のためにはトレーニングを続けることは大切ですが、逆効果を引き起こすようなやりすぎなトレーニングはやめましょう。

適度に行うことが大切です。気をつけましょう!

女性の涙袋は男性からの人気にも差がでる?

女性は涙袋があると、見た目の印象が明るくなり、男性からの人気がアップします。

この涙袋ですが、生まれつきに目立つ女性もいれば、逆に全く目立たない女性もいるのです。

中には、笑った時にこの涙袋が表れる女性もいますよね。

でも、できることなら常に涙袋が表れて、女性として魅力的になりたいものですよね。

涙袋は表情を明るくしたり、親しみやすさを感じる効果があります。

しかし、逆に涙袋がない女性は表情が暗く見えたり、沈んだ感じの印象になってしまうのです。

例え、美人だとしてもこの涙袋がないだけで、男性からは近づきがたい印象になってしまうこともあります。

確かに、涙袋のある女性って明るくて愛嬌がありませんか?

あなたの周りにもいる涙袋女子を思い浮かべてみてください。

涙袋があるだけで、男性からも気軽に話しかけやすい、親しみやすいと思われるそうですよ。

こんなにも、涙袋があるとないとで、人から受ける印象は変わってくるんですね。

だったら、やっぱり涙袋のある女性になりたいですよね。

涙袋の筋肉を鍛えてキレイな女性に近付こう

涙袋は、特に笑った時にでてくる事が多いですよね。むしろ、笑ったときだけしかでてこない人もいます。

これは、笑ったり、目を細めることで、涙袋の筋肉が盛り上がってくるからなんです。

このように、笑ったときに涙袋がでてくる人は、涙袋の筋肉である眼輪筋が発達しているということになります。

それなら、ぜひトレーニングをして、笑っていないときでも自然と涙袋がでてくるように頑張りたいですよね。

綺麗な女性の必須アイテムとも言える涙袋は、トレーニングを繰り返せば、鍛えることができます。

ただ、これは継続しなければ意味がありません。

もちろんやりすぎはいけませんよ。

適度なトレーニングを行って、モテ女子のアイテム、涙袋をゲットしましょうね。

ぜひトレーニングの方法を参考にして、頑張ってください。

あなたも涙袋の筋肉を鍛えてキレイな女性に近づきましょう!