注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で涙袋をGETできる事があるようです。

涙袋の筋肉を鍛えたい時、どんなトレーニングを行えば良いのでしょうか。筋肉を鍛える時の注意点は?

そこで今回は、涙袋の筋肉を鍛えることができるトレーニング方法と、注意点についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

尾ぐされ病治療方法・ベタの尾ぐされ病の知識を知って正しい治療

飼育しているベタの尾がボロボロになってきたときは、「尾ぐされ病」が疑われます。まだベタの飼育初心者の...

おばさんは何歳から?50代は?おばさんの年齢について

「私はもうおばさんだから…。」と口では言っていても、心の中ではまだおばさんではないって思っていません...

50代後半の男性へゴルフウェアをプレゼントする場合の選び方

50代後半でゴルフが趣味の男性だとかなりの腕前だと想像できますよね。もし自分の父親や上司がそ...

金魚が薬浴したあとの戻し方を解説!薬浴の期間や方法について

金魚が病気をしてしまったら、体調を回復させるためにも薬浴をすることがあります。金魚の元気を取り戻すた...

警察と検察の気になる仲、両者の仕事の役割を解説

刑事ドラマなどを見ていると、警察と検察の仲が悪いと感じてしまうこともあります。テレビの影響で、実際に...

【髪の毛を巻く方法】コテなしでも簡単にできちゃう方法を解説

おしゃれに敏感な女子なら、コテを使ってゆるふわ巻き髪にしたいですよね。でも毎日コテを使うとな...

【ファンデーションの塗り方】崩れないリキッドファンデの使い方

普段リキッドファンデーションを愛用しているという方も多いと思います。しかし、慌ただしい朝には...

うさぎが毛づくろいの時に鳴く理由とうさぎの鳴き声について

ペットとしても人気のうさぎですが、周りにうさぎを飼っている人はいますか?飼い始めた頃の場合は...

オンとオフの切り替えは大切!オン・オフの切替で充実した生活を

オンとオフの切り替えがなかなかできず、充実した生活ができていないと感じている人もいるのではないでしょ...

化粧のやり方で50代に大切なのはハリとツヤ感!大人美人メイク

50代になると肌の乾燥が気になったり、メイクのノリが良くないと感じたり、いろいろと肌トラブルが増えて...

緑の下地の使い方とは?上手く使いこなせばカバー力がアップ

緑の下地の使い方を間違えてしまうと、カバーするどころか顔色が悪く見えてしまう原因に!?緑の下...

絵画を購入するときのポイント 初心者の買い方レッスン

絵画の購入を考えているけれど、初心者はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?そのときの気...

彼氏が家に来るのが嫌だ!図々しい彼氏との今後について

彼氏が家に来るの、嫌だ!最初の頃は楽しかったけど、今では私の部屋で自分のオウチのようにくつろ...

告白の返事を保留。食事に行った後告白したら返事は保留に

告白の返事を保留に…。関係を発展させたいから告白したのに、保留って!「二人きりで食事...

プラバンの作り方!簡単キーホルダーの作り方とキレイに作るコツ

プラバンはお子様にも人気で、自分の好きなイラストを描いたり、お気に入りのキャラクターの絵を描いたりと...

スポンサーリンク

涙袋の筋肉を鍛えるトレーニング方法

涙袋の筋肉を鍛えたい方にオススメなトレーニング方法をご紹介致します。

涙袋はピースサイン体操で鍛える

これは、目だけ上を見ている状態で、両目の両端を、手の人差し指と中指で押さえるというもの。

さらに、その状態で目を細めるイメージで下まぶたを引き上げましょう。

だいたいこのトレーニング1回を10回行うのが1セットとして、一日に数セット行ってください。

かなり涙袋の筋肉が鍛えられますよ。

ウインクも涙袋を鍛える事ができる

これはすごく簡単です。

ただ目を強く何度もつぶるという方法です。

このとき、注意して欲しいのが、頬の筋肉を使わないようにすること。

涙袋の筋肉を鍛えるように意識してやりましょう。

また、シンプルで簡単な目を細くして、眉毛を上げるだけという細目方法もありますよ。

いずれも続けることで、効果を得られるはずです。

涙袋の筋肉を鍛えるにはこんな方法も

8の字方法で鍛える

両目の目線を動かしていく8の字方法というものもあるんです。

両目を大きく見開いた状態で、黒目で目線を8の字を意識して動かしていきましょう。

5回くらい続けたら、次は先ほどとは逆方向で動かしていきます。

隙間時間などに行うだけでも、きっと効果は現れますよ。

それから、下まぶたでまばたきすることで、涙袋の周りの筋肉を鍛えることができます。

これは、下まぶたを目一杯上に引き上げるように意識して行うのがポイントです。

もちろん、その前に上のまぶたも下がらないように意識してくださいね。

これも一日に30回くらい行えば、筋肉は鍛えられていきますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

涙袋の筋肉を鍛える時は気をつけないと逆効果になることも

涙袋の筋肉を鍛えるということ

涙袋の筋肉を鍛える時は、注意しなければならないこともあります。

皮膚のたるみを引き締めることにも効果がありますが、それが過剰に伸ばしてしまうこともあるのです。

涙袋を答えたいあまりに、無理に皮膚を引っ張るようなトレーニングを続けていると、逆に皮膚が伸びて逆効果になる場合があるのです。

それから、まぶたの上げ下げなどを行うことで、顔の表情がくしゃくしゃになる動きになっていると、しわができてしまうこともあります。

これは、過度のトレーニングによる逆の効果になります。

ですから、涙袋のためにはトレーニングを続けることは大切ですが、逆効果を引き起こすようなやりすぎなトレーニングはやめましょう。

適度に行うことが大切です。気をつけましょう!

女性の涙袋は男性からの人気にも差がでる?

女性は涙袋があると、見た目の印象が明るくなり、男性からの人気がアップします。

この涙袋ですが、生まれつきに目立つ女性もいれば、逆に全く目立たない女性もいるのです。

中には、笑った時にこの涙袋が表れる女性もいますよね。

でも、できることなら常に涙袋が表れて、女性として魅力的になりたいものですよね。

涙袋は表情を明るくしたり、親しみやすさを感じる効果があります。

しかし、逆に涙袋がない女性は表情が暗く見えたり、沈んだ感じの印象になってしまうのです。

例え、美人だとしてもこの涙袋がないだけで、男性からは近づきがたい印象になってしまうこともあります。

確かに、涙袋のある女性って明るくて愛嬌がありませんか?

あなたの周りにもいる涙袋女子を思い浮かべてみてください。

涙袋があるだけで、男性からも気軽に話しかけやすい、親しみやすいと思われるそうですよ。

こんなにも、涙袋があるとないとで、人から受ける印象は変わってくるんですね。

だったら、やっぱり涙袋のある女性になりたいですよね。

涙袋の筋肉を鍛えてキレイな女性に近付こう

涙袋は、特に笑った時にでてくる事が多いですよね。むしろ、笑ったときだけしかでてこない人もいます。

これは、笑ったり、目を細めることで、涙袋の筋肉が盛り上がってくるからなんです。

このように、笑ったときに涙袋がでてくる人は、涙袋の筋肉である眼輪筋が発達しているということになります。

それなら、ぜひトレーニングをして、笑っていないときでも自然と涙袋がでてくるように頑張りたいですよね。

綺麗な女性の必須アイテムとも言える涙袋は、トレーニングを繰り返せば、鍛えることができます。

ただ、これは継続しなければ意味がありません。

もちろんやりすぎはいけませんよ。

適度なトレーニングを行って、モテ女子のアイテム、涙袋をゲットしましょうね。

ぜひトレーニングの方法を参考にして、頑張ってください。

あなたも涙袋の筋肉を鍛えてキレイな女性に近づきましょう!