注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

秘書検定の面接で服装や身だしなみの基本や合格するコツとは

秘書検定の面接では、服装や身だしなみについても気をつけなくてはなりません。

基本はスーツで受ける人が多く、さらにスカート丈や髪型についても注意が必要です。

そこで、秘書検定に合格した人がどんな服装をしていたのかを参考に、秘書検定の面接で服装や身だしなみの基本や合格するコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性のセルフカットの方法!初心者でもできるカットのコツ

男性の皆さんは、普段髪を切る時には理容室や美容室で切っているという方が多いと思いますが、最近は男性で...

電車でスーツケースが転がる時の対処法・迷惑にならない乗車方法

電車でスーツケースが転がると周囲の乗客の方たちに迷惑をかけてしまいますよね。周りに迷惑をかけないよう...

日本は世界からどう評価されている?あなたが知らない日本とは

訪日外国人数は年々増加し、日本は世界の人から愛されていることは少なからず誰でも感じていることでしょう...

背筋トレーニングのやり方! 1人でもできる効果的な方法

背筋を鍛える方法としては、うつ伏せになった自分の足を誰かに押さえてもらってトレーニングするという方法...

声の出し方がわからない!カラオケで上手く歌う方法とは

一人でいるときには声が出てるし、そんなに下手な気がしないのにカラオケになると声の出し方がわからなくな...

アメリカの就労ビザを面接で合格して取得するためのコツとは

アメリカで働くには就労ビザを取得しなければなりませんが、そのためにはアメリカ大使館で面接に合格しなけ...

彼女が化粧テクでビフォーアフターの差が激しい時の彼氏の反応

「詐欺メイク」という言葉が流行るくらい、女性は化粧1つでビフォーアフターが全然違う時もあります。女性...

高卒採用はハローワークで登録!注意点や始める前にやるべき準備

高卒採用もまずはハローワークへの求人票登録が必要です。 最近では、採用ターゲットを大卒だけに絞らず...

電車内で隣の人の肘が当たるのが不快!対処法を紹介します

電車の中でも迷惑だと感じる行為は色々あります。 中には隣の人の肘が当たってイヤな思いをしている人も...

眉毛の生え方が変!理想の眉毛になるための対処法とは

眉毛の生え方が変でなりたい眉毛にならないとお悩みの人もいますよね。 では、眉毛の生え方が気にな...

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

前髪を切りすぎた!ぱっつん前髪を簡単にオシャレに見せるテク

前髪くらいなら、自分で切ってしまう女子は多いですね。 ですがなぜか「切りすぎた!」という悲しい...

目を大きく見せるために男でもできるマッサージや方法とは

目を大きく見せることでイケメン男子になりたいという人はいるのではないでしょうか。 目が小さいことが...

デートの帰り際に手を振る男性心理につてい

デートの帰り際に手を振るのって好意のあらわれでしょうか? 帰り際ということは、デートの余韻を残...

不安な気持ちを解消させるなら、音楽を聴いてみよう

日々の生活を送っていると、仕事や勉強、家事や育児、人間関係などさまざまな要因が重なって強いストレスを...

スポンサーリンク

秘書検定の面接では服装と身だしなみに清潔感を

女性からすると、秘書は憧れる職業の一つですよね。
その秘書になる為には、秘書検定を受ける必要がありますが、面接に置いては、どんな格好をしていったら良いのでしょうか。

秘書検定の面接の服装についてですが、いくつかのポイントがあります。下記にまとめてありますので、参考にして見て下さい。

「髪型」

長いようだったら、束ねましょう。

「靴」
派手な色の靴は避ける
ヒールは5cmまで。高すぎると歩き方にぎこちなさが出てくるので、注意が必要です。

「服装」

基本はスーツ。色は落ち着いた色。タイトスカートは避けましょう。
ストッキングは肌色が基本になります。

「その他」
アクセサリーはつけるのなら、派手なものは避ける。メイクはナチュナルメイクにしましょう。

秘書検定の面接の服装はスーツで!スカート丈にも注意

上記では、秘書検定の面接での適切な服装のポイントとなる部分を数点みてきました。

引き続き秘書検定の面接での服装について、より詳しくみていきたいと思います。

服装は、基本スーツになりますが、スカートを履く場合は、丈にも注意が必要になってきます。

スカートの丈ですが、膝小僧が隠れるものを用意しましょう。タイトスカートであれば、膝が隠れるくらいが適切になってきます。

日頃からそのような服装を心がけていると、いざ秘書検定の本番であっても着慣れている服なので、面接でも落ち着いて受けることができると思います。

また、上記でも少し触れてきましたが、メイクはナチュナルメイクを心がけましょう。派手すぎたりノーメークはビジネスマナーに違反していますから、気をつけましょう。

秘書検定の面接での服装と髪型について

先程は、秘書検定での面接の服装、特にスカートの場合で注意すべき丈についてみてきました。

スカートの次は、服装と髪型についてより詳しくみていきたいと思います。

ブラウス

白が基本。

ヒールの高さですが、5cm以下が理想。高すぎるヒールは転ぶ可能性あり。

髪の色

基本は黒。茶色でも大丈夫そうですが、落ち着いた色を選びましょう。

髪型

清潔感が感じられる髪型。長い場合はまとめる。

余談にはなりますが、スーツ以外の服装は面接ではあまり見られないようです。ですので、服装は私服でも良いの?っと疑問に思っている方もいると思いますが、基本、スーツで対応して下さい。スーツが高いと感じる方も、ユニクロなどで安いものが手に入ると思うので、そういったもので対応していきましょう。

私が秘書検定の面接を合格したときの服装

先程は、秘書検定の面接での服装と髪型について更に詳細にみてきましたよね。

次に、秘書検定の面接に合格した際の服装を紹介していきたいと思います。合格した方の例ですので、これから受ける方は参考にしてみて下さい。

ネイル

短く切る。色はナチュナルに

長いので、まとめた。ヘアスプレーなどをして、まとめやすくする。イメージとしては、CAのような感じです。

服装

シンプルなスーツ。良いスーツではなくても良いが、上質なものを選ぶと、後でも使える機会は増える。色は黒。

バイカラーパンプス。でも、本当はシンプルな革靴の方が良い。

上記の例はあくまでも一例ですが、合格に勝ち取った方の服装です。これから面接を控えている方は、参考にしてみて下さいね。

秘書検定の面接試験を終えて感じたこととは

先程は、秘書検定の面接に実際合格した方の、服装や髪型についてみてきました。

最後に、ある方が、秘書検定の面接試験を受けて、感じたことを紹介したいと思います。
特に自分がしている仕事にはあまり関係はないけれど、持っていた方が良いと思い、秘書検定を受けたそうです。

服装に関していえば、黒系統のスーツで対応をし、ネクタイもしっかり締めて面接に望みました。

試験後に貰える「アドバイスシート」について触れています。そのアドバイスシートで、注意が必要のマークには数点、チェックが入っていたようです。

  • 頼りない感じがする
    顔の表情などがこわばっている
  • 慣れが必要
    きちんとすることに慣れていない
  • 声の出し方
    はきはきとしていない。
    上記の点について、改善が必要なことをアドバイスシートに記載されたようです。
    そして、面接を受けた後に感じたことは、秘書検定の面接官の対応があまりにも素晴らしすぎる。その点についてかなり感銘を受けたようです。
    上記についてチェックを受けましたが、面接官であったり、運営側の方々は、本当に完璧といっていいほどの対応。さすがだなっと感じたようです。
    あなたもこれから面接を受けるのでしたら、似たようなことを感じるかもしれませんね。肝に銘じて受けてみて下さい。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686