注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

生後5ヶ月のお昼寝の寝かしつけで困った時の対処法

赤ちゃんは生後5ヶ月頃にもなると決まった時間帯にお昼寝をするようになりますが、お昼寝の悩みで多いのが「寝かしつけ」です。

30分しか寝てくれない、なかなか寝てくれないといった悩みをもつママも多く、どうしたら寝てくれるのかと頭を悩ませているです。

生後5ヶ月でお昼寝をしない子を寝かしつけるにはどうすればいいのでしょうか。
寝かしつけのコツやポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

嫁がキレる理由の裏にあるもの…。離婚を避けるために

夫婦喧嘩の理由はさまざまです。夫から嫁への不満や、夫の女性問題、子供の教育方針の違いなど、理由を...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

車のタイヤの空気入れすぎは危険?空気を入れすぎた時の抜き方

今まで自分で車のタイヤに空気を入れた経験がない人は、一体どのくらい空気をいれるのが適切な空気圧なのか...

猫の鳴き声がんーんーだったら、あなたへお返事しています!

普段は「にゃー」と鳴いている猫が「んーんー」とか「んー」とかという鳴き声を出すと「どうしたんだろう?...

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。赤ちゃんの抱き...

赤ちゃんがリモコンを好きな理由とはリモコンを守る方法

赤ちゃんはリモコンが大好き!そんなにリモコンに触っているつもりはなくとも、興味津々な赤ちゃんは多いも...

ジュニアテニスが上達する練習方法とは大切なのは「意識」

ジュニアテニスはどんな練習方法を率先して行えばいいのでしょうか?どんな練習であっても、本人の意識が低...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

日曜日が仕事でも保育園に預ける方法やダメなときの対処法とは

日曜日が仕事だと保育園に預けたいけど、なかなか難しい現状が多いですよね。基本的には保育園は日...

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に...

旦那の自己中に疲れた。自分勝手な態度の裏にある心理とは

旦那の自己中に付き合うの疲れた…。どうしてこんな態度を取るのかと疑問に思いませんか?...

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいので...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

スポンサーリンク

生後5ヶ月でお昼寝をしない子を寝かしつけるコツ

お昼寝は同じ時間にする

毎日のお昼寝を大体同じ時間帯に決めておくことが、寝かしつけが上手く行くコツです。
お昼寝の時間だけではなく、朝起きる時間から夜寝かしつけるまでの時間を決めて、生活リズムを整えることが大切なのです。

初めは難しく思うかもしれませんが、その日の気分で生活していくよりも決めた時間に沿って生活していく方が赤ちゃんにとってもパパやママにとっても過ごしやすい1日になります。

朝の光を浴びることと午前中に運動させてあげることは、赤ちゃんの成長にとってとても大切なことです。
午前中の運動といっても体を動かすだけではなく、ベビーカーなどで近所をお散歩するだけでも良い刺激となります。

毎日同じことを繰り返していくとそれが習慣になり、自然と生活リズムがついて赤ちゃんの寝かしつけも上手くいくようになります。
お昼寝の時と夜寝るときの場所を一緒にすることで、赤ちゃんのお昼寝の習慣がつきやすくなります。

生後5ヶ月のお昼寝で試したい寝かしつけテクニック

お昼寝は添い寝する

生後5ヶ月の赤ちゃんに試したい寝かしつけテクニックとはどういうものがあるのでしょうか?

赤ちゃんのお昼寝で試したいテクニックは、なんといっても添い寝です。
パパやママがそばにいることで赤ちゃんは安心して眠りにつくことができます。
パパやママが目に見えるだけで安心を感じるものですが、さらに体温や心音などが赤ちゃんに伝わることでも安心感が得られます。
一度目が覚めてしまった子供の寝かしつけにも添い寝する方法は大活躍しますよ!

また、子守唄を歌ったり赤ちゃんが眠くなるBGMをかけることでも寝かしつけが上手くいくことがあります。
ママの声が聞こえる子守唄には安心して眠りにつくことが多く、BGMは赤ちゃんに合ったものをかけてあげると眠りにつきやすくなります。
BGMだけではなく、心音などの単調なリズムのBGMもあり赤ちゃんが安心して眠りにつきやすいというものもあるので、赤ちゃんにあったBGMをかけてあげると良いですね。

生後5ヶ月のお昼寝時に効果的な寝かしつけ方法

寝かしつけでマッサージする

赤ちゃんを寝かしつけるとき、添い寝やBGMをかけること以外にも効果的な方法があります。
それは、赤ちゃんの手のひらや足の裏をマッサージしてあげることです。
赤ちゃんがなかなか眠りにつかないときは手のひらや足の裏をマッサージしてあげながら手足が冷えていないか確認しましょう。

赤ちゃんがなかなか眠りにつかないとき、赤ちゃんの体が冷えていたり暑すぎたりしていることがあります。
良い睡眠をとるためには寝るときの環境や体温調整も重要とされているのです。
赤ちゃんの体が汗をかいていたり冷えていたりするときは、室温の調整をしてあげましょう。

また、ママが手足をマッサージしてあげることでママの手から伝わる体温に安心して寝付きが良くなるということがあります。
赤ちゃんの寝付きが良くないときは赤ちゃんの様子を見て対応してあげると寝かしつけが上手くいくようになりますよ!

特に冬場は体が冷えやすいので、室温や湿度には十分気を配るようにしましょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんのベストなお昼寝時間

お昼寝に最適な時間は12時~14時の間

この時間帯に寝かせてあげると赤ちゃんの情緒が安定して夕方にぐずることが減ります。
また、この時間帯は赤ちゃんの記憶力が上がる時間帯なので、なるべくこの時間帯にお昼寝をさせてあげるようにしましょう。
ベストな時間帯にお昼寝をさせてあげるためには、午前中の運動とお昼ご飯を食べさせてお腹いっぱいにさせてあげることが大切です。

満腹感と疲れを感じると眠りにつきやすくなります。

せっかく寝てくれたと思ったのに30分程度で目が覚めてしまう…と悩んでいるママもいるかと思います。

すぐにお昼寝から起きてしまう原因

室温であったり、外の光が影響していることもあります。
寝かしつけるときはカーテンをしめたり、明るすぎない部屋で寝かせてあげましょう。
かと言って真っ暗な部屋で寝かせてしまうと夜と勘違いして寝すぎてしまい生活リズムが崩れてしまうことに繋がるので、明るすぎず暗すぎずがポイントとなります。

赤ちゃんにはお昼寝をたくさんする子と全然しない子がいるので、寝ないからと言って心配する必要はありません。
赤ちゃんにも個性があるので、昼寝の時間が短くても機嫌が良ければ問題はありませんよ!

生後5ヶ月のお昼寝に使えるおすすめグッズ

生後5ヶ月の赤ちゃんのお昼寝に使えるグッズはどんなものがあるのでしょうか

生後5ヶ月の赤ちゃんには抱っこ紐やおしゃぶりが使えます。
抱っこじゃないと寝てくれないという赤ちゃんもいますが、そんなときに抱っこ紐を使うことでママの体温や心音で安心を感じることができ、眠りにつきやすくなるのです。
抱っこ紐を使うと赤ちゃんを寝かしつけているときに家事などもすることができるのでおすすめです。

小さい頃からおしゃぶりを使っている赤ちゃんはおしゃぶりをすることで安心を感じてお昼寝がしやすくなることが多いです。
なかなかお昼寝をしてくれないという赤ちゃんにはおしゃぶりを使って寝かしつけてみてはどうでしょうか?

抱っこ紐やおしゃぶりでママの負担も軽減されること間違いないですよ!