注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

唇周辺の筋肉の鍛え方!口輪筋を鍛えて印象の良い表情を作ろう

唇の周辺の筋肉には「口輪筋」というものがあります。この筋肉を鍛えることで、女性には嬉しい効果を与えることがあるようです。

では、唇周辺の筋肉を鍛える時は一体どんな鍛え方をすれば良いのでしょうか。鍛えることでどんなメリットがあるのでしょう。

そこで今回は、唇周辺の筋肉を鍛える方法と、鍛える事で得られる効果についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校の同級生に会いたいけれど、連絡先がわからないならこの方法

あなたには高校の同級生でしばらく会っていない人の中に、「会いたい」と思う人はいますか?付き合...

50代後半の男性へゴルフウェアをプレゼントする場合の選び方

50代後半でゴルフが趣味の男性だとかなりの腕前だと想像できますよね。もし自分の父親や上司がそ...

お腹ダイエットの簡単な方法、腸もみマッサージで更に効果アップ

女性が最もダイエットしたい部分、それはお腹ではないでしょうか。何とかお腹をダイエットしたいけど、...

車を運転できない彼氏はかっこ悪い?女性の意見を調査しました!

車を運転できない・車の運転が苦手だという男性もいますよね。彼女とのデートではいつも彼女が運転で彼氏の...

人間は睡眠に人生の3分の1の時間を費やしている

人間は睡眠を取らないと生きてはいけません。人間は人生の3分の1の時間を睡眠に費やしています。...

100均ネイルチップの付け方!初心者でもキレイにできるコツ

ネイルチップ初心者におすすめなのが100均のネイルチップです。慣れないうちは高価なものには手...

目を大きく見せるために男でもできるマッサージや方法とは

目を大きく見せることでイケメン男子になりたいという人はいるのではないでしょうか。目が小さいことが...

結婚式が中止になるのはどんなとき?天候で中止となることは

強風や大雨、大雪など台風のような天候が荒れているときに結婚式の中止となることはあるのでしょうか? ...

指輪をつける指の位置はバランスとデザインを考えて決めよう!

指輪の重ね付けっておしゃれで素敵ですよね。でも、自分もやってみたいとは思ってもつける指の位置...

高卒採用はハローワークで登録!注意点や始める前にやるべき準備

高卒採用もまずはハローワークへの求人票登録が必要です。最近では、採用ターゲットを大卒だけに絞らず...

ヒョウモントカゲモドキの脱皮の頻度と脱皮・飼育の注意点

ヒョウモントカゲモドキの飼育初心者の人は、どのくらいの頻度で脱皮をするのか分からないものです。飼い始...

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることが...

メガネにマスクは曇るのが定番!曇らせない方法があります!

メガネをかけている人がマスクをするとあっという間に曇ることってよくありますね。メガネが無いと...

彼女がデートに誘ってこない明確な理由をお教えいたします!

彼女からデートを誘ってこないことに、不満のあなた。女の子は、男性にリードして欲しい生き物です...

電車内で隣の人の肘が当たるのが不快!対処法を紹介します

電車の中でも迷惑だと感じる行為は色々あります。中には隣の人の肘が当たってイヤな思いをしている人も...

スポンサーリンク

唇を動かすことでできる口元の筋肉の鍛え方

筋肉は年齢と共に衰えます。

全身のありとあらゆる筋肉は、どんどんどんどん衰えていきます。筋肉が衰えてハリが無くなり、太ももなんてペタペタした感じになるでしょう。

「老化はこんなところに、こんなふうに表れるんですね」なんて、感心してる場合ではありません。
必死に維持しようと努力して、やっと「なんとなくまぁまぁ」でいられる感じなので、何もしなければ本当にひどいことになっていきます。

鏡に写る顔は、自分の良い状態を無意識のうちの作って写しますよね?
なので、子供にふいに隠し撮りされたような写真を見るとびっくり仰天。
顔!下がってる!下がりまくってる!ほうれい線!くっきり!頬、ブルドックか?
全体的にくすんでぼんやりしかしてないけど、下がってるのだけははっきりわかる!

もう、ほうれい線の深さに打ちひしがれましたが、現実ですから受け入れなければなりません。

速攻、ネットで検索です!
まずは、ほうれい線を改善するには口元の筋肉を鍛えなければならないようです。

唇の運動

上唇と下唇を口の中に巻き込む

簡単そうですが鼻の下が思うように伸びない!それから、奥歯の耳のあたりの筋肉が痛い!

そうか…顔の筋肉、まったくないんだ。だから下がりまくっているんだ。

この『上唇と下唇を口の中に巻き込む』口元の筋肉の鍛え方で、まずは基礎筋肉を作り上げようと努力しました。

料理を作っている最中や、仕事中にも、上唇と下唇を口の中に巻き込みました。

唇周りの筋肉口輪筋の鍛え方!割り箸・ペットボトル・ガムを使う方法

ペットボトルで唇を鍛える

500mlのからのペットドボルに100cc位のお水を入れ蓋をします。
唇だけでそのペットボトルを持ち上げてみましょう。
その状態で10秒キープ。持ち上げる時は歯で噛んではいけません。
唇だけで持ち上げます。これ、かなり難しいです!
一日3回を1セット。慣れてきたらセット数を増やしましょう。

割り箸やガムで唇を鍛える

  • 割り箸・・・唇で割っていない割り箸をくわえましょう。くわえたままで口角を上げます。
  • ガム・・・奥歯でガムを噛むようにします。奥歯でガムを噛み締めてください。左右、同じ回数を噛むようにしましょう。

ペットボトルも割り箸も、やっているところを絶対に人には見せられませんが、ガムなら、大丈夫ですよね。

比較的、どこでも口周りの筋肉を鍛えることができます。

奥歯で噛みしめるようにしっかりと噛むように注意してくださいね。

唇周りの筋肉の鍛え方・誰でもどこでもできるトレーニング

『あいうえべー体操』で唇をトレーニング

  1. できれば、鏡の前に立ちます。
  2. 「あ~」と、大きく口を開けます。
  3. 「い~」と、横方向に唇、口角横へと広げる。
  4. 「う~」と、唇を思いっきり、前に突き出す。
  5. 「え~」と、喉を広げて大きな声を出す。
  6. 「べ~」と、舌を口から前に出し、下方向に伸ばす。

あ・い・う・え・べと、しっかりと声を出すようにしましょう。口輪筋を鍛えると同時に、舌の筋肉も鍛えます。
首元も伸ばし、しっかりと『あ・い・う・え・べ』してくださいね。朝・昼・夜と10回づつ合計で30回程度から始めるとよいでしょう。

このあいうえべ体操は口周りがかなり疲れます。口周りの筋肉に痛みを感じたら、やめてくださいね。

これは、風邪予防や口臭予防にも役立つ体操です。
たるみなんて関係ない、子どもたちにもオススメしたい体操です!

唇の周りの筋肉を鍛えるとこんな効果が!

口周りの口輪筋を鍛えると、どのような効果が期待できるのでしょうか?

  • ほうれい線解消
  • 顔のむくみを解消
  • 美肌効果
  • たるみ改善
  • いびき改善
  • 口臭改善
  • 口呼吸の解消

また、知らず知らずのうちに口が半開きになっていたり、口呼吸になってしまっている人は口輪筋が衰えている可能性が大きいです!

顔に限らず、筋肉を使っているようで使っていません。

意識して使わなければ衰えるだけです。

口輪筋を鍛えれば、顔全体がスッキリとします。

最近、いびきのうるさい主人。
口輪筋周りを一緒に鍛えようかな。年齢を重ねると、印象って大事になってきますよね?
たるんだ口元で印象が良くないのはかなりの損。
健康維持のためにも、美容のためにも家族みんなで口輪筋周りを鍛えましょう!

筋肉を鍛えると口角が上がる!与える印象も良くなります

口角が下がっていると、どのような印象を他人に与えるのでしょうか?

  • 不機嫌
  • 怒ってる
  • 暗い

いいことないですよね?
最近、人が寄ってこないと感じたら、それはあなたの口角が下がっているからかも!?

女優さんやアイドルは、口角を上げて笑顔を作るトレーニングをするそうです。

口角って、頑張って上げないと上がらないものなんですね。

ちなみに口角が上がっている人への印象は?

  • 幸せそう
  • 素敵
  • 快活
  • 笑顔が素敵
  • 嬉しそう

口角が上がっていると、笑顔でなくとも笑顔に見えますよね。

ちなみに、娘に『ママどうして怒っているの?』と言われる私は口輪筋力ゼロ%なのでしょうね。

ペットボトルや割り箸、ガムなどの道具を使う方法や、鏡の前で意識しながら行うあいうえべ体操、仕事中や料理をしている時にできる『唇巻き込み』でほうれい線をなくし、せめて口角を平行に保ち、むくみのないスッキリとた顔周りを手に入れたいと思います!