注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

家事ができない嫁。変わってほしいなら、あなたが変わって

家事ができない嫁は、専業主婦ですか?それとも兼業主婦ですか?

共働きなら、正直家事まで手が回らないという理由が約9割を締めていると思います。
今は、お助け家電や高性能洗剤などがありますから、それらを駆使して家事をこなすように協力しましょう。
また、月に何度か家事代行サービスを利用するのも手です。
自分でできないことは、できる人がする。
夫ができなくて妻もできないのなら、外注に出すのが解決方法でしょう。

専業主婦なのに、家事をしない嫁なら、人生の目的を見失っているのかもしれませんね。
妻に家事を求めずに、二人で楽しむことを話し合ってみては?
そのうち、家事をやり始めるようになるはずです。
『いろいろどうでもいい』という心のあらわれなのでは?

本当に、家事ができないのなら、働いてもらいましょう。
その、働いたお金で、家事代行サービスを頼めば解決しますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野良猫の子猫にエサを与えるのはいけないこと?餌付けの注意点

野良猫がいるなぁとふと見た時に可愛い子猫だった場合、かわいそうだからとエサを与えたくなるかもしれませ...

離乳食を冷凍して持ち運びする場合の注意点について解説します

夏休みやお盆など夏の暑い時に帰省などで長時間移動するとなると、離乳食の持ち運びをどうするか悩んでしま...

入籍の手続きをしても別居婚!婚姻届提出や住民票・扶養について

好きな人と入籍をして夫婦になるとき、同居して結婚生活をスタートさせるのではなく、別居をして別居婚をス...

1歳7ヶ月の子供の体重が重い!平均体重と肥満体重・対処法

子育て中のママの中には、赤ちゃんの体重増加について頭を悩ませている人もいますよね。同じ年齢の子供...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

猫が電話をしていたら怒るのはよくあるコト!猫の気持ちとは

電話をしていたら突然猫が怒り出したという経験はありませんか?じつは猫を飼っている人にはよくあ...

実母が迷惑!意見と時代が合わない子育て論に疲れたあなたへ

実母と意見が合わないから、ものすごく疲れるしイライラする。娘が子供を産むと、自分が行ってきた...

猫が邪魔してくるのときの対処方法かわいいけれどコレで対応

かわいい猫に邪魔されたとあっては、勉強や仕事が手につかないという人も多いのではないでしょうか?...

魚の出汁の取り方とは?臭みを取るポイントやコツをご紹介

魚の出汁で美味しいご飯を作りたい!けれど、出汁の取り方ってなんだか難しそう・・。魚の出汁をとると...

【机のDIY】使う場所に合わせた塗装の種類と選び方

机をDIYした場合には、塗装はどのように行えば良いのでしょうか?塗装する前に気を付けたいのが、水を使...

昼寝を3時間するのは長い?3歳の上手なお昼寝の取り方とは

3歳の子供が3時間お昼寝をするのは眠りすぎ?個人差の大きいお昼寝時間ですが、気にしなければいけないの...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。では、保育園での遠足...

育児に疲れた!1歳半のイヤイヤ期を乗り越える毎日の対処法など

子供のイヤイヤ期で悩んではいませんか?1歳半ころから始まることが多い「イヤイヤ期」は、本当に...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

スポンサーリンク

家事ができないという理由で嫁と離婚できますか?

夫婦それぞれが仕事を持つことが増えてきた現在では、結婚後は家事を夫婦で分担して行う家庭も多いです。

しかし、それでも家事の分担率は夫婦平等とはいかず、実際は妻が夫よりも多めに家事をこなしている家庭もたくさんあります。

ひと言で家事と言っても、やることは多岐に渡るため、共働きであればなおさら細かい家事まで手が行き届かないと感じる人も多いでしょう。

でも、結婚した奥さんが家事をまったくしない場合、それを理由に離婚できるのでしょうか。

離婚するには、夫婦の合意があれば出来ますので、奥さんが離婚に応じれば離婚することは可能です。

また、奥さんとの話し合いの段階で、「家事をまったくしないなら離婚も考えている」と言い、奥さんが心を入れ替えて家事をするようになれば、問題は解決です。

ここで、問題になり得るのは奥さんが離婚に合意しない場合です。

夫婦のどちらかが離婚に合意しない場合は、家庭裁判所で離婚調停により話し合いが必要になります。

この話し合いが上手くいかないと、裁判で判決を求めるということになります。

ここでは「なぜ申立人(あなた)が離婚をしたいのか」という理由が重要になりますが、「家事をしない」ことが離婚条件として認められる確率は低いと言えます。

先程も書いたとおり、現在では家事は妻の仕事であるという考え方はもう古いからです。
昔のように、夫が外で働き、妻は家のことを守る(家事全般をする)という考えは明らかに変わっていると言えます。

家事ができない嫁。どうしたら最低限でも家事をしてくれるようになりますか?

人間関係において、相手に期待をしすぎると裏切られたような気持ちになるというのはよくあることです。

夫婦間においても、同じことが言えます。

家事は当然妻がやるもの、と考えていると、家事をしていない妻に対し怒りや失望の感情が芽生えることもあります。

これは相手に「期待」しているからこそ芽生える感情です。

一度期待をするのをやめて、自分で率先して家事をしてみるという方法も有効です。

例えば、水汚れや髪の毛で汚れた洗面台を何も言わずにピカピカに磨き上げてみるのです。

ここで大切なのは「洗面台ピカピカに磨いといたよ!」などと余計なことは言わないということ。

もし言ってしまうと、「家事しない私に対する当てつけ?」などと余計に反感をかってしまう恐れがあります。

人間の心理として、キレイな場所はできればキープしたいという気持ちが働きます。

うまくいけば、妻が「よし!もっと部屋をキレイにしよう」と心を入れ替えてくれるかもしれません。

もしくは、一緒に掃除を提案してみるという方法も良いのではないでしょうか。

家事が出来ない人というのは、何から手をつけたら良いのかそもそものやり方がわからないというケースもあります。

夫がみずから手本となりながら、2人で楽しく掃除することが出来ればベストです。

家事ができない嫁ではなく、家事をしない嫁なのでは?

嫁は、家事ができない訳ではなく、単に家事を”しない”というケースも考えられます。

 

昔は、結婚したら女性は家庭に入り、家事全般をこなす専業主婦になることが普通でした。

しかし、現在は女性も社会に出て活躍することが求められる時代です。

結婚したからと言って、それまでのキャリアを捨てることなく、さらなる上を目指して働く女性も多くなってきました。

時代の風潮は確実に変わってきているにもかかわらず、今なお「女性が家事全般をするべき」という考えを持つ男性も一定数いるのは事実です。

男性と同じように社会で働いている女性が、このような男性の考えに不満を持つのは仕方のないことと言えます。

夫も家事を手伝う家庭もありますが、家事のほとんどを担う男性はほんのひと握り。
それも、ゴミ捨てや掃除など、家事の一部を手伝うケースが多いのです。

働く時間に男女差はあっても、一日働いて疲れているのは同じです。

このように考えると、仕事で遅くなる時には外食をしたり、一定の条件をつけて家事代行業者を頼んだりというような出来る範囲での夫のサポートが、円満な夫婦の関係を続けるためには大切なことと言えるでしょう。

家事ができないのは、共働きで嫁に時間がないからでは?

仕事をしていると、家でゆっくり過ごせる時間は限られてしまうものです。

「俺よりも働く時間が短いんだから、俺より家事する時間があるだろ」なんて決して思わないでください。

社会に出て働くということは、家庭にはないプレッシャーや責任感を持って臨んでいるということ。

それは働く時間や内容に限らず、働くすべての人に言えることです。

仕事上で感じるストレスから解放されて、家に帰ってくる頃にはもう夜。

休む間もなく夕食の準備や部屋の掃除、次の日の準備など、やろうと思えば家事には終わりがないのです。

そのため、家事をちゃんとしたいけど、手が行き届かないという妻はたくさんいます。

そんな時は、夫が家事を率先してやることが良いでしょうが、ロボット家電など、家事の負担が減らせるような便利家電をプレゼントするということもおすすめです。

また家事代行サービスをプレゼントするということも喜ばれそうですね。

妻が自分で頼むのは引け目を感じて頼みにくいですが、夫からのプレゼントということであれば、夫の優しさに感謝してくれるでしょう。

専業主婦なのに家事ができない嫁に最低限の家事をしてもらうには?

家事をしない、できない嫁には、忙しくて時間がない人もいれば、元々ズボラな人、ストレスを抱えている人など理由は様々

 

中でも、心の問題が原因の場合は、心を入れ替えて家事をしてくれる可能性が高いです。
例えば、夫からの優しさを感じられないなど、寂しさから家事のやる気がなくなってしまうというケースです。

このような場合は、奥さんに対して日頃の感謝を言葉にして伝えるということが大切です。

態度で察して、というのはNGですよ。

少しでも、奥様の良いところを見つけて、「ありがとう」をたくさん伝えましょう。

家事をしないことに対して、怒っても問題は解決するどころか悪化の一途です。

「そんな文句言うんだったら自分でやってよ!」など、逆ギレされるのが目に見えるようです。

友達や、奥さんの親を家に呼ぶということも、もしかしたら家事をするきっかけになるかもしれません。

友達や自分の親には、自分の悪いところを見せたくないもの。

人を招くということで、嫌でもキレイにしないといけない状態にする方法です。