注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ショートヘアの切り方とは?女性がセルフで切る場合の注意点

美容室へ行きたいと思っても「お金もかかるし、ゆっくり行ける時間もないし…。」と前回行ってから期間が空いてしまうこともありますよね。

そんな時はセルフカットに挑戦してみませんか?ショートヘアにしたいと考えている女性も、コツさえおさえればセルフでできるのです。

忙しいママのためのショートヘアにするための切り方のコツと注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日本のおもてなしを外国の人はどう思っている?海外の反応とは

日本のおもてなしは世界で一番!?海外の反応はどのようなものなのでしょうか?日本のおもてなしが...

彼女が携帯にロックを掛け始めた!これってもしかして

彼女が携帯にロック掛けてる!?今まで、ノー・セキュリティだったのに!これって、もしか...

心拍数を下げる方法や緊張を和らげるコツとトレーニングとは

緊張すると人は呼吸が早くなったり、心拍数が上がりますが、その上がった心拍数を下げるにはどうしたらいい...

油絵の風景画で気をつける事とは?初心者が上達するコツを紹介

初心者が油絵の風景画を描くときには、いったいどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?風景画と...

車のレザーシートが車内で暑い時は要注意!予防法と対策について

車のシートが高級なレザーシートになっている場合、暑い日は火傷に注意が必要です。ちょっとぐらいの熱...

彼女が悩みを話さないのはナゼ?頼って欲しいのに頼られない時は

彼女が自分に対して悩みを話さないことが気になる…。彼女が悩み事を相談しないのは、あなたにだけ...

金魚の水槽のフィルター交換方法とは?頻度ややり方を紹介

金魚の水槽のフィルター交換はどのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか?フィルターが汚れてきたときが交...

鏡と写真の顔違う!顔が違って見える理由と本物の自分の顔とは

「鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔違うよね?」こんな疑問を抱いた事がある人もいますよね!鏡...

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で...

カナヘビのエサは生きたバッタが一番?おすすめのエサをご紹介

飼っているうちにかわいいと感じる人が多いカナヘビ。つぶらな瞳に子供だけではなく女でも好きになってしま...

長子と末っ子は離婚しやすいってホント?その理由とは

長子と末っ子は結婚しても離婚しやすい?長子と末っ子は、なんとなく相性が良さそうな感じがしますが実際に...

気になるコンビニ店員に連絡先を渡して失敗しないためのコツとは

いつも立ち寄るコンビニに新しくバイトの女の子が入って、もしその子に一目惚れしてしまったら、なんとか連...

眉毛の長さや整え方!基本の美眉でナチュラル美人

メイクをするようになると、眉毛のお手入れもしっかりとしないと顔の印象がどうしても野暮ったく見えてしま...

電車でスーツケースが転がる時の対処法・迷惑にならない乗車方法

電車でスーツケースが転がると周囲の乗客の方たちに迷惑をかけてしまいますよね。周りに迷惑をかけないよう...

友達からメールの返信ない時に考えられる理由と不安をなくす方法

友達にメールを送ったのにずっと返信ないときは、なぜ返信してくれないのか不安になりますよね。友達に何か...

スポンサーリンク

ショートヘアにしたい女性必見!きれいに仕上げるための切り方のコツとは?

女性のショートのセルフカットの切り方のコツは、ブロック分けが重要

まずは後ろ、横、前とコームの柄の部分を使いブロック分けしていきます。そして分けた髪の毛をヘアゴムや大きなヘアピンで留めておきましょう。

髪をすくのも自分だとちょっと難しいと感じる人も多いでしょう。
髪をきれいにすくコツは髪の表面ではなく、内側の髪の毛をすくことです。

髪のボリュームを落とすように内側の毛をすいていきます。
自然に仕上げるためには、ハサミを斜めにいれたり、毛先をねじってすくという方法もあります。

そして、髪を切っていく時には、細かく縦に切っていきます。
ハサミの基本的な入れ方は、縦に入れていくと覚えておいてください。横に入れることはほとんどありません。

そして、気持ち長めに切ることを心掛けて下さい。
一度切ってしまった髪はもうどうしようもありません。切りすぎたと思った時には遅いので、ちょっと長めくらいに切って、後で微調整しましょう。多少長さが違ったり、斜めになっていても髪をすくと目立たなくなることもよくあります。

後ろの部分は合せ鏡を使い、髪の毛を手で持ちながら少しずつ切っていきます。一度に多く切りすぎずに、何回にも分けてカットしていきましょう。

ショートボブにしたい女性のための簡単な切り方は?

最近流行っているヘアスタイルが切りっぱなしボブと言われるスタイルです。
専門的に言うとブラントカットという切り方で、その名の通り切りっぱなしのようにすきバサミで軽くしないボブです。
自分でカットする時に、すくのが難しいと感じる時には、この切りっぱなしボブにするというのも一つの方法です。

切りっぱなしボブは初心者でもできそうですが、気をつけて欲しいポイントもあります。それは、ハサミを斜めに入れてしまわないこと。
切る時に斜めにならないように、まっすぐにハサミを入れることが大切です。
先程紹介したように、ハサミは縦に入れるのが基本ですが、このスタイルの場合には横にハサミを入れていきます。

また、切りっぱなしボブのように、外ハネにする場合には、ヘアオイルやちょっと重めのクリームなどで、髪の表面をなでつけるようにセットすると自然と外ハネスタイルになりやすくなります。

ショートヘアになりたい女性のための前髪の切り方を解説します

いつもなんとなく切っていた前髪もきちんと手順にそって切ると、今までよりも失敗が少なくなるかもしれません。

女性の前髪の切り方

  1. 髪を左・中央・右に分けておく
  2. 始めの中央の髪をカットする
  3. 中央の長さに合うように左と右の髪を切る

 

早く終わらせたいからと、一気に切るのは要注意です。最初から一度に切ろうと思わずに、少しずつ調整して希望の長さに揃えましょう。
前髪を切り過ぎた経験は、誰しもあると思います。
必ず時間に余裕のある時に行いましょう。

また、普通のハサミだけだと、ぱっつん風になって不自然という場合には、すきバサミで少し軽くしましょう。毛先が自然に不揃いになり、子供のようなぱっつん前髪になりにくい方法です。

初めてのセルフカットでショートボブに挑戦してみました

セルフカットで必要な道具は、カット用のハサミと、すきバサミ、コーム。ここまではわかりますが、15㎝定規も使って切る方法をご紹介します。

まず、指で挟める量の髪を大まかにとり、頭皮に対して垂直になるように引っばります。そこに15㎝定規を当て、長さをはかります。定規の先端部分に、髪を挟み定規を外してカットします。
ボブにする場合には挟んだ指の上、ショートの場合ならば定規の下を目安に切りましょう。

自分でハサミを縦に持ってカットするのはちょっと難しいので、まず横に切って後からすきバサミで調整していき、これを繰り返します。
全体にカットしたら、髪の厚みを確認して気になる部分は軽くしていきましょう。
後ろのボリュームがわかりにくいという場合には、自分の手で確認してみると良いですね。
手で触ってみると、ボリュームのあるところがわかると思います。その部分をつまんで軽くしていきます。

ショートヘアにするための失敗しない切り方とは?

失敗のないショートの切り方のポイント

少しずつ切る
面倒だからと、髪を多く取り一度に切ろうとするのは危険です。時間は掛かりますが、少量ずつ取りなりたい長さまで微調整するという方法の方が切り過ぎを防ぎ安心です。

鏡でしっかり確認しながら
髪を切る時には、左右が対象になるように目や耳の場所を確認しながら切っていきます。左右で長さを合わせているうちに予想よりも短くなってしまいそうな時には、無理に短くせずにすきバサミで調整するという方法もあります。

ハサミの使い方
髪を切る時には、髪をはさみになるべく深く入れた方がきれいに切れます。
ハサミは根本を使うほうが髪が逃げにくくなります。

最後は鏡を遠目にしてチェック
髪を切っている時には、近くに鏡を置いて切っていると思いますが、全部切り終わった後には、鏡から少し遠目で見て全体のバランスをチェックします。
近くでは気付かなったけど、遠目で見るとバランスが取れていないという場合もあります。