注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

12wでつわりがぶり返したときのつわりを乗り切る方法と対処法

妊娠12wになってやっとつわりが落ち着いて着たと思ったら、またつわりがぶり返してしまったというママもいますよね。

おさまったと思っていたつわりが再びぶり返すのは、一体どうしてなのでしょうか。つわりのぶり返しはどうやって乗り切ればいい?

そこで今回は、つわりがぶり返した時の対処法と乗り切る方法・つわりに関する情報をお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

胎動が弱く感じるもの?9ヶ月頃の胎動と赤ちゃんの様子

それまでは、ママのお腹の中で赤ちゃんが元気いっぱいに動いてたくさん胎動を感じていたのに、妊娠9ヶ月頃...

出産のタイミングは赤ちゃんが決める?産まれてくる前兆とは

赤ちゃんを出産するときにはどんな兆候があるのでしょうか?出産のタイミングは赤ちゃんが決めていた?...

妊娠中の体調不良を旦那に理解してもらえないのは

妊娠中の体調不良といえば『つわり』ですよね?旦那さんは、彼氏の頃って頼りがいがありましたか?...

つわり嘔吐後の食事のタイミング・吐きづわり時の食事のポイント

妊娠初期は辛いつわりの症状に悩まされる妊婦さんも多いです。つわりで嘔吐後の食事で気をつけることや、食...

妊娠中に内職を考える。保育園に行っている時間を有効活用

保育園に通う子供がいるママさんで、現在妊娠中という方。妊娠中は体調に急な変化があったり、今まで通...

胎嚢と卵黄嚢の大きさはどのくらい?妊娠週数別の大きさについて

妊娠したことがわかると、エコー検査で胎嚢や卵黄嚢を確認することができるようになります。お腹の中できち...

産後入院中の服装は何がいいの?服装選びのポイントと注意点

産後の入院日数はママの状況によって差がありますが、早くて5~6日間、長くても10日前後です。...

吐き気がするけど吐けない!吐きつわりの原因と対処法・期間とは

吐き気がするのに吐けない、辛いつわりの症状に悩まされている人妊婦さんもいますよね。妊娠の喜びもつかの...

旦那が信用できない!妊娠中なのに浮気されたらまずは冷静に対処

妻の妊娠中に旦那が浮気をしたという話を残念ながら耳にすることがあります。妻が大事な時になんて...

未婚で出産の場合でも会社に産休・育休申請できます

未婚で出産でも、既婚で出産でも、産休や育休を取得することはできます。未婚でも既婚でも会社で申...

出産で入院中に義両親が来るタイミングは?ママの心と体を考えて

出産という大仕事を終えて入院中のママたちは、赤ちゃん産んだことで体力もなく、ヘトヘトの状態のことが多...

8週で胎嚢の大きさが小さいのは異常?大きさには個人差がある

妊娠したことがわかって喜んでいたのもつかの間、妊娠8週で胎嚢の大きさが小さいと言われてしまったら、お...

助産師の訪問で聞いておきたい質問とママが聞かれる質問

赤ちゃんが産まれると、助産師といった専門知識を持った人が家に来て、赤ちゃんの発育やママの状況などを調...

妊婦検診の頻度が少なくて不安?妊婦が抱える不安とかかる費用

妊娠が判明したばかりの頃や、妊娠に対して不安があるとき、妊婦検診の頻度が少なくて不安に感じてしまう妊...

出産後義母をますますうざく感じる予感。迷惑だって言えないから

出産前、出産後、心配してくださるのはありがたいのですが、お義母さん。はっきり言ってそれらのこと、すべ...

スポンサーリンク

12wでつわりがぶり返した時の対処法

やっとつわりが落ち着いてきたと思ったらまたつわりがぶり返してしまったという方も少なくありません。
つわりは胸やけがあり、気持ちが悪くて食事をすることができないという妊婦さんが多く辛いものですよね。

赤ちゃんのために食事をとらないと!と無理をしてまで食事をとる必要はありません。
それは何故かと言うと、無理をして食事をとるたびに吐いてしまうと、食道や胃がさらに荒れてしまう可能性があるからです。
無理をして食事をとるよりは食べられる時に少しずつ、1日3食という決まりは無視して5食ほどに増やして数回に分けてゆっくり食べるようにしましょう。

妊娠中期から後期にかけては妊娠糖尿病や体重が増えすぎるのを予防するために主食になるものを1回の食事量を減らし、回数を増やして食べる場合に食べるようにすると良いです。

甘いものや辛いもの、酸っぱいものなどはつわりの症状を悪化させることがあるのでなるべく控えましょう。
つわりがぶり返すと思うように食べられず、吐いてしまうことがあるので脱水症状に気をつけながら水分はこまめにとるようにしてください。

12wでつわりのぶり返しが!ぶり返しには2つのパターンがあります

つわりのぶり返しには2つのパターンがあり、1つは妊娠初期のうちにつわりが落ち着いたかと思えばその後ぶり返すということを繰り返すものです。

妊娠初期につわりで辛い思いをする妊婦さんがほとんどですが、この辛い症状が落ち着くまで続く人もいればピタリと落ち着き、また数日後に症状がぶり返してしまうという人もいます。

もう1つのパターンは妊娠初期のうちに症状が落ち着き、妊娠後期になって再びぶり返すというパターン。
妊娠初期のうちに症状が落ち着いてほっとしていた妊娠中期。
しかし、臨月になって再びつわりの症状がぶり返してしまい、辛い思いをする妊婦さんもいます。

つわりは妊娠初期にしか症状が出ないものだと思われがちですが、このように症状が長引いたり妊娠後期にぶり返してしまうこともあるのです。

私の場合は症状が軽く、吐くことは1~2回ほどでその後症状がぶり返すということもありませんでした。
つわりの症状は皆同じではなく、人それぞれ症状が軽かったり重かったり、すぐに症状が収まったり長引いたりするのです。

12w以降・妊娠中期や後期につわりのぶり返しについて

妊娠初期のつわりは女性ホルモンや黄体ホルモンが急激に増えて代謝が変わることによって自律神経のバランスが崩れてしまい、つわりの症状が出てしまうと考えられています。

妊娠中期や後期も同じ原因のつわりなのかというと、実はそうではありません。
妊娠中期や後期のつわりはお腹の赤ちゃんが大きく成長するとともに大きくなった子宮が胃などの内蔵を圧迫するために起こるものと考えられているため、妊娠中期や後期のつわりは厳密に言うとつわりではないのです。

出産まで症状が続いてしまう人もいれば、臨月になって赤ちゃんが下に下りてくることで胃もたれが楽になったという人もいます。
症状の辛さは人それぞれですが、辛くて我慢できない!という方は妊娠中でも服用できる薬で症状が改善される場合もあるのでかかりつけの産院の先生に相談してみると良いです。

我慢することでストレスになってしまうこともあるので、少しでも辛いと感じたら相談しましょう。

12wでつわりが落ち着いても無理は禁物!

12wでつわりの症状が落ち着いてきたとしても、妊娠中は体調が変化しやすいため無理をするのはよくありません。

12wまでつわりの症状が酷く、ほとんど寝て過ごしていたという方がいます。
その日の昼間久しぶりに体調が良かったため、今まで簡単な食事は作れていたけど外に働きに出ている旦那の食生活や栄養状態も心配になり、その晩はしっかりとした食事を作ろうと数品用意したのですが、この方は無理をして長時間キッチンに立ち料理を作っている最中に気分が悪くなってしまい吐いてしまったようです。

料理は最後まで作り上げましたが、その後再び体調が悪くなってしまったのです。
つわりの症状が良くなってきていると無理をしてしまうとさらに体調が悪化してしまう場合があります。

この方は12w後半には体調が回復したようですが、やはり無理はいけないことですね。

体調が悪くてほとんど寝て過ごしていた体を突然働かせると、今まで寝て過ごしていた体はついていけません。
体調が良くなってきたと思っても様子を見ながら生活をしていくことを心がけましょう。

つわりの症状と期間について

つわりの症状と症状が続く期間はそれぞれ個人差がありますが、最も多くあげられるつわりの症状には吐き気があります。
吐き気を感じるといっても、吐きつわりという食べ物を食べると気持ちが悪くなって吐いてしまうというものと、食べつわりという食べ物を常に食べていないと吐いてしまうというものがあります。
においや食べ物を見ただけでも吐き気を催してしまう妊婦さんも多くいます。
吐き気以外には胸焼けや胃痛、頭痛、眠気などの症状があります。

つわりの症状が出る期間ですが、早い人は妊娠4周目頃から6週目頃に上記のような症状が現れてきます。
ご飯を食べようとしたら突然吐き気を感じ、体調が良くないなと病院へ行ったら妊娠していたということもよくあります。

一般的には妊娠12周頃から16周頃までにつわりの症状が治まると言われています。
個人差があるので、この頃よりも後に落ち着いたり、ぶり返したり、この頃よりも早く治まる人もいます。

つわりは男性に理解されにくいつらい症状ですが、安静に過ごして乗り切りましょう。