注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

着ぐるみの中身のヒミツ。小さいマスコットの正体とその気持ち

ショーや各種イベントで人気物のマスコットやゆるキャラ達ですが中には身長が低いマスコットもいますね。

果たして小さい着ぐるみの中身はどうなっているのでしょうか。

中には誰もいない、小さい子供が入っている、女性だと思うなど様々な意見が聞こえてきますが実際はどうなっているのか紹介していきます。

大変な事、やりがいなど知らなかった事実が判明です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉...

保育園に入れるのが不安、1歳の子が保育園に慣れるまでの解消法

1歳を保育園に預けるのは、お母さんも子どもも不安な気持ちになりますよね。仕事や家事、育児にいっぱいい...

牛肉の臭いを消すにはどの方法がおすすめ?牛肉の下処理とは

牛肉の臭いを消すにはどんな方法があるのでしょうか?鶏肉や豚肉に比べて、肉の臭いが強い牛肉の臭いを取る...

離婚で子供と離れることになった父親の面会と離婚後にできること

離婚をして子供と離れることになると、それまでのように一緒に生活をすることができないだけでなく、簡単に...

オムツが外れない【夜だけオムツ】はいつ卒業できるのか

オムツが外れない。昼間は外せるけど、夜のオムツがいつまでたっても外せないと心配になりますよね?...

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

前転のコツを幼児に教える方法と練習のポイント

前転を幼児がすると、どうしても横に転んでしまったりでなかなか上手く回れません。前転のコツを幼...

浪人生が夏休みで失敗しないための勉強方法と過ごし方

受験に失敗してしまう浪人生。共通点の1つに夏休みの過ごし方があります。夏休みという浮かれた気...

連絡先を聞く時の敬語の使い方!失礼にならない敬語のマナー

ビジネスシーンなどで相手に連絡先を聞くとき、きちんとした敬語を使うことができているか心配になることも...

犬のお風呂嫌いを改善したい!改善方法と注意点・入浴方法を解説

飼っている犬がお風呂嫌いで、おとなしくお風呂に入ってくれないというお悩みを抱えている飼い主さんもいま...

幼稚園のクラス替えに不満!クラスの決め方とそれを乗り切る方法

幼稚園のクラス替えの後、自分の子供のクラスに不満が出てしまうこともありますよね。仲良しのお友達とクラ...

お風呂はタオルも遊び道具になる!親子で楽しむコツとは

お風呂ではタオルを使った遊びでも子供はとても喜びます。タオルを使ったお風呂遊びの他にも、子供...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

スポンサーリンク

着ぐるみの中身は?中に小さい人が入っているのでしょうか

着ぐるみは、物によって大きいものや小さいものがあります、中身は必ず小さい人ばかり入っているとは限りません。
大きいものですと身長が高い人が有利ですし、小さいものであれば身長が低い人でないと中に入れませんね。

着ぐるみは子供にとってファンタジー

中身は人であることを大人がわざわざ言うことは少ないですよね。
しかし子供も成長と共に中身は人であることを認識していきますし、大人でも口に出す人はあまりいませんが中身がどうなっているのか気になることがありますよね。

基本的に身長の制限を満たしていれば、男女どちらでも構いません。
近年ではバック転など激しい動きをする着ぐるみも増えてきていますが、きっとそのような着ぐるみは男性が多いですよね。
おしとやかで小さい着ぐるみには女性のイメージかもしれませんが、男性の場合もありますよ。

着ぐるみの中身の人は背が小さい人が多い。入ったことがある人の感想

小さい着ぐるみは小さい人が入っていることが多いです。
小さい人だとしても、本当に大人が入れるのかというくらい小さい着ぐるみもありますが、それはいかに小さく見せるように中で工夫されています。

小さい人がたまたま中腰体勢になれば着ぐるみも小さく見えますし、あまりにも小さい着ぐるみの中には車輪がついた椅子が中に入っており、座ったまま足だけ動かして歩いていることもあります。

考えただけでも相当な体力は使いそうですね。
しかし、小さいキャラクターを人間が入りやすいように大きくすることはキャラクターのイメージを失ってしまいますので、様々な工夫をしなくてはいけないのです。

着ぐるみの中身の環境

余分なスペースはなくとにかく暑く、臭い、視界が見えずらい、うまく動けないといった感じで、着ぐるみを着てスムーズな動きをするには特訓と体力が必要そうです。

小さい着ぐるみの中身の人にお話を聞いてみました。向いている人とは

着ぐるみを着るのは閉所でも平気な人

着ぐるみの中は思ったほど狭く暗く圧迫感があり視界も遮られますので、その環境でも平気な人に限られてしまいますね。
そのような場所が苦手であれば、克服することを期待しても最初からやらない方が良いと思います。
克服する前に辞めてしまうことになるでしょう。

背の小さい人

着ぐるみを想像しても大きい着ぐるみを見た経験を思い出せますか。
大きい着ぐるみが見たことがあっても、圧倒的に背の小さい着ぐるみのイメージの方が多いでしょう。
それは、子供により親しみを持ってもらうためでもあり、155センチ程度の応募資格であることが多くなります。
そのため自然と女性が多い仕事だということがわかります。

中身は体力がある人

体力に自身がある人。
着ぐるみのキャラクターによっては飛び跳ねたり激しい動きをするものもあります。
着ぐるみの中の環境に耐え、動くということはとてもエネルギーを使いますので体力に自身がある人が向いています。

着ぐるみの中身のバイトには適正があります

着ぐるみはどこへ行っても子供に愛されます。子供と触れ合う仕事と言っても過言ではありません。

  • 子供が好きな人
  • 夢を持っている人
  • 体力がある

これらを兼ね備えていなければ、身長制限を満たしているからといってできる仕事ではありません。
着ぐるみのバイトは日給制であり、仕事内容によって大きく差があります。(5000~12000円程度)

街でティッシュや風船を配る静かめの着ぐるみから、専門性に優れた戦隊者まで幅が広いので給料にも差がでてきます。

着ぐるみを着ていると間違いなく子供の笑顔にふれることができます。
大変な仕事ですが、何よりも子供の笑顔にやりがいを持つ人が多く、1度やってダメな人もいれば、子供の笑顔を見ると辞められなく長く続ける人もいて様々です。
少なからず着ぐるみのバイトを続けられる人は、忍耐の持ち主でもあるといえるでしょう。

着ぐるみの経験がある人の体験談を紹介。やりがい等

着ぐるみの苦い思い出経験談

  • 子供に追いかけ回される
  • 記念撮影の長蛇の列も対応しなければいけない
  • 話せないのでひたすら身振り手振りするしかない
  • 着ぐるみの中身の環境にただただ我慢

着ぐるみの良い経験談

  • 顔がでているわけではないけどスター気分を味わえる
  • 子供に夢を与えられる
  • 子供の笑顔に触れられるだけで辛いのを忘れられる
  • 大変だからこそやりがいがある
  • 良い汗をかくことができ達成感がある

このように考え方によって感じ方も違いますが、少なからず子供に夢を与えられるという意味ではすごくやりがいのある仕事なのではないでしょうか。

様々な条件を満たしていないとできない仕事ではありますが、より多くの人が子供と触れ合うことでやりがいを持てると、その人にとっても思考的にプラスになることがありそうですね。