注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

着ぐるみの中身のヒミツ。小さいマスコットの正体とその気持ち

ショーや各種イベントで人気物のマスコットやゆるキャラ達ですが中には身長が低いマスコットもいますね。

果たして小さい着ぐるみの中身はどうなっているのでしょうか。

中には誰もいない、小さい子供が入っている、女性だと思うなど様々な意見が聞こえてきますが実際はどうなっているのか紹介していきます。

大変な事、やりがいなど知らなかった事実が判明です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雨の日ベビーカーで電車に乗る方法と注意点・あると便利なグッズ

電車でのお出かけにベビーカーを利用しているママもいますよね。雨の日はお出かけを控えたいものですがどう...

実家のご飯で食べたいものって?おふくろの味選手権!

実家のご飯で食べたいものはなんですか?おふくろの味、無性に食べたくなるあの味のことです!...

猫がついてくる!人懐っこい野良猫がいる理由と寄ってくるワケ

猫が自分の後をついてくる経験をしたことがある人もいますよね。野良猫なのに人間を警戒しない、人懐っこい...

大学で浪人がバレる瞬間は?先にカミングアウトした方がいいかも

浪人生活を経て晴れて大学入学!でも嬉しい反面、浪人したことがバレるのは嫌だなという気持ちになるか...

赤ちゃんはなぜ抱っこすると泣き止む?その理由と効果的な方法

赤ちゃんは抱っこされることが大好きですよね。そして今まで泣いていても泣き止むことが多いのではないでし...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

仮面浪人で休学したい理由とは?休学するメリット・デメリット

希望する大学に受からなかったため、今の大学に通いながら、仮面浪人として受験勉強をする学生は意外と多く...

幼稚園のコップ袋は何枚必要なのか先輩ママの意見と必要なワケ

初めてのお子様の入園は用意する物がたくさんあって、本当に大変です。またどんな物をどれだけ準備した...

赤ちゃんのオムツ替えで足の持ち方や困ったときの対処法とは

赤ちゃんのオムツ替えをするとき、足を突っ張ねたり、バタバタさせるときはどうしたらいいのでしょうか?...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

子供の寝かしつけ方法!生後6ヶ月で1人寝出来るようになるコツ

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけにはどのような方法があるのでしょう?では、生後6ヶ月の赤ちゃ...

パスタソースのレトルトを冷凍するときのコツやポイント

パスタソースのレトルトが少し残ってしまったときには、冷凍保存をしておくと便利ですよ。冷凍をしたときの...

幼稚園児の昼寝の時間はどのくらい?【年齢別】昼寝の時間の目安

幼稚園に通っているお子さんがいるママたちは、子供にお昼寝をさせた方が良いのか悩む事もありますよね。子...

子育てで疲れたときの3歳児への対処法やママの気分を上げる方法

子育てで疲れたと感じている3歳児のママは多いかもしれませんね。では、魔の3歳児の子育てに疲れ...

スポンサーリンク

着ぐるみの中身は?中に小さい人が入っているのでしょうか

着ぐるみは、物によって大きいものや小さいものがあります、中身は必ず小さい人ばかり入っているとは限りません。
大きいものですと身長が高い人が有利ですし、小さいものであれば身長が低い人でないと中に入れませんね。

着ぐるみは子供にとってファンタジー

中身は人であることを大人がわざわざ言うことは少ないですよね。
しかし子供も成長と共に中身は人であることを認識していきますし、大人でも口に出す人はあまりいませんが中身がどうなっているのか気になることがありますよね。

基本的に身長の制限を満たしていれば、男女どちらでも構いません。
近年ではバック転など激しい動きをする着ぐるみも増えてきていますが、きっとそのような着ぐるみは男性が多いですよね。
おしとやかで小さい着ぐるみには女性のイメージかもしれませんが、男性の場合もありますよ。

着ぐるみの中身の人は背が小さい人が多い。入ったことがある人の感想

小さい着ぐるみは小さい人が入っていることが多いです。
小さい人だとしても、本当に大人が入れるのかというくらい小さい着ぐるみもありますが、それはいかに小さく見せるように中で工夫されています。

小さい人がたまたま中腰体勢になれば着ぐるみも小さく見えますし、あまりにも小さい着ぐるみの中には車輪がついた椅子が中に入っており、座ったまま足だけ動かして歩いていることもあります。

考えただけでも相当な体力は使いそうですね。
しかし、小さいキャラクターを人間が入りやすいように大きくすることはキャラクターのイメージを失ってしまいますので、様々な工夫をしなくてはいけないのです。

着ぐるみの中身の環境

余分なスペースはなくとにかく暑く、臭い、視界が見えずらい、うまく動けないといった感じで、着ぐるみを着てスムーズな動きをするには特訓と体力が必要そうです。

小さい着ぐるみの中身の人にお話を聞いてみました。向いている人とは

着ぐるみを着るのは閉所でも平気な人

着ぐるみの中は思ったほど狭く暗く圧迫感があり視界も遮られますので、その環境でも平気な人に限られてしまいますね。
そのような場所が苦手であれば、克服することを期待しても最初からやらない方が良いと思います。
克服する前に辞めてしまうことになるでしょう。

背の小さい人

着ぐるみを想像しても大きい着ぐるみを見た経験を思い出せますか。
大きい着ぐるみが見たことがあっても、圧倒的に背の小さい着ぐるみのイメージの方が多いでしょう。
それは、子供により親しみを持ってもらうためでもあり、155センチ程度の応募資格であることが多くなります。
そのため自然と女性が多い仕事だということがわかります。

中身は体力がある人

体力に自身がある人。
着ぐるみのキャラクターによっては飛び跳ねたり激しい動きをするものもあります。
着ぐるみの中の環境に耐え、動くということはとてもエネルギーを使いますので体力に自身がある人が向いています。

着ぐるみの中身のバイトには適正があります

着ぐるみはどこへ行っても子供に愛されます。子供と触れ合う仕事と言っても過言ではありません。

  • 子供が好きな人
  • 夢を持っている人
  • 体力がある

これらを兼ね備えていなければ、身長制限を満たしているからといってできる仕事ではありません。
着ぐるみのバイトは日給制であり、仕事内容によって大きく差があります。(5000~12000円程度)

街でティッシュや風船を配る静かめの着ぐるみから、専門性に優れた戦隊者まで幅が広いので給料にも差がでてきます。

着ぐるみを着ていると間違いなく子供の笑顔にふれることができます。
大変な仕事ですが、何よりも子供の笑顔にやりがいを持つ人が多く、1度やってダメな人もいれば、子供の笑顔を見ると辞められなく長く続ける人もいて様々です。
少なからず着ぐるみのバイトを続けられる人は、忍耐の持ち主でもあるといえるでしょう。

着ぐるみの経験がある人の体験談を紹介。やりがい等

着ぐるみの苦い思い出経験談

  • 子供に追いかけ回される
  • 記念撮影の長蛇の列も対応しなければいけない
  • 話せないのでひたすら身振り手振りするしかない
  • 着ぐるみの中身の環境にただただ我慢

着ぐるみの良い経験談

  • 顔がでているわけではないけどスター気分を味わえる
  • 子供に夢を与えられる
  • 子供の笑顔に触れられるだけで辛いのを忘れられる
  • 大変だからこそやりがいがある
  • 良い汗をかくことができ達成感がある

このように考え方によって感じ方も違いますが、少なからず子供に夢を与えられるという意味ではすごくやりがいのある仕事なのではないでしょうか。

様々な条件を満たしていないとできない仕事ではありますが、より多くの人が子供と触れ合うことでやりがいを持てると、その人にとっても思考的にプラスになることがありそうですね。