注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉しいですよね。

顔のかさぶたはメイクで隠すことができます。
では、どうメイクすればかさぶたを隠すことができるのでしょうか。

顔のかさぶたを隠すメイク術をご紹介します。
メイクだけでは隠すのが不安な時の対処法もありますのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。 楽しい...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。 アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは? ...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか? なかなか自分から話...

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうか...

未婚で出産したら子供の戸籍はどうなる?未婚の母が知るべきこと

未婚で子供を出産した場合、生まれた子供の戸籍はどのようになるのか不安に感じますよね。未婚で出産をする...

【スライムの作り方】片栗粉を使った安全な手作りスライム

独特の感触がクセになるスライム。 子供の頃に遊んだという記憶がある方も多いと思います。 この...

食事中にテレビをつけまますか?子供に与える悪影響とは

食事中にテレビはつけっぱなし?それとも消す派? 子供には、食事に集中して欲しいけど、テレビを見...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね? 夜の寝かし...

娘と父親がお風呂に入る!一緒に入るのを卒業する時期の目安

娘さんとのコミュニケーション取りたい、娘が一緒に風呂に入りたいと言うなど、娘さんと一緒にお風呂に入っ...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

11ヶ月の離乳食は手づかみで食べれるものに挑戦してみよう

11ヶ月にもなると、離乳食は手づかみで食べられるものが良いと言われていますよね。 手づかみで食...

新生児の沐浴は毎日したいもの!その理由と沐浴のやり方と道具

新生児の赤ちゃんは汗をかいたり、母乳やミルクがついていたり、お尻がキレイに拭き取れていない場合があり...

犬との信頼関係が崩れるときとは?正しいしつけの方法

犬と信頼関係が崩れるのはどのようなときなのでしょうか?しつけのつもりが、犬との信頼関係を悪くしていた...

生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法

生後4ヶ月の赤ちゃんになると体重はだいたい平均でどのくらいになるのでしょうか? もしも、生後4...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

スポンサーリンク

顔のかさぶたを隠す一番簡単な方法はメイク

顔にかさぶたや傷ができてしまうと、なんとかそれを隠す方法が知りたいですよね。

女性なら特に気になる顔のかさぶたや傷跡。

やはり一番簡単に隠す方法は、メイクです。

 

顔のかさぶたや傷跡を隠すなら、アイメイクなどのポイントメイクをしっかりと

 

アイメイクなどのポイントメイクをしっかりすることで、かさぶたや傷跡などが目立たなくする効果もあるのです。

また、かさぶたや傷跡を隠したいからと言って、油分の多いリキッドファンデーションを厚塗りして隠してしまうと、毛穴を塞いでしまいますよね。

 

コンシーラーを上手に使って、かさぶたや傷跡を隠すことも

 

ただし、メイクするときには、かさぶたがスポンジでこすれて取れないように気をつけましょう。

もしも、かさぶたが取れてしまったときは、その上にメイクをするのはやめてくだいね。

低刺激の化粧品を使うこともオススメですよ。

顔のかさぶたをメイクで隠す時はコンシーラーが効果的

顔のかさぶたをメイクで隠したいときは、コンシーラーを使うのが効果的ですよ。

コンシーラーの使い方は、ファンデーションのタイプによっても変わってきます。

顔のかさぶたを隠すためのメイクなら、リキッドとパウダーを併用するのがオススメです。

まずは、カバー力の高いリキッドファンデーションを顔全体に薄く塗りましょう。

くすみが取れて顔色が明るくなるタイプを選ぶといいですよ。

そして、気になるかさぶた部分にコンシーラーを付けましょう。

このとき、かさぶたが気になるからと言って、強めに付けるのはよくありません。

優しく指先でなじませるように気をつけてくださいね。

かさぶたがうまく隠れない場合は、少しずつ繰り返し、軽く指先にコンシーラーを取ってなじませていきましょう。

そして、パウダーファンデーションをふんわりと顔全体に付けていきます。

キラキラとしたものやふんわりとした明るいカラーのものがオススメです。

このように、ベースメイクもしっかりとしながら、かさぶたもコンシーラーで隠していくと自然に仕上がりますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

顔のかさぶたが大きく、メイクだけでは隠すのが不安な時の対処法

思った以上に顔のかさぶたが大きくて、メイクでうまく隠すことができないという場合もありますよね。

そんなときにオススメなのが、ファンデーションテープです。

ファンデーションテープとは、テープ状になっていている貼るタイプのファンデーションのことです。

すごく薄いスキンカラーフィルムなので、頑固なかさぶたや傷跡も隠すことができ、しかも貼るタイプなので落ちないのです。

それに、大きさも大きいものから小さいものまであるので、必要な分だけ切って使うこともできますよ。

耐水性にも優れているので、濡れても安心です。

このファンデーションテープをメイクの前にしておけば、その上からメイクをしてなじませると全くかさぶたや傷跡は目立たなくなるでしょう。

とても便利なので、大きな傷跡などにお悩みの方などはぜひ参考にしてみてください。

顔にかさぶたがある時の洗顔方法、顔に傷跡を残さないために必要なこと

顔にかさぶたがある時は、洗顔の仕方にも気をつけなくてはなりません。

顔に傷跡を残さないためにも、洗顔をするときはゴシゴシと強く洗うのはやめましょう。

そうすることで、肌にダメージを与えてしまい、かさぶたも剥がれやすくなってしまいます。

顔にかさぶたがある時は、いつもよりも優しく洗顔するように心がけましょうね。

もしも、気になってしまうのであれば、かさぶたの部分に絆創膏などを貼って、刺激から守るようにしてくださいね。

また、かさぶたができた肌の再生には、しっかりと栄養を取ることが必要です。

綺麗な肌を保つためには、肌に必要なビタミンなどの栄養素を中心に、バランスよく食事を取るように気をつけましょう。

バランスの良い食生活は、肌の改善にとても大切なことなのです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686