注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉しいですよね。

顔のかさぶたはメイクで隠すことができます。
では、どうメイクすればかさぶたを隠すことができるのでしょうか。

顔のかさぶたを隠すメイク術をご紹介します。
メイクだけでは隠すのが不安な時の対処法もありますのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園の運動会の場所取りで必要な物やオススメと注意点とは

幼稚園の運動会では場所取りが重要なポイントになりますよね。では、幼稚園の運動会の場所取りは何...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

実母が迷惑!意見と時代が合わない子育て論に疲れたあなたへ

実母と意見が合わないから、ものすごく疲れるしイライラする。娘が子供を産むと、自分が行ってきた...

赤ちゃん(8ヶ月)のお風呂!ママ一人だと大変!入れ方のコツ

赤ちゃんのお風呂は、パパが仕事でいないのでママと二人で入るというパターンも多くあります。赤ち...

赤ちゃん【5ヶ月】のお風呂はどうしてる?寝返り後の入浴方法

1人でお風呂に入れてあげるのが難しくなってくる5ヶ月の赤ちゃん。先輩ママさん達はどのような工夫をして...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

赤ちゃんにイライラをぶつけて後悔!自分を責めずに子育てを

子育てなどでストレスがたまり、赤ちゃんにイライラをぶつけて後悔しているママもいますよね。自分は最低な...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

子供が泣くとイライラしてしまう。イライラしない方法とは

子供が泣くとイライラしてしまう。子供が泣くのには理由がある。それもわかってる。でもイライラする。母親...

子供のテレビの見過ぎを防ぐコツや上手な付き合い方のルール作り

子供のテレビの見過ぎというのは、子供にとってどんな影響を与えるのでしょうか?では、見過ぎない...

猫が邪魔してくるのときの対処方法かわいいけれどコレで対応

かわいい猫に邪魔されたとあっては、勉強や仕事が手につかないという人も多いのではないでしょうか?...

スポンサーリンク

顔のかさぶたを隠す一番簡単な方法はメイク

顔にかさぶたや傷ができてしまうと、なんとかそれを隠す方法が知りたいですよね。

女性なら特に気になる顔のかさぶたや傷跡。

やはり一番簡単に隠す方法は、メイクです。

 

顔のかさぶたや傷跡を隠すなら、アイメイクなどのポイントメイクをしっかりと

 

アイメイクなどのポイントメイクをしっかりすることで、かさぶたや傷跡などが目立たなくする効果もあるのです。

また、かさぶたや傷跡を隠したいからと言って、油分の多いリキッドファンデーションを厚塗りして隠してしまうと、毛穴を塞いでしまいますよね。

 

コンシーラーを上手に使って、かさぶたや傷跡を隠すことも

 

ただし、メイクするときには、かさぶたがスポンジでこすれて取れないように気をつけましょう。

もしも、かさぶたが取れてしまったときは、その上にメイクをするのはやめてくだいね。

低刺激の化粧品を使うこともオススメですよ。

顔のかさぶたをメイクで隠す時はコンシーラーが効果的

顔のかさぶたをメイクで隠したいときは、コンシーラーを使うのが効果的ですよ。

コンシーラーの使い方は、ファンデーションのタイプによっても変わってきます。

顔のかさぶたを隠すためのメイクなら、リキッドとパウダーを併用するのがオススメです。

まずは、カバー力の高いリキッドファンデーションを顔全体に薄く塗りましょう。

くすみが取れて顔色が明るくなるタイプを選ぶといいですよ。

そして、気になるかさぶた部分にコンシーラーを付けましょう。

このとき、かさぶたが気になるからと言って、強めに付けるのはよくありません。

優しく指先でなじませるように気をつけてくださいね。

かさぶたがうまく隠れない場合は、少しずつ繰り返し、軽く指先にコンシーラーを取ってなじませていきましょう。

そして、パウダーファンデーションをふんわりと顔全体に付けていきます。

キラキラとしたものやふんわりとした明るいカラーのものがオススメです。

このように、ベースメイクもしっかりとしながら、かさぶたもコンシーラーで隠していくと自然に仕上がりますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

顔のかさぶたが大きく、メイクだけでは隠すのが不安な時の対処法

思った以上に顔のかさぶたが大きくて、メイクでうまく隠すことができないという場合もありますよね。

そんなときにオススメなのが、ファンデーションテープです。

ファンデーションテープとは、テープ状になっていている貼るタイプのファンデーションのことです。

すごく薄いスキンカラーフィルムなので、頑固なかさぶたや傷跡も隠すことができ、しかも貼るタイプなので落ちないのです。

それに、大きさも大きいものから小さいものまであるので、必要な分だけ切って使うこともできますよ。

耐水性にも優れているので、濡れても安心です。

このファンデーションテープをメイクの前にしておけば、その上からメイクをしてなじませると全くかさぶたや傷跡は目立たなくなるでしょう。

とても便利なので、大きな傷跡などにお悩みの方などはぜひ参考にしてみてください。

顔にかさぶたがある時の洗顔方法、顔に傷跡を残さないために必要なこと

顔にかさぶたがある時は、洗顔の仕方にも気をつけなくてはなりません。

顔に傷跡を残さないためにも、洗顔をするときはゴシゴシと強く洗うのはやめましょう。

そうすることで、肌にダメージを与えてしまい、かさぶたも剥がれやすくなってしまいます。

顔にかさぶたがある時は、いつもよりも優しく洗顔するように心がけましょうね。

もしも、気になってしまうのであれば、かさぶたの部分に絆創膏などを貼って、刺激から守るようにしてくださいね。

また、かさぶたができた肌の再生には、しっかりと栄養を取ることが必要です。

綺麗な肌を保つためには、肌に必要なビタミンなどの栄養素を中心に、バランスよく食事を取るように気をつけましょう。

バランスの良い食生活は、肌の改善にとても大切なことなのです。