注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉しいですよね。

顔のかさぶたはメイクで隠すことができます。
では、どうメイクすればかさぶたを隠すことができるのでしょうか。

顔のかさぶたを隠すメイク術をご紹介します。
メイクだけでは隠すのが不安な時の対処法もありますのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

音楽の才能の見極め方や子供の才能を伸ばすポイントとは

子供に音楽の才能があるかどうかを見極めるにはどうしたらいいのでしょうか?子供に小さいうちから...

朝は甘いものを食べても太らないのかそれとも太りやすいのか

朝に甘いものを食べれば太らない?それとも太りやすい?太りやすいや太りにくいかは、甘いものを食べる順番...

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

犬の放置を発見してしまったらどこに通報するの?対応の仕方とは

犬の放置を発見してしまったら?どこに通報するべきなのでしょうか?通報する先は数箇所あ...

8ヶ月の赤ちゃん【モグモグ期】が離乳食食べない理由と対処法

生後7、8ヶ月の赤ちゃんは離乳食中期のモグモグ期に入ります。赤ちゃんも食べることに少し慣れて...

お弁当はパンで簡単美味しいパン弁当!お弁当作りを短縮

朝のお弁当作りは毎日大変ですよね。お弁当のおかずを作るとなると、4~5品くらいは必要になりま...

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあ...

ジュニアテニスが上達する練習方法とは大切なのは「意識」

ジュニアテニスはどんな練習方法を率先して行えばいいのでしょうか?どんな練習であっても、本人の意識が低...

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

子育て疲れた。一歳の我が子が暴君にしか思えない。そんな時には

子育てって、しんどいしキツイんだよ!疲れたと思ったら、休める状況を作りましょう。一歳にな...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

外国語っぽい名前をつけたい!日本以外でも通用する名前とは

子供の名前を考える時、親として「将来世界で活躍するような子供になってほしい。」と外国人からも呼びやす...

ミルクの間隔が3時間なのはいつまで?赤ちゃんの授乳の間隔

赤ちゃんが誕生した瞬間からずっと、ママは赤ちゃんのお世話で大忙しになりますよね。オムツ替えや授乳、沐...

スポンサーリンク

顔のかさぶたを隠す一番簡単な方法はメイク

顔にかさぶたや傷ができてしまうと、なんとかそれを隠す方法が知りたいですよね。

女性なら特に気になる顔のかさぶたや傷跡。

やはり一番簡単に隠す方法は、メイクです。

 

顔のかさぶたや傷跡を隠すなら、アイメイクなどのポイントメイクをしっかりと

 

アイメイクなどのポイントメイクをしっかりすることで、かさぶたや傷跡などが目立たなくする効果もあるのです。

また、かさぶたや傷跡を隠したいからと言って、油分の多いリキッドファンデーションを厚塗りして隠してしまうと、毛穴を塞いでしまいますよね。

 

コンシーラーを上手に使って、かさぶたや傷跡を隠すことも

 

ただし、メイクするときには、かさぶたがスポンジでこすれて取れないように気をつけましょう。

もしも、かさぶたが取れてしまったときは、その上にメイクをするのはやめてくだいね。

低刺激の化粧品を使うこともオススメですよ。

顔のかさぶたをメイクで隠す時はコンシーラーが効果的

顔のかさぶたをメイクで隠したいときは、コンシーラーを使うのが効果的ですよ。

コンシーラーの使い方は、ファンデーションのタイプによっても変わってきます。

顔のかさぶたを隠すためのメイクなら、リキッドとパウダーを併用するのがオススメです。

まずは、カバー力の高いリキッドファンデーションを顔全体に薄く塗りましょう。

くすみが取れて顔色が明るくなるタイプを選ぶといいですよ。

そして、気になるかさぶた部分にコンシーラーを付けましょう。

このとき、かさぶたが気になるからと言って、強めに付けるのはよくありません。

優しく指先でなじませるように気をつけてくださいね。

かさぶたがうまく隠れない場合は、少しずつ繰り返し、軽く指先にコンシーラーを取ってなじませていきましょう。

そして、パウダーファンデーションをふんわりと顔全体に付けていきます。

キラキラとしたものやふんわりとした明るいカラーのものがオススメです。

このように、ベースメイクもしっかりとしながら、かさぶたもコンシーラーで隠していくと自然に仕上がりますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

顔のかさぶたが大きく、メイクだけでは隠すのが不安な時の対処法

思った以上に顔のかさぶたが大きくて、メイクでうまく隠すことができないという場合もありますよね。

そんなときにオススメなのが、ファンデーションテープです。

ファンデーションテープとは、テープ状になっていている貼るタイプのファンデーションのことです。

すごく薄いスキンカラーフィルムなので、頑固なかさぶたや傷跡も隠すことができ、しかも貼るタイプなので落ちないのです。

それに、大きさも大きいものから小さいものまであるので、必要な分だけ切って使うこともできますよ。

耐水性にも優れているので、濡れても安心です。

このファンデーションテープをメイクの前にしておけば、その上からメイクをしてなじませると全くかさぶたや傷跡は目立たなくなるでしょう。

とても便利なので、大きな傷跡などにお悩みの方などはぜひ参考にしてみてください。

顔にかさぶたがある時の洗顔方法、顔に傷跡を残さないために必要なこと

顔にかさぶたがある時は、洗顔の仕方にも気をつけなくてはなりません。

顔に傷跡を残さないためにも、洗顔をするときはゴシゴシと強く洗うのはやめましょう。

そうすることで、肌にダメージを与えてしまい、かさぶたも剥がれやすくなってしまいます。

顔にかさぶたがある時は、いつもよりも優しく洗顔するように心がけましょうね。

もしも、気になってしまうのであれば、かさぶたの部分に絆創膏などを貼って、刺激から守るようにしてくださいね。

また、かさぶたができた肌の再生には、しっかりと栄養を取ることが必要です。

綺麗な肌を保つためには、肌に必要なビタミンなどの栄養素を中心に、バランスよく食事を取るように気をつけましょう。

バランスの良い食生活は、肌の改善にとても大切なことなのです。