注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉しいですよね。

顔のかさぶたはメイクで隠すことができます。
では、どうメイクすればかさぶたを隠すことができるのでしょうか。

顔のかさぶたを隠すメイク術をご紹介します。
メイクだけでは隠すのが不安な時の対処法もありますのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

生後1ヶ月の外出・車で外出はOK?リスクや注意点を理解しよう

生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて、車で外出することはOKなのでしょうか。赤ちゃんは生後1ヶ月を過ぎると外...

断乳【2日目】で痛い!どうしたら楽になる?断乳時の過ごし方

断乳の2日目は、ママは胸がカチカチで痛いし子どもはおっぱいを欲しがるしでてんやわんやですよね。...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

大学受験の勉強法は独学塾なしでも合格は可能だが覚悟は必要かも

大学受験を控えて塾通いをする学生は多いですが、中には独自の勉強法で塾なしで合格を果たした学生もいます...

赤ちゃんは寝る時に不安や怖いと感じるの?その心理とは

赤ちゃんって寝る時に怖いと感じたり、不安な気持で泣くことがあるって聞くけど本当なのでしょうか?...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

アクリルケースが欲しいなら、100均に行こう

部屋の中に細々したものが散らばっていると、見た目にも散らかって見えますし、使いたい物を探す時に苦労し...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

連絡先を聞く時の敬語の使い方!失礼にならない敬語のマナー

ビジネスシーンなどで相手に連絡先を聞くとき、きちんとした敬語を使うことができているか心配になることも...

ミートソースはレトルトでもおいしくする方法で絶品になるコツ

安いレトルトのミートソースを使って、パスタをおいしくする方法があるのをご存知でしょうか?では...

モルモットが噛むのが痛い!噛む理由は何?モルモットの飼い方

モルモットを飼っている飼い主さんの中にはモルモットの噛む癖に悩んでいる人もいますよね。モルモットに本...

お弁当はパンで簡単美味しいパン弁当!お弁当作りを短縮

朝のお弁当作りは毎日大変ですよね。お弁当のおかずを作るとなると、4~5品くらいは必要になりま...

スポンサーリンク

顔のかさぶたを隠す一番簡単な方法はメイク

顔にかさぶたや傷ができてしまうと、なんとかそれを隠す方法が知りたいですよね。

女性なら特に気になる顔のかさぶたや傷跡。

やはり一番簡単に隠す方法は、メイクです。

 

顔のかさぶたや傷跡を隠すなら、アイメイクなどのポイントメイクをしっかりと

 

アイメイクなどのポイントメイクをしっかりすることで、かさぶたや傷跡などが目立たなくする効果もあるのです。

また、かさぶたや傷跡を隠したいからと言って、油分の多いリキッドファンデーションを厚塗りして隠してしまうと、毛穴を塞いでしまいますよね。

 

コンシーラーを上手に使って、かさぶたや傷跡を隠すことも

 

ただし、メイクするときには、かさぶたがスポンジでこすれて取れないように気をつけましょう。

もしも、かさぶたが取れてしまったときは、その上にメイクをするのはやめてくだいね。

低刺激の化粧品を使うこともオススメですよ。

顔のかさぶたをメイクで隠す時はコンシーラーが効果的

顔のかさぶたをメイクで隠したいときは、コンシーラーを使うのが効果的ですよ。

コンシーラーの使い方は、ファンデーションのタイプによっても変わってきます。

顔のかさぶたを隠すためのメイクなら、リキッドとパウダーを併用するのがオススメです。

まずは、カバー力の高いリキッドファンデーションを顔全体に薄く塗りましょう。

くすみが取れて顔色が明るくなるタイプを選ぶといいですよ。

そして、気になるかさぶた部分にコンシーラーを付けましょう。

このとき、かさぶたが気になるからと言って、強めに付けるのはよくありません。

優しく指先でなじませるように気をつけてくださいね。

かさぶたがうまく隠れない場合は、少しずつ繰り返し、軽く指先にコンシーラーを取ってなじませていきましょう。

そして、パウダーファンデーションをふんわりと顔全体に付けていきます。

キラキラとしたものやふんわりとした明るいカラーのものがオススメです。

このように、ベースメイクもしっかりとしながら、かさぶたもコンシーラーで隠していくと自然に仕上がりますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

顔のかさぶたが大きく、メイクだけでは隠すのが不安な時の対処法

思った以上に顔のかさぶたが大きくて、メイクでうまく隠すことができないという場合もありますよね。

そんなときにオススメなのが、ファンデーションテープです。

ファンデーションテープとは、テープ状になっていている貼るタイプのファンデーションのことです。

すごく薄いスキンカラーフィルムなので、頑固なかさぶたや傷跡も隠すことができ、しかも貼るタイプなので落ちないのです。

それに、大きさも大きいものから小さいものまであるので、必要な分だけ切って使うこともできますよ。

耐水性にも優れているので、濡れても安心です。

このファンデーションテープをメイクの前にしておけば、その上からメイクをしてなじませると全くかさぶたや傷跡は目立たなくなるでしょう。

とても便利なので、大きな傷跡などにお悩みの方などはぜひ参考にしてみてください。

顔にかさぶたがある時の洗顔方法、顔に傷跡を残さないために必要なこと

顔にかさぶたがある時は、洗顔の仕方にも気をつけなくてはなりません。

顔に傷跡を残さないためにも、洗顔をするときはゴシゴシと強く洗うのはやめましょう。

そうすることで、肌にダメージを与えてしまい、かさぶたも剥がれやすくなってしまいます。

顔にかさぶたがある時は、いつもよりも優しく洗顔するように心がけましょうね。

もしも、気になってしまうのであれば、かさぶたの部分に絆創膏などを貼って、刺激から守るようにしてくださいね。

また、かさぶたができた肌の再生には、しっかりと栄養を取ることが必要です。

綺麗な肌を保つためには、肌に必要なビタミンなどの栄養素を中心に、バランスよく食事を取るように気をつけましょう。

バランスの良い食生活は、肌の改善にとても大切なことなのです。