注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんはなぜ抱っこすると泣き止む?その理由と効果的な方法

赤ちゃんは抱っこされることが大好きですよね。そして今まで泣いていても泣き止むことが多いのではないでしょうか?

でも、実は抱っこをすると泣き止む正式な理由があると言われています。そして一瞬で泣き止む抱っこ方法もあるとか。

今回は赤ちゃんが抱っこすると泣き止む理由と効果的な抱っこ方法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子育てで疲れたときの3歳児への対処法やママの気分を上げる方法

子育てで疲れたと感じている3歳児のママは多いかもしれませんね。では、魔の3歳児の子育てに疲れ...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。...

1歳半の子どもがご飯を噛まないで食べてしまう時の原因や対処法

子供がご飯を噛まないで丸呑みをしている?1歳半になってからも、噛まずにご飯を食べているなら、もしかし...

赤ちゃんは寝る時に不安や怖いと感じるの?その心理とは

赤ちゃんって寝る時に怖いと感じたり、不安な気持で泣くことがあるって聞くけど本当なのでしょうか?...

浴室の換気扇から音がする。考えられる原因と対処法について

浴室の換気扇から音がする。一番に考えられる原因は『ホコリ』でしょう。この場合、換気扇の掃...

夜道を歩く時は注意!光る洋服やグッズを活用して発見率アップ

夜道を歩く時に何か対策はしていますか?路地に入ると街灯が少ない通りもありますね。そんな時は運...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

父子家庭の子供の心理と特徴・性格は?父子家庭が抱える悩み

何らかの事情で妻と別れることになり、自分が子供を育てることになったという父親もいますよね。最近では、...

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んで...

カレーのお肉「牛肉」を柔らかくするコツと選び方で絶品カレーに

カレーに使うお肉と言えば、やっぱり人気なのが牛肉ですよね!では、牛肉のカレーをするならどんな...

スポンサーリンク

赤ちゃんはなぜ抱っこすると泣き止むの?

赤ちゃんが抱っこで泣き止むのは輸送反応

これは哺乳類に見られるもので、親猫や親犬が子供の首元を加えて移動する時に子供がおとなしくなるのと同じ現象です。体の力を極力抜くようにしていて、生きていく時に必要な本能とも考えられています。

親が自分にしてくれる行動に子供が協力をすることで、外敵から身を守ることを協力して行っているのです。

この輸送反応が理由となって赤ちゃんを抱っこすると泣き止むことがあります。

 

体のバランスを取るためにも赤ちゃんは抱っこで泣き止む

まだ首が座っていない赤ちゃんを縦抱きに抱っこすると泣き止むことがあります。いつもは横になって寝ているだけですから、縦抱きにされる事でいつもと見ている風景が変わり、泣き止む事があるようです。

また。首が座っていないため、体のバランスを取ることに一生懸命になることも泣き止む理由として考えられます。

 

抱っこされるとお腹の中の記憶がよみがえって安心する

ママに抱っこされることで、お腹の中にいた時の記憶がよみがえるため赤ちゃんが泣き止むことがあります。

話題になった一瞬で赤ちゃんが泣き止む抱っこ方法とは?

アメリカの小児科医が紹介した、一瞬で赤ちゃんが泣き止む抱っこ方法があります。では、早速その方法をご紹介しましょう。

 

抱っこした赤ちゃんの両手をたたむと泣き止む

泣き止まない赤ちゃんを抱っこしたら、赤ちゃんの両手を体の前で交差させるようにしてたたみましょう。

 

赤ちゃんを抱っこして斜め45度の角度に傾ける

交差させた赤ちゃんの腕を片手で包むようにして支えます。同じ手で、赤ちゃんの顎も支えましょう。反対の手で赤ちゃんのお尻を支え、赤ちゃんの体全体を斜め45度の角度にします。

 

抱っこした赤ちゃんのお尻をゆらゆら・体を上下すると泣き止む

上記の角度のまま、片手で赤ちゃんのお尻をゆらしながら、赤ちゃんの体全体を上下・前後・左右に優しく動かしてあげましょう。

やってみるとびっくり!簡単赤ちゃんが泣き止みますよ。

 

赤ちゃんの抱き方にポイントがあります。

赤ちゃんの首の隙間に指が入ってしまうと、苦しくなって息ができなくなることがあります。赤ちゃんの胸を抱えた方の人差し指と親指を使って、赤ちゃんの顎を支えるようにしましょう。

これを行うのに最も適した赤ちゃんの月齢は2~3ヶ月ころです。これ以上になると、赤ちゃんの体重が増えて重くなり、抱えることができない事もあります。

赤ちゃんが泣き止む抱っこは横よりも縦?

首が座っていない赤ちゃんを縦抱きにすると、泣き止む事があるとお伝えしました。

実際、子育て中のママの中には、「確かに縦抱きにしたほうが泣き止むかも!」という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

縦抱きにされている時、赤ちゃんはどんなことを考えているのでしょうか。

 

「毎日毎日天井ばかり見ててつまらないな。ママが抱っこしてくれるのも、いつも横向きばっかり。横向きのだとやっぱり見えるのは天井・・・。違う景色も見てみたい。」

と思っている時、ママが縦抱きにしてくれると、違う景色が見えて一瞬赤ちゃんも気分転換になります。

でもちょっち待って!まだ首が座っていないため、自分でバランスを取ることが上手にできません。
首も背中もふにゃふにゃなため、泣いてるどころじゃなくなってしまうのです。

縦抱きにすると視界が変わって赤ちゃんの気分も変わりますが、しっかりと首がすわるまでは赤ちゃんが泣き止んだあとはまた楽な姿勢で寝かせてあげるようにしましょう。

赤ちゃんを抱っこする時には体をくっつけるようにしよう

生きていく中で、誰かに抱っこされた経験がない人はいないですよね。この世の中に生まれて生活する上で、赤ちゃんの頃は誰かに抱かれたり、おんぶされたりして大きく成長していきます。

赤ちゃんのうちは自分でトイレに行くことも食事をすることもできません。

ですから、誰かの手を借りておむつの交換をしてもらったり、食事をさせてもらうようになります。

お世話をしてもらう時、ほんの少しでも肌がふれあううことになりますが、これは赤ちゃんの成長にとって、とても大切なことになります。

肌と肌のふれあいは赤ちゃんの成長になくてはならない事なのです。

でも、ほんの少しの肌のふれあいでは足りません。しっかりと肌が触れ合うことが大切なのです。

赤ちゃんを抱っこする時は、肌と肌がふれあう面積を多くしましょう。服を着た状態でも構いません。赤ちゃんを抱っこする時は、体がくっつく表面積を多くすることが大切なのです。

抱っこに慣れていない人は、不安で体をくっつけられないかもしれませんが、赤ちゃんは誰かとくっついている方が好きなのです。

先輩ママが実践している赤ちゃんが泣き止む方法とは?

赤ちゃんがぐずって泣き止まない時、先輩ママたちはどんなふうにして赤ちゃんをあやしているのでしょうか。実際に行った赤ちゃんのあやし方をご紹介します。

 

赤ちゃんを鏡を使って泣き止ませる

赤ちゃんがぐずった時は、赤ちゃんの顔を鏡に写してあげましょう。そうすると、すぐにご機嫌になる赤ちゃんもいるようです。

 

袋を使う

ぐずって泣き止まない赤ちゃんの前で、ビニール袋をガサガサさせてみましょう。音に気を取られるのか、すぐに泣き止んでくれる赤ちゃんもいます。

ビニール袋の音で泣き止む原理ですが、どうやらこの音、ママのお腹の中にいたときに赤ちゃんが聞いていた音と似ているのだとか。

お腹の中にいた時の記憶が蘇って、泣き止むのかもしれませんね。

袋を使う時は、頭って赤ちゃんが頭からかぶってしまわないように注意しましょう。