注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

離婚で子供と離れることになった父親の面会と離婚後にできること

離婚をして子供と離れることになると、それまでのように一緒に生活をすることができないだけでなく、簡単に会うことができなくなってしまう事もあります。

離婚をして子供と離れた後に子供と会うには一体どうすれば良いのでしょうか。離婚をしたあと、父親が子供にしてあげられることは何?

そこで今回は、離婚をして子供と離れることになった父親の子供との面会についてと、離婚後に父親としてできることについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

天才は努力する人に勝てず、努力するものは楽しむ人に勝てない

天才が努力をする。それも楽しみながら。天才にこれをされてしまっては、凡人は太刀打ちできません。...

1歳7ヶ月の子供の体重が重い!平均体重と肥満体重・対処法

子育て中のママの中には、赤ちゃんの体重増加について頭を悩ませている人もいますよね。同じ年齢の子供...

昼寝を3時間するのは長い?3歳の上手なお昼寝の取り方とは

3歳の子供が3時間お昼寝をするのは眠りすぎ?個人差の大きいお昼寝時間ですが、気にしなければいけないの...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

文鳥の換羽期の栄養と食事は飼い主さんがしっかりサポートを!

文鳥が換羽期になると、体の羽が抜けて体力も失われてしまいます。この時期は飼い主さんがしっかりと栄養面...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。楽しい...

犬の放置を発見してしまったらどこに通報するの?対応の仕方とは

犬の放置を発見してしまったら?どこに通報するべきなのでしょうか?通報する先は数箇所あ...

うさぎを飼う人の心理!ペット選びでわかる意外な性格とは

犬や猫の他にうさぎも人気があるペットですね。ペットにうさぎを飼うことを選んだワケはなんでしょ...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

猫が怖いのを克服するためにできる方法と猫の意外な特性とは

猫が怖いと感じるのを克服するためには、まず猫の習性やどうして猫が苦手なのかその原因を考えてみましょう...

子育てに疲れた【悪魔の3歳】と言われる3歳児の子育て方法

赤ちゃんが生まれてすぐの頃は、まだ自分で動くこともできず、ママがすべてのお世話をしていましたよね。で...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

スポンサーリンク

離婚して子供と離れる父親の子供との面会について

離婚後、子供は母親と一緒に生活し、父親は一人に。

離婚に限らず、自分の子供と離れてくらいしている場合、親権や養育権がないと子供に会うことは許されないことなのでしょうか?

民法766条に、『父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。』
とあります。

 

子供の不利益にならなければ、離婚して離れて暮らす親でも定期的に子供に会うことができます。

 

もちろん、離婚するんですから、円満な夫婦関係でないことが予想されます。
子供との面会につてい、話し合いができないのなら、家庭裁判所の調停で決めることになります。

離婚して子供と離れることになっても父親には会う権利がある

様々な事情や理由により、離婚に至りますから、双方の意思疎通が上手に図れないことを前提として考えましょう。

母親(妻)が父親(夫)に強い恨み・妬み・憎しみをもって離婚する場合、子供に会わせたくない、子供が父親になつかないで欲しい、子供に父親を忘れて欲しいと願うこともあります。

調停で面会日を決めても、実現できないケースは実に約7割にものぼるのだとか。

子供は親の所有物ではありません。

ですが、離婚して離れて生活するということは、別の人生が作られていくということです。
母親(妻)側に新しい出会いがあり、再婚する運びになると、血のつながっている別の場所で暮らす父親よりも、一緒に暮らす血のつながらない父親との関係作りの方が生活の主流となってしまいます。

ですが、離婚しても父親であることには変わりません。
子供の年齢や、生活スタイルから判断し、交流することが有益であると大人が導くことができれば、よいのではないのでしょうか?

離婚して子供と離れることになった父親ができること

生活を共にしない。
同じ屋根の下で暮らさない。
存在を感じることができない。

子どもと離れると、想像以上の寂しさを感じ、打ちのめされ孤独感に打ちひしがれるようです。

子供がどんどん遠くなるように感じますが、そこで終わらせてはいけません。

人間は『できないこと』にフォーカスを当てがちですが、『できること』にフォーカスを当て、子供との関係を築いていきましょう。

夫であるという役割は終わりましたが、父親であるという役割はこれからもずっと続きます。
離婚により子供にいらぬ傷を与えてしまったのですから、離れていても君の父親であるという安心感を子供にしっかりと伝えてあげましょう。

一緒に暮らしている時は、喧嘩ばかりだったけど、離婚して他人に戻ると程よい距離感を保ち、仲良くできる元夫婦もいるようです。

離婚という選択をしたことが、お互いの人生にとって良い選択だったと言えるように、頑張りましょう。

別居で子供と離れることになった時の面会交流について

子供にとって、一緒に居ても離れていても親であるということは一生かわりありません。
夫婦関係を解消しても、子供との関係は解消されることはないのです。

自分の子供なのに、自分が会いたい時に会えないというフラストレーションを感じ、ストレスになりますが、ここは前向きに捉えましょう。

離婚の時、口約束ではなく家庭裁判所にて面会交流の申立を行うようにしましょう。

ここで、間違ってはならないのは面会交流は子供のためのものであって、親のためのものではないということです。

親との別居は、子供にとって不安でしかありません。
離れて暮らしていても、親と会うことができるんだよと示してあげることも大切です。

取り決めをしても、実行できないこともあるでしょう。
生活を共にしないのですから、予定が合わなくなってくることもあるでしょう。
距離は離れてしまっても、気持は離れていないということをしっかりと子供に示してあげましょう。

親の離婚は子供にはとばっちりのことも

夫婦であることと、親であることは一緒にならないのです。

離婚を選んだということは、単に夫婦関係を解消するということではなく、子供との日常を放棄したと、捉えられてしまうことです。

子供の視点からすると、常にケンカを見せつけられて生活するよりは離婚したほうがマシと考えても、いざ離婚してしまうとどうして仲良くできなかったのかな?自分が悪いのかな?と思うのです。

一人の人間として、離婚を選択したことは間違えではなかったでしょう。
ですが、親としては離婚を選択したことは間違えだったと言えるでしょう。
子供の親として、子供が成人するまで協力することができなかったのは、親として努力不足であったという以外のなにものでもないのですから。

このあたりをしっかりと捉えることができなければ、離れて暮らす子どもとの交流を上手にとることが難しいと言えます。

夫婦で、親として守るべき子供を守れなかったのは事実です。

それを踏まえて、離れて暮らす子供にとって何をするべきなのかを感じてみてください。