注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

離婚で子供と離れることになった父親の面会と離婚後にできること

離婚をして子供と離れることになると、それまでのように一緒に生活をすることができないだけでなく、簡単に会うことができなくなってしまう事もあります。

離婚をして子供と離れた後に子供と会うには一体どうすれば良いのでしょうか。離婚をしたあと、父親が子供にしてあげられることは何?

そこで今回は、離婚をして子供と離れることになった父親の子供との面会についてと、離婚後に父親としてできることについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんが寝れないで泣く原因と対処法!赤ちゃんの睡眠を解説

赤ちゃんが寝れないで泣くことに頭を悩ませているママもいますよね。赤ちゃんは話をすることができないため...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまい...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

着ぐるみの中身のヒミツ。小さいマスコットの正体とその気持ち

ショーや各種イベントで人気物のマスコットやゆるキャラ達ですが中には身長が低いマスコットもいますね。...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

朝は甘いものを食べても太らないのかそれとも太りやすいのか

朝に甘いものを食べれば太らない?それとも太りやすい?太りやすいや太りにくいかは、甘いものを食べる順番...

夫が怖い。怒鳴ると萎縮してしまうあなたは〇〇被害者

夫のことが怖いと感じる。怒鳴ると萎縮してしまうし、夫を怒鳴らせる自分はものすごく悪いのだと自分を...

ピアノの先生にするお礼とは?渡し方やタイミングをご紹介

ピアノの先生にお礼をする場合は、何を渡したらいいのでしょうか?同じピアノ教室の方に聞いてもなかなか口...

一歳のお昼寝、もう午前中寝ないの?1歳の子育てと昼寝について

一歳になると体力がついてくるのでお昼寝は午後の1回で十分の子もいます。午前中に1回、午後に1...

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させることはできる?注意点と方法

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させたいと考えている人もいますよね。ですが、メダカと金魚を同じ水槽で飼う...

犬のお風呂嫌いを改善したい!改善方法と注意点・入浴方法を解説

飼っている犬がお風呂嫌いで、おとなしくお風呂に入ってくれないというお悩みを抱えている飼い主さんもいま...

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場はどこがいい?子どもと出かけよう

10ヶ月の赤ちゃんはどんなところに連れていってあげたらいいのでしょうか?お外に連れていってあ...

虫にも感情ってあるの?痛みや味は感じるのか徹底調査!

虫を見ていると「なにを考えて生きているんだろう?」と思うことってないですか?虫にも人間と同じ...

スポンサーリンク

離婚して子供と離れる父親の子供との面会について

離婚後、子供は母親と一緒に生活し、父親は一人に。

離婚に限らず、自分の子供と離れてくらいしている場合、親権や養育権がないと子供に会うことは許されないことなのでしょうか?

民法766条に、『父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。』
とあります。

 

子供の不利益にならなければ、離婚して離れて暮らす親でも定期的に子供に会うことができます。

 

もちろん、離婚するんですから、円満な夫婦関係でないことが予想されます。
子供との面会につてい、話し合いができないのなら、家庭裁判所の調停で決めることになります。

離婚して子供と離れることになっても父親には会う権利がある

様々な事情や理由により、離婚に至りますから、双方の意思疎通が上手に図れないことを前提として考えましょう。

母親(妻)が父親(夫)に強い恨み・妬み・憎しみをもって離婚する場合、子供に会わせたくない、子供が父親になつかないで欲しい、子供に父親を忘れて欲しいと願うこともあります。

調停で面会日を決めても、実現できないケースは実に約7割にものぼるのだとか。

子供は親の所有物ではありません。

ですが、離婚して離れて生活するということは、別の人生が作られていくということです。
母親(妻)側に新しい出会いがあり、再婚する運びになると、血のつながっている別の場所で暮らす父親よりも、一緒に暮らす血のつながらない父親との関係作りの方が生活の主流となってしまいます。

ですが、離婚しても父親であることには変わりません。
子供の年齢や、生活スタイルから判断し、交流することが有益であると大人が導くことができれば、よいのではないのでしょうか?

離婚して子供と離れることになった父親ができること

生活を共にしない。
同じ屋根の下で暮らさない。
存在を感じることができない。

子どもと離れると、想像以上の寂しさを感じ、打ちのめされ孤独感に打ちひしがれるようです。

子供がどんどん遠くなるように感じますが、そこで終わらせてはいけません。

人間は『できないこと』にフォーカスを当てがちですが、『できること』にフォーカスを当て、子供との関係を築いていきましょう。

夫であるという役割は終わりましたが、父親であるという役割はこれからもずっと続きます。
離婚により子供にいらぬ傷を与えてしまったのですから、離れていても君の父親であるという安心感を子供にしっかりと伝えてあげましょう。

一緒に暮らしている時は、喧嘩ばかりだったけど、離婚して他人に戻ると程よい距離感を保ち、仲良くできる元夫婦もいるようです。

離婚という選択をしたことが、お互いの人生にとって良い選択だったと言えるように、頑張りましょう。

別居で子供と離れることになった時の面会交流について

子供にとって、一緒に居ても離れていても親であるということは一生かわりありません。
夫婦関係を解消しても、子供との関係は解消されることはないのです。

自分の子供なのに、自分が会いたい時に会えないというフラストレーションを感じ、ストレスになりますが、ここは前向きに捉えましょう。

離婚の時、口約束ではなく家庭裁判所にて面会交流の申立を行うようにしましょう。

ここで、間違ってはならないのは面会交流は子供のためのものであって、親のためのものではないということです。

親との別居は、子供にとって不安でしかありません。
離れて暮らしていても、親と会うことができるんだよと示してあげることも大切です。

取り決めをしても、実行できないこともあるでしょう。
生活を共にしないのですから、予定が合わなくなってくることもあるでしょう。
距離は離れてしまっても、気持は離れていないということをしっかりと子供に示してあげましょう。

親の離婚は子供にはとばっちりのことも

夫婦であることと、親であることは一緒にならないのです。

離婚を選んだということは、単に夫婦関係を解消するということではなく、子供との日常を放棄したと、捉えられてしまうことです。

子供の視点からすると、常にケンカを見せつけられて生活するよりは離婚したほうがマシと考えても、いざ離婚してしまうとどうして仲良くできなかったのかな?自分が悪いのかな?と思うのです。

一人の人間として、離婚を選択したことは間違えではなかったでしょう。
ですが、親としては離婚を選択したことは間違えだったと言えるでしょう。
子供の親として、子供が成人するまで協力することができなかったのは、親として努力不足であったという以外のなにものでもないのですから。

このあたりをしっかりと捉えることができなければ、離れて暮らす子どもとの交流を上手にとることが難しいと言えます。

夫婦で、親として守るべき子供を守れなかったのは事実です。

それを踏まえて、離れて暮らす子供にとって何をするべきなのかを感じてみてください。