注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

涙袋の作り方!簡単メイクや筋トレでできるポイント、効果とは

涙袋の作り方は簡単なマッサージやトレーニングによっても作れるそうです。

まずは、手軽にアイシャドウによって涙袋を作ってみるのはいかがでしょうか。

また、簡単にできるマッサージや筋トレなど、涙袋を作るコツについてもご紹介致します。

これであなたもぷっくり涙袋で愛され顔になれちゃいますよ。ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

腕時計が重い疲れる!重さの感じ方とビジネスマンの腕時計マナー

腕時計をつけていると重いと感じて腕が疲れるという人もいますよね。腕時計を選ぶ時、重く感じる物を選ぶと...

韓国人男性はメイクや美容に意識が高い!メンズメイクの基本

韓国人男性の歌手を見て感じることは、「バッチリメイクしているなぁ」そう感じる人も多いのではないでしょ...

眉毛の長さや整え方!基本の美眉でナチュラル美人

メイクをするようになると、眉毛のお手入れもしっかりとしないと顔の印象がどうしても野暮ったく見えてしま...

服にファンデーションがつかないファンデ選びと仕上げのコツ

メイクをしてから服を着替える場合や、襟が立つコートなどには、どうしてもファンデーションが付いてしまい...

髪の毛の巻き方はコテの使い方次第でキレイなカールを作るコツ

髪の毛の巻き方はコテの持ち方や髪の毛のブロッキングなどコテの使い方次第で上手にできます。特に...

髪の毛のお団子ヘアは短い髪でもできるコツで可愛くアレンジ

お団子ヘアの髪の毛ってとても可愛いくてオシャレですが、短い髪の毛でもできるのでしょうか?では...

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で...

彼氏がピアスを嫌がる理由と納得させるコツや対処法とは

彼氏がピアスを嫌がるのはどうしてなのでしょう?彼女のピアスを嫌がる理由とは?では、そんな彼女...

鼻を小さく見せるメイク方法!すっきりとした鼻筋で美人顔

あなたは自分の顔の、どの部分を直したいと思いますか?自分の鼻にコンプレックスを持っている人も少な...

ハイライトはセルフでの入れ方をマスターすれば簡単にできます

美容室でカラーリングする時、ハイライトを入れてもらうと印象が変わりますよね。しかし、毎月美容...

お風呂に入るのがめんどくさい!女性として言えない心の声

お風呂に入るのがめんどくさい!女性だって、そうなんです!なぜ『めんどう』に感じるのでしょ...

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

ハムスターの床材にキッチンペーパーがおすすめな理由と使い方

ハムスターの飼育には巣穴のようにもぐることが出来る床材が必要です。床材にはどんな物があるので...

高校の卒業証明書が必要…廃校になった場合の対処方法

高校の卒業証明書が必要なのに、すでに廃校となっているときにはどうしたらいいのでしょうか?卒業証書のコ...

【ファンデーションの塗り方】崩れないリキッドファンデの使い方

普段リキッドファンデーションを愛用しているという方も多いと思います。しかし、慌ただしい朝には...

スポンサーリンク

簡単にアイシャドウでできる涙袋の作り方

まずは、一番手軽で簡単に涙袋を作れる方法として、メイクを用いてみましょう。
毎日のメイクに一手間加えるだけで、ぷっくりとした涙袋が簡単に作れます。

  1. 笑ったりしたときに目の下に影が出来ます。
    その線に沿ってブラウン系にアイシャドウを、下まぶたの全体に塗っていきます。
  2. より自然になるように、黒目の下部分に曲線を引きます。
  3. アイシャドウを綿棒などでぼかし、自然な線にします。
  4. 影の内側を、明るめのアイシャドウを使って、ぷっくり感を出します。
  5. 最後に黒目の下部分に、ラメ感のあるアイシャドウを塗り、潤んだ目を作りましょう。

影を作るためのアイシャドウは、塗りすぎるとクマのように見えてしまうので、細く引き必ずぼかすようにしましょう。

涙袋の作り方はマッサージと筋トレで簡単にできる

メイクを落としても涙袋が欲しいという人は、自分で涙袋を鍛えましょう。
涙袋は眼輪筋という、目の周りの筋肉から出来ています。この眼輪筋を鍛えることで、涙袋を手に入れることが出来ます。

  1. 両方の手のひらを、軽くおでこに当てます。
  2. 下まぶたに力を入れ、グッと上に引き上げ10秒キープします。
  3. 次に目をグッと見開き、10秒キープします。
  4. 2と3を数回繰り返し行います。
  5. 最後は軽く目を閉じ、力を抜くようにしましょう。

これで下まぶたを鍛えることが出来ます。

眼輪筋を鍛えるには、どうしても時間がかかってしまいます。
即効性を感じることはほとんどないので、筋トレをしてすぐに効果を実感することはありません。

毎日続けることで徐々に効果を感じることが出来るので、根気良く続けることがコツです。

毎日続けると涙袋が出来ることの他にも、目のたるみの改善、目元にハリが出来てシワが目立たなくなるという嬉しい効果も実感出来るでしょう。

皮膚に負担がかからないように、クリームを使って目元を優しくマッサージすることも疲れが取れて、目がスッキリしますよ。

涙袋の作り方!簡単トレーニングのコツ

他にもトレーニングで涙袋を作ることも出来ます。

ピースサイン体操で簡単トレーニング

トレーニングの方法の中では、最も一般的な方法ではないでしょうか。
とても簡単な方法なので、無理なく毎日続けることが出来ます。

  1. 瞳だけで上を見ます。
  2. 両目の端を、それぞれピースサインした人差し指と中指で優しく押さえます。
  3. この状態で下まぶたをグッと上に引き上げるようにします。

これを一日に50回くらい行うと、眼輪筋を鍛える効果が期待出来ます。

ウインク体操で涙袋を作ろう

これは一番簡単な方法と言っても過言ではないくらい、非常に手軽に行うことが出来ます。

やり方も目を強く、グッと力を入れて閉じるだけです。
これを1日100回行いましょう。
100回と聞くとものすごい数に思いますが、目を100回閉じるだけなのでなんてことはないのです。

細目方法で涙袋をトレーニング

この方法も非常に簡単に出来ますよ。

目を細めて、眉をグッと引き上げるだけです。たったこれだけですが、眼輪筋を鍛える効果があります。眼輪筋の動きを意識すると、より効果が期待出来ます。

涙袋があると可愛く見えるの?涙袋の効果とは

そもそも涙袋があると、どのような効果があるのでしょう。
実は涙袋があることで、女性には嬉しい効果がたくさんあるのです。

涙袋があると目が大きく見える

涙袋があると、実際の目の大きさよりもさらに下のラインまで、目の存在感が出てきます。
縦に幅を持たせるようにして、目をぱっちりと大きく見せる効果が期待出来ます。

目の大きさが同じだとしても、上のまぶたが一重と二重だと、二重の方が目が大きく見えますよね。
これと同じで、下まぶたもぷっくり膨らみがあると大きく見せることが出来るのです。

涙袋は優しく見えたり、色気があるように感じる

涙袋は笑ったときに、とても強調される部分です。
ぷっくりとした涙袋の効果で、より笑顔が素敵な印象になります。

笑顔が印象的な人って、優しそうで一緒にいると癒やされますよね。

笑っていないときでも、涙袋があると瞳が潤んでいるように見えたり、微笑んでいるように見え、色気のある女性に見えるそうです。

顔に立体感が生まれる

日本人は割と平面的な顔の人が多いですよね。
しかし、目の周りに立体感を与えることで、顔全体が立体的でバランスのいい印象になります。

涙袋の膨らみでシワが目立たなくなる

涙袋の膨らみは、その分皮膚も引っ張られます。
皮膚が引っ張られることで、一緒にシワも引っ張られ結果として目立ちにくくなるという嬉しい効果を発揮してくれます。

涙袋はもっと簡単にも作れる?ぷっくり涙袋で愛され顔に!

最近では涙袋を作ることに特化したメイク用品も増えてきて、より簡単にきれいな涙袋を作ることが出来るようになっています。

涙袋ライナーを塗れば涙袋を簡単に作れる

涙袋を作るためのアイライナーです。
なので使い方も非常に簡単で、涙袋の部分にライナーで塗るだけで完成です。

ピンク系やベージュ系など色にも種類があり、ラメ入りやパール入りなど輝き方も選べるくらい、いろいろな種類があります。
自分の肌の色や雰囲気に合わせて、選ぶことが出来ますよ。

涙袋を作る涙袋テープを使おう

なんとテープで涙袋を作ることが出来る商品もあります。
シートを剥がし、涙袋の部分に押し込めると、ぷくっと涙袋が盛り上がってきます。
余分なテープ部分をカットして、指で形を馴染ませたらあっという間に涙袋の完成です。