注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

子供が欲しい妻と欲しくない夫、離婚前にできることはあるのか

結婚したらすぐに子供が欲しい妻とこの先も子供は欲しくないという夫。
実はこの「子供が欲しい、欲しくない」で離婚してしまう夫婦が増えていると言います。
結婚前に子供の事について話し合えれば一番いいのですが、多くの場合結婚してから判明してしまうものです。

子供が欲しい欲しくないで離婚してしまう前にできることはあるのでしょうか。
もし離婚したい場合、スムーズに離婚するにはどうすればいいのでしょうか。

ではご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです...

幼稚園のクラス替えに不満!クラスの決め方とそれを乗り切る方法

幼稚園のクラス替えの後、自分の子供のクラスに不満が出てしまうこともありますよね。仲良しのお友達とクラ...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

【スライムの作り方】片栗粉を使った安全な手作りスライム

独特の感触がクセになるスライム。子供の頃に遊んだという記憶がある方も多いと思います。この...

ブリッジができないのは〇〇が原因。できるようになるコツとは

ブリッジができない子どもにに教えるにはどんなコツがあるのでしょうか?口で説明をするのは難しいですよね...

昼寝を3時間するのは長い?3歳の上手なお昼寝の取り方とは

3歳の子供が3時間お昼寝をするのは眠りすぎ?個人差の大きいお昼寝時間ですが、気にしなければいけないの...

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んで...

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいます...

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないの...

大学受験の勉強法は独学塾なしでも合格は可能だが覚悟は必要かも

大学受験を控えて塾通いをする学生は多いですが、中には独自の勉強法で塾なしで合格を果たした学生もいます...

子供を叱る。そして激しく自己嫌悪。この悪循環を感じないためには

子供を叱るのはどうしてでしょう?世間のルールや常識を教えるためですよね?子どもは言わ...

長男と次男の性格の違いを特徴から検証!産まれ順の影響も

長男と次男の性格にはそれぞれ共通する特徴があり、それによって長男と次男の性格の違いがみえてきます。...

関西人は性格がきついのではなく、言葉遣いがストレートなのです!

関西人に対するイメージってメディアからの思い込みが多いような気がします。性格がきついのではな...

ピアノを上達させたい!子供が上達しないとイライラする時には

ピアノを習えば、子供はスラスラピアノを演奏できるようになると思っていたのに、いつまでたっても上達しな...

寝かしつけの方法は?9ヶ月の赤ちゃんの上手な寝かしつけ方法

生後9ヶ月頃の赤ちゃんは、夜泣きなどで夜に何度も目が冷めてしまったり、なかなかスムーズに寝てくれない...

スポンサーリンク

子供が欲しい妻と欲しくない夫、それぞれの言い分とは

生涯のパートナーとして自分で選んで夫婦になったとはいえ、実際一緒に暮らしてみると、考え方や価値観が違ったということは、夫婦間ではよくある話かもしれません。

付き合っていた頃は相手の良い面しか見えないことが多く、自分も好きな相手の前では良い面しか見せないことを無意識にしていることが多いですよね。

そのため、現実に夫婦で生活をしていくことになった時、初めて相手との考え方の違いにショックを受けてしまうこともあるのです。

夫婦間で考え方が大きく違う問題のひとつが「子供の有無」の問題です。

女性は、いつかは子供を産み、育てたいと考える人が一般的です。

しかし、男性は、様々な理由で結婚しても子供は欲しくないという人も少なくありません。

子供がいるとお金がかかるからという金銭的な理由で子供が欲しくないという人もいれば、夫婦2人の時間を大切にしたい、もしくは自分の趣味などにお金を使いたいという理由も多いようです。

一方で、子供が欲しい女性の場合は、母になりたい、子供が純粋に好きだから、自分と好きな人の子供の成長が見たい、などこちらも多種多様な理由があります。

しかし女性だからと言って、誰もが子供が欲しいと考えている訳ではなく、女性でも子供は欲しくないと考える人いますし、逆に男性でも子供は絶対に欲しいと考える人もいます。

子供が欲しい欲しくないで離婚はできるのか

夫間で、子供が欲しい欲しくないという考え方の相違が離婚理由として認めのか

結論としては、相手の合意が得られれば、離婚は可能です。

結婚生活において、子供が欲しいと思っている一方に対し、もう一方が子供は欲しくないと思っている場合、一方が夫婦生活や話し合いを拒否したり、相手を尊重しない行動を取った場合に至っては、「夫婦生活を継続し難い重要な事由」に当たります。

この場合、離婚に対して相手の合意が得られれば、離婚することは可能です。

ただし、相手が離婚に応じない場合、夫婦間で子供が欲しいか欲しくないかという考え方の違いという問題だけでは、離婚するのは難しいと言えるでしょう。

このようなケースでは、弁護士を立てて離婚できる方法を相談することが良いでしょう。
しかし、夫婦の考え方の違いで離婚してしまう前に、まだ出来ることはあるはずです。

何故子供を欲しくないのか、その原因を聞くことで、もしかしたら問題は解決できる可能性もあります。

子供が欲しい私と欲しくないという夫、離婚する前にできることは?

結婚するということは、新しい家族を作り、共に生活していくということです。

そこに、この先生まれるであろう2人の子供を想像するのは自然なことです。

しかし、最近では、女性の社会進出もめざましく、昔のように男性が外で働き、女性が家を守るという考えもかなり変わってきています。

女性も男性と変わらず、社会で活躍する現在では、あえて子供を持たないという考えの夫婦も増えています。

子供がいない分、夫婦2人の時間が密になったり、子供にかかるであろう生活費を自分たちで使えるというメリットもあります。

夫婦で子供を持たないと考えが一致している場合は良いですが、一方は子供が欲しいと考えていて、もう一方が子供は要らない、あるいは子供を持つことに消極的な考えだと、この考えの相違が後々の結婚生活で大きな問題に発展する可能性があります。

お互いにストレスを抱えた状態で、解決はあり得ません。

考えの相違が分かった時点で、早めに夫婦間で話し合いを行い、納得する結論を出すことが大切です。

子供は欲しくないと言う夫の考えを変えるには?

人の性格を変えるのは難しいですが、考えを変えることは出来ることがあります。

「子供は欲しくない」という考えの夫の場合、その理由を聞くということは大切です。

その理由を聞いて、子供が欲しくないという考えから「子供がいてもやっていけるかも」とか「子供がいたら楽しくなりそうだ」という考えになるように話し合いを進めるのです。

収入に不安があり、子供がいたら生活していけるか自信がないという場合は、あなたも仕事に対して意欲を見せ、2人で働けば大丈夫という太鼓判を押しましょう。

そもそも、夫自身がまだ子供の気分から抜けきれていない場合もあります。

子供がいたら夫婦の時間がなくなるというような考えの人に多い傾向があります。

この場合は、遊園地など子供がたくさんいる場所に行ってみるということが効果的かもしれません。

遊園地にはたくさんの親子連れがいます。
その中には、自分と同年齢の父親、母親が多いため、自分に子供がいるシチェーションを想像しやすくなります。

「子供がいたら絶対に楽しいから!」「子供は可愛いでしょ!」などという考えの押し売りは、子供が苦手な人には逆効果になることもあるので、注意が必要です。

子供が欲しくない夫と離婚も視野に入れているなら…

子供が欲しくないという夫の考えが変わらない場合、あなたが取るべき選択肢は、夫の考えに合わせてこのまま夫婦2人の生活をしていくか、もしくはきっぱりと離婚をして新しい生活に踏み出すかのどちらかです。

後者の場合、離婚を成立させるには、夫の合意が必要になるため、あなたが離婚後どのような生活プランを描いているのか、具体的に提示しましょう。

子供が欲しいか欲しくないかが原因で、相手が離婚まで考えているとは思ってもいないこともありますので、後から反論させないためにも、より具体的な生活プランの提示がおすすめです。

仕事の内容や、生活費、住む場所など、分かる範囲で提示します。

離婚に際し、財産分与や慰謝料は今後の生活には必要なものです。

夫の経済状況や相場を考慮しながら、適切な額を請求することが良いでしょう。

夫が離婚の話し合いに応じてくれないという場合、間に弁護士を立てることで代理交渉を行ってくれます。

話し合いを長引かせず、スムーズに終わらせたいなら、弁護士を立てることもおすすめです。