注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

人間同士の距離感。不快に感じるパーソナルスペースは人それぞれ

人間の距離について。

人はそれぞれ自分の『パーソナルスペース』を持っています。

不快に感じる距離。
適度な距離。
親密さを表す距離。

関係性や性別、時と場所によっても違いますよね?

自分は距離感を詰めたいけど、相手が望んでいないなら、不快感を与えることになってしまいます。

人間関係にとって大切なパーソナルスペースについて熟知し、コミニュケーションを図りましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

血液型が!ありえない組み合わせの子供が産まれたら?何が違うの

血液型よりも遺伝子ですよね?たまに、両親の血液型からでは絶対に産まれない血液型の子供が産まれ...

大学入学式の髪型は?女子はきっちりしすぎないことも大切です

大学の入学式を前に、どんな髪型で参加しようかと悩んでしまいませんか?髪型に決まりはありませんが、...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

断乳【2日目】で痛い!どうしたら楽になる?断乳時の過ごし方

断乳の2日目は、ママは胸がカチカチで痛いし子どもはおっぱいを欲しがるしでてんやわんやですよね。...

トイレに水垢がついてしまったときの落とし方や予防方法を紹介

いつもピカピカにしておきたいとは思うけれど、気がついたらできてしまっているのがトイレの水垢。トイレに...

嫁が無視をする心理とは?無視をされた時の対処方法や予防法

嫁が無視をしてくるときの心理とは?なんで急に怒り出したのか、わからない旦那さんはもしかしたら気がつか...

車のタイヤの空気入れすぎは危険?空気を入れすぎた時の抜き方

今まで自分で車のタイヤに空気を入れた経験がない人は、一体どのくらい空気をいれるのが適切な空気圧なのか...

幼稚園に途中入園する時のママ友の作り方!好印象を与える方法

これまで通っていた幼稚園から別の幼稚園に転園する・途中から幼稚園に入園するという途中入園の場合、ママ...

保育園に入る前に必要?ミルクを飲む練習方法や準備すること

保育園に入る前にはミルクが飲めないと大変?保育園に入る前にミルクの練習はしておいたほうがいいのでしょ...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

亀の飼い方!室内での飼育方法と育て方のポイント

ペットを飼いたいけど、あまりお世話をする時間が取れない方や、留守にする時間が長いという理由で亀を飼っ...

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあ...

赤ちゃん(8ヶ月)のお風呂!ママ一人だと大変!入れ方のコツ

赤ちゃんのお風呂は、パパが仕事でいないのでママと二人で入るというパターンも多くあります。赤ち...

レストランのキャンセル料さえ無視する客への対策と予防法

レストランなど飲食店の予約キャンセルが問題となっています。何十人という予約をしておきながら、当日...

スポンサーリンク

人間には距離感が大事。不快を感じる距離って?その関係性とは?

もし、あなたが公園のベンチに座っている時に、いきなり知らない人にそばに立たれたり、他のベンチも空いているのに隣にくっつくように座りだされたら、ギョッとしますよね。
これが恋人や家族などの親しい人だったら感じないのに、他人だとある程度近づかれると驚いたり、不快に感じるのはなぜなのでしょう。
これは、人間が他人との距離をある程度とることで、無意識のうちに快適な自分の空間を守ろうとするものです。
この自分にとって快適と感じる空間のことを「パーソナル・スペース」と言います。

そのようにして、人間には距離感が大事です。

人間が不快と感じる距離ってどのくらいなのでしょうか?

その関係性とは、どのような相手なのでしょうか?

おおよその数字ではありますが、45cm~75cmほどの腕を伸ばして届くような距離に他人から近づかれると、普通の人は不快に感じるようです。
内緒話以外の時は、もう少し距離を取って話しましょう。
ですが、これが恋人や、奥さんなど、親しい関係の相手ですと、不快には感じないようです。
むしろもう少し近づいても良いくらいです。

人間が適度だと感じる距離感。不快だと感じる距離感って?

友人や知り合いの中でも、妙に距離感が近い人っていますよね。
「この人近いな」と感じるということは、あなたにとって、意識してしまう対象か、不快に思う対象であると言えます。

人間が適度だと感じる距離感とはどのくらいなのでしょうか?

それは、その人それぞれではありますが、平均的な数字で言いますと、75cm~120cmほどで、お互いが手を伸ばせば、指先が触れ合う程度の距離が、友人同士の距離として適切と言えます。

友人や知人の中で距離が近いなと思うことはあっても、逆に自分が思われていたとしたらどうでしょう?
出来れば直して、相手に不快に思われないようにしたいですよね。
しかし、すべての友人や知人が「近いよ」と指摘してくれる訳ではありません。
直接聞く以外に、それを知るすべは、相手の動きによって察するしかないのです。

不快だと感じる距離感の時、人間はどのような行動に出るのでしょうか?

例えば、あなたと相手が話をしている時に、話に夢中になったあなたが前のめりになったとしましょう。
もし、その時、相手が特に動かなかったり、相手も前のめりになったのなら、相手にとって不快な距離ではなかったと言えます。
しかし、あなたが前のめりになった時に、相手が少し体を反らしたり、後ろに下がった時は、相手が不快に感じる距離に入ってしまったのだと言えます。

この時ご注意いただきたいのは、「不快な距離に入ってしまった=嫌われた」ということではないと言うことを念頭に置いてください。
相手も、自分のパーソナル・スペースさえ保ってもらえれば、あなたのことを嫌いに思うことはないのです。

人間の距離感。その人によって不快に感じるスペースの距離は違う

人間の距離感とはどのようなものなのでしょうか。
その人によって不快に感じるスペースの距離は違うのです。

例に上げますと、フレンドリーなタイプの人ですと、近くに寄られても平気ですし、むしろその人の方から人に近づいてきます。
一方で人見知りの人や、内向的なタイプの人ですと、少し近づいただけでも警戒しますし、その人の方でも出来るだけ他人との距離を多く取ろうとします。

ですので、人との距離感を多めに保ちたいタイプの人に不用意に近づいたり、無理に距離を縮めようとすると、強い不快感を与えてしまいます。
そういったタイプの人と仲良くなりたい場合は、時間をかけて少しづつ親しくなってから、距離を縮めるようにしましょう。

また、相手がフレンドリーだからと言って、いきなり近づいたり、馴れ馴れしい態度を取るのはやめましょう。
いくら人懐っこいタイプでも、パーソナル・スペースはあります。
図々しく近づくと、嫌われてしまいます。

人間の距離。不快な距離は年令によっても変わる

人間の距離のなかで、不快な距離は年令によっても変わるのは、ご存知でしたですか?

子供の頃は、親はもちろんのこと、友達との距離はグッと近いものです。
しかし、年齢を重ねるごとにその距離は離れていき、その距離のピークは、40歳前後だそうです。
そして、その年齢の頃を境に、再び小さくなっていくのです。
確かに、子供の行動と、大人の行動と、老人の行動を考えると、納得出来ますよね。
この事から、同じくらい距離感の近い、子供と老人は良い組み合わせとも言えます。

ですので、「この人は、どのくらい距離感を取れば良いのかな?」と考えた時に、相手の性格のタイプだけではなく、年齢も重要な判断ポイントとなるのです。
とはいえ、「この人は、フレンドリーなご老人だから、近いほうが良いな」と思って、近づきすぎると、警戒されてしまいますので、ご注意ください。

関係性・年齢・性別・時と場所によって、他人との距離感を計ろう!

人との関わり合いをする上で、パーソナル・スペースを考慮することは重要です。
しかし、満員電車の中だったり、混み合っているラーメン屋さんの中などは、その法則には当てはまりませんよね。
関係性・年齢・性別・時と場所によって、他人との距離感を計りましょう!

仲のいい恋人や家族だって、喧嘩をしたり、不機嫌な時は、距離を取らないと、より怒らせてしまいます。
普段は、ほどほどに距離を保っている友人でも、落ち込んで泣いているときには、肩を抱くなどして慰めてあげましょう。

また、本来は近づくと不快に思われるような距離でも、アプローチの時に近づくと、相手にドキッと意識してもらえる時もあります。

そのようにして、パーソナル・スペースを上手に使えば、より円滑な人間関係を築くことが出来ます。