注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

人間同士の距離感。不快に感じるパーソナルスペースは人それぞれ

人間の距離について。

人はそれぞれ自分の『パーソナルスペース』を持っています。

不快に感じる距離。
適度な距離。
親密さを表す距離。

関係性や性別、時と場所によっても違いますよね?

自分は距離感を詰めたいけど、相手が望んでいないなら、不快感を与えることになってしまいます。

人間関係にとって大切なパーソナルスペースについて熟知し、コミニュケーションを図りましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オムツが外れない【夜だけオムツ】はいつ卒業できるのか

オムツが外れない。昼間は外せるけど、夜のオムツがいつまでたっても外せないと心配になりますよね?...

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。...

プラバンの作り方とは?オーブンを使ったプラバン作り

プラバンをオーブンで作る時はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。プラバンというと、トースターと...

犬の鳴き声でわかる気持ち!クーン・ワンワン・ウーッでわかる事

犬が「クーン」という鳴き声を出している時は、一体どんな気持ちの時なのかわかりますか?犬の鳴き声によっ...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

幼稚園の夏休みの思い出の作り方や子供と有意義に過ごすポイント

幼稚園の夏休みには、思い出作りを子供とたくさんしたいですよね。せっかくだから思い出作りに家族...

8ヶ月の赤ちゃん【モグモグ期】が離乳食食べない理由と対処法

生後7、8ヶ月の赤ちゃんは離乳食中期のモグモグ期に入ります。赤ちゃんも食べることに少し慣れて...

昼寝の時間が30分!赤ちゃんのお昼寝が短い理由と寝かせる方法

「赤ちゃんが昼寝をしている間に家事を済ませたいけど、お昼寝をしても30分で起きてしまうという」という...

ピアノは才能?努力?努力をする才能が一番必要かもしれない

子供の習い事でも人気の高いピアノですが、才能がなければ努力をしても上手くはならないのではと親は悩んで...

出産を義母に連絡するタイミングは?義母と上手く付き合うコツ

出産を間近に控え色々と準備をしていく中、義母との関係について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。...

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りに...

天才は努力する人に勝てず、努力するものは楽しむ人に勝てない

天才が努力をする。それも楽しみながら。天才にこれをされてしまっては、凡人は太刀打ちできません。...

ミルクと母乳の混合育児をする場合のミルクの足し方や方法とは

赤ちゃんは出来るだけ、母乳で育てたいと思いますね。ですが母乳の出方には個人差があります。...

スポンサーリンク

人間には距離感が大事。不快を感じる距離って?その関係性とは?

もし、あなたが公園のベンチに座っている時に、いきなり知らない人にそばに立たれたり、他のベンチも空いているのに隣にくっつくように座りだされたら、ギョッとしますよね。
これが恋人や家族などの親しい人だったら感じないのに、他人だとある程度近づかれると驚いたり、不快に感じるのはなぜなのでしょう。
これは、人間が他人との距離をある程度とることで、無意識のうちに快適な自分の空間を守ろうとするものです。
この自分にとって快適と感じる空間のことを「パーソナル・スペース」と言います。

そのようにして、人間には距離感が大事です。

人間が不快と感じる距離ってどのくらいなのでしょうか?

その関係性とは、どのような相手なのでしょうか?

おおよその数字ではありますが、45cm~75cmほどの腕を伸ばして届くような距離に他人から近づかれると、普通の人は不快に感じるようです。
内緒話以外の時は、もう少し距離を取って話しましょう。
ですが、これが恋人や、奥さんなど、親しい関係の相手ですと、不快には感じないようです。
むしろもう少し近づいても良いくらいです。

人間が適度だと感じる距離感。不快だと感じる距離感って?

友人や知り合いの中でも、妙に距離感が近い人っていますよね。
「この人近いな」と感じるということは、あなたにとって、意識してしまう対象か、不快に思う対象であると言えます。

人間が適度だと感じる距離感とはどのくらいなのでしょうか?

それは、その人それぞれではありますが、平均的な数字で言いますと、75cm~120cmほどで、お互いが手を伸ばせば、指先が触れ合う程度の距離が、友人同士の距離として適切と言えます。

友人や知人の中で距離が近いなと思うことはあっても、逆に自分が思われていたとしたらどうでしょう?
出来れば直して、相手に不快に思われないようにしたいですよね。
しかし、すべての友人や知人が「近いよ」と指摘してくれる訳ではありません。
直接聞く以外に、それを知るすべは、相手の動きによって察するしかないのです。

不快だと感じる距離感の時、人間はどのような行動に出るのでしょうか?

例えば、あなたと相手が話をしている時に、話に夢中になったあなたが前のめりになったとしましょう。
もし、その時、相手が特に動かなかったり、相手も前のめりになったのなら、相手にとって不快な距離ではなかったと言えます。
しかし、あなたが前のめりになった時に、相手が少し体を反らしたり、後ろに下がった時は、相手が不快に感じる距離に入ってしまったのだと言えます。

この時ご注意いただきたいのは、「不快な距離に入ってしまった=嫌われた」ということではないと言うことを念頭に置いてください。
相手も、自分のパーソナル・スペースさえ保ってもらえれば、あなたのことを嫌いに思うことはないのです。

人間の距離感。その人によって不快に感じるスペースの距離は違う

人間の距離感とはどのようなものなのでしょうか。
その人によって不快に感じるスペースの距離は違うのです。

例に上げますと、フレンドリーなタイプの人ですと、近くに寄られても平気ですし、むしろその人の方から人に近づいてきます。
一方で人見知りの人や、内向的なタイプの人ですと、少し近づいただけでも警戒しますし、その人の方でも出来るだけ他人との距離を多く取ろうとします。

ですので、人との距離感を多めに保ちたいタイプの人に不用意に近づいたり、無理に距離を縮めようとすると、強い不快感を与えてしまいます。
そういったタイプの人と仲良くなりたい場合は、時間をかけて少しづつ親しくなってから、距離を縮めるようにしましょう。

また、相手がフレンドリーだからと言って、いきなり近づいたり、馴れ馴れしい態度を取るのはやめましょう。
いくら人懐っこいタイプでも、パーソナル・スペースはあります。
図々しく近づくと、嫌われてしまいます。

人間の距離。不快な距離は年令によっても変わる

人間の距離のなかで、不快な距離は年令によっても変わるのは、ご存知でしたですか?

子供の頃は、親はもちろんのこと、友達との距離はグッと近いものです。
しかし、年齢を重ねるごとにその距離は離れていき、その距離のピークは、40歳前後だそうです。
そして、その年齢の頃を境に、再び小さくなっていくのです。
確かに、子供の行動と、大人の行動と、老人の行動を考えると、納得出来ますよね。
この事から、同じくらい距離感の近い、子供と老人は良い組み合わせとも言えます。

ですので、「この人は、どのくらい距離感を取れば良いのかな?」と考えた時に、相手の性格のタイプだけではなく、年齢も重要な判断ポイントとなるのです。
とはいえ、「この人は、フレンドリーなご老人だから、近いほうが良いな」と思って、近づきすぎると、警戒されてしまいますので、ご注意ください。

関係性・年齢・性別・時と場所によって、他人との距離感を計ろう!

人との関わり合いをする上で、パーソナル・スペースを考慮することは重要です。
しかし、満員電車の中だったり、混み合っているラーメン屋さんの中などは、その法則には当てはまりませんよね。
関係性・年齢・性別・時と場所によって、他人との距離感を計りましょう!

仲のいい恋人や家族だって、喧嘩をしたり、不機嫌な時は、距離を取らないと、より怒らせてしまいます。
普段は、ほどほどに距離を保っている友人でも、落ち込んで泣いているときには、肩を抱くなどして慰めてあげましょう。

また、本来は近づくと不快に思われるような距離でも、アプローチの時に近づくと、相手にドキッと意識してもらえる時もあります。

そのようにして、パーソナル・スペースを上手に使えば、より円滑な人間関係を築くことが出来ます。