注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

浪人生経験者が思う友達問題…大学入学後の友人関係について

浪人をして大学に入った方の多くが心配することの一つに、「大学に行ってから友達ができるのだろうか…」という不安があるようです。
自分の1~2歳下の人が多い中で、自分は年上だけど仲良くやっていけるのか、現役で入った人からすると、自分は煙たがられるのではないかと考えてしまうようです。

でも、そんなにこだわる必要はありません!
そう思いながら入学した人の多くが、楽しく大学生活を送っています。浪人生であった経験は決して無駄ではありませんよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

社交ダンスはパートナーとの関係が重要!パートナーの選び方

社交ダンスを楽しむ人にとっては、パートナーとの関係は重要です。お互いに信頼し合える仲ならばダ...

公務員の彼氏がいると勝ち組?彼氏が公務員のメリットと付合い方

公務員の彼氏がいる女性は勝ち組だと考える人もいますよね。彼氏が公務員であることに安心や安定を感じる女...

友達からの恋愛相談がしつこい時の対策と解決へのヒント

女友達が集まると、決まって話題になるのが恋愛相談です。話題としては盛り上がるのですが、会うた...

家で趣味を作ると人生が楽しくなる!メリットやオススメを紹介

家でできる趣味を作ることはどんなメリットがあるのか考えたことはありますか?家に居る空いた時間に何...

ドイツ人彼氏は連絡頻度こそ少ないが仕事熱心で一途と判明

ドイツ人彼氏と付き合った人が不満に感じるのが「連絡頻度」だそうです。連絡も少なく、「今日は会いた...

お風呂に入るのがめんどくさい!女性として言えない心の声

お風呂に入るのがめんどくさい!女性だって、そうなんです!なぜ『めんどう』に感じるのでしょ...

【ファンデーションの塗り方】崩れないリキッドファンデの使い方

普段リキッドファンデーションを愛用しているという方も多いと思います。しかし、慌ただしい朝には...

好きな人が留学!告白した方がいい?遠距離片思いを実らせる方法

好きな人が留学することになったら、告白した方が良いのか考えてしまいますよね。自分の気持ちを伝えたいけ...

50代後半の男性へゴルフウェアをプレゼントする場合の選び方

50代後半でゴルフが趣味の男性だとかなりの腕前だと想像できますよね。もし自分の父親や上司がそ...

日本は世界からどう評価されている?あなたが知らない日本とは

訪日外国人数は年々増加し、日本は世界の人から愛されていることは少なからず誰でも感じていることでしょう...

シールの剥がし方!ガラスに貼られたシールを綺麗に剥がす方法

お子さんがいるご家庭では、子供がシールを貼ってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか...

玄関収納にコートクロークは便利!狭くてもスッキリ簡単アイデア

玄関の収納はコートクロークがあると、外に出るときはすぐにアウターを着ることができるし、子供が帰ったと...

スカートを履く女性の心理、初デートなら脈ありかもしれない

女性によっては、普段スカートを全く履かないという方もいます。それが普段はパンツスタイルなのに、初...

別れ話の話し合い。連絡ないのが答え。自然消滅も別れ方の一つ

別れ話の話し合い。男性は、自分から別れたいと思った時には、別れ話の話し合いを極力したくないことが多い...

絵画を購入するときのポイント 初心者の買い方レッスン

絵画の購入を考えているけれど、初心者はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?そのときの気...

スポンサーリンク

浪人生の多くが感じる心配…大学に行っても友達はできる?

浪人生の多くの人が心配するすることがあります。それは大学に行っても友達ができるか心配する人が多いということです。

浪人すると友達が出来ないのではと心配する人がいますが、まったく問題はないです。

浪人したからといって友達にならないという考えの人はいません。どの人が現役で、誰が1浪なのかは見た目では判断できません。

大学には多浪した人もいれば、社会人になってからもう一度大学に入り直している人もいるので年齢は関係ありません。大学には色々な人がたくさんいます。現役で入っても留年する人、休学する人、交換留学で卒業が遅れる人など色々います。大学に入りあの人は浪人しているから友達にならないとかはないです。友達は自然と出来ますので安心しましょう。

大学の友達に浪人生であったことを言うのは問題なし

浪人までして入った念願の大学。大学に入るのが人より少し遅いだけで、世間から取り残させたような気がする、本当に大学に馴染むことができるのか不安に感じる人も多いですよね。でも最近の大学生の8人に1人は浪人を経験していると言われています。だから浪人生は珍しくはないのです。

有名な大学になればなるほど浪人生は多いので安心しましょう。

多浪している人もたくさんいいるので、人の年齢はよくわからないものです。自分が浪人生であるや年齢を言うことを話さない限り、浪人したことは周りの人にはわかりません。大学生のほとんどは友達になる時、浪人しているかなど気にしていないのです。大学で出来た友達にもし自分が浪人していたと話しても大学の友達が離れていく可能性はほとんどないので気にしなくて大丈夫です。もし浪人していることが原因で距離を置くような人は心の狭い人だったと割り切りましょう。そんな友達は友達ではありません。浪人でも関係ないと思ってくれる友達が必ずいます。

大学入学後の友達もたくさんできる浪人生経験者には広い人脈が

浪人することで友達がたくさんできる

その理由は交友関係の幅が広くなるからです。地元には高校の同級生がいて、大学には、年下の友達や同じ年の先輩と友達の輪が広がっていくのです。

私は浪人している時に予備校に通っていました。その予備校で同じ年の仲間が出来て今でも仲がよく連絡を取っています。大学に入学すると年下の友達もたくさん出来たのです。年は私の方が上ですが普通の友達のように接してくれるので気兼ねしなくていいです。そして地元には地元の友達がいます。浪人したからといって態度が変わることはありませんでした。大学に受かった時は地元の友達がお祝いといって旅行に連れて行ってくれたのです。嬉しかったです。浪人で予備校に通っていた時は勉強ばかりしていたので本当に嬉しかった。友達っていいなと思いました。

浪人したことにより出会いの場も広がり交友関係に幅ができたので私はいい経験が出来たと感謝しています。これから社会に出た時に役に立つときがくると思います。色々な年齢の友達がいることで社会に出ても、友達を作る時に悩んだり困ることは少ないはずです。そして幅広い人脈作りができるでしょう。

浪人生なら共感できる浪人あるある

浪人生なら共感できることありますよね。どんな事に共感できるのか紹介します。誰もが思いがちな「あるある」です。あなたも思い当たるはずですよ。

 

まず現役時代は勉強をしなくてもなんとかなると思っていたり、過去問が全然解けなくてもなんとかなる、受験直前の模試の判定がC判定でもどうにかなると思っています。

しかしどうにもならないということを知ってほしいです。もっと勉強しておけば良かったと思うのです。理由は大学に受かった友達が髪を染めたり、パーマをかけたり、ピアスを開けたり、旅行のパンフレットを集めたりするからです。

そんな自分が眺めるのは予備校のパンフレットです。同じ高校で浪人することが決まった人と急激に仲が良くなることがあります。予備校に入ると他の学校から来ている格好いい男子やかわいい女子を探すことから始まることが多いです。

浪人を経験したことをプラスに考える

浪人すると現役時代とは違い、授業がたくさんある生活ではなくなるので、1人の時間を過ごすことが多くなるのです。浪人することで自分と向き合う時間が増えるのでよかったと思う人が多いのです。自分と向き合うことで、自分が本当にやりたいこと、学びたいことを見つける人も多いのです。将来やりたいことに出会えることが大きなメリットです。

浪人すると精神的に辛い経験をたくさんします。長時間勉強をしないといけないし、模試の結果も思うように上がらない。受験までにどこまで模試の結果が伸びるのか不安になることもあります。しかし順調には模試の結果が伸びないこともあるのです。努力しても結果がついてこないと不安になってしまうのです。しかし浪人を経験して乗り越えた時には精神的にとても成長することができます。