注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。

また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャになってしまいます。

揚げ物はあと片付けも面倒なものです。そこで少ないコロッケを揚げる、油が気になるという方にオススメな方法があります。

レンジで一度温めてからフライパンやトースターを使って、カリカリサクサクに仕上げる調理方法のやり方をポイントを紹介します。

冷めたコロッケをサクサクに復活させる裏ワザもありました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

靴のサイズ調整におすすめの100均グッズと使い方を解説します

インターネットでかわいい靴を買っても、実際に届いて履いてみるとサイズが大きかった経験がある人はたくさ...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

車のトラブルで喧嘩に発展しそうな時は車外に出てはいけない

車によるトラブルは喧嘩に発展しやすく、最近はあおり運転による逮捕者が出るほど深刻化しています。...

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場はどこがいい?子どもと出かけよう

10ヶ月の赤ちゃんはどんなところに連れていってあげたらいいのでしょうか?お外に連れていってあ...

鳥のおもちゃを手作りするときのポイントと簡単な作り方とは

鳥のおもちゃは手作りすることで、鳥の好みに合わせてたった一つのおもちゃを与えることができます。...

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。...

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたド...

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?生後5ヶ月の赤ちゃんになると...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

教育実習の服装〔女性編〕服装の選び方と注意点

教員免許を取る時に経験する教育実習ですが、女性は特にどんな服装にすべきか悩みます。スーツがベ...

赤ちゃんが寝れないで泣く原因と対処法!赤ちゃんの睡眠を解説

赤ちゃんが寝れないで泣くことに頭を悩ませているママもいますよね。赤ちゃんは話をすることができないため...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

スポンサーリンク

冷凍コロッケは揚げなくても美味しく食べる事が出来ます。 レンジとフライパンを使って

揚げ物はたくさんの油を使いますが、今回は少しの油でも美味しく食べることができる冷凍コロッケのレシピをご紹介します。

まず、冷凍コロッケを耐熱容器に入れて、600Wのレンジで約4分温めて下さい。これで少し柔らかくします。

次にフライパンを熱し、深さ5mmくらいまで油を入れます。その中にレンジで温めたコロッケを入れて揚げ焼きします。途中で裏返して油を足し、両面をこんがり焼くようにしましょう。

コロッケ用のソースは、ウスターソース(大さじ1/2)と ケチャップ(大さじ1/2)を混ぜて作ります。

また、フライパンを使わずにトースターを使うこともできます。

冷凍コロッケは上記と同じようにレンジで温めておきます。アルミホイルをトースターの大きさに合わせて用意し、手でくしゃくしゃにして下さい。その上に温めた冷凍コロッケを乗せて トースターで焼けば出来上がりです。余計な油も落ちて、衣もサクサクした感じになります。

ただし、クリームコロッケには向きません。注意して下さい。

冷凍コロッケをレンジで軽くチンしてから魚焼きグリルで仕上げる方法

先ほどはフライパンやトースターを使う方法をご紹介しましたが、魚焼きグリルでも冷凍コロッケをおいしく食べることができます。

冷凍コロッケは耐熱容器に入れて、上記と同じように温めて下さい。完全に熱が通ってなくても、解凍されていれば問題ありません。

その後、アルミホイルを敷いた魚焼きグリルの上に乗せて、強火で両面を焼きます。あとはお好みのソースをかければ出来上がりです。

焼く時は、ちょっと焦げたくらいの方が私はおいしく感じました。

お弁当用に1個だけ入れたい場合は、揚げるよりも魚焼きグリルを使った方が時短にもなるし、油で揚げない分カロリーも下がります。また、油や汁気がない方が傷みにくいとも言われているようです。ぜひやってみて下さい。

一度揚げた冷凍コロッケを温める時はレンジ?サクサクにする方法

冷凍コロッケをたくさん揚げて残ってしまったものを温めなおして食べる場合は、レンジではなくオーブントースターを使うようにしましょう。

レンジだと温めなおすために時間はかかりませんが、どうしてもべちゃとした感じになってしまいます。

オーブントースターを使う場合はアルミホイルを使いますが、コロッケの両面を挟むようにして使うのがコツです。こうすれば焦げることもありません。

オーブントースターの中には電熱線が入っているのですが、この電熱線が熱くなって中のものを焼いています。そのため、コロッケが焦げないようにアルミホイルで守ってあげるのです。

時間は焼く5~7分くらいで良いでしょう。そうすればサクサクした衣のコロッケに戻ります。

コロッケの温め直しでサクサク感を復活させるには水?

冷めてしまったコロッケを温めなおす場合は、オーブントースターを使うことがおすすめですが、よりサクサクに仕上げるためには「水」がポイントになります。オーブントースターに入れる前に霧吹きを使って水を吹きかけるのです。

水をかけてから加熱すると、衣の中の水分が蒸発することによって細かい空洞ができます。この空洞ができることによって、サクサクした食感が出るのだと言われています。

冷めてしまったコロッケの両面に霧吹きで2回ずつ水を吹きかけて、それからオーブントースターで約5分加熱しましょう。そうすればサクサクしたコロッケを食べることができます。

余談ですが、これはコロッケだけではなく、天ぷらにも使えます。冷めた天ぷらの衣は、水分が均等になっていません。中の食材の水分は多く、そして衣は水分が少ないためフニャフニャとした感じになってしまっています。

そのため霧吹きで水をかけてから温めることによって、水分が均等になりサクサクとした食感が戻ります。

天ぷらの場合は霧吹きではなく、さっと洗うように水を直接かけても大丈夫です。

冷凍コロッケが爆発したり、上手く揚がらない理由を紹介します

冷凍コロッケを油で揚げる時に、中身が飛び出して爆発してしまうことがありますよね。
その原因の一つは油の温度です。揚げる温度が低温(160℃前後)や高温(190〜200℃)だと爆発する可能性があります。

そのため、中温(175〜180℃)で温度を保ったまま揚げるようにしましょう。

油の温度計がない場合は、衣を落として温度がどのくらいかを調べましょう。

  • 「目安」
  1. 低温(160℃前後)
    衣が底まで沈んでから静かに浮き上がってきます
  2. 中温(175〜180℃)
    衣が真ん中くらいまで沈んでから浮き上がってきます
  3. 高温(190〜200℃)
    190℃だとほんの少し沈みますが、200℃だと沈みません。

また、冷凍コロッケ自体の温度差も爆発する原因の一つです。衣の中の温度が高くなることによって膨張するのですが、衣が油でしっかりと揚がっていて膨張を受け止めることができれば爆発することはありません。

しかし、冷凍コロッケの中の温度と外の温度に差があると、衣が揚がる前に中身が飛び出してしまうのです。

爆発を防ぐためには、コロッケ表面の温度と中身の温度を均一にするようにしましょう。