注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

免許証の写真の仕上がりが良くなる服装とヘアメイク・ポイント

免許証の写真を人に見せることができないという人は多いのではないでしょうか。免許証の写真を写す時、服装やヘアメイクなどを気をつけるだけで、他の人と差が出る写真を写すことができるようです。

では、一体どんな服装やヘアメイクで写真を写せば良いのでしょうか。人に見せられる免許証の写真を写す方法やポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性も帽子のマナーを守っておしゃれな帽子ライフを楽しもう

女性も帽子を楽しむためにも、きちんとした帽子のマナーを身に着けておきたいですよね。女性用の帽...

男性が結婚にメリットなしと感じる点と結婚で得られるメリット

男性の中には結婚すると自由も減るし、メリットどころかデメリットしかないと考える方もいると思います。...

電車でスーツケースが転がる時の対処法・迷惑にならない乗車方法

電車でスーツケースが転がると周囲の乗客の方たちに迷惑をかけてしまいますよね。周りに迷惑をかけないよう...

カナヘビのエサは生きたバッタが一番?おすすめのエサをご紹介

飼っているうちにかわいいと感じる人が多いカナヘビ。つぶらな瞳に子供だけではなく女でも好きになってしま...

髪の毛の巻き方はコテの使い方次第でキレイなカールを作るコツ

髪の毛の巻き方はコテの持ち方や髪の毛のブロッキングなどコテの使い方次第で上手にできます。特に...

車を購入した場合の頭金などの入金の時期について徹底解説!

車を購入する場合、ローンを組む人もいれば全額現金で支払う人もいるでしょう。そこで気になるのが...

告白の返事を保留。食事に行った後告白したら返事は保留に

告白の返事を保留に…。関係を発展させたいから告白したのに、保留って!「二人きりで食事...

彼女がデートに誘ってこない明確な理由をお教えいたします!

彼女からデートを誘ってこないことに、不満のあなた。女の子は、男性にリードして欲しい生き物です...

レッドビーシュリンプ繁殖のコツ!管理のポイントとコツを解説

レッドビーシュリンプを飼育している人の中には、繁殖させて数を増やしたいと考えている人もいるのではない...

鏡とカメラの自分の顔が違うのはどうして?本当の自分の顔とは

「鏡に写った自分の顔と、カメラで写した自分の顔が違う」と違和感を感じている人もいますよね。鏡の中の自...

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

スカートを履く女性の心理、初デートなら脈ありかもしれない

女性によっては、普段スカートを全く履かないという方もいます。それが普段はパンツスタイルなのに、初...

スカートを履くときに膝上が気になる人へ足太いのを隠す方法

膝上の足太いのが気になる・・スカートを履きたいけれどどんな丈や素材にしたらいいのかわからない!...

ウエストのゴムの直し方とゴム通し口が見当たらない場合の対処法

パジャマやルームウェアなど、履いているうちにウエストのゴムがゆるくなってきたという経験は皆さんあると...

浪人生がバイトをしても良いがそれは勉強時間を確保できる人のみ

浪人生が次の受験までにすべき事。それは勉強です。しかし生活費を稼ぐためなど、バイトをしたいという学生...

スポンサーリンク

免許の写真を写すときはこんな服装がおすすめ

日常ではさまざまな場面で、身分証明証として運転免許証を提示することがありますよね。できることならば、なるべくキレイで満足のいく写真にしたいものですが、それにはいくつかのコツがあるのをご存知でしたか?

免許証の写真を撮る際は、洋服の色選びが重要なポイントになります。肌の色が明るく映るようにするために、トップスは白やベージュなどがオススメ。Vネックは首が長く見えるので、小顔効果も期待出来ます。
この際、タートルネックなどの首元の隠れた服を選んでしまうと、顔の大きさが強調されてしまいますので、なるべく避けましょう。また、冬場だと厚手のニットやセーターを着てしまいがちですが、全身が写っていないと太って見えてしまうので、薄手の素材を選ぶと良いでしょう。

運転免許証は初回更新を除き、基本的には次の更新時期まで3年から5年使用することになるので、流行りモノを着て写真を撮ってしまうと、数年後には古臭く感じてしまう可能性が高いので、流行に流されないベーシックな服を選んだほうが無難ですよ。

免許の写真を写す時の服装はボトムスも重要

先ほど、免許証の写真を撮る際の服の色について触れましたが、反対に避けた方が良い色というのもあります。

まずは、黒や濃いグレーなどの暗めな色。とくに黒は、たしかに着やせ効果はありますが、顔色が暗くくすんだ印象になってしまう恐れがあります。他にも、赤や緑などのあまりに濃くてハッキリとした色も、服の色が顔に写りこんでしまう可能性があるので避けましょう。

また、免許証用の写真の背景の色は青が基本なので、青色の服を着て撮影してしまうと、背景と同化してボンヤリとした印象になりがちなので注意が必要です。事前に証明写真機を利用して撮影する場合は、機種によっては背景の色を選択できる場合もあるため、服の色を考慮して選ぶと良いでしょう。

証明写真を撮る際には、トップスのことばかり気にしがちですが、実はボトムスの色も重要なのです。白いボトムスは写真撮影時にレフ板の役割を担ってくれるので、光を反射してより顔色を明るく見せることが出来ます。
手持ちに白いボトムスがなければ、膝の上に白いハンカチや紙を載せることでも代用出来ますよ。

免許の写真は持ち込み可能!服装とメイクを整えてから写して持参もOK

運転免許証などに使われる証明写真ですが、免許更新の際に会場で撮影すると、まだ用意が整う前に撮影されてしまったり、撮った写真を確認させてもらえないため、残念な仕上がりになることもしばしば。

それを防ぐためには、事前に撮影した写真を持参する方法があります。写真館や証明写真機では撮りなおしが可能ですし、気になるシミなどは自然な感じに修正してもらえるので、時間に余裕があればぜひ事前に撮影することをオススメします。

実は、自分で撮影した写真を証明写真として使用することも出来ますが、免許証に使用するためにはいくつかの条件を満たす必要があります。

  • 無帽
  • 正面
  • 上三分身(胸から上)
  • 無背景で単一色
  • サイズ:縦3cm×横2.4cm
  • 6ヶ月以内に撮影したもの
  • 背景:薄い灰色・茶色・青色のいずれか

基本はこの条件を満たしていればOKです。現在では、証明写真用の便利なアプリもあり、美肌に見えるように修正してくれる機能などもあるので、一度試してみてはいかがでしょうか?ご自宅にプリンターがない場合でも、コンビ二印刷が可能なアプリもあります。

免許証の写真にキレイに写るヘアメイク術

小顔効果を狙って、普段はサイドの髪で顔を隠している方も、証明写真を撮る際にはサイドの髪を耳にかけたり、後ろで結んだほうがスッキリとした印象になります。同様に、前髪を斜めに流している方は、出来るだけ額の隠れる面積を少なくしたほうが良いでしょう。

また、あまりに気合を入れてマツエクや付けまつ毛を付けすぎると、まつ毛の影が出来てしまって目元が暗く写ってしまいます。まつ毛はしっかりと根元から立ち上げ、マスカラも不自然にならない程度に留めましょう。

血色をよく見せるためには、チークやリップは少し濃い目の色が良いです。せっかくポイントメイクに気を遣ったとしても、クマや毛穴が目立つと台無しなので、そこはしっかりとベースメイクで隠しましょう。

免許の写真を素敵に写すポイント

証明写真を撮る際には、服装などの他にも気にするべきポイントがあります。

朝メイクをしてから時間が経ってくると、いくらメイク直しをしたとしてもだんだんとメイク崩れが目立ってきますよね。夕方になると顔がむくんだり、疲れて目の周りのクマも目立ってくるので、証明写真を撮るのでしたら午前中のなるべく早い時間帯をオススメします。

証明写真を持参せず、免許更新の会場で直接撮影してもらうのであれば、やはり平日の午前中が狙い目です。こちらも撮影する際に気をつけたいことがいくつかあります。

まだこちらの準備が出来る前に、不意打ちで撮影されてしまうことを防ぐためには、椅子に座ってから軽く目を閉じて下を向き、心の準備が出来るまではシャッターを押させないようにします。
この時、最近の楽しかった出来事などを思い出しながら、自然と穏やかな表情になるのを待ちましょう。少し口角を上げてから頭を上げ、軽く顎を引いてスタンバイOKです。