注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなるのは、〇〇レベルで惹かれてるから!

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなる…。

これには、きちんとした生物学的根拠があるんです!

赤ちゃんは、お母さんの匂いで安心しますよね?

それと一緒で、遺伝子レベルで彼に恋してるから、彼の匂いは癒やしのアロマになるのです。

匂いのレベルで彼氏のことを愛しているなら、この恋は本物でしょう!

ちなみに、長い間恋愛から遠ざかっている人は、頭で相手を選ばないで五感で相手を探してみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バレエを大人から始めます。教室の扉を開けてあなたもバレリーナ

バレエを大人から始める人、増えています。 その動機は様々で、美容やダイエット効果を期待する人もいれ...

家でもできる有酸素運動の中でも最強のものを実践してみよう

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をしたいと思ってはいても、忙しくてなかなか時間がとれないです...

彼女が携帯にロックを掛け始めた!これってもしかして

彼女が携帯にロック掛けてる!? 今まで、ノー・セキュリティだったのに! これって、もしか...

気になるコンビニ店員に連絡先を渡して失敗しないためのコツとは

いつも立ち寄るコンビニに新しくバイトの女の子が入って、もしその子に一目惚れしてしまったら、なんとか連...

彼氏が眠いと不機嫌になる。お子ちゃま彼氏への接し方について

彼氏が眠いと不機嫌になる。そんなお子ちゃま赤ちゃん彼氏を持つあなたへのアドバイス! 不機嫌にな...

メイク初心者の40代。いまさら聞けないメイクの仕方教えます!

メイク初心者です。40代ですが… メイクの必要性を感じていなかったけど、やっぱり歳には勝てない...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

人間は睡眠に人生の3分の1の時間を費やしている

人間は睡眠を取らないと生きてはいけません。 人間は人生の3分の1の時間を睡眠に費やしています。...

女性も帽子のマナーを守っておしゃれな帽子ライフを楽しもう

女性も帽子を楽しむためにも、きちんとした帽子のマナーを身に着けておきたいですよね。 女性用の帽...

公務員の彼氏がいると勝ち組?彼氏が公務員のメリットと付合い方

公務員の彼氏がいる女性は勝ち組だと考える人もいますよね。彼氏が公務員であることに安心や安定を感じる女...

化粧ブラシの正しい使い方!プロがやってるベースメイクの秘訣

ベースメイクの仕上がりがいまいちだとか、なんとなく疲れた顔に見えるという方には、ファンデーションをブ...

指輪をつける指の位置はバランスとデザインを考えて決めよう!

指輪の重ね付けっておしゃれで素敵ですよね。 でも、自分もやってみたいとは思ってもつける指の位置...

食べ過ぎで増えた体重はいつ戻る?体重よりも脂肪蓄積に注意

食べ放題やクリスマス、年末年始などは、どうしても食べ過ぎてしまって翌日体重を測って後悔してしまいます...

壁材料の種類・クロス・木材・塗壁の特徴やメリットとデメリット

これからリビングのリフォームをしようと考えている人の中には、壁の材料をどんな種類のものにリフォームし...

顔の輪郭のニキビの原因と改善のためのスキンケアや予防習慣

顔の輪郭にニキビができてしまうととても気になってしまいます。嫌な大人ニキビを改善するためには、どうし...

スポンサーリンク

彼氏の匂いを嗅ぐと安心して眠くなるのはナゼ?

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなることがありますよね。「いい匂い」ともまた違って、とにかく自分にとって安心する匂いなのです。

では、どうして彼氏の匂いというのはこんなにも安心するものなのでしょうか?

実は、そこには遺伝子が関係していると言われています。というのも、人間は自分とは遺伝子が遠い関係にあるほど、心地よい匂いを感じるのです。逆に、遺伝子が近い人の匂いを臭いと感じます。お父さんの匂いが臭いと感じるのには、こういった理由があったのですね。

その為、彼氏の匂いが心地よいと感じる場合は、それだけ遺伝子が遠い関係にあるということです。あなたは無意識のうちに、そういう人を選んでいたのです。

だから、彼氏の匂いを嗅いで安心して眠くなるというのはおかしなことでも何でもありません。それだけ、彼氏は遺伝子レベルで自分に合う相手なのだと判断して良いでしょう。

彼氏の匂いで眠くなるのはあなたとの相性が抜群だから

先ほども説明した通り、彼氏の匂いで眠くなってしまうのは遺伝子レベルで彼氏との相性が合っているからなのです。人間は、無意識のうちにこの相性というものを鼻で嗅ぎ分けています。

人間には免疫情報を認識する働きがあるHLAという白血球のタイプがあります。このHLAタイプが自分とは違うほど、相手に惹かれるものなのです。

そして、これを利用して好きな相手にアプローチするということも可能です。匂いから恋をするというのも何も珍しいことではありませんよ。男性が好むような香りを身にまとうことで、男性も無意識にあなたを意識するようになるでしょう。

また、男性の汗にはアンドロステンジオンという物質が含まれており、この濃度が高いほど女性はその男性に魅力を感じると言われています。

一方で女性は匂いにも敏感であり、男性の汗の匂いも感じやすいのです。普通は汗というのは臭いと感じるものですが、彼氏の汗の匂いを不快に感じないのであれば、それは遺伝子レベルで相性が抜群だからなのでしょう。

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなるのは、本能で恋してるから!

匂いを嗅いだ途端に、昔の記憶が一気に蘇ることがありますよね。小さい頃のことを思い出して、懐かしさを感じることなんかもあるでしょう。

自分自身でも「まだこの匂い覚えていたんだ…。」なんて驚くほど、人間の嗅覚というのはものすごい力を秘めています。そしてこの現象を、プルースト現象と呼んでいます。

当然、視覚や味覚、聴覚などを通して過去の記憶が蘇ることもありますが、特に嗅覚は記憶と密接に結びついているのです。

もしかすると、彼氏の匂いを嗅いで安心するのはこのプルースト現象が関係しているのかもしれません。

彼氏といると安心して癒されるということを体が覚えている為、彼氏の匂いを嗅いだ途端に条件反射のように眠たくなってしまうのです。

遺伝子レベルの話とはまた少し違いますが、いずれにせよ理屈では無く本能で彼氏に恋をしているということの表れなのです。

頭で恋愛しないで、五感をフルに使って恋を楽しもう!

匂いフェチだという女性がいますよね。普通、恋愛の始まりって顔がタイプだとか性格が合うといったことの方が多い中で、匂いで恋人選びをするってどうなの?なんて思ったことがある人も少なくないでしょう。

でも、その方法はあながち間違ってはいないのかもしれません。先ほどからお伝えしている通り、自分の好みの匂いの人というのはそれだけ遺伝子レベルが遠い人であり、相性が合っていると言えるからです。

恋愛は、頭でするものではありませんよ。自分の中で決めた条件に縛られて、選択肢を狭めてしまっている人もいるのでは無いでしょうか?考え過ぎて、恋愛が上手くいかないなんていう人もいることでしょう。

そんな時は、嗅覚に頼ってみるというのも一つの方法です。自分が好きだと思う匂いの男性がいた場合には、アプローチしてみるのも良いでしょう。タイプでは無い相手であったとしても、お付き合いをしてみると意外と上手くいくかもしれませんよ。

汗をかくスポーツの場へあえて足を運び、自分に合う男性を探すというのも良いでしょう。

女はコワイ?遺伝子レベルで好き嫌いをする

好きな匂いの彼氏と結婚したものの、年月が流れると好きだったはずの旦那の匂いが臭いと感じるようになって嫌いになることがあります。

遺伝子レベルで相性が合っていたはずなのに何故!?と思うことでしょう。ここまで散々、遺伝子レベルは遠い方が心地よい匂いだと感じるというお話をしてきましたが、実は匂いの好みというのは変わるのです。

女性は妊娠や出産をして子供が出来ることで、次は遺伝子レベルが近い匂いを好むようになります。自分の子供を本能的に嗅ぎ分ける為、遺伝子レベルの近い子供の匂いが好きになるのです。そうすると次は、遺伝子レベルが遠かった旦那の匂いを受け付けなくなるということです。

自分自身の匂いは何も変わっていないのに、妻から「臭い」と言われるようになってしまう旦那というのも可哀想ですよね…。しかし、これも遺伝子レベルの話なので仕方の無いことなのです。

人間の本能というのは凄いと同時に、恐ろしいとも言えるでしょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686