注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』
切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることができます!

美容室へいくのが面倒くさい…
異国に住んでいるから髪を切にいけない
いつも変な髪型にされる
カット代の節約

どんな理由でも、自分で髪を切りたいと思った時がセルフカットをする時です!

自分で髪の毛を切るために必要な道具。
自分で髪の毛を切る時に失敗しないようにするコツなどをご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

絵画を購入するときのポイント 初心者の買い方レッスン

絵画の購入を考えているけれど、初心者はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?そのときの気...

問い合わせ電話をかける時のビジネスマナーとポイントを解説

ビジネスシーンでは、取引先などに問い合わせの電話をかけることもあります。この時、電話をかける時の...

前髪がチリチリに傷む原因!ヘアアイロンの正しい使い方

ヘアアイロンを毎日のように使う方は、やはり髪の傷みが気になると思います。乾燥してツヤがなくなった...

油絵の風景画で気をつける事とは?初心者が上達するコツを紹介

初心者が油絵の風景画を描くときには、いったいどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?風景画と...

浪人生経験者が思う友達問題…大学入学後の友人関係について

浪人をして大学に入った方の多くが心配することの一つに、「大学に行ってから友達ができるのだろうか…」と...

髪の毛の巻き方はコテの使い方次第でキレイなカールを作るコツ

髪の毛の巻き方はコテの持ち方や髪の毛のブロッキングなどコテの使い方次第で上手にできます。特に...

電車の中での化粧がダメな理由が知りたい。日本と海外の違い

電車の中で化粧をするのはマナー違反になるのでしょうか。意見は賛否両論ありますが、 ダメな理由とは...

ウエストのゴムの直し方とゴム通し口が見当たらない場合の対処法

パジャマやルームウェアなど、履いているうちにウエストのゴムがゆるくなってきたという経験は皆さんあると...

金魚が薬浴したあとの戻し方を解説!薬浴の期間や方法について

金魚が病気をしてしまったら、体調を回復させるためにも薬浴をすることがあります。金魚の元気を取り戻すた...

涙袋の作り方!簡単メイクや筋トレでできるポイント、効果とは

涙袋の作り方は簡単なマッサージやトレーニングによっても作れるそうです。まずは、手軽にアイシャ...

ピアスを開けたてのときのお風呂での注意点や正しいケア方法

ピアスを開けたてのときはお風呂は普通に入ってもいいのか不安になりますよね。ピアスを開けたての...

化粧のやり方で50代に大切なのはハリとツヤ感!大人美人メイク

50代になると肌の乾燥が気になったり、メイクのノリが良くないと感じたり、いろいろと肌トラブルが増えて...

愛情表現が薄い彼女。好きじゃないの?なんて心配しなくてもOK

愛情表現が欲しい!彼女からの愛情表現が感じられないと寂しがる彼氏。シャイで恥ずかしがり屋...

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできる?水槽の作り方

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできるのでしょうか?掃除をしないでキレイなままの水槽であればとても...

化粧下地の正しいやり方を知って輝く肌を長持ち!塗り方や色選び

化粧下地は使っていますか?朝は時間がない、そもそも必要あるの?という方必見です!化粧下地...

スポンサーリンク

髪の毛の切り方を知りたい!自分でセルフカットする前に必要な道具を揃えよう!

自分で髪の毛を切るためには、まずは道具を揃えなければなりません。

髪を切るためにはハサミが必要です。

ハサミはできるだけ切れるハサミを用意しましょう。

普通のハサミではなく、髪を切る用のハサミです。

髪を切るための専用ハサミは、切れ味が鋭くて切り口がきれいです。

そして、髪を傷めません。

また、髪をすくためのすきハサミもあります。

髪のボリュームを落とすには、このすきハサミを使いましょう。

切る髪の量を調節できますよ。

それから、バランスを見るためには鏡も必要です。

後ろや横も確認できるように手鏡も使って合せ鏡をしましょう。

髪の癖を取るためにも霧吹きも合ったほうがいいですよ。

それと、床に飛び散る髪を最小限に抑えるためには、ケープも必要です。

また、切りたくない髪をおさえるためにヘアピンを使うのもオススメです。

その他、クシや床に敷く古新聞などもあるといいでしょう。

髪の毛の切り方を知って自分でカットする!もちろんメリット・デメリットあります

髪の毛を自分で切るメリット

自分で髪の毛を切ることができると、自分の思い通りに切ることができます。

それに、美容室に行く必要がないので、時間の短縮にもなります。

髪の毛を切ることにも慣れてくると、より時間もかからなくもなるのではないでしょうか。

さらに、自分で髪の毛を切るということは、美容室代がかかりません。

なので、カット代の節約になるでしょう。

だんだん切ることへの楽しさも出てくるかもしれませんよ。

しかし、自分で髪の毛を切ることはメリットばかりではありません。

やはり自分で上手に切ることは簡単ではないからです。

何回も練習を繰り返し、コツを掴めるようになりましょう。

また、少し特殊な髪型は、やはり技術が必要です。

そのような高度な技術は美容師じゃないと難しいですよね。

それに、自分でカットすると失敗してしまう恐れもあります。

例えば、前髪を切りすぎてしまったり、左右の長さが違うこともあるでしょう。

自分でカットするなら、このようなデメリットも覚悟することも必要ですよ。

髪の毛の切り方を知りたい!自分で自分の髪をセルフカットに挑戦!

では、自分でセルフカットに挑戦するなら、どのように切ったらいいのでしょう。

まず、はじめる前に新聞紙を用意して、それをたたみ一枚分床に敷いてください。

新聞紙がずれないように、境目をガムテープで塞いでおくのもオススメですよ。

ケープがない場合は、ゴミ袋の底を半月状に切ると、その穴から頭を出して使うことができます。

もちろん、髪の毛を切るときは、汚れてもいい服に着替えましょう。

首にも汚れてもいいタオルを巻いておきます。

髪の毛を切る前に、髪の毛をブロッキングしましょう。

髪の上部をねじってピンで留めて、襟足だけを残すようにします。

髪の毛をひとつまみしたら、すきはさみで根元から毛先に向かって動かしていきましょう。

後ろの髪の毛は、手鏡を使って合せ鏡にして確認します。

ブロッキングした髪の毛から少しずつ切っていない髪の毛をおろして、カットしていきましょう。

サイドの髪の毛なども同じように切っていきます。

切り終わったら、シャンプーをして乾かしましょう。

初めてのセルフカットは上手にいくかはわかりませんが、ぜひ参考にしてみてください。

髪の毛を自分で切る時のポイントとコツ

髪の毛を自分で切る時は、ポイントを押さえて切ると、だんだんコツが掴めてくるでしょう。

まず、髪の毛にハサミを入れるときには、髪の毛をねじって切るのがポイントです。

特に、髪の毛の量が多い方は、ねじって切った方が自然な仕上がりになるでしょう。

ただ、髪の毛の量が少ない方や、それほど仕上がりにこだわらないという方の場合は、ねじらずにハサミの角度に注意しながら切ってもいいでしょう。

すきバサミも使うと自然に髪の毛をすくことができるので便利ですよ。

また、つむじからこめかみ上までの間に生えている髪の毛は、表面を覆う髪の毛になります。

この部分はできるだけ切らないようにしてくださいね。

この表面の部分の髪の毛を切ってしまうと、仕上がりが不自然になってしまいます。

自分のヘアスタイルの表面に来る髪の毛がどのくらいの量なのかを確認しながら、髪の毛をブロッキングして切るようにしていきましょう。

髪の毛を自分で切りたいなら、まずは前髪からチャレンジ!

髪の毛を自分で切るのが初めてという方は、まずは前髪から挑戦していきませんか?

前髪は、気がつけばすぐに伸びていますよね。

なので、自分で切ることができるようになると便利ですよ。

まず、前髪を切るときには、前髪全体を濡らしてから行います。

前髪からサイドにかけてクシで綺麗におろして、切りたい前髪の範囲を取り分けましょう。

前髪の両端を三角のイメージで取り分けるといいですよ。

両サイドはピンなどで留めて、ブロッキングします。

前髪を切るときは、指で前髪をはさんで、毛先に対してナナメにハサミをいれましょう。

少しジグザグになるように意識すると、自然に仕上がりますよ。

ポイントは、両外側の毛を外して、真ん中の部分からカットしていくことです。

真ん中の長さを調節しておいて、それに合わせて両端の前髪を切っていくといいでしょう。

そして、少し長めに切るのがコツになります。

そうすれば、ブローしたときに前髪が短くなりすぎるのを防ぐことができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。