注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』
切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることができます!

美容室へいくのが面倒くさい…
異国に住んでいるから髪を切にいけない
いつも変な髪型にされる
カット代の節約

どんな理由でも、自分で髪を切りたいと思った時がセルフカットをする時です!

自分で髪の毛を切るために必要な道具。
自分で髪の毛を切る時に失敗しないようにするコツなどをご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

運転が下手で教習所が嫌になる前に出来ることや運転のコツを紹介

自動車の免許取得の為に教習所に通っている人もいるでしょうが、運転が下手過ぎると落ちこんでいませんか。...

眉毛に長い毛が1本だけ生える理由!老化?宝毛?その理由を解説

眉毛に1本だけ長い毛が生えてくることってありますよね。どうして1本だけ長くなってしまうのか、原因が知...

【傷メイクのやり方】簡単初心者向けから本格的な傷の作り方

ハロウィンの時期を中心に、最近は傷メイクというメイク法があります。簡単にペンで書くものもあれば、...

お腹ダイエットの簡単な方法、腸もみマッサージで更に効果アップ

女性が最もダイエットしたい部分、それはお腹ではないでしょうか。何とかお腹をダイエットしたいけど、...

ベタの塩浴方法を解説!塩分濃度や塩浴方法・塩浴期間と注意点

飼育しているベタの体調が悪いときや元気がないときは、塩浴という方法で体調を回復させられることがありま...

金魚が薬浴したあとの戻し方を解説!薬浴の期間や方法について

金魚が病気をしてしまったら、体調を回復させるためにも薬浴をすることがあります。金魚の元気を取り戻すた...

別れ話の保留ってどのくらいの期間?結局連絡ないまま自然消滅に

別れ話になって『今までありがとう!お幸せに!』なんて、さわやかに別れられることはありませんよね?...

新卒基本給15万の会社に入社する時のチェック項目と生活実態

新卒で基本給15万が多いか少ないかの判断は難しく、決して余裕がある金額ではありませんが、地方では基本...

眉毛の剃り跡の消し方とは?剃り跡を綺麗に隠そう!

眉毛が濃い人の悩み、それが眉毛の剃り跡です。剃った後の青い眉毛がどうしても目立ち、どう隠せばいい...

女性がスカートをはく理由にはさまざまなものがその理由とは

スカートといえば女性のものというイメージですが、なぜ女性はスカートをはくのでしょうか?女性がスカート...

腹筋をしても脂肪は取れない?その理由やお腹の脂肪を落とす方法

腹筋をしているのに脂肪がなかなか取れないときには、何が原因なのでしょうか?お腹の脂肪を落とす...

お腹のぷよぷよが好き!男性が触っていたい彼女のパーツと心理

ぷよぷよのお腹を大好きな彼氏に触られるなんてイヤだ!と感じる女性は多いですよね。ですが、男性は彼女の...

別れ話の話し合い。連絡ないのが答え。自然消滅も別れ方の一つ

別れ話の話し合い。男性は、自分から別れたいと思った時には、別れ話の話し合いを極力したくないことが多い...

免許証の写真の仕上がりが良くなる服装とヘアメイク・ポイント

免許証の写真を人に見せることができないという人は多いのではないでしょうか。免許証の写真を写す時、服装...

ネット情報の正確性とメリット・デメリット!正確な情報の探し方

ネットには色々な情報が溢れています。果たしてその情報はすべて信用できるもので、正確な情報なのか気にな...

スポンサーリンク

髪の毛の切り方を知りたい!自分でセルフカットする前に必要な道具を揃えよう!

自分で髪の毛を切るためには、まずは道具を揃えなければなりません。

髪を切るためにはハサミが必要です。

ハサミはできるだけ切れるハサミを用意しましょう。

普通のハサミではなく、髪を切る用のハサミです。

髪を切るための専用ハサミは、切れ味が鋭くて切り口がきれいです。

そして、髪を傷めません。

また、髪をすくためのすきハサミもあります。

髪のボリュームを落とすには、このすきハサミを使いましょう。

切る髪の量を調節できますよ。

それから、バランスを見るためには鏡も必要です。

後ろや横も確認できるように手鏡も使って合せ鏡をしましょう。

髪の癖を取るためにも霧吹きも合ったほうがいいですよ。

それと、床に飛び散る髪を最小限に抑えるためには、ケープも必要です。

また、切りたくない髪をおさえるためにヘアピンを使うのもオススメです。

その他、クシや床に敷く古新聞などもあるといいでしょう。

髪の毛の切り方を知って自分でカットする!もちろんメリット・デメリットあります

髪の毛を自分で切るメリット

自分で髪の毛を切ることができると、自分の思い通りに切ることができます。

それに、美容室に行く必要がないので、時間の短縮にもなります。

髪の毛を切ることにも慣れてくると、より時間もかからなくもなるのではないでしょうか。

さらに、自分で髪の毛を切るということは、美容室代がかかりません。

なので、カット代の節約になるでしょう。

だんだん切ることへの楽しさも出てくるかもしれませんよ。

しかし、自分で髪の毛を切ることはメリットばかりではありません。

やはり自分で上手に切ることは簡単ではないからです。

何回も練習を繰り返し、コツを掴めるようになりましょう。

また、少し特殊な髪型は、やはり技術が必要です。

そのような高度な技術は美容師じゃないと難しいですよね。

それに、自分でカットすると失敗してしまう恐れもあります。

例えば、前髪を切りすぎてしまったり、左右の長さが違うこともあるでしょう。

自分でカットするなら、このようなデメリットも覚悟することも必要ですよ。

髪の毛の切り方を知りたい!自分で自分の髪をセルフカットに挑戦!

では、自分でセルフカットに挑戦するなら、どのように切ったらいいのでしょう。

まず、はじめる前に新聞紙を用意して、それをたたみ一枚分床に敷いてください。

新聞紙がずれないように、境目をガムテープで塞いでおくのもオススメですよ。

ケープがない場合は、ゴミ袋の底を半月状に切ると、その穴から頭を出して使うことができます。

もちろん、髪の毛を切るときは、汚れてもいい服に着替えましょう。

首にも汚れてもいいタオルを巻いておきます。

髪の毛を切る前に、髪の毛をブロッキングしましょう。

髪の上部をねじってピンで留めて、襟足だけを残すようにします。

髪の毛をひとつまみしたら、すきはさみで根元から毛先に向かって動かしていきましょう。

後ろの髪の毛は、手鏡を使って合せ鏡にして確認します。

ブロッキングした髪の毛から少しずつ切っていない髪の毛をおろして、カットしていきましょう。

サイドの髪の毛なども同じように切っていきます。

切り終わったら、シャンプーをして乾かしましょう。

初めてのセルフカットは上手にいくかはわかりませんが、ぜひ参考にしてみてください。

髪の毛を自分で切る時のポイントとコツ

髪の毛を自分で切る時は、ポイントを押さえて切ると、だんだんコツが掴めてくるでしょう。

まず、髪の毛にハサミを入れるときには、髪の毛をねじって切るのがポイントです。

特に、髪の毛の量が多い方は、ねじって切った方が自然な仕上がりになるでしょう。

ただ、髪の毛の量が少ない方や、それほど仕上がりにこだわらないという方の場合は、ねじらずにハサミの角度に注意しながら切ってもいいでしょう。

すきバサミも使うと自然に髪の毛をすくことができるので便利ですよ。

また、つむじからこめかみ上までの間に生えている髪の毛は、表面を覆う髪の毛になります。

この部分はできるだけ切らないようにしてくださいね。

この表面の部分の髪の毛を切ってしまうと、仕上がりが不自然になってしまいます。

自分のヘアスタイルの表面に来る髪の毛がどのくらいの量なのかを確認しながら、髪の毛をブロッキングして切るようにしていきましょう。

髪の毛を自分で切りたいなら、まずは前髪からチャレンジ!

髪の毛を自分で切るのが初めてという方は、まずは前髪から挑戦していきませんか?

前髪は、気がつけばすぐに伸びていますよね。

なので、自分で切ることができるようになると便利ですよ。

まず、前髪を切るときには、前髪全体を濡らしてから行います。

前髪からサイドにかけてクシで綺麗におろして、切りたい前髪の範囲を取り分けましょう。

前髪の両端を三角のイメージで取り分けるといいですよ。

両サイドはピンなどで留めて、ブロッキングします。

前髪を切るときは、指で前髪をはさんで、毛先に対してナナメにハサミをいれましょう。

少しジグザグになるように意識すると、自然に仕上がりますよ。

ポイントは、両外側の毛を外して、真ん中の部分からカットしていくことです。

真ん中の長さを調節しておいて、それに合わせて両端の前髪を切っていくといいでしょう。

そして、少し長めに切るのがコツになります。

そうすれば、ブローしたときに前髪が短くなりすぎるのを防ぐことができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。