注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

【髪の毛を巻く方法】コテなしでも簡単にできちゃう方法を解説

おしゃれに敏感な女子なら、コテを使ってゆるふわ巻き髪にしたいですよね。

でも毎日コテを使うとなると髪の毛も傷むし、だからと言ってパーマもかけたくないし…。そう思っている人は身近にあるものを使って髪の毛を巻いてみませんか?

コテなしでも完璧!身の回りにあるものを使って髪の毛を巻く方法を詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体を洗わないと臭いするよね?水で流すだけじゃダメな理由とは

体を洗わない入浴法が話題になっていますが、石けんやボディーソープで身体を洗わないとどうなるのでしょう...

医者の彼が彼女に求めるものとは?本命彼女になるための指南書

お医者さんの男性は、女性にとてもモテる職業です。女性の中には、外見はタイプじゃないけど、お医者さんと...

潜在意識で恋愛成就!願いが叶った引き寄せの法則とは

潜在意識で恋愛成就! 願いが叶った! そうです。 アファメーションで、潜在意識にしっか...

平安時代の貴族女性の生活の様子!服装・結婚・美しい女性の特徴

平安時代の貴族の女性が一体どんな生活をしていたのか気になる人もいますよね。毎日どんな風に1日を過ごし...

横顔が綺麗な男性はEラインがある!横顔イケメンの男性の特徴

横顔が綺麗な男性に思わず見とれてしまった経験がある女性もいますよね。横顔が美しい男性は、女性から見て...

友達からの恋愛相談がしつこい時の対策と解決へのヒント

女友達が集まると、決まって話題になるのが恋愛相談です。 話題としては盛り上がるのですが、会うた...

緑の下地の使い方とは?上手く使いこなせばカバー力がアップ

緑の下地の使い方を間違えてしまうと、カバーするどころか顔色が悪く見えてしまう原因に!? 緑の下...

娘が父親似だと幸せになれるという言葉、素敵だと思いませんか

娘は父親似だと幸せになれる!という言い伝え。 結局のところは男性を喜ばせるための褒め言葉で、根...

メイク初心者の40代。いまさら聞けないメイクの仕方教えます!

メイク初心者です。40代ですが… メイクの必要性を感じていなかったけど、やっぱり歳には勝てない...

メガネにマスクは曇るのが定番!曇らせない方法があります!

メガネをかけている人がマスクをするとあっという間に曇ることってよくありますね。 メガネが無いと...

小鼻の角質の正しい取り方とは?間違った情報にご注意を

小鼻の角質が目立つとメイクのノリも悪く、肌も黒ずんで見えてしまいます。 取り方についての情報は...

鼻を高く見せるためのメイク方法を習得して美人顔に変身しよう

キレイな人は皆鼻筋がすーっと通っていますよね。でも、団子鼻だと整形するしかないと諦めてしまう人も多い...

高校の同級生に会いたいけれど、連絡先がわからないならこの方法

あなたには高校の同級生でしばらく会っていない人の中に、「会いたい」と思う人はいますか? 付き合...

彼女のスタイルが良くないと嫌ですか?男性の意見とは

女性の考える美の基準と、男性が求める女性の魅力にはズレがありますが、女性は「スタイルが良くない私が彼...

前髪はドライヤーで!その巻き方とコツさえわかれば簡単です

前髪のブローってなかなか決まらないですよね。しかも朝の時間のない時だとついイラッとしてしまいませんか...

スポンサーリンク

コテなしで髪の毛を巻く方法とは?靴下やゴムを使おう

コテなしでも、可愛く髪の毛を巻くことが出来る方法を、いろいろ紹介していきたいと思います。

靴下を使って巻く方法!ソックカールの方法

靴下を使うソックカールには、靴下を4足くらい使う方法と、1足だけでもゆるいカールが作れる方法とがあります。

どちらも方法は非常に簡単なので、それぞれ紹介しますね。

4足使う場合

  1. 髪の毛を4つのパーツに分けます。
  2. それぞれのパーツの髪の毛ごとに、靴下を巻き付けていきます。
  3. 巻き終わったら靴下をキュッと紐を結ぶように縛ります。

1足使う場合

  1. 髪の毛をトップで一つにまとめて縛ります。
  2. 軽く毛先を濡らします。
  3. 靴下のつま先を切り、端からくるくる巻きドーナツ状にします。
  4. ドーナツ状にした靴下を、まとめた髪の毛の毛先から根元に向かって巻きつけていきます。
  5. お団子ヘアのようになったら完成です。

どちらの方法もここまで終わったら、あとは寝て朝ほぐすだけです。

ゴムを使ってカール

  1. 毛束を取って、指で根本までねじねじしていきます。
  2. 自然なお団子になったら、根本をゴムで留めます。
    (後頭部の低い位置で一つのお団子でも、二つに分けたお団子でもOKです)

コテなしでも完璧!○○で髪の毛を巻く方法を教えます!

コテなしでも作れる、次はカーラーを使った巻く方法を紹介しましょう。

マジックカーラーで髪の毛を巻く方法

マジックカーラーとはその名の通り、表面がマジックテープのような素材になっていて、チクチクした部分が髪の毛に引っかかってくれます。

しっかり髪の毛が引っかかるので、カーラーに慣れていない人でも簡単に巻くことが出来ます。

ゆるふわな巻き髪にしたい人におすすめで、メイク中にカーラーを巻いた状態にしておけば朝の時間短縮にもなります。

ホットカーラーで巻く方法について

ホットカーラーは専用のヒーターで、カーラーを温めて使うものです。
髪の毛に熱を加えるので、しっかりとしたカールを作ることが出来ます。

髪質が硬くカールが付きにくい人でも、ホットカーラーなら巻くことが出来ます。
短い髪の毛でコテだと火傷が心配という場合でも、ホットカーラーはおすすめです。

コテなしでも身近にあるものを使って髪の毛を巻く方法があります

コテなしでも、カーラーがなくても、家庭にある意外なもので巻き髪を作る方法もあるんです。

コテなしの場合ピンで髪の毛を巻く事もできます

ピンはどの女性も持っているのではないでしょうか。
そんな身近にあるピンを使って、巻き髪を作っていきたいと思います。

  1. 髪を数箇所に分けて、ブロッキングします。
  2. ブロッキングした髪の毛を、それぞれクルッとねじってピンで留めます。
  3. ある程度時間を置き、クセが付いたらピンを外すだけ。

先ほどのマジックカーラーと同じく、メイクをしている時間にクセ付けをすると時間短縮になりますよ。

Tシャツで髪の毛を巻く方法

Tシャツで巻き髪…。正直この方法は驚きですよね。
どのような方法か見ていきましょう。

  1. Tシャツをねじります。
  2. ねじったTシャツを頭の上に置き、髪の毛をTシャツにどんどん巻き付けます。
  3. フロントの髪も、サイドの髪も、バックの髪も全ての髪を巻き付けたらあとは一晩寝るだけです。

朝ほぐすと流れるような、ゴージャスな巻き髪が完成しています。

100均のスポンジカーラーは優秀!きれいな巻き髪が作れます

100均で販売されているスポンジカーラーは、金額も安く髪を傷めずに巻き髪を作ることが出来る、非常に嬉しいアイテムです。

手順も簡単なので、是非覚えてみて下さい。

  1. 髪を左右2つに分けます。
  2. 分けた髪を、それぞれさらに3つに分けます。
  3. スポンジカーラーの中心を毛先にあてて、あとはくるくる巻いていきます。
  4. 中間は髪の毛が飛び出ないように、慎重にきれいに巻いていきます。
  5. カールのスタート位置を決め、そこでカーラーを留めます。

きちんとブロッキングすることで、きれいなカールはもちろんですが、取れにくいカールを作ることが出来ます。

髪の毛全体にスポンジカーラーを巻いたら、あとは一晩寝るだけです。
スポンジで出来ているカーラーなので、寝ていても違和感なく過ごすことが出来ます。

巻いた髪の毛を少しでも長い時間キープするためには?

巻き髪は朝はとても満足だけど、夕方になると取れてきてボサボサになるのが悩みですよね。
そんな巻き髪を長くキープするコツを紹介していきましょう。

乾いた髪の毛を巻く

ソックカールのときは、軽く髪の毛を濡らすと言いましたが、それ以外は基本的に乾いた状態の髪の毛を巻いて下さい。

髪の毛が濡れていると、カールが付きにくく取れやすいですし、ホットカーラーやコテを使って熱を加える場合には、髪の毛のダメージにもつながります。

ダメージ予防や巻き髪キープのためのカールウォーターも、付けてからすぐではなく乾いてから巻き始めて下さい。

専用のスタイリング剤を使う

髪の毛を巻く前に、カール用のスタイリング剤を馴染ませておくと、キープ力に差が出ます。

髪の毛の表面だけではなく、内側にも均等につけるときれいな巻き髪をキープ出来ます。

仕上げはスプレー

仕上げに固まりすぎない程度のスプレーを使いましょう。
軽く表面をコーティングすることで、湿気によってカールが取れてしまうことを防ぎます。

大量にスプレーをかけるとバリバリに固まってしまい、ふわっと揺れる巻き髪ではなくなってしまうので、キープする程度に抑えましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686