注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘアアイロンを使ってみたけど、なかなか上手く使いこなせないという方も多いのではないでしょうか?
ヘアアイロンはやはり慣れが必要です。初心者でも上手く巻けるカールのやり方や、髪にダメージの少ない使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電車の割り込みに注意するべきか否か、注意する時にもコツがある

電車でちゃんと列に並んでいるのに、電車が到着する寸前にサッと割り込みする人たち。腹が立って注意したく...

金魚の水槽のフィルター交換方法とは?頻度ややり方を紹介

金魚の水槽のフィルター交換はどのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか?フィルターが汚れてきたときが交...

シャワーのホースの交換方法!自分でもできる交換の手順

シャワーのホースが古くなってくると、亀裂を起こしたり、水漏れの原因になることもあります。ホースを...

女性も帽子のマナーを守っておしゃれな帽子ライフを楽しもう

女性も帽子を楽しむためにも、きちんとした帽子のマナーを身に着けておきたいですよね。女性用の帽...

メガネにマスクは曇るのが定番!曇らせない方法があります!

メガネをかけている人がマスクをするとあっという間に曇ることってよくありますね。メガネが無いと...

彼女が男友達と海に遊びに行く時の彼氏の本音や嫉妬の対処法

自分の彼女が友達と海に遊びに行く、その中に男友達もいると聞いたらどう感じますか?全然気にしな...

緑の下地の使い方とは?上手く使いこなせばカバー力がアップ

緑の下地の使い方を間違えてしまうと、カバーするどころか顔色が悪く見えてしまう原因に!?緑の下...

グッピーの稚魚の成長過程!グッピーは成長速度が早い熱帯魚

グッピーの稚魚の繁殖に挑戦しようと思っている人の中には、グッピーの成長過程が知りたい人もいるのではな...

ダンスの苦手を克服するコツやうまくなるための練習方法とは

ダンスの苦手を克服したい人はどうしたらダンスが上手になれるのかと考えますよね。そもそもダンス...

眉毛に長い毛が1本だけ生える理由!老化?宝毛?その理由を解説

眉毛に1本だけ長い毛が生えてくることってありますよね。どうして1本だけ長くなってしまうのか、原因が知...

浪人生がバイトをしても良いがそれは勉強時間を確保できる人のみ

浪人生が次の受験までにすべき事。それは勉強です。しかし生活費を稼ぐためなど、バイトをしたいという学生...

眉毛の生え方が変!理想の眉毛になるための対処法とは

眉毛の生え方が変でなりたい眉毛にならないとお悩みの人もいますよね。では、眉毛の生え方が気にな...

不安な気持ちを解消させるなら、音楽を聴いてみよう

日々の生活を送っていると、仕事や勉強、家事や育児、人間関係などさまざまな要因が重なって強いストレスを...

彼氏がピアスを嫌がる理由と納得させるコツや対処法とは

彼氏がピアスを嫌がるのはどうしてなのでしょう?彼女のピアスを嫌がる理由とは?では、そんな彼女...

焼きそばをもちもちにする裏ワザ!カップ焼きそばを生麺風に

カップ焼きそばは手軽で美味しく、家には常にいくつかストックがあるという方も多いと思います。そのま...

スポンサーリンク

初心者向けアイロンのやり方!ふんわり巻き髪に適しているのは?

巻き髪を作るヘアアイロンの太さ

同じ巻き方でも太さによって仕上がりが、ガラリと変わってきます。

一番細いアイロンだと19mmになり、ショートヘアの人や、強いカールを出したい人におすすめです。

一番太いアイロンだと38mmになり、ロングヘアの人や、クセ毛風のゆるいカールを出したい人におすすめです。

そしてカールアイロン初心者さんが、ふんわり巻き髪にしたい場合は、中間の太さである26mmか32mmが使いやすいでしょう。

26mmのアイロンだと、髪が短めの人でも使うことが出来、細かいカールもゆるいカールも巻き方を変えるだけで実現させることが出来ます。

32mmのアイロンだと、髪が長めの人に特におすすめです。
ロングヘアにふんわりとしたカールをつけることが出来、まさにふんわり巻き髪に仕上げることが出来ます。

日頃からふんわり巻き髪にする人は32mmでいいと思いますし、日によってカールを変えたいという人は26mmがいいかもしれませんね。

髪のダメージが少ないアイロンのやり方、下準備が大切

アイロンは熱を加えて髪にカールを付けるので、やはりダメージが気になります。
少しでも少ないダメージでアイロンを使うために、下準備を忘れずに。

ヘアアイロンは必ず乾いた髪に使う

朝にシャワーを浴びたりして、半乾きの髪にアイロンを使ったりしていませんか。

確かに朝の忙しい時間に、髪を全部乾かすことは時間も手間もかかりますよね。

しかし髪に水分が残った状態で、アイロンを使ってしまうと、熱が加わり水分が蒸発するときに一緒に髪本来も水分も蒸発させてしまいます。

このやり方が髪に与えるダメージの主な原因とも言われているので、最低でも髪の8割が乾いた状態でアイロンを使いましょう。

アイロンを当てる前の準備、保護

何も付いていない髪は、非常に無防備な状態です。
そこのアイロンの熱を加えると、髪のダメージに直結します。

必ずアイロンを使う前に、ヘアローションをつけましょう。
髪をダメージから保護するだけでなく、巻きも取れにくくなりキープ出来ます。

ローションをつけてすぐに巻くのではなく、必ず乾いてから巻き始めて下さい。

髪にアイロンできれいカールを作るやり方

髪を巻くとき、ちょっとした一手間がきれいなカールを左右します。
面倒がらずにやってみましょう。

アイロンで巻く一束の量は少なめに

一気にたくさんの毛束を巻いた方が、巻く回数も少なく、時間短縮にもなりますね。
しかし一気にたくさんの毛束を巻いても、全体に熱が伝わりにくく、結果としてきれいなカールを作れなかったり、せっかくのカールがすぐに取れてしまうことになります。

確実に全体に熱が加わる量の毛束を一束として巻いていきます。

巻き終わったアイロンは冷まして熱を取る

髪を巻きアイロンを外したら、手のひらにカール部分をおいてしっかりと熱が取れるまで待ちます。
非常に手間だと感じるかもしれませんが、この手間がきれいなカールを作る上で非常に重要なポイントです。

アイロンの熱をたくさん髪に伝えるより、熱を冷ますことを重視した方がカールの持ちもグッと良くなります。

熱を冷ましてから、カールを手ぐしでほぐすとふんわりしたカールになります。

アイロンでふんわり前髪の作り方

前髪もアイロンでセット

前髪一つで印象は大きく変わります。
適度なボリューム感のあるふんわり前髪で、可愛く仕上げましょう。

前髪が短めの人でも、やり方をマスターすれば簡単にアイロンでふんわり前髪が作れます。
ここでは32mmのアイロンを使っていきます。

  1. 8対2くらいの割合に前髪を分けます。
  2. 8の方の前髪を3回に分けて巻きます。(毛先をアイロンで挟み、半周します)
  3. アイロンを流したい方向に向かって外します。カールアイロンを使ったやり方が難しい場合は、ストレートアイロンやマジックカーラーを使ってもふんわり前髪を作ることが出来ますよ。
  4. ストレートアイロンを使う場合、前髪を挟んだら軽くアイロンを手前に巻くように滑らせます。
  5. 全体を3つくらいに分けて、少しずつの毛束で巻いていくときれいに仕上がります。

マジックカーラーはもっと簡単なやり方で、カーラーを前髪に巻いて数分放置するだけです。
テクニックも必要なく、本当に巻くだけです。

夕方などのドライヤーやアイロンが使えない状況でも、簡単にふんわり前髪を復活させることが出来ます。

髪にダメージを与えにくいヘアアイロンの使い方

毎日のようにアイロンを使うと、ダメージが蓄積されていき、ツヤやハリのない髪になってしまうなんてこともあり得ます。
少しでもダメージを防ぐように、アイロンの使い方にも工夫しましょう。

同じ部分に複数アイロンを当てない

髪の毛の何度も摩擦が加わると、髪を保護しているキューティクルが剥がれてしまいます。
キューティクルが剥がれた髪は、ツヤやハリのない傷んでいる髪という印象になってしまいます。

アイロンを当てるときは、一ヶ所に3秒くらいにして何度も当てないようにしましょう。

アイロンの温度を上げすぎない

高温で髪を巻くと、確かに強くカールを定着させることが出来ます。
しかしその分、髪にはダメージが加わります。

さらに高温で巻くと髪が固くなり、ふんわりとしたカールが作りにくくなってしまいます。

アイロンのプレートが、摩擦の少ない素材を選ぶ

同じように髪を巻いていても、生じる摩擦の量で髪のダメージは変わってきます。
毎日使うものなので、少しでも摩擦は少なくしたいものです。

チタンが一番摩擦が少ないとされているので、アイロンを使う頻度が多くダメージが気になる人は、チタン素材のアイロンがおすすめです。