注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

排卵3日前の妊娠確率は低い?妊娠する可能性がある期間を解説

赤ちゃんを授かりたいと願い、妊活に励んでいるという女性もいますよね。排卵3日前の性交の妊娠確率がどのくらいなのか知りたいという人もいるでしょう。

妊娠をするためには、排卵に合わせて性交をする必要があります。排卵3日前の性交でも妊娠はする?

そこで今回は、排卵をした時期と妊娠する確率、妊娠しやすい体についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

妊娠中の体調不良を旦那に理解してもらえないのは

妊娠中の体調不良といえば『つわり』ですよね?旦那さんは、彼氏の頃って頼りがいがありましたか?...

妊娠中に旦那と喧嘩!胎児に与える影響と喧嘩が増えてしまう理由

お腹の中に赤ちゃんがいる時、妊娠前よりも喧嘩をする回数が増えてしまうことがあります。妊娠する...

妊娠中に内職を考える。保育園に行っている時間を有効活用

保育園に通う子供がいるママさんで、現在妊娠中という方。妊娠中は体調に急な変化があったり、今まで通...

妊娠6ヶ月はお腹が苦しいとき?対処方法や過ごし方とは

ようやくつわりから開放されたと思ったのに…。妊娠6ヶ月頃からはお腹が苦しいことや張ってくることが増え...

出産のタイミングは赤ちゃんが決める?産まれてくる前兆とは

赤ちゃんを出産するときにはどんな兆候があるのでしょうか?出産のタイミングは赤ちゃんが決めていた?...

22週は性別がわかる確率も上がる!赤ちゃんの性別がわかる時期

妊娠22週頃になると、赤ちゃんの性別がわかることも多くなります。性別を判断できる確率も上がってきます...

妊婦検診の頻度が少なくて不安?妊婦が抱える不安とかかる費用

妊娠が判明したばかりの頃や、妊娠に対して不安があるとき、妊婦検診の頻度が少なくて不安に感じてしまう妊...

男性は出産の痛みに耐えられない?痛みの例えと夫にできること

「男性は出産の痛みに耐えられない」という話を耳にしますが、実際に男性が陣痛を経験すると本当に耐えられ...

つわりで夕飯が食べれないときの対処法や乗り切るコツ

つわりがツラくて夕飯を食べようと思っても、食べられない時はありますよね。では、つわりで夕飯が...

産後に退院するときにはお化粧をしたほうがいい?出産のお悩み

産後に退院するときには、お化粧をするものなのでしょうか?産院に入院しているときにはお母さんの顔色から...

つわりの時は冷製パスタ!トマトを使ったレシピをご紹介します

つわりの時って「赤ちゃんのためにもきちんと食べなくちゃ。」とは思うものの、食欲もなくなるし辛いですよ...

8週で胎嚢の大きさが小さいのは異常?大きさには個人差がある

妊娠したことがわかって喜んでいたのもつかの間、妊娠8週で胎嚢の大きさが小さいと言われてしまったら、お...

8ヶ月なのに胎動が弱い原因とは?対処法を理解しておこう

妊娠8ヶ月にもなると胎動を感じやすいと言われますが「なんだか胎動が弱いのでは?」と心配になることもあ...

彼女の生理こない!一週間ないのは妊娠?生理がこない原因と対策

彼女から「一週間生理こないの」と言われたとき、男性のあなたはどんなふうに思いますか?驚いてしてどうし...

吐き気がするけど吐けない!吐きつわりの原因と対処法・期間とは

吐き気がするのに吐けない、辛いつわりの症状に悩まされている人妊婦さんもいますよね。妊娠の喜びもつかの...

スポンサーリンク

排卵3日前は妊娠確率が低い?妊娠する可能性がある期間

赤ちゃんを授かる、妊娠するためには排卵日に合わせて性交をする必要があります。

妊娠する可能性のある期間は、排卵日の5日前~排卵日当日までと排卵後の1~2日間と言われています。

中でも妊娠確率の高い期間は、排卵日の1~2日前となります。

そのため、妊娠を望むのであれば排卵日の3日前ではなく、妊娠する確率の上がる1~2日前を目安として性交をする必要があります。

妊娠は、受精卵が子宮へ着床することで妊娠となります。

受精卵を作るためには、限られた寿命の中で精子と卵子が出会う必要がありますが、精子は3日~1週間程度、卵子は1日程度の寿命しかありません。

そのため、妊娠確率をあげるためには、卵子が排卵されたときその場に精子がいる必要があります。

そういった点を踏まえ、精子の寿命は短くても3日は寿命があることから、排卵日の1~2日前に性交をすることが妊娠確率を上げるためには良いとされています。

3日前は確率が低い?排卵日に限らず仲良くすると妊娠確率も上がる!

毎日精子を出していると、精子の質が落ち妊娠する可能性は低くなるというのを聞いたことはありませんか?

ですが、ある研究で、毎日精子を出すことで状態の良い精子が作られ、逆に出す回数が減ってしまうと質が悪くなるという結果が出ました。

ですが、妊娠は排卵していないと成功することはありません。

そのため、排卵日を気に掛けて性交をすることはとても大切なことです。

しかし、先述したことを考えると、排卵日ばかりを気にして性交の回数を減らしてしまっては、精子の質が落ちてしまう可能性があります。

そのため、排卵日に性交をしたとしても、精子の質が悪ければ受精する可能性は低くなってしまいます。

排卵日と精子の質、両方を気にかけタイミングを取ることが、妊娠確率をあげる上で大切なポイントなのです。

排卵3日前の性交・排卵されないと妊娠確率はなくなる

妊娠確率を上げたり妊娠を成功させるためには、排卵日を含め、卵子や精子、子宮内膜など様々な要素が関係しています。

卵子や精子の質が悪かったり、受精がうまくいかなければ当然ながら妊娠することはありません。

もしも、避妊をしていないにも関わらず一定期間に妊娠しない場合には、何かしらの異常が起きている可能性が高いです。

男性側の異常は病院で検査するしかありませんが、女性側の異常を調べる方法の一つで基礎体温を計測する方法があります。

基礎体温が正常な場合は生理開始後~排卵まで低体温で、排卵後~次の生理までが高温になります。
排卵日を境に、綺麗に分かれているのであれば正常と判断できます。

妊娠するためには正確な排卵日を知ることが大切

妊娠が成立するには、卵子と精子が出会い受精し子宮内膜に着床する必要があります。

また、排卵日を意識してタイミングを取らなければ妊娠が成功することはありません。

一般的な排卵は、生理開始後12日~16日の期間で起こると言われています。

上記でもご紹介したように、排卵した卵子の寿命は1日程度です。

そのため、排卵日に性交をするよりも排卵日の数日前にタイミングを取り、精子が既に待っている状態で排卵したほうが妊娠確率が上がると考えられています。

排卵日に合わせて性交をしたからといって必ずしも妊娠するわけではありませんが、妊娠確率をあげる上では、排卵日を意識することが大切です。

また、排卵日は生活リズムによって変化することもあります。

ですので、正確な排卵日を知りたい場合には病院を受診する必要があります。

妊娠確率を上げる妊娠しやすい体になるには

妊娠確率を上げ、妊娠しやすい体を作るためには、以下の点に気をつけるようにしましょう。

  • 過度なダイエットは避けましょう。
    妊娠しやすい体を作る上で、体重は多少なりとも関係します。自分の身長に合った標準体重を意識し、痩せすぎ太りすぎには注意しましょう。
  • ストレスを抱えすぎないようにしましょう。
    精神的ストレスが多いと、妊娠しにくくなると言われています。また、体に多大なストレスをかけてしまうと、ホルモン産生機能に支障がきたされ、排卵が抑制されることもあります。そのため、定期的にストレスを発散するように心がけることが大切です。