注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

猫が驚くとこんなにジャンプするものなのか。猫の行動について

猫の動画は猫好きもそうじゃなくても人気がありますね。

中には話題になるほどの動画もあります。癒やされたり、面白かったり本当に可愛い猫。
猫が驚くとすごいジャンプをしますが、そのジャンプ力はものすごいと思いませんか?

どのくらいすごいのかどのくらいジャンプしているのかを解説します。

また猫のこんな行動についても紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

年少児が幼稚園でストレスを感じてしまう原因と対処法

子供が毎日幼稚園に楽しく通ってくれると親は安心するものです。でも、年少さんはちょっと違います。...

産後里帰りなしで心配な食事の支度のコツと利用したいサービス

里帰り出産をし産後は実家にお世話になるという方もいれば、里帰りなしを選択する方もいます。里帰...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。楽しい...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

嫁が無視をする心理とは?無視をされた時の対処方法や予防法

嫁が無視をしてくるときの心理とは?なんで急に怒り出したのか、わからない旦那さんはもしかしたら気がつか...

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。赤ちゃんの抱き...

100均のカッパを子供に選ぶ時のポイントとリメイクアイデア

小さな子供の場合、雨の日にはカッパが必需品です。カッパを購入する場合には、子供服売り場やホームセ...

家で出来る趣味は沢山。男性ならではのカッコいい趣味とは

趣味が欲しいと思っても、運動やアウトドアは好きじゃないという人もいるでしょう。そんな方には家...

大学入学式の髪型は?女子はきっちりしすぎないことも大切です

大学の入学式を前に、どんな髪型で参加しようかと悩んでしまいませんか?髪型に決まりはありませんが、...

車のトラブルで喧嘩に発展しそうな時は車外に出てはいけない

車によるトラブルは喧嘩に発展しやすく、最近はあおり運転による逮捕者が出るほど深刻化しています。...

スポンサーリンク

猫が驚くとすごいジャンプするけれどどのくらい飛んでいるの?

猫は自分の体の高さに比べると、とても高いジャンプを見せる時がありビックリさせられる事があります。

猫は大体、1メートルから2メートルほどのジャンプ力があると言われています。

人間がもしも、ジャンプ力が猫と同じ位に出せるようになると、体の高さを考えると、6メートル以上、もしかしたら12メートルほどでもジャンプする事になるほどになるようです。

猫のジャンプ力

  • 速筋が優れている

猫は、速筋という、瞬発力に関係する筋肉が、後ろ足に多くあり、それが高いジャンプが出来る秘密だと言われています。

速筋の瞬発力は、高いジャンプの他にも、獲物を捕まえる時に必要な、速く走る事や飛びかかる時にも活躍しています。

しかし、そんな瞬発力に優れている速筋は、疲れやすいために短時間しか使用できません。
なので、おもちゃで遊んだりしていても、10分ほどでしゃがみこんでしまう事もありますが、それは飽きてしまったのではなく、疲れてしまっているかもしれませんので休ませてあげましょう。

猫があるものに驚く! ジャンプする姿が話題に

猫がジャンプする時に、高いところへ登る時にも、助走をつける時、つけない時関わらずにその力を見せてくれる時がありますが、猫自身が予期しない時に、ビックリした時に反射的にその場でビョンと高くジャンプする事があります。

不意打ちに、いつもそこにないはずのものがあって、それが外敵に1瞬見えてしまえばしまうほどビックリしてしまいジャンプしてしまうのです。

初めてそのようなビックリした姿を見るのも、人間からしたらビックリしますし、可愛いとも思ってしまいますが、猫にとっては大変な事で一大事です。

猫にとっては可哀相だし、大変な事だし、大迷惑な事ですが、その驚いてジャンプする姿が話題になって、猫が驚くような事を試す人が増えてしまった事もあるそうです。

ストレスを与えてしまう事ですし可哀相ですので、わざとに試す事は絶対に避けましょう。

猫にとっては、自分の縄張り(スペース)があって、安心安全に暮らせる事が幸せで大切な事です。

外敵などいなくて、危険なものもなく心を落ち着かせて暮らせる事が必要ですので、もしもそのように驚かせてしまえば、安心安全だという認識がなくなってしまい、熟睡も出来なくなってしまったりストレスがどんどん溜まってしまう事につながります。

猫が驚いてジャンプ!驚く事は猫によって違う

その猫によって驚く事はもちろん違ってきます。

あまりにもビックリするものや、嫌がるものがあるようなら、何かのトラウマがある可能性があり、どんなに反応が可愛くてもイタズラする事はやめましょう。

もしかしたら、そのようなもので怪我をしてしまったり、嫌な思いをした記憶があるかもしれません。

トラウマになっていて驚いたり嫌がっているものの可能性を考えずにイタズラしてしまえば、大きなストレスを与えてしまいます。

猫の動きや行動は何をやっても可愛くて、色々と見てみたいという気持ちがあるかもしれませんが、実際にそういった事を試す人に対して、猫の気持ちを考えれば一般的にいいイメージは持たれないようです。

猫を驚かせる行為について

  • 可哀相
  • 猫に嫌われる
  • 猫にストレスを与える

猫が怒るときの行動やしぐさを紹介します

猫が怒るときの行動やしぐさはいくつかあります。

猫がしっぽを大きく振っている

大きく強くしっぽを振っている時は、触られたくない時などによく見られます。
くつろいでいて自分の世界に入りたい時だったりするので、しっぽを大きく強く振っているような時はそっとしておきましょう。

毛を逆立ている時は猫が怒っているとき

怖い時や喧嘩の時、威嚇している時、怒っている時などに毛を逆立てます。
また、尻尾が膨らんだようになります。

猫は怒ると「シャー」と威嚇する声を出す

シャーと威嚇する声を出す時は、相当怒っている時です。

これらの時は、そっとしておきましょう。
普段おとなしくて可愛くても、怒れば攻撃する事もあります。

「怒った姿も可愛い」なんてちょっかい出すような事は、更にストレスを与えてしまう事になってしまいますので止めましょう。

猫もストレスを感じる?こんな行動は注意です

普段からしっかりと優しく見守って、ストレスなどによる異変がないかが分かるようにしておきましょう。

猫の主なストレスのサイン

  • おもちゃなどで遊ばなくなる
    今までは普通に遊んでいたようなボールや猫じゃらしでも、急に遊ばなくなったらストレスを感じているのかもしれません。
  • グルーミングをしている事が減る
    グルーミングは、体をキレイにしたり、体温調節をしたり、心を落ち着かせてストレスを解消したりする効果があり大切な役割があります。
    元気で健康な猫は、いつもグルーミングしているという印象なほど時間も多いのですが、急にグルーミングをしている時間が減った様子があれば、気力が少なくなっていると言えます。
  • 食欲が減る
    ストレスで、気力がなくなったり、体力も少なくなってきて、自分が好きな食べ物でもあまり食べなくなる事があります。
    いつも食欲の状態を把握するためにも、できるだけしっかりと与える量も把握しておきましょう。体重の変化も把握しておきましょう。