注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。

何らかの被害が出ている場合は、餌付けを止めてほしいもの。そういう場合はどのような対策をとればいいのでしょうか?役所に相談するのが一番良い方法なのでしょうか?

野良猫に餌付けしている人への対策方法とその効果について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまい...

男兄弟の仲が悪くなるのはなぜ?基本仲良しな男兄弟の謎

男兄弟を育てていると、どうしてこんなに毎日喧嘩ばかりするの!とイライラもしてしまいます。大人しい姉妹...

水槽の水漏れの原因は意外なことだった?対処法を理解しよう

アクアリウムを始めたい思っているものの、マンションに住んでいると水槽が水漏れしないか心配になりますよ...

文鳥の換羽期の栄養と食事は飼い主さんがしっかりサポートを!

文鳥が換羽期になると、体の羽が抜けて体力も失われてしまいます。この時期は飼い主さんがしっかりと栄養面...

鳥のおもちゃを手作りするときのポイントと簡単な作り方とは

鳥のおもちゃは手作りすることで、鳥の好みに合わせてたった一つのおもちゃを与えることができます。...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

保育園の服装について!1歳ならこんな洋服!着替えもチェック

1歳くらいになって歩きはじめる頃、保育園にはどんな服装で行ったらいいのか悩んでいませんか?た...

ブリーダーの崩壊とは?猫の多頭飼育による崩壊とその実態

猫のブリーダーの崩壊。あなたもニュースで目にしたこともあるのではないでしょうか。最初は計画的に繁殖を...

お箸の持ち方の練習方法!子供へ教えるポイントとお箸の選び方

子供がスプーンやフォークを使えるようになると、次はお箸の練習ですよね。教えるのにはどのくらいの時...

モルモットが噛むのが痛い!噛む理由は何?モルモットの飼い方

モルモットを飼っている飼い主さんの中にはモルモットの噛む癖に悩んでいる人もいますよね。モルモットに本...

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないの...

プラバンの作り方とは?オーブンを使ったプラバン作り

プラバンをオーブンで作る時はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。プラバンというと、トースターと...

スポンサーリンク

猫への餌付けを止めさせたい、そんな場合は役所が対策してくれる?

野良猫への餌付けですが、餌を与えるということは当然ながら排泄もすることになります。

糞尿被害があったり、餌がそこら辺にばら撒かれていたりと、野良猫への餌付けをやめてほしいと感じることないでしょうか。

また、対策はしたいもののどうしたらいいのかと悩まれてはいませんか?

野良猫の餌付けを止めさせたい場合には、お住まいの地域の役所に相談するのが良いでしょう。

対応の仕方は役所によって異なりますが、猫トラブルの多い地域だと以下のような対策を取ってもらえることがあります。

  • 回覧板による注意
    野良猫への餌付け禁止等の文書を役所で作成し、町内で回覧板を回し注意を促します。
    また、お住まいの地域に町内会等がある場合には、一度そちらに相談するというのも良いでしょう。
  • 役所職員が直接注意
    この場合には、野良猫に餌付けをしている日時や状況等をメモし、役所に相談するようにしましょう。また、可能であれば、どういった内容の注意をしたのか確認しておくと良いでしょう。

猫の餌付け対策として直接言うというのはNG?警察へ相談した方がいい?

野良猫への餌付け対策ですが、餌付けしている人へ直接注意するのは避けましょう。

中には「わかりました」と素直に聞き入れてくれる場合もあるかもしれません。しかし、殆どの場合は聞き入れて貰えないでしょう。

また、直接注意をすることによって、相手の勘に障り、思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあります。

上記では、役所に相談することをご紹介しましたが、警察に一度相談してみるのも一つの方法です。

「近所で野良猫に餌付けをしている人が居て迷惑しているので注意して欲しい」との旨を伝えてみましょう。

野良猫への餌付けを必ず止めるとは限りませんが、警察が動いたとなると餌付けを止める可能性は高いでしょう。

しかし、役所等々から再三注意されているのにも関わらず、野良猫への餌付けを止めない人の場合には、他の対策を考える必要があります。

「猫の餌付け禁止」と張り紙で対策しても効果はない?

野良猫への餌付け対策として、張り紙をするのは効果があるのだろうかと考えたことはないでしょうか。

餌付け対策で、張り紙を貼ることの効果を感じられる可能性は低いです。

その場所では餌付けをしなくなるかもしれません。
しかし、場所を変えてまた餌付けをする可能性が高いでしょう。

上記でもご紹介しましたが、野良猫への餌付けを止めさせるには、役所等に相談するのが最善です。

もしも、それでも改善する様子が無いのであれば、最寄の動物保護団体に「里親に出したい猫が居る」と相談してみましょう。中には、捕獲に協力してくれる団体もあるでしょう。

ですが、この場合には、猫の健康状態の管理や感染症予防のワクチン接種など、様々な面で猫のお世話をしなければいけません。

そういった余裕がある場合には、この方法も考えてみてはいかがでしょか。

野良猫へ餌付けしている人を罰する法律はないの?

野良猫への餌付けで頭を抱えている方は、「この行為を法律で罰することができたら悩むこともないのになぁ」と思いますよね。

ですが、野良猫への餌付け行為を罰する法律は現時点ではありません。

動物には「動物愛護法」という法律があり、「動物をむやみに傷つけたり命を奪ってはいけません」という内容の法律で守られています。

しかし、地域によっては、野良猫への餌付け行為でのトラブルが多いことから、対策として市町村内で独自にルールを作り、違反行為をした者には罰則を課す市町村もあるようです。

ですので、お住まいの地域であまりにも野良猫への餌付け行為がひどく、トラブルが多発している場合には、新たにルールが設けられる可能性もあるでしょう。

野良猫を増やさないためには餌付けが必要だという考え方も

中には、野良猫への餌付けが必要と考えている方も居ます。

猫は、1年に数回出産し、また1回の出産で4~5匹程産むと言われています。

猫を増やさないためには、不妊手術が必須になり、不妊手術をするためには野良猫を捕獲出来るほど、猫と人間の心の距離感を縮める必要があります。

そうした距離感を縮めるための手段として「野良猫への餌付け」は有効な手段と動物愛護団体の中では考えられています。

また、地域猫活動として、野良猫を捕獲し不妊手術後元の場所へ戻してあげる、TNR活動という活動が様々な地域で行われています。

この活動は、不妊手術をしてから元の場所へ戻すので、猫が新たに増えることはありません。

先のことを考えない無責任な餌付けは、殺処分されてしまう命が増えることに繋がりかねません。

ですが、地域猫活動のような意味のある餌付けであれば、「不幸な命」が増えることもありません。

野良猫への餌付け行為が一概に良い、悪いとは言えません。

しかし、地域猫活動がしっかりとしている地域であれば、野良猫への餌付け行為で糞尿被害を含めたトラブルとなることも少ないのではないでしょうか。