注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメージの猫ですが性格によってはお散歩をしてあげたほうがいい猫ちゃんもいるようです。

では、どんな猫には散歩が必要なのでしょうか?散歩をさせる前の準備とは?

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や注意することなどを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保育園の服装について!1歳ならこんな洋服!着替えもチェック

1歳くらいになって歩きはじめる頃、保育園にはどんな服装で行ったらいいのか悩んでいませんか?た...

バスのベビーカーでの乗り降りのコツやマナーと注意点とは

バスにベビーカーも一緒に乗り降りすることは、周りへの迷惑を考えたり、赤ちゃんのことも気にしながら、お...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

絵が上手い人に共通する特徴!絵が苦手な人の上達のヒント

絵やイラストが上手な人には共通する特徴があります。絵が上手いのは持って生まれた才能とも言われます...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

お箸の持ち方が変な人の気持ちや変な人に思うことと正しい持ち方

あなたは正しくお箸を使うことができますか。なんと正しくお箸を使うことが出来るという人は、全体の○...

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

モルモットが噛むのが痛い!噛む理由は何?モルモットの飼い方

モルモットを飼っている飼い主さんの中にはモルモットの噛む癖に悩んでいる人もいますよね。モルモットに本...

保育園の迎えの前に買い物するのはダメなワケと現場の声とは

子供を保育園に預けて、毎日働いて疲れているママさんも多いですね。仕事が終わって、子供を園まで...

赤ちゃん【生後10ヶ月】寝かしつけのコツや重要なポイントとは

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけで大変なこととはどんなことでしょう?なかなか寝てくれない赤...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

赤ちゃんに聴かせる音楽はクラシックが良いと言われる理由とは

赤ちゃんにはクラシック音楽を聴かせると良いと言われていますよね。では、そう言われる理由は何な...

猫が邪魔してくるのときの対処方法かわいいけれどコレで対応

かわいい猫に邪魔されたとあっては、勉強や仕事が手につかないという人も多いのではないでしょうか?...

育児に疲れた!1歳半のイヤイヤ期を乗り越える毎日の対処法など

子供のイヤイヤ期で悩んではいませんか?1歳半ころから始まることが多い「イヤイヤ期」は、本当に...

スポンサーリンク

猫はリードをつけて散歩をしたほうがいいの?

猫をあまりお散歩させている人は見かけませんが、引っ越してばかりの時や、外にまだ出た事がない猫は心配です。

自由に外と室内と行き来している猫も多いですが、慣れていないうちは外敵や事故、迷子など心配な事も多いです。

猫は自分のテリトリー(家)の中など、普段過ごしているところをしっかり認識しています。
そしてそのテリトリーが安全で安心であるかが重要で、運動不足でなければあまり広さは関係ないのです。

普段から自由に外と室内とで行き来できない環境だとしても猫にとっては安心安全な方が優先で幸せな事です。
運動不足解消のためにも普段から一緒にたくさん遊んであげましょう。

ただ、好奇心から外に出る事に興味をもつ猫も多くいます。

窓を開けていたら、外からの風や匂いが入ってきたり、鳥や他の猫などの動物や虫などが見えたりして、好奇心が出てきますし刺激にもなり、気晴らしにもなり、外に出たいという子もいるでしょう。

産まれてからずっと、もしくは小さいときから室内で育っている猫は、外の世界に怖がる子もいますので、そうでなければ、気分転換のためにもお散歩させるのもいいでしょう。
その子の性格や今までの生活習慣によって室内だけにいた方がいいのか、見極めが必要です。

猫はリードよりもハーネス!散歩をする前になれさせよう

いきなり散歩をさせるよりも、ハーネスを装着させて、付いている事に慣れさせてからの方がおすすめです。

首輪ですと簡単に抜けてしまう事がありますし、怪我をしてしまったりする危険も伴う事があります。

ですので、とても嫌がって慣れさせることも出来ないとかではなければ、できるだけ首輪よりもハーネスの方がいいでしょう。

ハーネスを装着する時は、きつく締めすぎないようにしましょう。
猫にそっとフィットしている位でも大丈夫です。

最初付けるときに暴れたりするようであれば、おやつなど猫が好きなもので釣って、気がそれている時に付けるようにします。

慣れないうちは違和感が出ますので、それを紛らわせるために、ハーネスを付けたらおもちゃなどで気をひいて遊んであげましょう。

おもちゃで遊ばなくても撫でたりおやつをあげたりして、無理強いはせず短い時間から始めます。

猫にリードやハーネスをつけて散歩をする前にしておくべき事

外に出すにあたって、注意しないといけない事がいくつかあります。

猫が外に出たがっているか

猫は好奇心が強く、窓の外を眺めていたり、少し開けていたら風や匂いを感じたりしている時があります。

興味を持っているようなそぶりに見えるかもしれませんが、だからといって外に出たいとは限りません。猫にとって安全な環境が重要です。
安心して過ごせる家の中でも、運動をたくさんする事が可能ですし、家の中だけだと可哀相だと言う人もいるようですが、猫にとっては、そんな事はありません。

外に出た事がない猫は、外に出てしまった事によって怖さがうえつけられ、普段からも臆病な子になってしまう事がありますし、外を嫌がっているのに無理強いしてしまえばストレスになります。

散歩に行く前にワクチン接種を済ませておく

猫には外敵がたくさんいますし、野良猫もたくさんいるでしょう。
外に出るという事は、病気になったり感染症になってしまう可能性が高くなるという事です。
ワクチン接種はもちろん、ダニやノミの予防をしっかりと動物病院で済ませておきましょう。

最初は抱っこした状態の散歩でも大丈夫

最初はハーネスをつけて抱っこして外の空気や雰囲気に慣れるのもいいかと思います。

猫に散歩をさせてもいいのは何ヶ月から?

生後3ヶ月までは免疫力もなく、お母さん猫からまだ離れない時期です。

お散歩をさせるとしたら、ワクチン接種が終わって外に出たがっている様子が見られ、少なくても生後3ヶ月以上がいいでしょう。

猫は自らそんなに遠くへ行ってしまう事はありません。基本的には自分の家の周辺だけで大丈夫です。

お散歩をさせる時は、車や自転車、人通りが少ないところを選びましょう。
また、大きな音がするようなところも、猫に怖い思いをさせてしまう事に繋がってしまいます。

運動不足解消のために散歩をする犬と違って、猫には、外の風にあたりリフレッシュする位でも大丈夫です。

なので、外に行っても自分が安心できる所や居心地がいいと思えるような所にずっと座り込んだりしているだけでも充分です。

散歩は飼い主が無理に連れ出すのではなく、猫が外に本当に行きたがっているのかを見極めましょう。

猫と一緒に散歩をするときにはコレを忘れずに

散歩と言っても、猫と犬は違います。
運動不足解消のためにあちこちある程度の距離が必要なわけでもなくコースも決めてしまわないようにします。

猫に任せて自由に行きたい方に歩かせてあげましょう。
もちろん車や自転車などには気をつけます。

また、猫が散歩に行きたいなどと鳴いているたびに連れて行くと、猫は、散歩に行きたい時に行けると思ってしまい、いざ行けない時にストレスがたまってしまいます。

猫だけで外に出てしまえば、もちろん他の野良猫や動物などに狙われてしまう事もありますし、パニックになって遠くに逃げてしまい迷子になってしまう事もあります。

車が通るようなところはキャリーに入れて、公園に行ってから出してあげて、リードをつけて慣れさせてあげるのもいいでしょう。