注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいのでしょうか?

また、どんなものを準備したらいいのでしょう?置き場所とは?子猫にトイレを教えるときには、このようなことに気をつけましょう。

子猫のトイレトレーニングが成功するためのポイントやコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメー...

子供の留守番は何歳からなら大丈夫?留守番をさせる時の注意点

子供を留守番させるのは何歳からならOKなのでしょうか?お留守番させる時間にもよりますが、だいたい4年...

4ヶ月で体重が増えない赤ちゃん!成長曲線の範囲内か確認を

赤ちゃんが4ヶ月になって、それまでのように体重が増えないことに悩んでいるママもいますよね。赤ちゃんの...

大学病院の医師は忙しい!医師が求める理想の女性像と恋愛傾向

大学病院の医師は忙しいという話を聞くこともありますが、実際にはどのような仕事をしてどのような一日を過...

高卒彼氏との結婚に反対する親!反対する理由と認めてもらう方法

「高卒の彼氏と結婚したいと親に報告をしたら結婚を反対されてしまった」という人もいますよね。学歴な...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

ミルクの間隔が3時間なのはいつまで?赤ちゃんの授乳の間隔

赤ちゃんが誕生した瞬間からずっと、ママは赤ちゃんのお世話で大忙しになりますよね。オムツ替えや授乳、沐...

サークルの合宿に行きたくない時に使える口実や言い訳

サークルの合宿は夏休みの季節に行われることが多いですが、集団行動が苦手、サークルに馴染めてなくて行き...

嫁が実家に帰る頻度が多すぎる?実家に依存してしまう原因と対策

嫁が実家に帰る頻度が多いことにウンザリ…。子供が小さいうちは仕方のないことなのかもしれません。...

絵が上手い人に共通する特徴!絵が苦手な人の上達のヒント

絵やイラストが上手な人には共通する特徴があります。絵が上手いのは持って生まれた才能とも言われます...

モルモットが噛むのが痛い!噛む理由は何?モルモットの飼い方

モルモットを飼っている飼い主さんの中にはモルモットの噛む癖に悩んでいる人もいますよね。モルモットに本...

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。気持ちはありがたいけれど、正直結構です。「気...

パスタソースのレトルトを冷凍するときのコツやポイント

パスタソースのレトルトが少し残ってしまったときには、冷凍保存をしておくと便利ですよ。冷凍をしたときの...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

スポンサーリンク

猫は生後1ヶ月くらいからトイレを教えましょう

猫は生後1ヶ月~1ヶ月半頃から、自力で排泄できるようになり、またトイレを覚えられるようになります。

子猫により個体差はありますが、この頃を目安にトイレを覚えさせるようにしましょう。
また、トイレの大きさは成猫用のものだとトイレの入口に高さがあり、入れないことも考えられますので、子猫がお手伝い無しでも入れる高さのトイレを用意してあげるようにしましょう。

子猫が自分でトイレに入ることのできる入口の高さは、約5cmです。

上記のような高さのトイレが無い場合には、ダンボールにビニールと猫砂を入れて代用すると良いでしょう。

猫砂は、排泄後に砂が固まるようなタイプ(鉱物系)の砂は、誤って口に入れてしまう危険もあるため、避けたほうが良いでしょう。

また、子猫は、寝起きや授乳前に排泄をする傾向があります。

そのため、寝床から遠いところにトイレを置いてしまうと、トイレに間に合わずに排泄してしまう可能性もありますので、極力寝床から近い所にトイレを置いてあげることも大切です。

猫は生後1ヶ月前からトイレに行きたいサインを出す

猫は、生後1ヶ月を過ぎた頃から自分で排泄できるようになります。

そのため、この時期は子猫にトイレのしつけをするタイミングでもあります。

この時期にしっかりとしつけをしておかないと、後々粗相をしてしまうこともありますので、子猫の出すトイレのサインを見逃さないようにしなければいけません。

以下が子猫が出す主なトイレのサインです。

  • 床の匂いを嗅ぐ
  • 床の匂いを嗅いだ後グルグルと回る
  • 床を掘るような行動をとる

上記のようなサインを出したら、優しく抱きかかえトイレにおろしてあげましょう。

この際に飼い主さんが慌ててしまっては子猫が怖がってしまうこともありますので、あくまでも慌てずに落ち着いて行動することが大切です。

また、子猫がトイレを上手くできた場合には、存分に褒めてあげましょう。こうすることで、トイレを失敗する可能性を低くする効果もあります。

子猫のうちは、トイレを失敗してしまうこともあります。

失敗してしまっても叱ることはせず成功できるまで優しく見守ってあげることが、トイレを覚えさせるコツです。

生後1ヶ月前後の猫のトイレトレーニングを成功させる方法

生後1ヶ月頃の子猫にトイレを覚えさせる方法は、子猫の出すトイレサインを見逃さないことです。

上記でもご紹介したように、子猫はトイレをしたくなったら必ずサインを出します。

そのときに、トイレの場所が分からないとその場をトイレだと認識してしまい、排泄をしてしまいます。
そのため、飼い主さんがトイレのお手伝いをしてあげる必要があります。

子猫がトイレのサインを出したら優しく抱きかかえ、トイレに運んであげましょう。

また、子猫がトイレを上手くできた場合には存分に褒めてあげることも、トイレを覚えさせるためには効果的です。

上手にできた場合には、おやつなどを与えるのも良いでしょう。

トイレを中々覚えてくれない場合には、何かしらの原因がある可能性が高いです。

一度粗相をした場所をトイレと認識してしまっていたり、トイレ環境が気に入らないなど、様々な原因が考えられます。

一度、獣医師さんに相談してみても良いかもしれません。

猫のトイレにはどんな種類があるの?

子猫は生後1ヶ月頃になると、自力で排泄をすることができるようになるため、トイレを用意しなければいけません。

ですが、猫用トイレには様々な種類があるため、愛猫に合ったトイレを用意する必要があります。

そこで、猫用トイレの種類についてご紹介したいと思います。

  • オープン型トイレ
    プラスチックのケースに壁がついているタイプで、排泄後に猫が砂をガシャガシャと掻いても砂が外に飛び散りにくくなっています。
  • ドーム型トイレ
    このタイプは、オープン型トイレを屋根で覆ったようなタイプです。
    上、左右を屋根で覆っているため、オープン型トイレよりも砂が飛び散りにくくなっています。ですが、密閉された空間が嫌いな猫も居ますので、注意が必要です。
  • システム型トイレ
    このタイプは、プラスチックのケースの下にトイレシートを入れる所があるタイプです。ケース内には猫砂を入れ、下にはトイレシートを敷きます。
    こうすることで、排尿をした際に猫砂を通ってトイレシートに吸収されるため、排泄後のニオイを取り除くことができます。また、トイレシートは1週間~10日程度に1回の交換で済みますので、飼い主さんにとってはオススメのタイプです。

猫のトイレを覚えさせるコツとは?

生後1ヶ月頃の猫にトイレを覚えさせる際には、「トイレの置き場所」に配慮することが大切です。

猫は排泄時、落ち着いてトイレができる場所を好みます。

そのため、人通りの多い場所や窓際などは避けてトイレを設置するようにしましょう。

部屋の模様替えなどでトイレの置き場所を変える場合には、子猫がトイレを覚えて落ち着いてからにしましょう。

トイレを覚えた後であっても、いきなりトイレの位置を変えることは厳禁です。

いつも通り、トイレの置いてある場所に行ってトイレが無かったら猫は戸惑ってしまいます。

そのため、トイレの置き場所を変える際には、変更後の置き場所と変更前の置き場所、両方にトイレを置いてあげるようにして、猫が慣れてきたら1個にするようにしましょう。

また、子猫の頃は、トイレに失敗してしまうこともあるかもしれません。

そんなときに、大声で叱るようなことは止めましょう。

猫は、一度トイレの場所を覚えると、同じ場所で繰り返しするようになると言われています。

そのため、トイレに失敗してしまった場合には、粗相された箇所を念入りに掃除し、極力ニオイを残さないことも大切です。