注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

妊娠6ヶ月はお腹が苦しいとき?対処方法や過ごし方とは

ようやくつわりから開放されたと思ったのに…。妊娠6ヶ月頃からはお腹が苦しいことや張ってくることが増えてきます。

そんな、お腹の痛みはどう対応していけばいいのでしょうか?こんなお腹の痛みは、放っておかないほうがいいようです。放っておいてもいいのは、どんなときなの?

妊娠6ヶ月の過ごし方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

胎嚢と卵黄嚢の大きさはどのくらい?妊娠週数別の大きさについて

妊娠したことがわかると、エコー検査で胎嚢や卵黄嚢を確認することができるようになります。お腹の中できち...

つわり嘔吐後の食事のタイミング・吐きづわり時の食事のポイント

妊娠初期は辛いつわりの症状に悩まされる妊婦さんも多いです。つわりで嘔吐後の食事で気をつけることや、食...

妊婦検診の頻度が少なくて不安?妊婦が抱える不安とかかる費用

妊娠が判明したばかりの頃や、妊娠に対して不安があるとき、妊婦検診の頻度が少なくて不安に感じてしまう妊...

育休中の過ごし方はアクティブに?それともダラダラ?あなたは

育休中の過ごし方、みんな何してるの!?アクティブ派?それともダラダラ派?出産を機に育...

21週で赤ちゃんの性別はわかる?赤ちゃんの性別が判明する時期

妊娠週数が21週くらいになると。お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。赤ちゃんの性別がはっき...

彼女の生理こない!一週間ないのは妊娠?生理がこない原因と対策

彼女から「一週間生理こないの」と言われたとき、男性のあなたはどんなふうに思いますか?驚いてしてどうし...

妊娠中の体調不良を旦那に理解してもらえないのは

妊娠中の体調不良といえば『つわり』ですよね?旦那さんは、彼氏の頃って頼りがいがありましたか?...

34週の赤ちゃんはエコーでどう見える?34週頃の成長の様子

妊娠がわかってから、赤ちゃんの様子はエコー検査で確認してきましたよね。妊娠34週頃の赤ちゃんをエコー...

つわりの時は冷製パスタ!トマトを使ったレシピをご紹介します

つわりの時って「赤ちゃんのためにもきちんと食べなくちゃ。」とは思うものの、食欲もなくなるし辛いですよ...

出産後義母をますますうざく感じる予感。迷惑だって言えないから

出産前、出産後、心配してくださるのはありがたいのですが、お義母さん。はっきり言ってそれらのこと、すべ...

産後に里帰りしないママのために食事に関するアイデアを教えます

里帰り出産ではなく、里帰りしない出産を選ぶママが増えているといいますが、一番心配になるのは産後の食事...

22週は性別がわかる確率も上がる!赤ちゃんの性別がわかる時期

妊娠22週頃になると、赤ちゃんの性別がわかることも多くなります。性別を判断できる確率も上がってきます...

助産師の訪問で聞いておきたい質問とママが聞かれる質問

赤ちゃんが産まれると、助産師といった専門知識を持った人が家に来て、赤ちゃんの発育やママの状況などを調...

8ヶ月なのに胎動が弱い原因とは?対処法を理解しておこう

妊娠8ヶ月にもなると胎動を感じやすいと言われますが「なんだか胎動が弱いのでは?」と心配になることもあ...

旦那が信用できない!妊娠中なのに浮気されたらまずは冷静に対処

妻の妊娠中に旦那が浮気をしたという話を残念ながら耳にすることがあります。妻が大事な時になんて...

スポンサーリンク

妊娠6ヶ月からお腹が苦しいことが増えてくる

妊娠初期はつわりに苦しんだ人も多いでしょう。
妊娠6ヶ月を迎えると安定期にも入り、つわりも落ち着く人が多いです。

しかし、妊娠6ヶ月頃からお腹の苦しさや違和感を感じる人も多くなってきます。

それもそのはずです。
妊娠6ヶ月の赤ちゃんは、身長が約30cm、体重が600~700gまで成長しているのです。

これからの時期、赤ちゃんの成長はさらに加速して、お母さんのお腹もますます大きくなっていきます。

そしてほとんどのお母さんが、妊娠6ヶ月頃には胎動を感じるようになり、赤ちゃんの成長を感じます。

このくらいお腹の赤ちゃんも大きくなっているのですから、お腹も大きくなってきて圧迫感や、姿勢が悪くなってくるということが感じられます。

さらにお腹の張りも出てきます。
下腹部が締め付けられる感覚や、お腹の固さを感じることが張りです。

これは子宮が収縮していることが原因となっていて、体を休めることで落ち着くことがほとんどです。
しかし、休んでも落ち着かない場合は、病院に連絡をして担当医の指示を聞き対応して下さい。

妊娠6ヶ月はつわりが落ち着いたのにお腹が苦しい時期

妊娠6ヶ月頃になると、長く苦しいつわりから解放され、食事への興味も復活してくる時期でしょう。

今まで我慢していた分、好きなものを食べたいという気持ちになりますよね。

ところが思うように食事が入らない、と思うことがあります。
これは赤ちゃんの成長に伴い、大きくなった子宮が胃を圧迫しているからなのです。

胃が圧迫されるので、苦しさやムカムカした症状を感じる人もいるでしょう。
食事も満腹になるまで食べると、圧迫感から吐き気を感じてしまうこともあります。

つわりとはまた違う不快感で、なかなか体調が思うようにならなくてつらいですよね。

しかし、これも赤ちゃんが元気に成長している証拠です。
お母さんのお腹で育てるという上で、避けては通れません。

食事の量を少なく、回数を多くするなど工夫することで、不快感の軽減することも出来ます。
自分に合った方法を見つけ、残りのマタニティライフを乗り越えていきましょう。

また、全体的にふっくらしてくるのも妊娠6ヶ月頃からです。

洋服からも圧迫感を感じると、さらに体が苦しくなってしまいます。
ゆったりとした洋服を着るなどして、外からの圧迫を軽減させましょう。

妊娠6ヶ月頃はお腹が大きくなり息苦しいことも

お腹が大きくなるにつれ苦しくなるのは、圧迫感だけではありません。
妊娠によって血圧が変化したり、ホルモンバランスの乱れなども関係してきます。

一般的に妊娠中は、ホルモンの影響で血圧が大きく変化します。
妊娠初期や中期は血圧が低く、妊娠後期は血圧が高くなります。

このような血圧の大きな変化で、動悸を引き起こし苦しさを感じるということもあります。

体の変化はもちろん、心にも大きな変化をもたらすことがあります。
特に初産の場合は全てが初めての経験で、嬉しさや楽しみの中に、不安や心配という気持ちも混在します。

苦しさを感じたときは、無理をせずにすぐに休むようにしましょう。
心臓がある体の左側を下に向けて横になると、呼吸が楽になると言われています。

頭を少し高くして、体の左側を下に向け、足元にクッションを置いたりすると、負担がかからず苦しさも落ち着いてきます。

他にも体を温め、血流を良くすることでも苦しさを楽にする効果があります。
入浴することが苦しい場合は、足湯でも構いません。

足元を温めると体全体が温かくなってきます。

無理せず行える方法で試してみましょう。

妊娠6ヶ月はお腹が目立ってくる時期に注意する事とは?

安定期を迎え、つわりも落ち着く時期なので、妊娠初期に比べると出来ることも増えてきます。
それでもやはり、注意するべきこともあります。

まずは運動です。
医師からの許可が出れば、適度に体を動かすことも出来るようになります。

誰かと衝突したり転倒する可能性のあるスポーツは控えましょう。

力が入りやすい場所でも運動も、お腹に負担がかかるのでおすすめしません。
平坦で力を入れずに行える環境を選びましょう。

次に生活習慣です。

普段どのような姿勢で寝ていますか。
妊娠6ヶ月になると、寝る姿勢も限られてきますよね。

うつ伏せにならないようにしているという人は多いと思いますが、実は仰向けに気を付けて欲しいのです。

大きなお腹で仰向けで寝ると、お腹の張りや息苦しさを感じることが多くなります。

これは子宮が大静脈を圧迫して、血流を妨げてしまい血圧が下がってしまうからなのです。
血流が悪い状態が続くと、お腹の赤ちゃんにも満足な酸素が送られなくなります。

横向きで寝ることが、一番負担もかからず楽な体勢だと言われています。

最後にお母さんの体のことです。
もちろん健康面も重要ですが、妊娠線のケアも大切です。

急激に皮膚が伸びるので、どうしても妊娠線が出来やすくなってしまいます。
一度妊娠線が付くと、薄くなることはあっても、完全に消えることはほとんどありません。

肌が乾燥しないように、クリームやオイルでこまめに保湿をしましょう。