注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

大学で浪人がバレる瞬間は?先にカミングアウトした方がいいかも

浪人生活を経て晴れて大学入学!
でも嬉しい反面、浪人したことがバレるのは嫌だなという気持ちになるかもしれません。
黙っていればバレることはほとんどありませんが、「あの人もしかして浪人かも」と周囲にバレるのはどいった場面なのでしょうか。バレるパターンとは?

バレたくないと年齢を隠し通すのもありですが、ずっと隠し通すのは大変です。

先にカミングアウトするのもありですよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。 子供に優しく、時には厳しく叱って...

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

11ヶ月の離乳食は手づかみで食べれるものに挑戦してみよう

11ヶ月にもなると、離乳食は手づかみで食べられるものが良いと言われていますよね。 手づかみで食...

夫が怖い。怒鳴ると萎縮してしまうあなたは〇〇被害者

夫のことが怖いと感じる。 怒鳴ると萎縮してしまうし、夫を怒鳴らせる自分はものすごく悪いのだと自分を...

幼稚園のクラス替えに不満!クラスの決め方とそれを乗り切る方法

幼稚園のクラス替えの後、自分の子供のクラスに不満が出てしまうこともありますよね。仲良しのお友達とクラ...

カレーの甘口を子供が食べれるのは何歳?カレーレシピをご紹介

子供に市販のカレー(甘口)をあげてもいいのは何歳?幼児用のカレーであれば、心配はないですが家族と同じ...

ピアノは才能?努力?努力をする才能が一番必要かもしれない

子供の習い事でも人気の高いピアノですが、才能がなければ努力をしても上手くはならないのではと親は悩んで...

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメー...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう? 多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場はどこがいい?子どもと出かけよう

10ヶ月の赤ちゃんはどんなところに連れていってあげたらいいのでしょうか? お外に連れていってあ...

赤ちゃんはなぜ抱っこすると泣き止む?その理由と効果的な方法

赤ちゃんは抱っこされることが大好きですよね。そして今まで泣いていても泣き止むことが多いのではないでし...

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。 ...

子供の寝かしつけ方法!生後6ヶ月で1人寝出来るようになるコツ

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけにはどのような方法があるのでしょう? では、生後6ヶ月の赤ちゃ...

スポンサーリンク

大学で「あの人もしかして浪人かも」とバレる瞬間

言葉には出さなくとも、周りから浪人生であることがバレてしまうことがあります。それは一体どういった瞬間なのでしょうか?

例えば、先輩風を吹かせている場合です。自分ではそんなつもりが無くても、年上ということで上から目線になってしまっている人がいます。周りの人たちも敬語で話しかけるため、浪人生であるということがバレてしまうのです。

そして、頼られる存在であるというのも理由の一つにあげられます。同じ学年ではあるものの、浪人生にとって同級生はある種、後輩のようなものでもあります。周りは可愛がってくれる浪人生に対して、つい頼ってしまいたくなるのです。

あとは、ぼっちでいることで浪人生とバレることもあります。年下との付き合い方がわからなかったり、浪人していることを自分自身が気にしていることで上手く友達を作れず、ぼっちになってしまう浪人生も少なくありません。

こういったことから、浪人生とバレてしまう可能性があるのです。

大学で浪人してたことがバレるパターン

思わぬところから、浪人していたことがバレてしまうことがあります。

例えば、

  1. 通学に使用する定期券や学生証を見られるパターンです。サークルの新入生歓迎会などで席決めをする際に、先輩が定期券や学生所を集めてそれを名札代わりにランダムに置いて席決めをすることがあります。そんな時、生年月日や年齢を周りの人に見られて浪人していたことがバレてしまう可能性があるのです。
  2. 学生証の写真が私服の場合にも怪しまれるでしょう。現役で入った場合には制服で撮っていることが多いですからね。
  3. 普段の会話の中で浪人していたことがバレる可能性も。普通に年齢を聞かれることもありますし、成人式の話に上手く合わせられなかったりすることも…。その際に嘘をつくことも出来ますが、後々バレてしまった時のことを考えると面倒ですので正直に答えることをおすすめします。

あとは、雰囲気から浪人したことがバレてしまうなんていうパターンも…!

人と関わらなかったことで雰囲気が暗くなってしまっていたり、顔の筋肉が落ちて笑顔が引きつってしまっていたりすることがあるのです。

出来るだけ浪人していたことを隠したいという人は、思いがけずバレてしまうことが無いように気をつけましょう。

浪人して大学に入ったがことがバレるのは嫌だ!と年齢を隠し通すデメリットとは

周りはほとんどが現役合格した人たちばかりなのに、自分は浪人して入学したとなればなんだか引け目を感じてしまいますよね…。つい浪人したことを隠したくなる気持ちはよくわかります。

しかし、隠し通すというのもなかなか容易ではありません。そして万が一バレてしまった時のことを考えるとリスクも伴うのです。仲良くしていた友達が実は浪人していたということがわかれば、相手はどうしてもあなたに対して不信感のようなものを抱いてしまいます。浪人していたという事実が嫌なのでは無く、隠されていたことに対して寂しさを感じてしまうのです。

そして、深い関係を築くにあたってはやはり隠し事をしているというのは良くありません。距離を縮めようと思っても、あなた自身が後ろめたさを感じていることで仲を深めることが出来ないのです。

深い人間関係を築きたい相手がいるのであれば、年齢を隠すのはやめて思いきって本当のことを伝えましょう。気にしているのはあなただけで、相手からするととても小さなことだという可能性もありますからね。

大学で浪人していたことをアミングアウトしても大丈夫なの?

浪人してやっとの思いで入学した大学。周りはキラキラした新入生で溢れているとなれば、なんだか自分だけ場違いな気がして取り残されたような気持ちになってしまうことがあります。

でも、周りはあなたのことをそんな目では見ていません。そう感じてしまっているのはあなた自身なのです。

そもそも最近では8人に1人が浪人経験があると言われている為、あなたが思うほど浪人生というのは珍しいものでも無いのです。それにも関わらず浪人生であることに引け目を感じて、自らの殻に閉じこもっていてはもったいないですよ。

浪人していたことをカミングアウトしたら、一体周りにどんな反応をされるんだろう…。もしかしたら友達が離れていってしまうかも…なんていう不安を抱いている人もいることでしょう。

しかし、恐らくあなたが想像するような大きな反応は返ってきません。もちろんカミングアウトしたことが原因で、友達が離れていくということも考え難いのです。

万が一それが原因で離れていくような友達がいたとしたら、そんな人は最初から友達になる価値の無かった人だということです。

浪人生でも大学で友達はできる?

浪人していたら友達が出来ないのでは…という不安を抱いているあなたに、逆に質問します。自分が逆の立場だったら、浪人している人とは友達になりたくないということでしょうか?きっと違いますよね。

大学ともなれば、同じ学年にも様々な年齢の人がいます。留年している人もいれば、留学をしたことで卒業が遅れる人、休学した人、大人になってから大学に入った人などなど。そう考えると、1浪や2浪で入って年齢が違うことなんて何も気にすることは無いのです。年齢なんて関係ありませんよ。

それよりも大切なのは、自分自身が納得のいく道を進んでいくこと。自分の信念を貫いて、やりたいことをやっている姿というのはとてもカッコいいです。そういう人に友達も寄ってくるものですよ。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686