注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?

なかなか自分から話しかけることが苦手な人は、この質問をしてみたらいいかもしれません。

大学のグループに入れないで悩んだときには、ぜひ試してみてください。また、大学のグループに入れなくても他に目を向けることで上手くいくこともあるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

4ヶ月で体重が増えない赤ちゃん!成長曲線の範囲内か確認を

赤ちゃんが4ヶ月になって、それまでのように体重が増えないことに悩んでいるママもいますよね。赤ちゃんの...

尊敬と恋愛の違いについて。この気持をはっきりさせるには

尊敬と恋愛の違いについて考えてみました。「尊敬=恋愛感情」ではありません。相手に対し...

冬に半袖が子供には一番?子供を薄着にさせる効果と注意点

寒い冬の時期はついつい厚着になってしまうもの。子供に風邪を引かせてはいけないと、何枚も服を着させ...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

新生児のバスタオルは大人と同じはNGな理由と必要枚数

新生児の赤ちゃんが使うバスタオルは、大人と同じバスタオルはやめた方がいいそうです。では、どう...

ソフトボールの練習メニューで体育の授業にオススメやコツとは

体育の授業でもソフトボールをすることがありますが、どんな練習メニューをするといいのでしょうか?...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

赤ちゃんがリモコンを好きな理由とはリモコンを守る方法

赤ちゃんはリモコンが大好き!そんなにリモコンに触っているつもりはなくとも、興味津々な赤ちゃんは多いも...

お風呂はタオルも遊び道具になる!親子で楽しむコツとは

お風呂ではタオルを使った遊びでも子供はとても喜びます。タオルを使ったお風呂遊びの他にも、子供...

食事中にテレビをつけまますか?子供に与える悪影響とは

食事中にテレビはつけっぱなし?それとも消す派?子供には、食事に集中して欲しいけど、テレビを見...

教育実習の服装〔女性編〕服装の選び方と注意点

教員免許を取る時に経験する教育実習ですが、女性は特にどんな服装にすべきか悩みます。スーツがベ...

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

子供の寝かしつけ方法!生後6ヶ月で1人寝出来るようになるコツ

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけにはどのような方法があるのでしょう?では、生後6ヶ月の赤ちゃ...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

スポンサーリンク

大学のグループになかなか入れない・・そんなときは?

大学のグループの輪になかなか入れないという経験をしたことがある人も多いと思います。グループに入る方法として一番手っ取り早いのは「グループの中心人物と仲良くなる」ことです。

グループには必ず中心となる人がいます。もしグループ内の誰かと仲良くなったとしても、中心となる人物に気に入られないとグループに入ることは出来ません。基本的にグループになっている人達は、急に他人が入ってくることを嫌がる傾向があります。その中に入りたい場合は、中心人物に認めてもらうことが一番です。

どのようにグループのリーダー的存在の人と仲良くなればいいのでしょうか。その方法を紹介します。まずリーダーがその人なのか把握することです。入りたいと思っているグループをよく観察します。そしてグループのリーダー的存在は「一番発言の多い人」です。発言の多い人は決定権も持っているのです。しかし例外もあるので注意してリーダー的存在を見極めましょう。

大学のグループに入れないならこのサークルがおすすめ

大学でグループに入れないない場合はサークル活動をする方法もあります。

少人数で活動しているサークルやボランティア活動などでは新しいメンバーをいつも募集していることが多いです。メンバーが1人でもかけてしまうと活動が出来なくなってしまう場合もあるのです。人数が少ないと活動が出来なくなってしまうので、他のサークルに移る人や辞めてしまう人がいます。もしあなたが入りたいと申し込むと、喜んで受け入れてくれます。少人数で活動しているサークル活動を探してみましょう。

地味なサークルは人数が少ない傾向があります。大学にどんなサークルがあるのか確認してみましょう。興味のあるサークルがあれば、体験入部などをしてみることをオススメします。

又文化祭や研究など1つの目標に向かって活動することもあります。文化祭は開催される数ヶ月前から定期的にあるまり、準備期間が長い学校イベントです。メンバーで何度も会うので講義や授業などに比べると仲良くなれるチャンスが多いです。文化祭の準備は1人で作業することは少なく、数人のグループに分かれ決められた役割をこなします。だから仲良くなれるチャンスが多くなります。

大学のグループに入れないなら話すきっかけを作ろう!

大学生になってグループに入れない時は、話すきっかけを作る努力をするようにしましょう。

相手との共通点が多いほど、好印象を持たれ話が弾みます。初対面の人とはどれだけ共通点を見つけることが出来るかで話の弾み方が違ってきます。

よくあるのは地元が同じってことです。地元が一緒の場合「高校はどこ?」という話から「〇〇って言う人知っている?」というようにお互いの知り合いを通して話をしようとするのです。「〇〇のご飯やさん美味しいよね」など更に共通点が見つかりどんどん話が弾み仲良くなることが多いのです。そしてその相手の友達とも仲良くなり友達の輪がどんどん大きくなるのです。

大学で話をするなら学校の話題にしましょう。そして趣味や好きなこと、相手に話題を振り色々な話をすることで徐々に仲良くなれるはずです。

大学のグループに入れないなら大学外で出会いを探そう

大学でグループに入れない、馴染めない場合は、大学の外で出会いを求めてもいいと思います。大学で出会う人がすべてではない。大学以外で人間関係を深めればいいと思います。例えばバイト先の人だったり、友達は、好きなアーティストのライブに参加したりオフ会に参加して友達を作っていました。

オフ会に参加する人は社会人の人も多く、新しい人との出会い、年代の違う人との関わりが楽しいと話していました。なので大学の友達しかいない人はとてももったいないと思います。私はどちらかというと大学にも友達がいますが、バイト先の先輩などと一緒にいることが多いです。色々なことを教えてくれるので勉強になります。

年上の人達と一緒にいることで視野も広がったと実感しています。新しい経験をするため、新しい人間関係を育むためにも大学に友達がいなかったり、つまらないと感じている人は、大学の外に友達を作るように努力してみませんか?あなたが行動をすることで視野も広がり友達もたくさんできるようになります。

大学のグループに入れないことは悪いことではない

大学のグループに入れないことは悪いことではありません。高校まで比較的受身な姿勢で友人関係を築いていた人は大学生になると、大学の友達がうわべだけの付き合いになることがあります。大学生の友人関係は、高校の時の友人関係とは違ってくることがあります。自分から物事を取り組んでいくことが多くなる大学生。大学生活では何をするにしても、自分で決めて自分で行動をしなければならなくなるのです。

万が一今の友人関係や環境が自分にとって思わしくない、満足出来ない場合は、一度整理してみる勇気を持ちましょう。勇気を出して整理することで友人関係が楽になることもあります。今の状況をどのようにするといい方向に向くのか、新しいことに挑戦することもいいです。他人中心に物事を考えず、自分が本当にやりたいことをやること、自分の身の周りの環境が充実して人との関わり方も変化していきます。