注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

体重が減ったのに見た目が変わらない!筋肉とダイエットの関係

頑張ってダイエットをして体重は減ったのに見た目がほとんど変わらないという人もいるでしょう。体重計に乗ると明らかに痩せているはずなのに、誰も痩せたことに気づいてくれないと、なんだか悲しくなってしまいますよね。

体重が減ったのに見た目が変わらないのは一体どうしてなのでしょうか。原因は何?

そこで今回は、体重が減っても見た目が変わらない理由と見た目が痩せる方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

絵のコツ【顔の描き方】上達するポイントやバランスの取り方

絵のコツについて、顔が上手に描けないという人はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?人の顔を...

疑問と質問の違いとは?上手に質問する方法を紹介

疑問と質問にはどのような違いがあるのでしょうか?「質問はありますか?」と聞かれたときには、質問したほ...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

唇周辺の筋肉の鍛え方!口輪筋を鍛えて印象の良い表情を作ろう

唇の周辺の筋肉には「口輪筋」というものがあります。この筋肉を鍛えることで、女性には嬉しい効果を与える...

初心者で運転が下手な人ができる対処法!運転前の準備が肝心です

初心者で運転が下手、なかなか運転が上達しないという人もいますよね。運転が苦手な人は、あまり自分で車の...

涙袋の作り方!簡単メイクや筋トレでできるポイント、効果とは

涙袋の作り方は簡単なマッサージやトレーニングによっても作れるそうです。まずは、手軽にアイシャ...

絵画を購入するときのポイント 初心者の買い方レッスン

絵画の購入を考えているけれど、初心者はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?そのときの気...

潜在意識で恋愛を引き寄せる方法!前兆を見極めて素敵な恋愛を

潜在意識をコントロールすれば素敵な恋愛を引き寄せることができるという話を聞いたことはありませんか?有...

スカートを履く女性の心理、初デートなら脈ありかもしれない

女性によっては、普段スカートを全く履かないという方もいます。それが普段はパンツスタイルなのに、初...

鼻を小さく見せるメイク方法!すっきりとした鼻筋で美人顔

あなたは自分の顔の、どの部分を直したいと思いますか?自分の鼻にコンプレックスを持っている人も少な...

一人暮らしの貯金額を大調査!毎月の貯金の平均額と節約ワザ

一人暮らしをしていると、家賃に食費、通信費、洋服も欲しいですし、もちろん遊びに使うお金も必要です。...

体育でダンスが必修になったのはなぜ?現場で起こる問題点

中学校の体育でダンスが必修科目になったのが、平成20年。それから改定されたりしながら、今中学生は...

彼女が化粧テクでビフォーアフターの差が激しい時の彼氏の反応

「詐欺メイク」という言葉が流行るくらい、女性は化粧1つでビフォーアフターが全然違う時もあります。女性...

緑の下地の使い方とは?上手く使いこなせばカバー力がアップ

緑の下地の使い方を間違えてしまうと、カバーするどころか顔色が悪く見えてしまう原因に!?緑の下...

結婚式が中止になるのはどんなとき?天候で中止となることは

強風や大雨、大雪など台風のような天候が荒れているときに結婚式の中止となることはあるのでしょうか? ...

スポンサーリンク

体重が減ったのに見た目が変わらはいのはどうして?

体重が減ったのに見た目が変わらないのは、脂肪ではなく筋肉が減っている可能性があります。

筋肉はとても重く、そこそこ筋肉のある人は運動不足が何ヶ月も続くと筋肉が落ち体重が減ります。
脂肪は減っていないため、見た目として変化はあまり見られません。

またもう一つの理由として、何も食べていない状態でご飯を食べたり飲み物を飲むと何も入ってない胃に飲食物が入ったため体重が増えます。
これはダイエットのうちに含むと、おかしくなりますね。
何も食べなければ減るし、ご飯を食べれば増えますので、この差はだいたい1~2キロの差がでますよ。

このように、体重の減りを見た目に表したいのであれば、適度な運動、食事バランス、1~2週間ではなく何ヶ月もダイエットを続けて見た目を保つ必要があります。

体重が減ったのに見た目が変わらないのはタイムラグがあるから

年代によっても様々ですがダイエットをするとある程度の人はまずは2~3キロはすぐに体重が落ちます。
しかし、ダイエットを続けて行くと体重の減りが緩やかになったり、体重の変化がなかったりすることがでてきます。
これがいわゆるダイエットの停滞期で1~2週間続くことがあります。
多くの人はここで我慢がきれてしまいダイエットを辞めてしまいます。
ですがここを乗り越えると体重はまたスルスルと落ちやすくなり、また停滞期を迎えなどの繰り返しになります。

これらはある程度な運動や、食事バランスなど適切なダイエット法をしている人前提の話であり、適切なダイエットができてない人は、不健康な痩せ方、リバウンドにつながる可能性は大きくなります。

ダイエットをしていて、この初期段階をまず乗り越えないと体重の減りが見た目としてハッキリ現れることは少ないのです。

ダイエットをして見た目に変化をつけたいのであれば、諦めずにダイエットを続けて行くほか方法はないでしょう。

体重が減ったのに見た目が変わらないのは筋肉が落ちたからかも!

前述でも述べたように体重が減ったのに見た目が変わらないのは筋肉が落ちた可能性がとても大きいです。

筋肉は過度な食事制限で食べなかったり、使わなかったらすぐに落ちてしまいます。
脂肪が落ちたわけではありませんので、筋肉が落ちると体についている肉がたるんでしまうだけですので見た目が変わることがありません。

若い人によくある傾向ですが、とりあえず痩せたい、見た目が細くなるだけで良いという考えの人はただ体重を減らせば満足するわけですから、食べない、運動しないだけで筋肉は落ちますので、体重を減らすことができます。

しかし、多くの女性は健康的に痩せたい、見た目も維持したい、リバウンドしたくないという考えがありますよね。
そうゆう場合はやはり筋肉ではなく脂肪を落とす必要があります。

胃の内容物をのぞき脂肪を1キロ落とすと必然的に体重も1キロ減ります。
その1キロという大きさはどのくらいか想像できますか。
わかりやすく言うと両手からはみ出るくらいの大きさにもなるんですよ。

考えて見てもわかるように1キロの脂肪はすぐに落ちるわけがありませんよね。
そのため、運動や、ダイエットを継続する必要があるのです。

筋肉が脂肪に変わることはない!見た目を変えたいなら筋肉をつけよう

ダイエットをしていると、「筋肉」「脂肪」などのワードには敏感ですが、筋肉と脂肪はまったく別の物であります。
筋肉が脂肪に変わることもありませんし、脂肪が筋肉に変わることもないのです。

よく、あいまいに表現されてしまいがちですが、「脂肪を筋肉に変えよう」ではなく「脂肪を落とし筋肉をつけよう」と言う方が適切です。

筋肉は体が必要ないと感じたらすぐに落ちますし、それと共に新陳代謝が落ち消費できるカロリーにも限りがでてきます。
そこで今までと同じように気にしないで運動もせず食べると脂肪が増えてしまうという仕組みです。

見た目を変えたいならば筋肉をつけるようにしましょう。
体重が減り、引きしまった見た目を持つことで自信にもつながるし、自信を得ることで心も明るくなります。

着たい洋服が着こなせたり、女性としても楽しさが増えますよ。

美しい見た目を手に入れるダイエットをしよう

体重、見た目、両方に結果を表したいのであれば、適切なダイエット法を取り入れダイエットを続ける他、方法はありません。
ここで楽して痩せる方法を考えてしまいがちなのですが、努力してダイエットに成功したからこそ意味があるのではないでしょうか。

若いうちは「痩せてなんぼ」という考えが通用するかもしれませんが、年を重ねれば若いときみたく上手くいかないことの方が多いです。
年齢と共に代謝が落ち、脂肪がつきやすい体になり、そしてただ体重を落とすだけでは病的な痩せ方、やつれているように見られがちです。

このようなことを防ぐためにも若いうちから体つくりをしていくことが大切です。
痩せたいと思っているならば、未来を見据えて今のうちから適切なダイエット法を身につけましょう。