注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

尊敬と恋愛の違いについて。この気持をはっきりさせるには

尊敬と恋愛の違いについて考えてみました。

「尊敬=恋愛感情」ではありません。

相手に対して尊敬する気持がもしかしたら『好き』ってこと?
なんて思ってしまいますが、大抵の場合、尊敬は尊敬のままです。
特に、男性は尊敬から恋愛感情に発展することはあまりないようです。

尊敬の念と、恋愛感情。

その似ては異なる2つの感情について、考えてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

幼稚園のクラス替えに不満!クラスの決め方とそれを乗り切る方法

幼稚園のクラス替えの後、自分の子供のクラスに不満が出てしまうこともありますよね。仲良しのお友達とクラ...

生後5ヶ月のお昼寝の寝かしつけで困った時の対処法

赤ちゃんは生後5ヶ月頃にもなると決まった時間帯にお昼寝をするようになりますが、お昼寝の悩みで多いのが...

フットサルの基本的な動き方とは?初心者が覚えておくべきコツ

コートもゴールも狭いフットサル。そのためサッカーとは違う動き方を覚えておくことも大切になりますよね。...

家事ができない嫁。変わってほしいなら、あなたが変わって

家事ができない嫁は、専業主婦ですか?それとも兼業主婦ですか?共働きなら、正直家事まで手が回ら...

生後1ヶ月の外出・車で外出はOK?リスクや注意点を理解しよう

生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて、車で外出することはOKなのでしょうか。赤ちゃんは生後1ヶ月を過ぎると外...

指しゃぶりをする赤ちゃん!指しゃぶりが激しいときの対処法

赤ちゃんがいつも指しゃぶりをしている、指しゃぶりが激しいことを心配しているママもいますよね。赤ちゃん...

出張の多い旦那さんのお宅の生活とはストレスをためない暮らし方

出張が多い旦那さんだと、暮らしやすい?子どもがいない夫婦や子育てが落ち着いた夫婦は旦那さんが出張だと...

浴室の換気扇から音がする。考えられる原因と対処法について

浴室の換気扇から音がする。一番に考えられる原因は『ホコリ』でしょう。この場合、換気扇の掃...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

鳥のおもちゃを手作りするときのポイントと簡単な作り方とは

鳥のおもちゃは手作りすることで、鳥の好みに合わせてたった一つのおもちゃを与えることができます。...

絵が上手い人に共通する特徴!絵が苦手な人の上達のヒント

絵やイラストが上手な人には共通する特徴があります。絵が上手いのは持って生まれた才能とも言われます...

レストランのキャンセル料さえ無視する客への対策と予防法

レストランなど飲食店の予約キャンセルが問題となっています。何十人という予約をしておきながら、当日...

ミートソースはレトルトでもおいしくする方法で絶品になるコツ

安いレトルトのミートソースを使って、パスタをおいしくする方法があるのをご存知でしょうか?では...

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。...

スポンサーリンク

尊敬?それとも恋愛感情?尊敬と愛情の違いって〇〇できるかどうかが鍵になる

信頼され、尊敬に値する人は、先輩・後輩、男女関わらず好意を抱くのは当たり前です。

尊敬や憧れの対象となる人の存在は、目標として自分を磨くきっかけになることもある大切な存在。そして、人の良い部分を素直に認め、受け入れるあなたの気持ちもとても素晴らしいものです。

ここで、その人に惹かれる理由が「尊敬」からなのか「恋愛感情」なのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

尊敬の対象である人に恋愛感情を抱くことは珍しいことではありません。逆に尊敬できない人に好意を感じることは少ないと思います。

たとえば、彼氏の好きな部分・異性の好みのタイプをを挙げてみてましょう。思い浮かんだことは伴侶に求めることであると同時に、自分に足りないと感じている部分です。

心理学的に人は「自分に無いものを持つ人が魅力的に見える」つまり「尊敬する」ものです。

多くの場合「尊敬できる人」は「好きな人」とも言えるわけです。

その感情が「尊敬」なのか「恋愛感情」なのか自分でもわからないとき、たとえばこんな想像をしてみましょう。

その人と結婚して家庭を築き、子供を生み育てている未来が想像できますか?想像してみて、どう感じたでしょうか?

この想像が素直にできる・可能性として思い描ける場合、恋愛感情の可能性はとても高いと言えるのではないでしょうか。

尊敬と恋愛の違いは感情を優先させるか否かでしょう!

尊敬する相手が異性として非常に魅力的な人の場合、感じている好意がただの「尊敬」か「恋」か、自分でもわからなくなってモヤモヤすることがあります。

自分の気持ちを確認するために、こんなことを想像するのはどうでしょう。

もし、その人の「尊敬している部分」が無くなってしまったら?

そして、その人の好きな部分、たとえば容姿が全く違っていたら?

どちらも、その人に対して「なぜ好意を持ったのか」を確認する自問自答です。その人に惹かれた理由が何かを突き詰めると、尊敬か恋かの区別はつくと思います。

さらに、尊敬の気持ちと恋愛感情としての好きの大きな違いは「独占欲」にもあると考えられます。

尊敬を感じる人にパートナーがいると考えたときに感情に動きがなければ純粋な「尊敬」と考えられるでしょう。

もし、そこで嫉妬心や独占したいという欲求を感じたら、尊敬を超えた恋愛感情が芽生えていると考えられます。

尊敬と恋愛の違いは相手を受け入れることができるかどうか

尊敬と恋愛感情の違いを別の角度から見てみましょう。

【短所と長所】

人には誰でも短所と長所の両面があります。人を尊敬するということは、その人の「長所」に注目してみている可能性が高く、短所を見つけてしまうと尊敬の念が失われてしまうこともあります。

逆に短所さえ愛おしく感じるのが恋であり恋愛感情。短所を受け入れられるかどうかが尊敬と恋愛感情の大きな違いです。

【「幸せにしたい」と「幸せになって欲しい」】

その人に恋人が出来た。結婚する。そんな場面を思い描いたときに、素直に「幸せになって欲しい」と感じたのなら、その気持ちは「尊敬」だったのではないでしょうか。

恋愛感情がある場合には「あの人は自分が幸せにしたかった」また「自分を幸せにして欲しかった」という感情が湧き出し、祝う気持ちよりも切なさを感じるでしょう。

どうして尊敬してしまうの?相手というより自分の問題?

誰かに尊敬の気持ちを抱く理由はいくつか考えられます。

【自分に無いものを持っている】

自分に無いものを持っている人は魅力的に見えてしまうものです。女性なら容姿やスタイル、男性なら優れた運動神経や、やんちゃにも見える度胸のある人など、自分が欲して得られないものを持っている人を好ましく思ったり、羨ましいと感じます。

【気を許している存在】

羨ましいという気持ちを抱くだけでは、その対象にネガティブな印象を持ってしまうこともあります。

自分に無いものがある、自分にできないことができる人には「尊敬」の気持ちを持つ一方、ベクトルが変わると「嫉妬心」や「劣等感」に変わることもあります。

相手に気を許し認めている場合には、こうしたマイナスな気持ちにならず「尊敬」というプラスの感情を抱きます。

【自分の願望】

誰かに憧れるのは、自分もそうなりたいという願望が根底にあるからです。自信を持って生き生きしている人を見ていると、自分もそうなりたいという気持ちが「尊敬」になっていきます。

男と女では好きになる理由が違う

男性が女性を好きになる理由とは

男性は視覚情報を重視する傾向があるため、女性の顔やスタイルなどの容姿が好き・嫌いの判断を左右します。いわゆる「一目惚れ」が多いのも男性の方です。

ただ、その判断基準はかなり緩め。絶対にこうでなければ、という確固たるイメージはあまりありません。容姿が好みにストライクではなくても、ボディタッチやアイコンタクトなどの女性からのアピールで好きになってしまうことは少なくないのです。

恋愛に対して「量より質」を求める男性は、好きな女性と毎日一緒にいるよりも一度だけ「好き」と言われることで恋愛感情が盛り上がるもの。

繰り返してアプローチされるより、立った一回の「好き」というメッセージの方が心に響くのです。

女性が男性を好きになる理由とは

女性は長く付き合うほど恋愛感情が高まることが多く、男性のように一目惚れする割合は少ない傾向があります。

男性は最初に「好きです。付き合ってください」と告白したら、もう気持ちは伝えたんだと思ってしまいがち。でも、女性はその後もずっと「好き」といい続けていて欲しいのです。

女性は「質より量」で、こまめに連絡をもらったり何度も好きと言ってくれる男性が好きなのです。