注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

前髪を切りすぎた!ぱっつん前髪を簡単にオシャレに見せるテク

前髪くらいなら、自分で切ってしまう女子は多いですね。

ですがなぜか「切りすぎた!」という悲しい事態になることも多いですよね。

切りすぎたぱっつん前髪はどうしよう!

そんな時にオススメなアレンジ方法を紹介します。

ピンを使って止めるという簡単なアレンジや、編み込みがかわいいアレンジ方法があります。
またこんなグッズを使うことでオシャレ感がアップしますよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカー選手の結婚が早いのはなぜなのか?について調査!

サッカー選手の結婚って早いイメージがありませんか? 実際、日本人の平均初婚年齢よりも大幅に早いこと...

彼女の弁当は自慢するかしないかの男性の本音!自慢の彼女とは

彼女の手作り弁当を男性はどう思っているのでしょうか? やっぱり嬉しい?手作りお弁当は周りに自慢した...

化粧のやり方で50代に大切なのはハリとツヤ感!大人美人メイク

50代になると肌の乾燥が気になったり、メイクのノリが良くないと感じたり、いろいろと肌トラブルが増えて...

高卒採用の流れについて担当者が知っておくべき注意点とポイント

高卒採用の流れについて、企業の採用担当者はしっかりと理解しておく必要があります。最近では、大卒採用の...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

横顔が綺麗な男性はEラインがある!横顔イケメンの男性の特徴

横顔が綺麗な男性に思わず見とれてしまった経験がある女性もいますよね。横顔が美しい男性は、女性から見て...

髪の毛のお団子ヘアは短い髪でもできるコツで可愛くアレンジ

お団子ヘアの髪の毛ってとても可愛いくてオシャレですが、短い髪の毛でもできるのでしょうか? では...

眉毛の生え方が変!理想の眉毛になるための対処法とは

眉毛の生え方が変でなりたい眉毛にならないとお悩みの人もいますよね。 では、眉毛の生え方が気にな...

眉をペンシルで書く時の基本の書き方やポイントを解説

普段眉をペンシルを使って書いている方も多いと思いますが、その書き方で本当に大丈夫ですか? 眉の...

腹筋の簡単な鍛え方とは?自宅でやってくびれ女子を目指そう

腹筋を鍛えてくびれを作りたいと思っても、女性の中には腹筋運動が苦手という人も多いと言います。 ...

背筋トレーニングのやり方! 1人でもできる効果的な方法

背筋を鍛える方法としては、うつ伏せになった自分の足を誰かに押さえてもらってトレーニングするという方法...

体を洗わないと臭いするよね?水で流すだけじゃダメな理由とは

体を洗わない入浴法が話題になっていますが、石けんやボディーソープで身体を洗わないとどうなるのでしょう...

体育でダンスが必修になったのはなぜ?現場で起こる問題点

中学校の体育でダンスが必修科目になったのが、平成20年。 それから改定されたりしながら、今中学生は...

スカートを履くときに膝上が気になる人へ足太いのを隠す方法

膝上の足太いのが気になる・・スカートを履きたいけれどどんな丈や素材にしたらいいのかわからない! ...

目を大きく見せるために男でもできるマッサージや方法とは

目を大きく見せることでイケメン男子になりたいという人はいるのではないでしょうか。 目が小さいことが...

スポンサーリンク

前髪ぱっつん過ぎ!切りすぎた場合はこうしよう!前髪アレンジの定番

「前髪を切りすぎてぱっつんになってしまった」という失敗は、女性なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

伸びるまでじっと待つという方法もありますが、その間は我慢の日々ですよね。

前髪ぱっつんを伸びるまで可愛くアレンジする方法

伸びた後も生かせる可愛いアレンジ方法が、いろいろありますよ。

ねじり前髪
ねじり前髪は、可愛いのにとても簡単にアレンジ出来る方法です。
まず、真ん中あたりで前髪を分けます。
あとは、分けたそれぞれの髪をねじって、ピンで留めるだけです。
黒ピンを使って周りの髪で隠すようにしてもいいし、可愛いピンやクロスピンをあえて見せてもいいですね。
ピンを変えるだけでも、雰囲気を変えることが出来ます。

編み込み前髪
編み込み前髪は、可愛くワンランク上級のおしゃれを作り出してくれます。
まず、少し多いかなと思うくらいの量のトップの髪を、前に下ろしてきます。
下ろした髪の一部と、サイドの髪を細く三つ編みにしていきます。
三つ編みが出来たら、細く目立たない色のゴムで結びます。
結んだ髪を目立たないピンで固定します。
髪の最後の部分が、見えないように固定することを忘れないで下さいね。

切りすぎた前髪!ぱっつん前髪を巻いて流す方法でイメチェン

切りすぎたぱっつん前髪を、巻いてカバーする方法

実は前髪をコテやストレートアイロンで、ふんわり流すことは難しいことではないのです。

  1. まず、流したい方向とは反対の方向に向かって、ドライヤーを当てます。
    反対方向にピンを留めておいてもいいですよ。一度反対に流すことで、流したい方向へ綺麗に流れてくれるようになります。
  2. 次に、アイロンでカールを付けます。内側の髪と外側の髪と、二段階でカールしましょう。
    力を入れてしまうと、カールがきつくなって、余計に前髪の短さが目立つので、軽くカールさせるようにします。
  3. 最後に、スタイリング剤で整えたら完成です。

顔周りなので、火傷に注意すれば簡単にカールを付けることが出来ますよ。

切りすぎたぱっつん前髪をホットカーラーで巻く方法

  1. 切りすぎた短い前髪の部分を、流したい方向へ巻きます。
  2. スプレーで前髪を、軽く固めます。
  3. 固めた前髪の上に、後ろの髪の一部を重ねるようにして、長い前髪のように見せます。

これで長く自然に流れる前髪を作ることが出来ます。

切りすぎたぱっつん前髪は、ワックスでアレンジやアシメにしてみる

切りすぎた前髪を、アシメ(アシンメトリー)にアレンジすると、実は小顔に見せてくれたり若く可愛らしく見せてくれる効果があるんですよ。

ぱっつん前髪をカバーしてくれるだけでなく、こんな効果まであるとは試してみる価値ありますね。

前髪にワックスを使うと、程よい束感を作ってくれます。
この束感がぱっつん前髪の印象を和らげてくれて、うまく誤魔化すことが出来るのです。

真っ直ぐ下に下りている前髪だと、まだ少しぱっつん前髪の名残があるので、束感をキープしたまま軽く横に流すようにすると、適度におでこが見えて明るく活発な印象を作ってくれます。

さらに上級者は、あえて切りすぎた前髪を生かして、いっそアシメにカットしてしまうという人もいますよ。

芸能人でも前髪をぱっつんアシメにしている人もいますが、自然な中にも可愛さを感じますね。

前髪の短さには、意外とあまり目が行かないものです。

切りすぎた前髪は小物を使ってオシャレに見せるテク

切りすぎた前髪をあえて生かし、小物を使ってオシャレ感を出してみてはどうでしょう。

長い前髪では出せない雰囲気を、ぱっつん前髪だからこそ演出を

  • ターバン
    ターバンを頭に巻くだけで、雰囲気もガラッと変わり、一気にオシャレ上級者の出来上がりです。
    ターバンを前髪の生え際に付けると、ターバンで髪が押さえられて短さをカバーすることも出来ます。
    カバーしなくてもターバンに目が行くので、前髪を失敗したなんてことに気付く人はほとんどいないでしょう。
  • 流し前髪
    ピンがあれば、簡単に作ることが出来ます。
    サイドの髪と合わせながら、斜めに流しピンで留めるだけです。
    長く流した前髪に見えますよ。
    ただ流すだけでは物足りない人は、トップの髪を三つ編みにして、流した髪と合わせてみても可愛いですよ。
  • ポンパドール
    サイドの髪は、適度の残しておいた方が小顔に見えるので、まとめすぎないようにしましょう。
    前髪をまとめてねじり、上に上げたらピンで固定します。
    やり方はたったこれだけ!
    軽く髪を引き出して、形を整えたら完成です。

前髪をセルフカットしてみよう!失敗しない切り方

いろいろなアレンジを紹介しましたが、そもそも前髪を失敗したくないという人は、失敗しないセルフカットの方法を覚えておきましょう。

  • 用意するもの
    よく切れるハサミ(切れないハサミは髪のダメージの原因にもなります)
  • ヘアクリップなど、髪を留めておけるもの
  • コーム
  • 必要に応じてすきバサミ

前髪を失敗しないためのセルフカットの方法

  1. 切りたい部分の前髪を二つに分けます。
    理想の長さより、少し長めの場所でまず切ります。
  2. 一回目に切った髪に合わせ、残りの髪も切ります。
    両サイドは、サイドと前髪が繋がるように自然な形に切っていきます。
  3. コームでとかし、全体のバランスを確認しながら切っていくことが失敗を防ぐコツになります。必ず乾いた状態で切りましょう。
    濡れた状態だと、乾いたときに髪が短くなり、どうしても切りすぎる原因になります。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686