注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

前髪を作りたいけど分かれる人必見!ブローのやり方を見直そう

ちゃんとした前髪を作りたい、ななめ前髪を作りたい…そう思っても分かれるからうまくできない、そんな悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか?

分かれた前髪はどうすれば直せる?カット次第で変えることもできるの?寝グセが原因の場合の直し方は?

前髪を作りたいけど分かれる人のためのブローの方法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪の毛の巻き方はコテの使い方次第でキレイなカールを作るコツ

髪の毛の巻き方はコテの持ち方や髪の毛のブロッキングなどコテの使い方次第で上手にできます。 特に...

潜在意識で恋愛を引き寄せる方法!前兆を見極めて素敵な恋愛を

潜在意識をコントロールすれば素敵な恋愛を引き寄せることができるという話を聞いたことはありませんか?有...

カラオケの高音の出し方のコツや練習方法と必要なパワーとは

カラオケで高音を出すためには、高音の出し方のコツを掴むことが大切です。 では、カラオケで高音の...

眉毛の生え方が変!理想の眉毛になるための対処法とは

眉毛の生え方が変でなりたい眉毛にならないとお悩みの人もいますよね。 では、眉毛の生え方が気にな...

彼女が化粧テクでビフォーアフターの差が激しい時の彼氏の反応

「詐欺メイク」という言葉が流行るくらい、女性は化粧1つでビフォーアフターが全然違う時もあります。女性...

眉毛を剃る男性の理由と正しい整え方のコツでなりたい自分に

眉毛を剃る男性が最近では増えていますが、どうして男性は眉毛を剃るのでしょうか? では、男性の正...

鏡とカメラの自分の顔が違うのはどうして?本当の自分の顔とは

「鏡に写った自分の顔と、カメラで写した自分の顔が違う」と違和感を感じている人もいますよね。鏡の中の自...

ドイツ人彼氏は連絡頻度こそ少ないが仕事熱心で一途と判明

ドイツ人彼氏と付き合った人が不満に感じるのが「連絡頻度」だそうです。 連絡も少なく、「今日は会いた...

ピアスを開けたてのときのお風呂での注意点や正しいケア方法

ピアスを開けたてのときはお風呂は普通に入ってもいいのか不安になりますよね。 ピアスを開けたての...

金魚の水槽のフィルター交換方法とは?頻度ややり方を紹介

金魚の水槽のフィルター交換はどのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか?フィルターが汚れてきたときが交...

趣味を貯金にする女性が楽しみながら節約を習慣にするコツとは

趣味を貯金にする女性はどんなことをして節約しているのでしょうか? どうせなら生活を楽しみながら節約...

ハムスターが擬似冬眠してしまったら温めとマッサージが必要

ハムスターの擬似冬眠を知っていますか?ハムスターを飼育には温度が重要。寒すぎると疑似冬眠をしてしまう...

電車でスーツケースが転がる時の対処法・迷惑にならない乗車方法

電車でスーツケースが転がると周囲の乗客の方たちに迷惑をかけてしまいますよね。周りに迷惑をかけないよう...

ウサギの平均寿命と老衰で現れる体の変化。高齢ウサギの飼い方

ウサギが高齢になってくると、若い頃と違って、体にもいろいろな変化があります。年令とともに老衰の症状も...

車の内装が劣化する原因と劣化を防止する方法について

車の内装は長く乗れば当然劣化しますが、出来ればなるべく劣化せずに、いつまでも綺麗に乗っていたいもので...

スポンサーリンク

前髪を作りたいけど分かれる人はブローのやり方を見直そう!

あなたは前髪を上手に作ることが出来ていますか。作りたいと思っても、なんだか分け目の根元にクセがついて、上手く理想の前髪にすることが出来ていない人もいるかも知れません。

実際、前髪が分かれてしまうという人は、お風呂上がりにどのように髪を乾かしていますか。

前髪が分かれてしまう人の多くは、髪を自然乾燥させたり、お風呂上がりに時間をおいてからドライヤーを当てているのでは無いでしょうか。
心当たりのある人もいると思います。生え際の頭皮が乾くまでそのままおいておくことで、生え際にクセがついてしまいます。

生え際のクセをなくすためには、お風呂から出たら1分以内にドライヤーで髪を乾かしましょう。濡れている間に、ブローすることが重要なのです。

前髪の乾かし方

乾かすときは、片側から生えている方向に逆らうように、髪を引っ張りながらドライヤーを当てます。後頭部のつむじの上から下に向かうような感じです。

次に、逆方向からからドライヤーをあてて、流れを真下に持ってくるイメージ乾かしましょう。分け目がつかないように気をつけてください。

大抵の人は、右側に生えクセがつきやすくなります。これはつむじの向きに関係しています。逆向きの人も勿論います。どちらの方向のクセの人も、クセのある方とは反対側に引っ張りながら乾かしましょう。真ん中から割れているようなクセのある人は、両側から、同じぐらいの時間を目安に交互にドライヤーを当てると良いでしょう。

前髪を作りたいのに分かれる人の原因は【伸びすぎ】だった?

前髪を作りたいのに、どんな方法を試してみても分かれてしまうとお悩みの人もいるかも知れません。

そんなときは、前髪を2センチ程度カットしてみましょう。ほんの少しカットするだけで、前髪が分かれるのが治まる場合があります。

どんな方法を試してみても前髪が分かれてしまうとお悩みのだった人は、もしかしたら前髪が伸びすぎていた可能性があります。前髪が分かれるのを防ごうとあらゆる手段を駆使した人もいるかもしれませんが、伸びた前髪は殆どの場合、分かれてしまうのです。

分かれ方は人それぞれでしょう。ですから、髪の毛の流れを導くような形で美容室でカットして貰えば、そのクセを消すことが出来ます。

どうしても、前髪が分かれてしまうというそこのあなた。まずはカットしてみましょう。

前髪をちゃんと作りたいのに、寝クセなどで分かれる場合の対処法は?

前髪は根本から直す

前髪をしっかりと作りたいのに分かれるという人の中には、寝癖が原因となっている人もいるでしょう。

頑固な前髪の寝癖に苦戦している人もいるのでは無いかと察します。そんな頑固な分かれるクセも、実は簡単に直すことが出来るのです。

霧吹きで、前髪の分かれている部分の根元を濡らしましょう。根元を指で擦りながら、ドライヤーで乾かしていきます。ブラシやコームを使って、分け目と違う方向にとかしながら乾かしましょう。次に、逆の方向に流しながら乾かしてください。これを繰り返し行います。クセが消えたと感じたら、真っ直ぐにとかして終了です。

どうしても分けれた前髪が直らない、時間が無いという場合は、ヘアピンで可愛く留めてごまかしてしまいましょう。

朝起きて分かれた前髪はスタイリングでなんとかなる?

朝はバタバタしていて、ゆっくりと前髪の分かれを直す時間が足りないと悩んでいる人もいるでしょう。

朝起きたときの前髪の割れ目。そんな前髪が分かれることに悩んでいるようなら、夜にしっかりと乾かすことが必要です。それだけで、朝のスタイリングもぐんと楽になるでしょう。

ぱっかり分かれた前髪で出かけるよりも、理想のふんわり前髪で一日を過ごしたいものです。ですから、お風呂上がりにはすぐに、髪を乾かすようにしましょう。それだけでクセが付きづらくなります。万が一、朝に髪が分かれていても、それほどクセがついていないはずです。すぐに直すことが出来るでしょう。

朝に、前髪の分かれた部分を直したいのであれば、まずは前髪をしっかりと濡らしましょう。分かれた部分の根元を指の腹でこするようにして、水をなじませてください。夜に髪を乾かしたときと同じように、上からドライヤーを当てて、前髪を左右にブローしましょう。

それでも頑固な寝癖がなかなか取れないという人は、前髪を分けてくるくると巻き、ピンで抑えて固定します。5分程置きましょう。その後にドライヤーでブローすれば、前髪の頑固な分かれは直すことができるはずです。

前髪は、スタイリングでなんとかできます。素敵な前髪を作りたいと思っているあなた。スタイリングをぜひ工夫してみてください。

前髪の生え癖はドライヤーで直すことができる?

前髪の生え際が分かれる事を悩んでいる人もいでしょう。理想の前髪を作りたいと願っている人は実際のところ多いと思います。

しかし、色々な事をどんな事を試してみても、結局分かれてしまうという人もいるでしょう。実は、前髪の生え癖は生まれつきであることが多いようです。体質や毛根、つむじに原因があるため、体質改善やパーマ、縮毛矯正では直すことが困難と言われてます。

しかし、ある程度はドライヤーを使ってセルフケアすることで、理想の前髪に近づけることは可能です。

癖のある生え際の根元をしっかりと水で濡らし、生えている方向に逆らうように引っ張り、ドライヤーを当てて乾かしましょう。癖が戻ってしまわないように、スプレーを生え際にかけて、ドライヤーの熱で固めましょう。

生え際の癖に悩んでいる人は、是非試して見てください。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686