注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

前髪を巻くのにとれる方へ!前髪を1日キープする方法

せっかく時間を掛けて前髪をセットしたのに、気が付くとぺったりとしていたり、逆にボワボワに膨らんでいたり…。
朝の努力は何だったんだろうと悲しい気持ちになりますよね。

朝のふんわりとした前髪をキープするにはどうしたら良いのでしょうか。
前髪のセットの仕方や注意点、巻くのにとれる原因など、前髪をキープするための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

地震の液状化現象を再現する実験。自由研究のまとめ方

夏休みや冬休みの自由研究に地震を題材にした自由研究をしたいという方はいませんか?日本は地震大国とも言...

妻の過去にどうしても嫉妬してしまうあなたへアドバイス

妻の過去に嫉妬してしまう夫。特に今まで妻が付き合ってきた男性、あるいは関わってきた男性に対して嫉妬し...

夜中の過食に後悔!翌日からできるダエイット中のリセット方法

ダイエットをしているのに、夜中に過食してしまうこともありますよね。後悔してもその時に時間を戻すことは...

深夜にラーメンは太るとわかっていても食べたくなる訳と対処法

深夜にラーメンが食べたくなるのはなぜでしょう?夜飲んだあとは絶対食べたくなる人や、自宅で深夜...

別れの手紙を彼氏へ渡す効果と手紙を書く時に注意したいこと

LINEやメールが主な連絡手段の中、別れる時こそ彼氏へ手紙を送るのはどうでしょうか。特に復縁...

潜在意識により顔を別人に変化させる方法とそのメソッド

潜在意識を変えることで、顔も別人のように変化させられるという話があります。もちろん、黒い瞳が...

うさぎが毛づくろいの時に鳴く理由とうさぎの鳴き声について

ペットとしても人気のうさぎですが、周りにうさぎを飼っている人はいますか?飼い始めた頃の場合は...

別れ話の保留ってどのくらいの期間?結局連絡ないまま自然消滅に

別れ話になって『今までありがとう!お幸せに!』なんて、さわやかに別れられることはありませんよね?...

長子と末っ子は離婚しやすいってホント?その理由とは

長子と末っ子は結婚しても離婚しやすい?長子と末っ子は、なんとなく相性が良さそうな感じがしますが実際に...

前髪を失敗したときの対処法やアレンジ方法と切り方のコツ

前髪って自分で気軽に切ると言う人も多いでしょうが、切りすぎて失敗してしまうこともありますよね。...

元カノの存在に今カノが勝手に修羅場ってる!彼氏がすべきことは

元カノの存在に今カノが嫉妬して勝手に修羅場ッてる!男性からすると、元カノに嫉妬されても…とい...

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

初対面の男性と車はNGな理由と初デートで気をつけたいこと

初対面の男性と車に乗るのはやめた方がいいという意見が多いですが、いざドライブに誘われると悩んでしまい...

前髪の切り方をシースルーにするコツや切らない作り方とは

前髪の切り方でシースルーな透けた前髪にするのが最近では女性に人気ですよね。このシースルー前髪...

彼女のスタイルが良くないと嫌ですか?男性の意見とは

女性の考える美の基準と、男性が求める女性の魅力にはズレがありますが、女性は「スタイルが良くない私が彼...

スポンサーリンク

しっかりと前髪を巻くのにすぐにとれる!取れやすい原因は?

ヘアスタイルってその日一日のバロメーターになりませんか?特に、前髪がキマっているかどうかでも気分が違ってきます。

せっかく朝時間をかけて髪を巻いたのに、気がつけばすでに崩れている。

そんな残念な巻き髪の原因とはどんなことが考えられるのでしょうか。

前髪が崩れる原因の一つ

例えば、梅雨の時期は湿度が高いです。

そんな湿度が高いと、髪が空気中の水分を吸収してしまいます。

それが原因で、せっかく巻いた髪もすぐに崩れてしまうのです。

それから、あなた自身の元々の髪質が原因になることもあるでしょう。

例えば、毛が柔らかくて細い髪質の場合は、巻いても長くそれをキープするのは難しい場合があります。

さらに、髪の巻き方が間違っているだけでもそのキープ力は違ってくるのです。

巻き方が緩かったり、コテの温度や巻いている時間によっても失敗の原因になるのです。

まずは、正しい巻き方のコツを掴みましょう。

前髪を巻くけどとれる…朝の寝ぐせをしっかりリセット

朝前髪を巻いてもすぐに取れてしまう。

もしかして、朝髪を巻くときに、髪がパサついたり広がったままの状態で巻いていませんか?

例えば、朝の寝癖がひどいのであれば、それを直してから髪をセットするようにしましょう。

前髪のキープに大切なこと

髪を軽く濡らして寝癖を落ち着かせてから、きちんとドライヤーで乾かしましょう。

このとき、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントなどによって保湿をしてからドライヤーをかけると髪を熱からのダメージから守ってくれますよ。

それから髪を巻く前に、髪が絡まっていないか丁寧にコームなどクシでとかして整えましょう。

この課程を順番に行いながら、そのままコテに巻きつけるのもオススメです。

そうすることで綺麗なカールが長時間キープすることができるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

前髪を朝巻くけどとれる場合にはスプレーワックスがおすすめ

髪を巻く前の準備

朝巻いた前髪をキープしたいからと、先にスタイリング剤をつけてからコテで巻いたりはしていませんか?

これは髪の毛が痛む原因になります。

朝巻いた前髪をキープしたいのであれば、前髪を巻いたあとにスプレーワックスをかけるのがオススメです。

このとき、あまり近づけすぎずに離してかけるようにしてください。

近すぎると集中的に付きすぎてしまいます。

スプレーワックスの良いところは、広範囲に吹きかけることができること。

ただし、離し過ぎては衣類や顔にも付いてしまいますので、適度な距離で使ってくださいね。

前髪を流すような毛流れを付けたいときは、根元からの髪の毛の方向にスタイリング剤が付いていないといけません。

なので、根元近くを意識して付けるようにしましょう。そうすれば、巻いた髪の毛をキープすることができますよ。

崩れにくい前髪を作る方法

すぐに崩れない前髪を作るコツ

前髪を取り分けましょう。

暗めの印象にならないように、髪の毛のとりすぎには気をつけましょう。

それ以外の髪の毛の混ざらないように、耳にかけておくといいですよ。

それから、コテで前髪を巻いていきます。このとき、毛先を中心に巻いてください。

そして、コテで巻いたらすぐに手でその巻いた部分を崩していきます。

このとき、前髪が温かいうちに崩すのがポイントです。熱が冷めてしまうと癖が付いてしまうんです。

だから、この冷めないうちに崩してスタイリングするのが大切なんですね。

前髪に巻き癖を付けたら、今度は分けていきましょう。片方の眉毛が見えるくらいが程よい分け目になります。

そして、仕上げにスタイリング剤を付けます。

前髪の根元や毛先を意識して付けると崩れにくくなるでしょう。

前髪がぺったんこになる人にはこんな方法も

前髪がすぐにぺったんこになるのがお悩みの人もいますよね。

ふんわりとした前髪に憧れているという人にオススメな方法があります。

それは、肌に使うルースパウダーなどを前髪になじませるというものです。

これは、皮脂によるベタつきが原因で前髪がぺたんこになってしまうという人にオススメな方法です。

普段は肌のベタつきを抑えるルースパウダーですが、実は前髪のベタつきにも使えるんですね。

やり方は簡単です。

前髪全体にパウダーをポンポンとのせてみましょう。

そして、手ぐしによってなじませてくださいね。

これで、ベタつきともおさらばでき、サラサラな前髪になりますよ。

また、前髪をいちいち巻くのがもう面倒という人は、前髪にパーマをかけるという方法もありますよ。

前髪をふんわりさせるパーマをかければ、毎朝のスタイリングが楽になりますよね。

ぜひ参考にしてみてください。