注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

前髪を巻くのにとれる方へ!前髪を1日キープする方法

せっかく時間を掛けて前髪をセットしたのに、気が付くとぺったりとしていたり、逆にボワボワに膨らんでいたり…。
朝の努力は何だったんだろうと悲しい気持ちになりますよね。

朝のふんわりとした前髪をキープするにはどうしたら良いのでしょうか。
前髪のセットの仕方や注意点、巻くのにとれる原因など、前髪をキープするための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

愛情表現が薄い彼女。好きじゃないの?なんて心配しなくてもOK

愛情表現が欲しい!彼女からの愛情表現が感じられないと寂しがる彼氏。シャイで恥ずかしがり屋...

女声の出し方とは?男性も女性っぽい声が出せるようになる方法

男性が女声を出すにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?出し方のコツやポイントとは?...

彼女の男友達。二人でカラオケに行くって言うけど、コレって…

彼女が男友達とカラオケに行く。しかも二人きりで!いくら「友達」だと主張されても、二人...

【傷メイクのやり方】簡単初心者向けから本格的な傷の作り方

ハロウィンの時期を中心に、最近は傷メイクというメイク法があります。簡単にペンで書くものもあれば、...

レオパは脱皮前後に食欲がなくなる?レオパの脱皮と注意点

脱皮前後のレオパは食欲がなくなるって知っていますか?レオパの食欲がいつもよりないと飼い主とし...

社交ダンスはパートナーとの関係が重要!パートナーの選び方

社交ダンスを楽しむ人にとっては、パートナーとの関係は重要です。お互いに信頼し合える仲ならばダ...

才能や努力よりも運で決まる!?人生の成功について

才能と努力と運。何かを成し遂げたいのなら、努力は必須!と、根性論を振りかざしてみても、違...

洗車の拭き上げを上手にキレイに仕上げるコツ教えちゃいます!

洗車した後に、水分を拭き上げて仕上げますよね。この時、なにがどう間違っているのかわからないけど、...

ドイツ人彼氏は連絡頻度こそ少ないが仕事熱心で一途と判明

ドイツ人彼氏と付き合った人が不満に感じるのが「連絡頻度」だそうです。連絡も少なく、「今日は会いた...

ブリーチした髪にトリートメントを美容院でする驚きの効果とは

髪をブリーチした場合にこんなトラブルが起こることがあります。髪がとても傷む、更にはチリチリになっ...

眉毛の生え方が変!理想の眉毛になるための対処法とは

眉毛の生え方が変でなりたい眉毛にならないとお悩みの人もいますよね。では、眉毛の生え方が気にな...

彼氏と夜ご飯を外食デートするときのマナーや気になる行動とは

彼氏と夜ご飯を外食デートするときは、お店や食べる物はもちろん、どんな会話をしようかなど楽しみになりま...

彼氏がカラオケが下手でも楽しむことが大切!彼氏への優しい一言

カラオケは、大きな声を出してストレス発散にもなりますよね。カラオケが大好きという方が多い一方...

髪がロングの人がカラーをした場合、ショートの人と違う点とは

髪がロングの人は美容室でカラーをする時に、ロング料金が設定されている場合がありますね。そこにはこ...

眉毛の長さや整え方!基本の美眉でナチュラル美人

メイクをするようになると、眉毛のお手入れもしっかりとしないと顔の印象がどうしても野暮ったく見えてしま...

スポンサーリンク

しっかりと前髪を巻くのにすぐにとれる!取れやすい原因は?

ヘアスタイルってその日一日のバロメーターになりませんか?特に、前髪がキマっているかどうかでも気分が違ってきます。

せっかく朝時間をかけて髪を巻いたのに、気がつけばすでに崩れている。

そんな残念な巻き髪の原因とはどんなことが考えられるのでしょうか。

前髪が崩れる原因の一つ

例えば、梅雨の時期は湿度が高いです。

そんな湿度が高いと、髪が空気中の水分を吸収してしまいます。

それが原因で、せっかく巻いた髪もすぐに崩れてしまうのです。

それから、あなた自身の元々の髪質が原因になることもあるでしょう。

例えば、毛が柔らかくて細い髪質の場合は、巻いても長くそれをキープするのは難しい場合があります。

さらに、髪の巻き方が間違っているだけでもそのキープ力は違ってくるのです。

巻き方が緩かったり、コテの温度や巻いている時間によっても失敗の原因になるのです。

まずは、正しい巻き方のコツを掴みましょう。

前髪を巻くけどとれる…朝の寝ぐせをしっかりリセット

朝前髪を巻いてもすぐに取れてしまう。

もしかして、朝髪を巻くときに、髪がパサついたり広がったままの状態で巻いていませんか?

例えば、朝の寝癖がひどいのであれば、それを直してから髪をセットするようにしましょう。

前髪のキープに大切なこと

髪を軽く濡らして寝癖を落ち着かせてから、きちんとドライヤーで乾かしましょう。

このとき、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントなどによって保湿をしてからドライヤーをかけると髪を熱からのダメージから守ってくれますよ。

それから髪を巻く前に、髪が絡まっていないか丁寧にコームなどクシでとかして整えましょう。

この課程を順番に行いながら、そのままコテに巻きつけるのもオススメです。

そうすることで綺麗なカールが長時間キープすることができるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

前髪を朝巻くけどとれる場合にはスプレーワックスがおすすめ

髪を巻く前の準備

朝巻いた前髪をキープしたいからと、先にスタイリング剤をつけてからコテで巻いたりはしていませんか?

これは髪の毛が痛む原因になります。

朝巻いた前髪をキープしたいのであれば、前髪を巻いたあとにスプレーワックスをかけるのがオススメです。

このとき、あまり近づけすぎずに離してかけるようにしてください。

近すぎると集中的に付きすぎてしまいます。

スプレーワックスの良いところは、広範囲に吹きかけることができること。

ただし、離し過ぎては衣類や顔にも付いてしまいますので、適度な距離で使ってくださいね。

前髪を流すような毛流れを付けたいときは、根元からの髪の毛の方向にスタイリング剤が付いていないといけません。

なので、根元近くを意識して付けるようにしましょう。そうすれば、巻いた髪の毛をキープすることができますよ。

崩れにくい前髪を作る方法

すぐに崩れない前髪を作るコツ

前髪を取り分けましょう。

暗めの印象にならないように、髪の毛のとりすぎには気をつけましょう。

それ以外の髪の毛の混ざらないように、耳にかけておくといいですよ。

それから、コテで前髪を巻いていきます。このとき、毛先を中心に巻いてください。

そして、コテで巻いたらすぐに手でその巻いた部分を崩していきます。

このとき、前髪が温かいうちに崩すのがポイントです。熱が冷めてしまうと癖が付いてしまうんです。

だから、この冷めないうちに崩してスタイリングするのが大切なんですね。

前髪に巻き癖を付けたら、今度は分けていきましょう。片方の眉毛が見えるくらいが程よい分け目になります。

そして、仕上げにスタイリング剤を付けます。

前髪の根元や毛先を意識して付けると崩れにくくなるでしょう。

前髪がぺったんこになる人にはこんな方法も

前髪がすぐにぺったんこになるのがお悩みの人もいますよね。

ふんわりとした前髪に憧れているという人にオススメな方法があります。

それは、肌に使うルースパウダーなどを前髪になじませるというものです。

これは、皮脂によるベタつきが原因で前髪がぺたんこになってしまうという人にオススメな方法です。

普段は肌のベタつきを抑えるルースパウダーですが、実は前髪のベタつきにも使えるんですね。

やり方は簡単です。

前髪全体にパウダーをポンポンとのせてみましょう。

そして、手ぐしによってなじませてくださいね。

これで、ベタつきともおさらばでき、サラサラな前髪になりますよ。

また、前髪をいちいち巻くのがもう面倒という人は、前髪にパーマをかけるという方法もありますよ。

前髪をふんわりさせるパーマをかければ、毎朝のスタイリングが楽になりますよね。

ぜひ参考にしてみてください。