注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

生後2ヶ月で体重6キロは平均?2ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

「うちの赤ちゃんは2ヶ月体重が6キロだけどこれって普通?」こんなふうに、生後2ヶ月の赤ちゃんがいるママたちの中には、自分の赤ちゃんの体重が平均の範囲内であるかどうか心配になる人もいますよね。

生後2ヶ月ころの赤ちゃんの平均体重は一体何キロくらいなのでしょうか。2ヶ月の身長や成長はどんな様子なのでしょう。

そこで今回は、生後2ヶ月の赤ちゃんの平均体重と身長、成長の様子についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

癇癪への対応で大切なのはあわてないこと。4歳の幼児への対応

癇癪への対応で一番に大切なのは『かんしゃくを恐れないこと』4歳の幼児は心と身体と知能のバラン...

子どもが幼稚園に行っている専業主婦は暇?何をしているは禁句

子どもが幼稚園に行っている間、専業主婦は暇をしている?子どもが幼稚園に行ってからは、家事をこなしてる...

着ぐるみの中身のヒミツ。小さいマスコットの正体とその気持ち

ショーや各種イベントで人気物のマスコットやゆるキャラ達ですが中には身長が低いマスコットもいますね。...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

大学生が趣味にお金を使うのはいいが4年間を無駄にするのはダメ

今どきの大学生は趣味にお金を使うことが多いようです。ただ趣味といっても色々ありますし、その趣味に...

トイレの壁紙の掃除方法!ポイントやキレイを保つコツと注意点

トイレの壁紙掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、トイレの壁紙は意外と汚れていて、トイレ掃除に...

バスの中で赤ちゃんが泣く理由と対処法!事前に準備したいグッズ

赤ちゃんとのお出掛けでママの一番の悩みは、「バスや電車などの中で赤ちゃんが泣いたらどうしよう…」とい...

夫婦の会話なし。苦痛に感じる夫婦の距離感を埋めるためには

夫婦の会話なしに悩んでいる人はたくさんいます。男性の多くは、妻と世間話をしたりコミニュケーシ...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

離乳食とお風呂の順番は?一番はママが気にし過ぎないこと

離乳食が始まる時期になると、離乳食が先か、それともお風呂が先かの順番に悩みます。離乳食で汚れた口...

赤ちゃん【6ヶ月】が寝ない原因とは?寝かしつけや夜泣き対策

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?6...

1歳半の子どもがご飯を噛まないで食べてしまう時の原因や対処法

子供がご飯を噛まないで丸呑みをしている?1歳半になってからも、噛まずにご飯を食べているなら、もしかし...

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

浪人生が夏休みで失敗しないための勉強方法と過ごし方

受験に失敗してしまう浪人生。共通点の1つに夏休みの過ごし方があります。夏休みという浮かれた気...

スポンサーリンク

生後2ヶ月で体重6キロは平均的?生後2ヶ月頃の赤ちゃんの体重

生後2ヶ月の赤ちゃんは1ヶ月のころよりもお肉がついてぽっちゃりしてきます。

生後2ヶ月月の赤ちゃんの体重の平均は、男女で少し違います。
男の子の場合は4,4kg~7,2kg、女の子の場合は4,2kg~6,7kgと成長には少し幅があるでしょう。

大体一日に25g~30g位のペースで体重が増えるのです。

とはいっても赤ちゃんの体調にもよりますし、その日に飲んだ母乳やミルクの量、おしっこなどの排泄量などによって体重の増加は変動しませんので、あまり神経質になって考えなくても大丈夫でしょう。

一週間、1ヶ月ごとに赤ちゃんの体重の変化をチェックし、記録しておきましょう。
もし体重の増加がみられなかったり、反対に体重が減っているようでしたらかかりつけの小児科に相談しましょう。

体重減少の理由としては脱水症状を起こしている可能性もありますので注意が必要です。

生後2ヶ月の体重の増え方・体重6キロは平均的な体重

生後2ヶ月になるとどんどんお肉がついてきてふっくらとした体つきになってきます。
そして赤ちゃんの性別や生まれた時の体重によって、体重の増え方には赤ちゃんそれぞれ違いますのであまりなやみ過ぎないようにしましょう。

先ほども申しましたが、一日の体重増加量は25g~30gが平均だといわれています。
こうして生後1ヶ月のころよりもどんどんお肉がついてぽっちゃりとした赤ちゃん体型になってきます。

そうなると腕や足の関節にくびれが出来てくるのでその間に汗をかいたり汚れがたまりやすくなるので清潔にしてあげる必要があるでしょう。

もし体重が増えない場合、母乳やミルクの量が足りていない場合が考えられます。
赤ちゃんが一日に6~8回以上おしっこをしていない場合はその可能性が考えられますのでミルクの量を増やしてあげましょう。

しかし母乳育児をしている場合は、ミルクを増やしてしまうと赤ちゃんが乳を欲しがる間隔が開いてしまうので母乳分泌が低下してしまいます。

そのため、ミルクを増やすというよりも母乳の出が良くなるように工夫するほうがよいでしょう。

生後2ヶ月で体重が6キロ・男女で平均体重や平均身長は違う

生後2ヶ月の赤ちゃんの場合は、性別や生まれた時の体重によって体重と身長の成長には差があります。

身長で言うと、男の子はだいたい54,5cm~63,2cm、女の子の場合は53,3cm~61,7cmが平均身長となります。
体重の場合は男の子は4,4kg~7,2kg、女の子の場合は4,2kg~6,7kgが平均的です。

生後2ヶ月だと口の筋肉が発達して母乳やミルクを飲む量が増えるため、新生児のころよりも体重がどんどん増えるのです。

赤ちゃんの体質によって体重が増えやすい子と増えにくい子がいるので、もし自分の赤ちゃんが平均よりも体重や身長の育ちが遅くてもあまり気にしすぎないようにしてくださいね。

平均値と比較するのではなく、赤ちゃんの成長率を見るようにしましょう。
赤ちゃんはまだ満腹中枢は発達していないので、新生児のころよりも順調に成長しているようでしたらあまり気にすることはないでしょう。

生後2ヶ月の赤ちゃんの特徴

生後2ヶ月の赤ちゃんは1ヶ月のころよりもどんどんできることが増えてきます。

1ヶ月のころよりも声を出すことが多くなり喃語が聞けるようになります。
そして表情が豊かになって声を出して笑うようにもなるでしょう。

寝てばかりいたのが少しずつ何かを目で追ったりできるようになったり、泣き方も欲求によって違った泣き方をするようになるでしょう。

このころになるとよだれの量が増える赤ちゃんもいますのでスタイも準備が必要です。

首の筋肉は付いてくるのですが、まだ首はすわっていませんのでしっかり手で首回りは支えてあげてください。

首がすわらなくても、少しずつ首を左右に動かしたり手足をバタバタ動かしたりなど筋肉が発達しているのが見てわかります。

生後2ヶ月の体重赤ちゃんができること

先ほども述べましたが、新生児のときに出来なかったことも生後2ヶ月になるとどんどんできることが増えますので詳しく紹介していきましょう。

  • 追視をするようになる
    生まれたばかりのころは視力があまりありませんが、どんどん周りが見えるようになります。
    そのため、目で周りの物を追うようになったりなにかをみて笑うようになります。
  • 手足を動かす
    赤ちゃんの筋肉も徐々に付くようになるので、手足をばたつかせたり、首を左右に動かすようになります。
  • 声を出すようになる
    生まれたころだとただ泣くだけでしたが、少しずつ声を発するようになります。
    声は「あー」などの意味のない言葉ですが、この言葉に反応してコミュニケーションをとるようにしましょう。
  • よだれが出てくる
    表情が豊かになってくると口も動かす頻度が増えます。
    そのため赤ちゃんによってはよだれが多く出てくるようになります。