注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの生活リズムも狂ってしまいます。

だからといって全く無視できないのが家事です。
ご飯を食べなくては行けませんし、洗濯や掃除だってしなくてはなりません。

では生後1ヶ月で生活リズムが整わず家事ができない時はどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浪人生が夏休みで失敗しないための勉強方法と過ごし方

受験に失敗してしまう浪人生。共通点の1つに夏休みの過ごし方があります。夏休みという浮かれた気...

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

雨の日ベビーカーで電車に乗る方法と注意点・あると便利なグッズ

電車でのお出かけにベビーカーを利用しているママもいますよね。雨の日はお出かけを控えたいものですがどう...

未婚で出産したら子供の戸籍はどうなる?未婚の母が知るべきこと

未婚で子供を出産した場合、生まれた子供の戸籍はどのようになるのか不安に感じますよね。未婚で出産をする...

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。赤ちゃんの抱き...

一歳のお昼寝、もう午前中寝ないの?1歳の子育てと昼寝について

一歳になると体力がついてくるのでお昼寝は午後の1回で十分の子もいます。午前中に1回、午後に1...

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいので...

天才は努力する人に勝てず、努力するものは楽しむ人に勝てない

天才が努力をする。それも楽しみながら。天才にこれをされてしまっては、凡人は太刀打ちできません。...

ブリッジができないのは〇〇が原因。できるようになるコツとは

ブリッジができない子どもにに教えるにはどんなコツがあるのでしょうか?口で説明をするのは難しいですよね...

嫁が実家に帰る頻度が多すぎる?実家に依存してしまう原因と対策

嫁が実家に帰る頻度が多いことにウンザリ…。子供が小さいうちは仕方のないことなのかもしれません。...

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

プラバンの作り方とは?オーブンを使ったプラバン作り

プラバンをオーブンで作る時はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。プラバンというと、トースターと...

年少児が幼稚園でストレスを感じてしまう原因と対処法

子供が毎日幼稚園に楽しく通ってくれると親は安心するものです。でも、年少さんはちょっと違います。...

子供の寝かしつけ方法!生後6ヶ月で1人寝出来るようになるコツ

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけにはどのような方法があるのでしょう?では、生後6ヶ月の赤ちゃ...

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

スポンサーリンク

生後1ヶ月で生活リズムが整わず家事ができない時どうしてた?

赤ちゃんが生後1ヶ月の場合、生活リズムがまだつかめないというママも多いと思います。生後1ヶ月の赤ちゃんがいる家庭では、家事や掃除などどのように行っているのでしょうか。

起きている時は抱っこしないと泣くことが多かったので、赤ちゃんが寝ている時間に夕飯の支度をしている人や赤ちゃんが寝ている時も赤ちゃんを気にしながら掃除をしている人も多かったです。掃除機などの大きな音の出るものは極力使わないようにしている人も多くいました。

出産前と同じように家事が出来なくなってしまったので、今日出来る家事をやるようにしました。出来ることだけやると割り切ることで気持ちが楽になりました。家事も育児も完璧にこなそうとすると疲れてしまいます。今日出来ることだけにしましょう。そのうち生活リズムも整ってくるようになります。

生後1ヶ月でママの生活リズムも整わず家事ができない時に利用したいサービス

出産後誰も頼れる人がいませんでした。病院から退院すると家事もしないといけない状況でした。出産前は主人のお弁当もきちんと作っていましたが、赤ちゃんを産んでからしばらくは、お弁当を作ることが出来ずに、外食やお弁当を購入してもらうことが多くなってしまいました。夕飯も作ることが出来ない時もあって、食べてから帰宅してもらうこともしばしばありました。

そこで前から気になっていた地域のファミリーサポートを利用することにしたのです。市の窓口で申し込み必要な時に電話でサポートをお願いするシステムです。誰でも会員になると利用出来るシステムなのでとても助かります。家の掃除や買い物など産後の家事のサポートをお願いすることにしました。

赤ちゃんが生後1ヶ月になるころには、育児を家事にも少し慣れて来たのでお願いする回数も減りましたが、生活リズムが掴めず体調がすぐれない時はお願いすることが多かったです。お金はかかりますが、産後里帰りをしない、手伝ってくれる人がいない時はこのようなサポートもあるので利用してみるのも1つの方法です。

サービスを受けるには、会員の登録をしないといけない場合もあります。援助内容については、各市区町村へお問い合わせするようにしましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんの生活リズムが整うまでは家事を減らす、なくすことが重要!

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月で生活リズムが整わない時は、家事を減らすことが大切です。家事を減らすことで、ママの心に余裕が出来るようになり、育児の専念出来るようになります。そして何より時間に余裕が出来るようになるのです。

まず洗濯の回数を減らしてみましょう。洗濯は一日に何回していますか?洋服やタオルなど多めに用意することで洗濯をする回数を減らすことができます。少ない数の場合は当然洗濯をする回数も増えます。時間への投資と思い洋服やタオルは多めに用意して置くことで時間に余裕が出来ます。

赤ちゃんが生後1ヶ月の場合は、食事を作るのも苦労しますよね。自分だけならどんな食事でもいいですが、旦那さんに適当なご飯を食べさせるのは、気の毒な気分になってしまうママも多いはずです。そんな時は食材宅配サービスを利用してみてはいかがでしょう。このサービスを利用すると、買い物や料理の家事を短縮することができます。そして健康のことを考えて作られるメニューなので献立をいちいち考えることもしなくてもいいのです。いつでも、何人分でも自由に頼めるのでこのようなサービスを生活リズムが整うまで利用してみるといいです。

生後1ヶ月の赤ちゃんのお世話と家事を両立させるには?

赤ちゃんが生後1ヶ月の場合生活リズムがなかなか整わないですよね。家事をしている時に、赤ちゃんは泣くのが仕事と思って多少泣かせて置いても、赤ちゃんが泣いていると気になります。全部の家事が終わるまで泣かせておくのも可愛そうだし・・・。家事が思うように進まない時もあります。

赤ちゃんが昼寝している間に家事を済ませてしまうという方法もありますが、抱っこしている時は寝ているのに、置くと起きる。近くにいないとすぐに泣く時はママも一緒にお昼寝をするようにしましょう。そうすることで赤ちゃんも安心していつもよりも長く寝てくれることもあります。

私の場合は睡眠時間は長く取るタイプだったので、赤ちゃんと一緒にお昼寝をするようにしていました。お昼寝をすることで夜少し遅くまで起きていても大丈夫と考え、夜主人が帰ってきて来てから出来る家事をするようにしました。

休日は主人が子供の面倒を見てくれていたので、作り置きが出来るおかずを何品か作り冷蔵庫に入れて置いたり、下ごしらえして冷凍できるものは冷凍しておき、平日は解凍してすぐに焼けるようにして置きました。下ごしらえしておくと夕飯にかかる時間も少なくなります。

生後1ヶ月は生活リズムが狂うのは当然のこと!サボれる家事はさぼろう

生後1ヶ月の赤ちゃんがいる家庭の家事は、サボれる所はサボってママの身体を休めるようにすることです。買い物はまとめ買い、宅配サービスを利用し、掃除も毎日する必要はありません。ママの体調が戻ることが優先なので手抜きしてもいいんです。

旦那さんの仕事が忙しくなかなか手伝って貰えない家庭もあります。そんな時は手抜きできる家事は手抜きすること。料理は体調がいい時に多めに作り冷凍しておく、買い物は宅配を利用する、洗濯はまとめ洗い、掃除も出来る時にするようにしましょう。家事は完璧ではなく手抜きしてもいいと思います。掃除を1日しなくても、大したことはないし、赤ちゃんの周りだけ綺麗にしておけばいいんです。

何でもやろうとしないで、後でも出来ると心に余裕を持って、疲れている時は頑張らないで赤ちゃんと一緒に横になって休みましょう。子供が産まれることで生活リズムが狂ってしまうことは当然です。