注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新卒基本給15万の会社に入社する時のチェック項目と生活実態

新卒で基本給15万が多いか少ないかの判断は難しく、決して余裕がある金額ではありませんが、地方では基本給15万円の会社はたくさんあります。

新卒で基本給15万は安い?妥当?手取りはいくらになる?家賃や食費はどのくらいが相場になるの?

基本給と月給とでは違います。
基本給15万円だけに惑わされず、残業の有無や賞与についてもしっかり確認しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セルフで前髪をカットする方法と、失敗した時の対処法とは

セルフで前髪をカットするなら、美容室へ行ってカットしてもらった前髪をキープするくらいの頻度で、カット...

彼女の男友達。二人でカラオケに行くって言うけど、コレって…

彼女が男友達とカラオケに行く。しかも二人きりで!いくら「友達」だと主張されても、二人...

バレエを大人から始めます。教室の扉を開けてあなたもバレリーナ

バレエを大人から始める人、増えています。その動機は様々で、美容やダイエット効果を期待する人もいれ...

雰囲気が変わったと言われた!変化が現れた新しい自分

雰囲気が変わったと言われた!これって褒め言葉なの?そうです!褒め言葉です!素直に「ありがとう...

耳に髪の毛をかける人の心理・髪の毛をかける仕草は男性に人気

耳に髪の毛をかける人を見かける事もありますよね。髪の毛に癖がついてしまう事もあるのに、耳に髪の毛をか...

壁材料の種類・クロス・木材・塗壁の特徴やメリットとデメリット

これからリビングのリフォームをしようと考えている人の中には、壁の材料をどんな種類のものにリフォームし...

涙袋の作り方!簡単メイクや筋トレでできるポイント、効果とは

涙袋の作り方は簡単なマッサージやトレーニングによっても作れるそうです。まずは、手軽にアイシャ...

眉をペンシルで書く時の基本の書き方やポイントを解説

普段眉をペンシルを使って書いている方も多いと思いますが、その書き方で本当に大丈夫ですか?眉の...

日本のおもてなしを外国の人はどう思っている?海外の反応とは

日本のおもてなしは世界で一番!?海外の反応はどのようなものなのでしょうか?日本のおもてなしが...

電車内の座席でトラブルに巻き込まれないためのコツや対処法とは

電車内では座席に関するトラブルや迷惑行為などが多数ありますよね。例えば、電車での座席の座り方...

ハイライトはセルフでの入れ方をマスターすれば簡単にできます

美容室でカラーリングする時、ハイライトを入れてもらうと印象が変わりますよね。しかし、毎月美容...

告白の返事を保留にしたまま1ヶ月経つ。そろそろはっきりさせて

告白の返事を保留にされたまま1ヶ月経つ。もう、このあたりではっきりさせた方がいいでしょう。...

【傷メイクのやり方】簡単初心者向けから本格的な傷の作り方

ハロウィンの時期を中心に、最近は傷メイクというメイク法があります。簡単にペンで書くものもあれば、...

お腹のぷよぷよが好き!男性が触っていたい彼女のパーツと心理

ぷよぷよのお腹を大好きな彼氏に触られるなんてイヤだ!と感じる女性は多いですよね。ですが、男性は彼女の...

初対面の男性と車はNGな理由と初デートで気をつけたいこと

初対面の男性と車に乗るのはやめた方がいいという意見が多いですが、いざドライブに誘われると悩んでしまい...

スポンサーリンク

新卒で基本給15万は安いの?手取りはいくらになる?

社会に出ると、新卒で貰える給料が気になりますよね。例えば、基本給15万という金額は高いのか低いのか、ここで検証してみたいと思います。

ある統計によると、基本給15万円はかなり安い金額になっているようです。一人暮らしだと生活もきついものですし、十分な給料とは言えないと思います。

ただ、基本給が15万円だとしても、それに時間外手当であったり、残業手当が入り、上乗せがあると、手取りは高くなってきますよね。そのため、基本給が安いとしても、それ以外の分で、どんな手当が払われるかによっても、違ってくると思います。

「新卒」であれば、その程度の給料でも仕方ないのかもしれません。まだ社会に出て間もない新卒だと「会社に利益をもたらず存在」にはまだなっていない為、会社側も仕事を覚えてもらう段階にいるとみなしていると思います。

したがって、新卒で基本給15万円は妥当なのではないでしょうか。

新卒基本給15万の会社に入社する時にチェックしたいこと

新卒だと、会社にとって利益をもたらせる存在ではない為、基本給15万円は妥当であるという点について、先程はみてきました。

次に、新卒の基本給ですが、15万円である場合、入社する前にチェックしておいた方が良い点についてみていきたいと思います。

先程も、少しみてきましたが、基本給だけではなく、手当が貰えるか貰えないかで、手取りの金額は変わってくると思います。

従って、次の3項目について、入社する前に確認して置いた方が良いと思います。

  1. 残業代が貰える
    忙しい職場であり、残業代が入る見込みのある会社であれば、例え基本給が15万円であったとしても、手取りはそれなりの金額になる可能性があります。時期によって異なるパターンはあるかもしれませんが、残業代がどの位になるのか、チェックしておきましょう。
  2. 定時帰宅
    会社が残業代を払いたくないので、定時帰宅の会社もあります。そうすると手当が入ってこないので、会社を選ぶ時は給料面や待遇面について気をつけていきましょう。
  3. ボーナスがある
    ボーナスがあれば、それなりの生活が見込めますよね。あなたが入社しようとしている会社がボーナスがあるかどうかのチェックをしておきましょう。

新卒で基本給15万なら家賃はいくらまでが理想?

新卒の場合、例え基本給が15万円であるとしても、残業があるのか、ボーナスがあるのか、それによって年収が違ってくるので、入社する前に確認して置いた方が良いことについてみてきました。

次に新卒で基本給15万円でそれで一人ぐらしとなると、どの位の家賃が理想となってくるのか、家賃についてみていきたいと思います。

一人暮らしとなると、アパートやマンションについても、「あれがいい」「これがいい」と理想が出てきて、付けたい条件も色々とあると思います。

でも、家賃はとても大きい出費になってしまいます。他の部分では中々節約ができない可能性が高いので、基本給が15万円程度であるのなら、家賃は5万以下を目安にしましょう。

残業代であったり、ボーナスがかなり見込めるのでしたら、そこまで家賃を削らなくても良いかもしれませんが、それほど見込めないようでしたら、ある程度の家賃で踏みとどまるべきです。

基本給15万の食費はいくらまでが限界?

新卒で基本給15万円で一人暮らしを考えるのなら、家賃は5万以下に留めるのが理想なことを先程はみてきました。

先程は、家賃についてみてきましたが、今度は同じ条件で食費についてみていきたいと思います。

新卒で基本給15万円の場合、いくら位の食費が理想なのか

食費は節約しようと思えば、いくらでも節約できると思うのですが、基本給が15万円ともなると、基本的には、月1万5千円位が目安になってきます。

何度か触れていますが、残業代であったり、ボーナスも見込めないとなると、生活を切り詰めることを考えなくてはいけません。食費もその一つになってきます。

大体の目安にはなりますが、1万円位でやりくるするのが、現状になってきます。その為、なるべく残業代であったり、ボーナスが出る会社に努めましょう。

新卒で基本給が低いとどんなデメリットがあるの?

新卒で基本給が15万円ともなると、食費は1万円代になることを先程はみてきましたよね。

最後に新卒でその位の給料の場合、残業代もボーナスもあまり見込めない時ですが、どんなデメリットが考えられるのか、ここで一緒にみていきたいと思います。

基本給が安いと残業代が安くなってしまう

残業代にも決まった規定があります。その為、基本給が高いと、残業代も高くなります。その為、基本給はなるべく高い会社を選びましょう。

基本給が安いとボーナスが安くなる

ボーナスですが、求人をみると、「基本給のO倍」という表記になっています。それを考慮すると、基本給が低いとボーナスも低くなってしまいます。

なんだかんだいっても、基本給が高い会社は強みです。将来の事も考えて、基本給が高い会社に務めましょう。