注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

食べる罪悪感をなくすには?食べることに罪悪感を抱かない方法

食べることへの罪悪感をなくす方法ってありますか?

どうして食べるのでしょうか?
人間、食べ物から栄養を摂取しないと生命を維持できません。
食べることは、栄養を摂取することであって、悪いことでも悪行でもダメなことでもないのです。

食べる時に、身体が必要としている栄養素を考えて食事をすれば良いのです。
おやつだって、食事から摂取しにくい栄養素がたっぷりのものって、たくさんありますよね?

食べ物を食べるのではなく、栄養を摂取する。

こう考えたら、食べることへの罪悪感はなくなりませんか?

食べすぎてしまったら、次の日にリセットできるのです。
食べることは毎日です。
日々微調整しながら、食べることを楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏と元彼、どっちが好きなの?両方好き?揺れる気持を見つめて

新しい恋を始めたのに元彼のことが気になる。忘れられない。思い出しちゃう!揺れ動く今カレと元カ...

爪の白いところが多い原因は何?健康な爪を保つ爪のお手入れ方法

自分の爪の白いところが多いのではないかと気になっている女性もいますよね。どうして白い部分が多くなって...

平日の休みは何する?おすすめな平日休暇の過ごし方

平日の休みは何するにも一人…。友達は仕事、彼氏がいないとなんとなくダラダラ家で過ごしてはいません...

レオパは脱皮前後に食欲がなくなる?レオパの脱皮と注意点

脱皮前後のレオパは食欲がなくなるって知っていますか?レオパの食欲がいつもよりないと飼い主とし...

カナヘビのエサにダンゴムシが良い?適しているエサについて

カナヘビはペットとして人気がありますが、エサはどのようなものを好むのでしょうか?基本的には生きている...

体重は軽いのに太ってるのはどうして?筋肉・脂肪・骨格について

体重は軽い。なのに太ってるのはどうして?同じ体重でも、スタイルがよく見える人と、残念な人がい...

前髪を失敗したときの対処法やアレンジ方法と切り方のコツ

前髪って自分で気軽に切ると言う人も多いでしょうが、切りすぎて失敗してしまうこともありますよね。...

キムチを食べ過ぎたあとの臭いはどうしたら消せる?対処方法とは

キムチを食べ過ぎてしまったときには臭いをどのようにして消したらいいのでしょうか?キムチを食べると...

金魚が薬浴したあとの戻し方を解説!薬浴の期間や方法について

金魚が病気をしてしまったら、体調を回復させるためにも薬浴をすることがあります。金魚の元気を取り戻すた...

口紅やメイクが濃い女性心理!好きな口紅の色でわかる女性の性格

真っ赤で濃い口紅を好んでつけている女性もいますよね。口紅だけでなくメイク全体が濃い女性もいますが、こ...

シールの剥がし跡の取り方!試してみたい手軽で簡単な方法を紹介

子供が家で遊ぶ時に困ることといえば、テーブルやタンスなどの家具、床や壁などにシールを貼ることではない...

娘が父親似だと幸せになれるという言葉、素敵だと思いませんか

娘は父親似だと幸せになれる!という言い伝え。結局のところは男性を喜ばせるための褒め言葉で、根...

シャワーのホースの交換方法!自分でもできる交換の手順

シャワーのホースが古くなってくると、亀裂を起こしたり、水漏れの原因になることもあります。ホースを...

歌が下手に感じる原因ともっと上手く歌うための練習方法

あなたは歌が好きですか?「大好きです!」と即答できる方も多いと思いますが、「歌はちょっと下手なの...

体の柔軟性について。 柔らかい事のメリットは沢山。意外な効果も

前屈すると床に手が届かない、背中に回した手がくっつかないなど体が硬いと感じている方は多いのではないで...

スポンサーリンク

食べる・食べ過ぎ・食べちゃった、食べた後の罪悪感をなくすための考え方とは

ダイエットや健康を意識している人にとって、スイーツ、焼き肉、ラーメンなど誘惑はたくさんあります。
そんな誘惑に負けて少しのはずがついつい食べ過ぎちゃうなんてことも多くあると思います。

そのような人は、食べすぎてしまったという罪悪感を感じ自分を責めてしまう傾向にあります。
しかし、それは反省しているとは言えず改善につながることは少ないのです。
ルールを厳しく設定しすぎることでストレスがたまりやる気も失ってしまいます。

自分を責めるだけでは何も始まりませんし、「食べてしまった」という罪悪感だけで寝ればすぐに忘れます。

本当に改善したいのであれば自分を責めるのではなく、何が悪かったのか、次につながる対策を考えると良いでしょう。

どんなダイエットをしているかは人それぞれですが、一日の気の緩みに負けずダイエットを継続していくことが重要です。

食べることへの罪悪感をなくすには?食べないからって痩せるわけじゃない!

食事をしないで痩せることは簡単です。
しかし不健康な痩せ方、リバウンドになりやすい体を作ってしまうし、短期間で終わってしまうダイエットは真のダイエット成功者とは言えません。

食べることで罪悪感を感じるかもしれませんが、考え方を変えると罪悪感もなくなります。

きちんと食べる事が健康的だという考え方に変える

そもそも適切なダイエット方は「ちゃんと食べて運動すること」なので食べることこそがダイエットのためになると考えると罪悪感はさほどないのではないでしょうか。

筋肉になりやすい食べ物、代謝を良くしてくれる食べ物、食事のバランス、食べる時間、食べ方などルールや決まりごとなどたくさんでてきますが、いかに楽しくダイエットをするかを考えるとやはり食べることが重要ではないかと思います。

食べてストレス少なくダイエットすることはダイエットを続ける秘策になりますね。

食べる罪悪感をなくす、3つの考え方

食べたいものは食べる

食べる順や時間帯を考えた上で食べたいものを食べることが大事です。
その分ダイエットのモチベーションにつながる可能性も大きいですね。
食べないで我慢することがストレスとなり過食の結果を生み出すことにもなりますので、スイーツ、ステーキ、ジャンクフードなど適度に食べたいものは食べるようにしていきましょう。

リカバリを忘れずに

食べすぎて胃に入った内容物がすぐに脂肪へ変わることはありません。
その後2~3日以内にリカバリすれば心配はないのです。
しかし、そのリカバリを怠ると蓄積され脂肪へと変わります。
食べ過ぎた食事のリカバリの方法はダイエット本やネットですぐに検索することができますよ。

食べる時間を楽しみ

食べてしまった罪悪感を感じながら食事をすると美味しいものを食べても美味しいと感じなくなる心理があります。
それが小さなストレスとなり積み重なってしまうと、過食の原因にもなります。
ストレス発散の方法は人それぞれですので、運動で発散する人もいれば、食べて発散になる人もいますので、注意してくださいね。
食事の時間に楽しむことで、噛む回数も増え満腹中枢が刺激される効果もあります。

食べることを『喜び』ましょう!リラックスして食事を楽しみましょう!

「食事=リラックス」と前提した上で考えると、それは交感神経と副交感神経に影響があります。

罪悪感を感じて食事をしていると交感神経が活発になり消化悪くなります。そして、老廃物を体に溜め込んでしまいます。
一方、リラックス状態であると消化の働きをを助ける副交感神経が活発になるのです。

これらの関係性を知れば、食べることはさほど悪いことではないと罪悪感を少しでもなくすことができます。

食に対する気持ちを変えることもダイエットにつながる1つであることがわかりますね。

そして、よりリラックス状態のときの方が効果的ですので、友達と楽しく食事したり、腹式呼吸で呼吸を整えながら食事に集中すると、リラックスすることができますよ。

食べ過ぎたっていいじゃない!食べ過ぎた次の日にすることって?

食べすぎてしまったら、次の日の食事を意識してみましょう。

  • 1食、スムージーや酵素に置き換える
  • 食べすぎたら1食抜いて調整する
  • ビタミンB1・B2を取り入れましょう(B1→糖質をエネレギーにチャンジ、B2→脂質をエネルギーにチャンジ)
  • カリウム成分をとる(体内に取り入れすぎてしまった塩分をカリウムを摂取することで必要以外の塩分を排出してくれる)
  • 食物繊維が含まれた食べ物をとる(食物繊維はお通じをよくする働きがありますのでデトック効果がある)

食べたいときは食べることを楽しみ、次の日に調整しプラマイ0にすると食べ過ぎた罪悪感をなくすことができますね。

無理なダイエットを控え、少しでもストレスなく、健康的にダイエットを成功させたいですよね。
若いうちに痩せやすい体作りをして、それを保ちながら年齢を重ねていくことが理想ですね。