注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

食べる罪悪感をなくすには?食べることに罪悪感を抱かない方法

食べることへの罪悪感をなくす方法ってありますか?

どうして食べるのでしょうか?
人間、食べ物から栄養を摂取しないと生命を維持できません。
食べることは、栄養を摂取することであって、悪いことでも悪行でもダメなことでもないのです。

食べる時に、身体が必要としている栄養素を考えて食事をすれば良いのです。
おやつだって、食事から摂取しにくい栄養素がたっぷりのものって、たくさんありますよね?

食べ物を食べるのではなく、栄養を摂取する。

こう考えたら、食べることへの罪悪感はなくなりませんか?

食べすぎてしまったら、次の日にリセットできるのです。
食べることは毎日です。
日々微調整しながら、食べることを楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【カーテンの選び方】遮光カーテンの特徴と等級の違いについて

朝日の入る寝室や、大きな通りに面して明かりが室内に入りやすい部屋などは、カーテンからの光が気になるも...

夜中の過食に後悔!翌日からできるダエイット中のリセット方法

ダイエットをしているのに、夜中に過食してしまうこともありますよね。後悔してもその時に時間を戻すことは...

高校の卒業証明書が必要…廃校になった場合の対処方法

高校の卒業証明書が必要なのに、すでに廃校となっているときにはどうしたらいいのでしょうか?卒業証書のコ...

ワイシャツの腕まくりがヤバい!女子がときめく着こなしとマナー

男性がワイシャツを腕まくりして少し着崩している姿がかっこよくてヤバい!という女性もいます。腕まくりし...

寝起きに体重が重いのは女性ならではの原因や出来る事を紹介

ダイエットの基本、一日の夜と朝に体重計に乗るのは大事なことです。朝体重計に乗ったら、昨晩より...

玄関収納にコートクロークは便利!狭くてもスッキリ簡単アイデア

玄関の収納はコートクロークがあると、外に出るときはすぐにアウターを着ることができるし、子供が帰ったと...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

不安な気持ちを解消させるなら、音楽を聴いてみよう

日々の生活を送っていると、仕事や勉強、家事や育児、人間関係などさまざまな要因が重なって強いストレスを...

レンズを買うなら中古?それとも新品?違いとレンズの選び方

カメラレンズを買うときには中古にするか新品にするか悩んでしまいますよね。値段が値段なだけに、どちらも...

お腹ダイエットの簡単な方法、腸もみマッサージで更に効果アップ

女性が最もダイエットしたい部分、それはお腹ではないでしょうか。何とかお腹をダイエットしたいけど、...

既婚男性への片思いは諦めるべき?未来を考えることができない恋

既婚男性のことを好きになってしまい、つらい片思いをしている女性もいますよね。その片思い、諦めるほうが...

絵画を購入するときのポイント 初心者の買い方レッスン

絵画の購入を考えているけれど、初心者はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?そのときの気...

彼女が化粧テクでビフォーアフターの差が激しい時の彼氏の反応

「詐欺メイク」という言葉が流行るくらい、女性は化粧1つでビフォーアフターが全然違う時もあります。女性...

アパートのキッチンからする嫌な臭いの原因はここをチェック!

アパートのキッチンの嫌な臭いに頭を悩ませている人もいますよね。嫌な臭いがすると、快適に生活ができなく...

体育でダンスが必修になったのはなぜ?現場で起こる問題点

中学校の体育でダンスが必修科目になったのが、平成20年。それから改定されたりしながら、今中学生は...

スポンサーリンク

食べる・食べ過ぎ・食べちゃった、食べた後の罪悪感をなくすための考え方とは

ダイエットや健康を意識している人にとって、スイーツ、焼き肉、ラーメンなど誘惑はたくさんあります。
そんな誘惑に負けて少しのはずがついつい食べ過ぎちゃうなんてことも多くあると思います。

そのような人は、食べすぎてしまったという罪悪感を感じ自分を責めてしまう傾向にあります。
しかし、それは反省しているとは言えず改善につながることは少ないのです。
ルールを厳しく設定しすぎることでストレスがたまりやる気も失ってしまいます。

自分を責めるだけでは何も始まりませんし、「食べてしまった」という罪悪感だけで寝ればすぐに忘れます。

本当に改善したいのであれば自分を責めるのではなく、何が悪かったのか、次につながる対策を考えると良いでしょう。

どんなダイエットをしているかは人それぞれですが、一日の気の緩みに負けずダイエットを継続していくことが重要です。

食べることへの罪悪感をなくすには?食べないからって痩せるわけじゃない!

食事をしないで痩せることは簡単です。
しかし不健康な痩せ方、リバウンドになりやすい体を作ってしまうし、短期間で終わってしまうダイエットは真のダイエット成功者とは言えません。

食べることで罪悪感を感じるかもしれませんが、考え方を変えると罪悪感もなくなります。

きちんと食べる事が健康的だという考え方に変える

そもそも適切なダイエット方は「ちゃんと食べて運動すること」なので食べることこそがダイエットのためになると考えると罪悪感はさほどないのではないでしょうか。

筋肉になりやすい食べ物、代謝を良くしてくれる食べ物、食事のバランス、食べる時間、食べ方などルールや決まりごとなどたくさんでてきますが、いかに楽しくダイエットをするかを考えるとやはり食べることが重要ではないかと思います。

食べてストレス少なくダイエットすることはダイエットを続ける秘策になりますね。

食べる罪悪感をなくす、3つの考え方

食べたいものは食べる

食べる順や時間帯を考えた上で食べたいものを食べることが大事です。
その分ダイエットのモチベーションにつながる可能性も大きいですね。
食べないで我慢することがストレスとなり過食の結果を生み出すことにもなりますので、スイーツ、ステーキ、ジャンクフードなど適度に食べたいものは食べるようにしていきましょう。

リカバリを忘れずに

食べすぎて胃に入った内容物がすぐに脂肪へ変わることはありません。
その後2~3日以内にリカバリすれば心配はないのです。
しかし、そのリカバリを怠ると蓄積され脂肪へと変わります。
食べ過ぎた食事のリカバリの方法はダイエット本やネットですぐに検索することができますよ。

食べる時間を楽しみ

食べてしまった罪悪感を感じながら食事をすると美味しいものを食べても美味しいと感じなくなる心理があります。
それが小さなストレスとなり積み重なってしまうと、過食の原因にもなります。
ストレス発散の方法は人それぞれですので、運動で発散する人もいれば、食べて発散になる人もいますので、注意してくださいね。
食事の時間に楽しむことで、噛む回数も増え満腹中枢が刺激される効果もあります。

食べることを『喜び』ましょう!リラックスして食事を楽しみましょう!

「食事=リラックス」と前提した上で考えると、それは交感神経と副交感神経に影響があります。

罪悪感を感じて食事をしていると交感神経が活発になり消化悪くなります。そして、老廃物を体に溜め込んでしまいます。
一方、リラックス状態であると消化の働きをを助ける副交感神経が活発になるのです。

これらの関係性を知れば、食べることはさほど悪いことではないと罪悪感を少しでもなくすことができます。

食に対する気持ちを変えることもダイエットにつながる1つであることがわかりますね。

そして、よりリラックス状態のときの方が効果的ですので、友達と楽しく食事したり、腹式呼吸で呼吸を整えながら食事に集中すると、リラックスすることができますよ。

食べ過ぎたっていいじゃない!食べ過ぎた次の日にすることって?

食べすぎてしまったら、次の日の食事を意識してみましょう。

  • 1食、スムージーや酵素に置き換える
  • 食べすぎたら1食抜いて調整する
  • ビタミンB1・B2を取り入れましょう(B1→糖質をエネレギーにチャンジ、B2→脂質をエネルギーにチャンジ)
  • カリウム成分をとる(体内に取り入れすぎてしまった塩分をカリウムを摂取することで必要以外の塩分を排出してくれる)
  • 食物繊維が含まれた食べ物をとる(食物繊維はお通じをよくする働きがありますのでデトック効果がある)

食べたいときは食べることを楽しみ、次の日に調整しプラマイ0にすると食べ過ぎた罪悪感をなくすことができますね。

無理なダイエットを控え、少しでもストレスなく、健康的にダイエットを成功させたいですよね。
若いうちに痩せやすい体作りをして、それを保ちながら年齢を重ねていくことが理想ですね。