注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

食べる罪悪感をなくすには?食べることに罪悪感を抱かない方法

食べることへの罪悪感をなくす方法ってありますか?

どうして食べるのでしょうか?
人間、食べ物から栄養を摂取しないと生命を維持できません。
食べることは、栄養を摂取することであって、悪いことでも悪行でもダメなことでもないのです。

食べる時に、身体が必要としている栄養素を考えて食事をすれば良いのです。
おやつだって、食事から摂取しにくい栄養素がたっぷりのものって、たくさんありますよね?

食べ物を食べるのではなく、栄養を摂取する。

こう考えたら、食べることへの罪悪感はなくなりませんか?

食べすぎてしまったら、次の日にリセットできるのです。
食べることは毎日です。
日々微調整しながら、食べることを楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性が結婚にメリットなしと感じる点と結婚で得られるメリット

男性の中には結婚すると自由も減るし、メリットどころかデメリットしかないと考える方もいると思います。...

男性のセルフカットの方法!初心者でもできるカットのコツ

男性の皆さんは、普段髪を切る時には理容室や美容室で切っているという方が多いと思いますが、最近は男性で...

雪道をスタッドレスなし走行するテクニックと走行時の注意点

ノーマルタイヤで出かけ、次の日雪が降っていた!ということもよくあります。雪道をなんとかスタッ...

ピアスを開けたいけどバイトで禁止!ピアスの穴を上手に隠す方法

ピアスを開けたいけどバイトで禁止されている・開けたピアスの穴を隠す方法が知りたいという人もいますよね...

【髪の毛を巻く方法】コテなしでも簡単にできちゃう方法を解説

おしゃれに敏感な女子なら、コテを使ってゆるふわ巻き髪にしたいですよね。でも毎日コテを使うとな...

小鼻の黒ずみが取れない!小鼻の黒ずみ・角栓ケアについて

小鼻の黒ずみが取れない!メラニン沈着しているなら、洗顔やパック、マッサージで除去することは難...

好きな人が留学!告白した方がいい?遠距離片思いを実らせる方法

好きな人が留学することになったら、告白した方が良いのか考えてしまいますよね。自分の気持ちを伝えたいけ...

彼女が携帯にロックを掛け始めた!これってもしかして

彼女が携帯にロック掛けてる!?今まで、ノー・セキュリティだったのに!これって、もしか...

眉をペンシルで書く時の基本の書き方やポイントを解説

普段眉をペンシルを使って書いている方も多いと思いますが、その書き方で本当に大丈夫ですか?眉の...

タイルに貼ったシールの剥がし方!剥がすコツと簡単な方法を解説

小さなお子さんがいるご家庭では、子供がシールをベタベタ貼ってしまうことに頭を悩ませることもあるでしょ...

目が細いイケメン男子が人気の理由とさらにモテる方法とは

目が細いイケメン男子はどこかミステリアスなイメージなのが魅力的ですよね。イケメンというと大き...

生理がなく妊娠が発覚、大学生という立場で悩んでしまったら

生理がなく調べてみたらまさかの妊娠。大学生だってあることです。学生という立場上、この先どうすれば...

彼氏がピアスを嫌がる理由と納得させるコツや対処法とは

彼氏がピアスを嫌がるのはどうしてなのでしょう?彼女のピアスを嫌がる理由とは?では、そんな彼女...

前髪を切りすぎた!ぱっつん前髪を簡単にオシャレに見せるテク

前髪くらいなら、自分で切ってしまう女子は多いですね。ですがなぜか「切りすぎた!」という悲しい...

電話に出ない時の言い訳!彼氏と電話したくない時の上手な言い訳

彼氏から電話がかかってきても、なんだか電話をしたくない気分のときもありますよね。出ない時に使える上手...

スポンサーリンク

食べる・食べ過ぎ・食べちゃった、食べた後の罪悪感をなくすための考え方とは

ダイエットや健康を意識している人にとって、スイーツ、焼き肉、ラーメンなど誘惑はたくさんあります。
そんな誘惑に負けて少しのはずがついつい食べ過ぎちゃうなんてことも多くあると思います。

そのような人は、食べすぎてしまったという罪悪感を感じ自分を責めてしまう傾向にあります。
しかし、それは反省しているとは言えず改善につながることは少ないのです。
ルールを厳しく設定しすぎることでストレスがたまりやる気も失ってしまいます。

自分を責めるだけでは何も始まりませんし、「食べてしまった」という罪悪感だけで寝ればすぐに忘れます。

本当に改善したいのであれば自分を責めるのではなく、何が悪かったのか、次につながる対策を考えると良いでしょう。

どんなダイエットをしているかは人それぞれですが、一日の気の緩みに負けずダイエットを継続していくことが重要です。

食べることへの罪悪感をなくすには?食べないからって痩せるわけじゃない!

食事をしないで痩せることは簡単です。
しかし不健康な痩せ方、リバウンドになりやすい体を作ってしまうし、短期間で終わってしまうダイエットは真のダイエット成功者とは言えません。

食べることで罪悪感を感じるかもしれませんが、考え方を変えると罪悪感もなくなります。

きちんと食べる事が健康的だという考え方に変える

そもそも適切なダイエット方は「ちゃんと食べて運動すること」なので食べることこそがダイエットのためになると考えると罪悪感はさほどないのではないでしょうか。

筋肉になりやすい食べ物、代謝を良くしてくれる食べ物、食事のバランス、食べる時間、食べ方などルールや決まりごとなどたくさんでてきますが、いかに楽しくダイエットをするかを考えるとやはり食べることが重要ではないかと思います。

食べてストレス少なくダイエットすることはダイエットを続ける秘策になりますね。

食べる罪悪感をなくす、3つの考え方

食べたいものは食べる

食べる順や時間帯を考えた上で食べたいものを食べることが大事です。
その分ダイエットのモチベーションにつながる可能性も大きいですね。
食べないで我慢することがストレスとなり過食の結果を生み出すことにもなりますので、スイーツ、ステーキ、ジャンクフードなど適度に食べたいものは食べるようにしていきましょう。

リカバリを忘れずに

食べすぎて胃に入った内容物がすぐに脂肪へ変わることはありません。
その後2~3日以内にリカバリすれば心配はないのです。
しかし、そのリカバリを怠ると蓄積され脂肪へと変わります。
食べ過ぎた食事のリカバリの方法はダイエット本やネットですぐに検索することができますよ。

食べる時間を楽しみ

食べてしまった罪悪感を感じながら食事をすると美味しいものを食べても美味しいと感じなくなる心理があります。
それが小さなストレスとなり積み重なってしまうと、過食の原因にもなります。
ストレス発散の方法は人それぞれですので、運動で発散する人もいれば、食べて発散になる人もいますので、注意してくださいね。
食事の時間に楽しむことで、噛む回数も増え満腹中枢が刺激される効果もあります。

食べることを『喜び』ましょう!リラックスして食事を楽しみましょう!

「食事=リラックス」と前提した上で考えると、それは交感神経と副交感神経に影響があります。

罪悪感を感じて食事をしていると交感神経が活発になり消化悪くなります。そして、老廃物を体に溜め込んでしまいます。
一方、リラックス状態であると消化の働きをを助ける副交感神経が活発になるのです。

これらの関係性を知れば、食べることはさほど悪いことではないと罪悪感を少しでもなくすことができます。

食に対する気持ちを変えることもダイエットにつながる1つであることがわかりますね。

そして、よりリラックス状態のときの方が効果的ですので、友達と楽しく食事したり、腹式呼吸で呼吸を整えながら食事に集中すると、リラックスすることができますよ。

食べ過ぎたっていいじゃない!食べ過ぎた次の日にすることって?

食べすぎてしまったら、次の日の食事を意識してみましょう。

  • 1食、スムージーや酵素に置き換える
  • 食べすぎたら1食抜いて調整する
  • ビタミンB1・B2を取り入れましょう(B1→糖質をエネレギーにチャンジ、B2→脂質をエネルギーにチャンジ)
  • カリウム成分をとる(体内に取り入れすぎてしまった塩分をカリウムを摂取することで必要以外の塩分を排出してくれる)
  • 食物繊維が含まれた食べ物をとる(食物繊維はお通じをよくする働きがありますのでデトック効果がある)

食べたいときは食べることを楽しみ、次の日に調整しプラマイ0にすると食べ過ぎた罪悪感をなくすことができますね。

無理なダイエットを控え、少しでもストレスなく、健康的にダイエットを成功させたいですよね。
若いうちに痩せやすい体作りをして、それを保ちながら年齢を重ねていくことが理想ですね。