注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

初心者で運転が下手な人ができる対処法!運転前の準備が肝心です

初心者で運転が下手、なかなか運転が上達しないという人もいますよね。運転が苦手な人は、あまり自分で車の運転をしたくないと思うことでしょう。

ですが、どうしても車の運転をしなくてはならないときもあります。そんな時はどんなふうに運転をすれば良いのでしょうか。運転が上手な人の特徴って?

そこで今回は、運転が下手な人ができる対処法と運転が得意な人の特徴についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

顔を左右対称に矯正するには?矯正方法と歪みの原因

人間の顔は左右対称にはなっていませんが、あまりにも左右非対称で歪んでいる場合は、矯正することで左右対...

警察と検察の気になる仲、両者の仕事の役割を解説

刑事ドラマなどを見ていると、警察と検察の仲が悪いと感じてしまうこともあります。テレビの影響で、実際に...

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできる?水槽の作り方

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできるのでしょうか?掃除をしないでキレイなままの水槽であればとても...

社交ダンスはパートナーとの関係が重要!パートナーの選び方

社交ダンスを楽しむ人にとっては、パートナーとの関係は重要です。お互いに信頼し合える仲ならばダ...

カナヘビのエサは何が最適?赤ちゃんカナヘビの飼育方法

カナヘビのエサで一般的なのはコオロギですよね。しかし赤ちゃんカナヘビになると、餌にも注意をしなければ...

ネット情報の正確性とメリット・デメリット!正確な情報の探し方

ネットには色々な情報が溢れています。果たしてその情報はすべて信用できるもので、正確な情報なのか気にな...

有精卵を孵化させる方法!必要条件と孵化までの期間・対策を解説

鶏の卵を孵化させてみたいときは、有精卵を手にい入れることで孵化させることができます。でも、実際の方法...

趣味にかけるお金の月平均は?30代既婚男性の趣味のお金の相場

30代の既婚男性は、一ヶ月にいくらのお金を趣味に使用しているのでしょうか。30代の既婚男性の中には、...

浪人生経験者が思う友達問題…大学入学後の友人関係について

浪人をして大学に入った方の多くが心配することの一つに、「大学に行ってから友達ができるのだろうか…」と...

眉毛の剃り跡の消し方とは?剃り跡を綺麗に隠そう!

眉毛が濃い人の悩み、それが眉毛の剃り跡です。剃った後の青い眉毛がどうしても目立ち、どう隠せばいい...

絵のコツ【顔の描き方】上達するポイントやバランスの取り方

絵のコツについて、顔が上手に描けないという人はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?人の顔を...

【カーテンの選び方】遮光カーテンの特徴と等級の違いについて

朝日の入る寝室や、大きな通りに面して明かりが室内に入りやすい部屋などは、カーテンからの光が気になるも...

涙袋の作り方!簡単メイクや筋トレでできるポイント、効果とは

涙袋の作り方は簡単なマッサージやトレーニングによっても作れるそうです。まずは、手軽にアイシャ...

彼女が男友達と海に遊びに行く時の彼氏の本音や嫉妬の対処法

自分の彼女が友達と海に遊びに行く、その中に男友達もいると聞いたらどう感じますか?全然気にしな...

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることが...

スポンサーリンク

運転が下手・苦手な初心者は出発前の準備が大事!

初心者のうちは、運転に対しての苦手意識や不安な気持ちを感じることのあるでしょう。
その不安を解消するためにも、出発前に事前に準備を整えることは非常に大切です。

運転途中に何かトラブルに気が付くと、さらなる動揺を招く可能性があります。
余計な心配をせずに運転するためにも、準備をして心に余裕を持ちましょう。

  • 座席シートの位置調節
  • ルームミラー、サイドミラーの角度調節
  • ガソリンの残量確認
  • 目的地までの時間や道のりを把握
  • 同乗者を含む、全員もシートベルトの着用確認
  • 高速道路を利用する場合は、ETCカードの確認

これらの項目は、運転前に最低限準備や確認をしておくべきことです。

他にも事前にトイレを済ましておく、時間に余裕を持って出発することも大切ですね。
トイレに気が取られて、集中出来ずに運転することは危険ですし、時間に余裕がなく焦った気持ちで運転することも危険です。

車の状態の確認だけでなく、心の準備も必要ですね。

運転が下手な初心者あるある

初心者の運転が下手な人ならではの特徴

当てはまることがあれば、少しずつでも改善するように心がけましょう。

  • 出発するだけで緊張
    運転座席に座って、ミラーの調節、座席の調節、エンジンをかける、この過程ですでに緊張してしまうということは、運転下手な初心者のあるあるです。
    アクセルを踏んでみると思ったよりも急発進になってしまい、慌ててブレーキを踏むと急ブレーキになってしまう。
    緊張ゆえに適度な力加減を把握することも出来ていません。
    これでは目的地までに運転が、非常に心配になってしまいます。
  • バック駐車や車庫入れが苦手
    運転下手な初心者ではなくても、特に女性はバック駐車や車庫入れが苦手だという人はいますね。
    通常の運転とは向きも感覚も違うので、そこの苦手意識が出るのでしょう。
    バックだとハンドルを切る方向がわからなくなったり、車庫入れは壁と車の距離や感覚がわからず、不安な気持ちだけが芽生えてしまうことがあるようです。
  • 高速道路は恐怖
    高速道路を運転することももちろんですが、入り口を間違えないだろうか、料金所はどこにあるのかということにも不安を感じるようです。
    無事に高速道路に行けても、気の休まる暇もなく車の波に乗らなければなりません。
    やはり高速道路は、運転下手な初心者にはプレッシャーを感じるポイントのようです。

初心者や運転が下手な人の車に乗ると車酔いしやすい?

せっかくの外出も、車酔いしてしまうと台無しですよね。

そもそも車酔いは、揺れや加速減速という衝撃が体に伝わり、平衡感覚に関係している三半規管が刺激されることで起こります。
三半規管を刺激されると自律神経が乱れて、結果として車酔いを引き起こします。

運転が下手だと、急加速や急ブレーキ、急ハンドルなどで大きく揺れが伝わることがあります。
おそらくこのような操作が、車酔いを引き起こしやすくなると考えられます。

運転に慣れている人だと、感覚をわかっているので、急な操作になってしまうことが少ないですよね。
急な操作が少なく、安定した運転に乗ることが出来、車酔いを最小限に抑えることが出来ます。

もちろん運転技術だけでなく、道路状況やその日の体調、車内の臭いなど車酔いを引き起こす可能性のある要因はあります。

しかし、他の要因と運転技術の低さが重なれば、高い確率で車酔いを引き起こされてしまうと思いませんか。

運転が下手・初心者であることを周囲に知らせる方法

自分では初心者だから、運転が苦手だからということはわかります。
しかし他の車のドライバーは、あなたが初心者なことや運転が苦手なことを知りません。
立派な一人のドライバーだと思って運転しています。

ではどのように、周囲の車に知らせたらいいでしょう。

一番確実にわかりやすく、周囲の車に知らせるには、ステッカーを使う方法があります。

初心者の場合は、自動車免許を取得して1年間は、初心者マークのステッカーを使うことは義務です。
運転に慣れていないので注意して下さいと、周囲に知らせる義務があるのです。

1年間は表示義務がありますが、1年を経過したら必ず取らなければいけないという義務はありません。
運転に自信がない場合は、免許取得から1年以上経過している人でも表示していても構いません。

運転に自信が持てるようになるまでは、初心者マークを使うということも一つの方法です。

初心者マーク以外でも、運転が下手ですとストレートに書いているステッカーもあるようです。

運転に自信がない場合は、このようなステッカーを使ってみるのもいいですね。

周囲の車が注意をしてくれるので、事故を予防することも期待出来るでしょう。

運転が上手な人の特徴は?

運転が上手な人と下手な人、何が違ってこのような差が生まれるのでしょう。

運転が上手な人の特徴を知って運転の参考にしよう

車間距離に余裕がある

前の車との距離が近く、車間距離に余裕がない運転をどう思いますか。
安心出来ないし、何より危険ですよね。

車間距離に余裕がないと、些細な出来事でも事故の引き金になってしまいます。

安全に正しく運転している人は、車間距離にも余裕を持っています。

ウインカーなどのタイミング

右左折や車線変更のときに使うウインカーですが、周囲の車に知らせるために行うことです。
直前にウインカーをあげても、周囲の車にとっては困惑してしまいます。

ウインカーは右左折や車線変更の前に行うことです。
直前に行うことではありません。

余裕を持ち、周囲の車に確実に伝えることの出来るタイミングで、ウインカーは出すようにして下さい。

周囲の状況の把握

車の運転が上手だと思う人は、常に周囲の状況を把握しています。
どこに車がいる、どこで車線変更をする必要があるなど、いつも周囲に目を向けています。

周囲の状況をわかっているからこそ。迅速で的確な判断で運転をすることが出来るのです。

どうですか。
このようなことに注意して、運転への苦手意識を克服しましょう。