注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

初心者で運転が下手な人ができる対処法!運転前の準備が肝心です

初心者で運転が下手、なかなか運転が上達しないという人もいますよね。運転が苦手な人は、あまり自分で車の運転をしたくないと思うことでしょう。

ですが、どうしても車の運転をしなくてはならないときもあります。そんな時はどんなふうに運転をすれば良いのでしょうか。運転が上手な人の特徴って?

そこで今回は、運転が下手な人ができる対処法と運転が得意な人の特徴についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2週間で2キロ太った!普段と同じ生活をしているのに太る原因

たった2週間で2キロも太ったら焦りますよね。しかも、いつもどおりの生活をしているのに体重が増えてしま...

友達夫婦が羨ましい。そう感じてしまったら読んでください!

友達夫婦が羨ましい。どうしたらあんなに仲良くできるのかな?それでは、あなたが友達の旦那さ...

会社用のメイクはナチュラルなのが好印象。基本のメイクのコツ

会社に出勤する時はメイクはしていますよね。もしかするとそのメイク、手抜きメイクになっていませんか...

前髪を巻くのにとれる方へ!前髪を1日キープする方法

せっかく時間を掛けて前髪をセットしたのに、気が付くとぺったりとしていたり、逆にボワボワに膨らんでいた...

アラフォーの彼女と別れたい時の別れ方と注意点・恋愛傾向を解説

アラフォーの彼女と別れたいと考えるとき、彼女の年齢などを考えて別れを躊躇してしまうこともありますよね...

好きな人が留学!連絡がきた時・連絡をする時の連絡のとり方

片思い中の好きな人が留学してしまうことになったら、しばらくの間会うことができずに寂しい思いをしてしま...

医者が患者に恋愛感情を抱くことはある?医者と患者の恋愛事情

医者と患者がお互いに恋愛感情を抱くことはあるのでしょうか。実際、患者さんがお医者さんに恋愛感情を抱い...

コスプレメイクには下地が大切なワケと理想の陶器肌を作る方法

コスプレメイクをするときに、最も大切なのが基本となる下地づくりです。では、コスプレメイクをす...

化粧ブラシの正しい使い方!プロがやってるベースメイクの秘訣

ベースメイクの仕上がりがいまいちだとか、なんとなく疲れた顔に見えるという方には、ファンデーションをブ...

鏡とカメラの自分の顔が違うのはどうして?本当の自分の顔とは

「鏡に写った自分の顔と、カメラで写した自分の顔が違う」と違和感を感じている人もいますよね。鏡の中の自...

高校の卒業証明書が必要…廃校になった場合の対処方法

高校の卒業証明書が必要なのに、すでに廃校となっているときにはどうしたらいいのでしょうか?卒業証書のコ...

新卒基本給15万の会社に入社する時のチェック項目と生活実態

新卒で基本給15万が多いか少ないかの判断は難しく、決して余裕がある金額ではありませんが、地方では基本...

都内で博物館デート!カップルにオススメな写真も撮れるスポット

デートがマンネリになってきた?何か新しいデートスポットはない?と思っていませんか?都内でデー...

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなるのは、〇〇レベルで惹かれてるから!

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなる…。これには、きちんとした生物学的根拠があるんです!赤ちゃ...

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

スポンサーリンク

運転が下手・苦手な初心者は出発前の準備が大事!

初心者のうちは、運転に対しての苦手意識や不安な気持ちを感じることのあるでしょう。
その不安を解消するためにも、出発前に事前に準備を整えることは非常に大切です。

運転途中に何かトラブルに気が付くと、さらなる動揺を招く可能性があります。
余計な心配をせずに運転するためにも、準備をして心に余裕を持ちましょう。

  • 座席シートの位置調節
  • ルームミラー、サイドミラーの角度調節
  • ガソリンの残量確認
  • 目的地までの時間や道のりを把握
  • 同乗者を含む、全員もシートベルトの着用確認
  • 高速道路を利用する場合は、ETCカードの確認

これらの項目は、運転前に最低限準備や確認をしておくべきことです。

他にも事前にトイレを済ましておく、時間に余裕を持って出発することも大切ですね。
トイレに気が取られて、集中出来ずに運転することは危険ですし、時間に余裕がなく焦った気持ちで運転することも危険です。

車の状態の確認だけでなく、心の準備も必要ですね。

運転が下手な初心者あるある

初心者の運転が下手な人ならではの特徴

当てはまることがあれば、少しずつでも改善するように心がけましょう。

  • 出発するだけで緊張
    運転座席に座って、ミラーの調節、座席の調節、エンジンをかける、この過程ですでに緊張してしまうということは、運転下手な初心者のあるあるです。
    アクセルを踏んでみると思ったよりも急発進になってしまい、慌ててブレーキを踏むと急ブレーキになってしまう。
    緊張ゆえに適度な力加減を把握することも出来ていません。
    これでは目的地までに運転が、非常に心配になってしまいます。
  • バック駐車や車庫入れが苦手
    運転下手な初心者ではなくても、特に女性はバック駐車や車庫入れが苦手だという人はいますね。
    通常の運転とは向きも感覚も違うので、そこの苦手意識が出るのでしょう。
    バックだとハンドルを切る方向がわからなくなったり、車庫入れは壁と車の距離や感覚がわからず、不安な気持ちだけが芽生えてしまうことがあるようです。
  • 高速道路は恐怖
    高速道路を運転することももちろんですが、入り口を間違えないだろうか、料金所はどこにあるのかということにも不安を感じるようです。
    無事に高速道路に行けても、気の休まる暇もなく車の波に乗らなければなりません。
    やはり高速道路は、運転下手な初心者にはプレッシャーを感じるポイントのようです。

初心者や運転が下手な人の車に乗ると車酔いしやすい?

せっかくの外出も、車酔いしてしまうと台無しですよね。

そもそも車酔いは、揺れや加速減速という衝撃が体に伝わり、平衡感覚に関係している三半規管が刺激されることで起こります。
三半規管を刺激されると自律神経が乱れて、結果として車酔いを引き起こします。

運転が下手だと、急加速や急ブレーキ、急ハンドルなどで大きく揺れが伝わることがあります。
おそらくこのような操作が、車酔いを引き起こしやすくなると考えられます。

運転に慣れている人だと、感覚をわかっているので、急な操作になってしまうことが少ないですよね。
急な操作が少なく、安定した運転に乗ることが出来、車酔いを最小限に抑えることが出来ます。

もちろん運転技術だけでなく、道路状況やその日の体調、車内の臭いなど車酔いを引き起こす可能性のある要因はあります。

しかし、他の要因と運転技術の低さが重なれば、高い確率で車酔いを引き起こされてしまうと思いませんか。

運転が下手・初心者であることを周囲に知らせる方法

自分では初心者だから、運転が苦手だからということはわかります。
しかし他の車のドライバーは、あなたが初心者なことや運転が苦手なことを知りません。
立派な一人のドライバーだと思って運転しています。

ではどのように、周囲の車に知らせたらいいでしょう。

一番確実にわかりやすく、周囲の車に知らせるには、ステッカーを使う方法があります。

初心者の場合は、自動車免許を取得して1年間は、初心者マークのステッカーを使うことは義務です。
運転に慣れていないので注意して下さいと、周囲に知らせる義務があるのです。

1年間は表示義務がありますが、1年を経過したら必ず取らなければいけないという義務はありません。
運転に自信がない場合は、免許取得から1年以上経過している人でも表示していても構いません。

運転に自信が持てるようになるまでは、初心者マークを使うということも一つの方法です。

初心者マーク以外でも、運転が下手ですとストレートに書いているステッカーもあるようです。

運転に自信がない場合は、このようなステッカーを使ってみるのもいいですね。

周囲の車が注意をしてくれるので、事故を予防することも期待出来るでしょう。

運転が上手な人の特徴は?

運転が上手な人と下手な人、何が違ってこのような差が生まれるのでしょう。

運転が上手な人の特徴を知って運転の参考にしよう

車間距離に余裕がある

前の車との距離が近く、車間距離に余裕がない運転をどう思いますか。
安心出来ないし、何より危険ですよね。

車間距離に余裕がないと、些細な出来事でも事故の引き金になってしまいます。

安全に正しく運転している人は、車間距離にも余裕を持っています。

ウインカーなどのタイミング

右左折や車線変更のときに使うウインカーですが、周囲の車に知らせるために行うことです。
直前にウインカーをあげても、周囲の車にとっては困惑してしまいます。

ウインカーは右左折や車線変更の前に行うことです。
直前に行うことではありません。

余裕を持ち、周囲の車に確実に伝えることの出来るタイミングで、ウインカーは出すようにして下さい。

周囲の状況の把握

車の運転が上手だと思う人は、常に周囲の状況を把握しています。
どこに車がいる、どこで車線変更をする必要があるなど、いつも周囲に目を向けています。

周囲の状況をわかっているからこそ。迅速で的確な判断で運転をすることが出来るのです。

どうですか。
このようなことに注意して、運転への苦手意識を克服しましょう。