注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

寿司の醤油の付け方とは?多くの人が逆だった!?お寿司マナー

お寿司屋さんに食べに行くときには、どのような醤油の付け方をしたらいいのでしょうか?

高級なお寿司屋さんに行くときには、醤油の付け方を覚えてからにするといいかもしれません。

また、お寿司やさんでのタブーなどにも気をつけましょう。高級寿司の醤油の付け方、回転寿司での醤油の付け方、気になる醤油の付け方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バドミントンを子供の初心者に指導する際に心掛けたいこと

バドミントン初心者の子供にどう指導するべきか、コーチとして一番悩むところでしょう。 バドミント...

指輪のサイズをこっそり測る方法!女性に気付かれない測り方

彼女へのプロポーズはサプライズでしたい、と考える男性も多いと思います。 しかし、ここで困るのが...

猫が怖いのを克服するためにできる方法と猫の意外な特性とは

猫が怖いと感じるのを克服するためには、まず猫の習性やどうして猫が苦手なのかその原因を考えてみましょう...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

同性の嫉妬。男の嫉妬は恐ろしい!男が男に嫉妬するとき

同性の嫉妬。男VS男。 男の嫉妬は恐ろしいのです! 女性は感情で好き嫌いを判断しますが、...

車のブレーキパッドを交換するタイミングと費用の目安

車検の際に「ブレーキパッドの交換時期ですね」と言われることがあります。 ブレーキパットの交換につい...

可愛い子供を産みたい!赤ちゃんはみんなかわいいですよ!

可愛い子供を産みたい!なんて願ってしまうのは、自分にコンプレックスがあるから? どんな赤ちゃん...

文鳥の換羽期の栄養と食事は飼い主さんがしっかりサポートを!

文鳥が換羽期になると、体の羽が抜けて体力も失われてしまいます。この時期は飼い主さんがしっかりと栄養面...

料理の盛り付けの資格、フードコーディネーターの資格や仕事

雑誌の写真や、テレビ番組などでキレイに盛り付けられた料理をみるとより美味しそうに感じますね。 料理...

神社でお賽銭を入れないのはアリかナシか。大切なのは気持ち

神社にお参りに行った時にお賽銭を入れると思いますが、金額に決まりはあるのでしょうか。 大切なの...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

ピアノの先生にするお礼とは?渡し方やタイミングをご紹介

ピアノの先生にお礼をする場合は、何を渡したらいいのでしょうか?同じピアノ教室の方に聞いてもなかなか口...

関西人は性格がきついのではなく、言葉遣いがストレートなのです!

関西人に対するイメージってメディアからの思い込みが多いような気がします。 性格がきついのではな...

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか? 最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

スポンサーリンク

お寿司を食べるときの醤油の付け方で正しいのは?

皆さんはお寿司を食べるとき、どうやって醤油をつけていますか?
シャリに直接ですか?それともネタに直接ですか?

お寿司に醤油をつける場合

シャリではなくネタにつけるのが正しい食べ方です。

よくシャリに醤油をつけて食べたりネタを外して醤油をつけ、シャリに戻すという食べ方をする人がいますが、これはマナー違反となります。

シャリに醤油をつけてしまうと醤油皿の上にご飯粒が散らかってしまい見栄えが悪くなったり、シャリが醤油を吸いすぎて魚の味が感じられにくくなってしまうのです。

寿司の上下をひっくり返してネタの部分に醤油をつけて食べるのが正しいお寿司の食べ方です。
一度に使う醤油の量を少なめにすることでネタとシャリの味がしっかりと感じられるようになるのです。

寿司を手で食べる場

はお寿司をひっくり返してネタが下に来るようにして醤油をつけます。
箸で食べる場合は皿の上でお寿司を倒して持ち直し、ネタが下に来るようにして醤油をつけます。

醤油皿にご飯粒が落ちないように気をつけながら食べましょう。

寿司の醤油の付け方がわからない!軍艦の醤油の付け方

軍艦巻きの醤油はガリでつける

軍艦巻きは逆さまにして醤油を付けようとすると中身が落ちてしまいます。
だからといってご飯に醤油を付けると今度はご飯粒が落ちてしまいます。

軍艦巻きの場合は醤油はどうやって付けるのが良いのでしょうか?

ここで活躍するのがなんとショウガです。
ショウガに醤油を付けた後に軍艦巻きの上部に付ければ良いのです。
醤油とショウガは味が合うので、ショウガの風味を壊すことも無く美味しく食べられます。
こうすることでご飯粒や中身が落ちてしまうことを防げます。

ショウガは苦手と言う人は、軍艦巻きの端の方に少しだけ醤油を付けて食べると品が良く食べられます。

軍艦巻きの食べ方に堅苦しいマナーというのは不要なので、ご飯がこぼれない程度に食べられれば問題はありませんよ。

私は軍艦巻きの上から醤油をたらしてそのまま食べているので、自分が食べやすいと思う方法で美味しく食べるのが良いですね。

回転寿司での醤油の付け方~小皿がない理由~

お寿司を箸で食べる場合

ネタとシャリがバラバラになりやすいため、箸でお寿司を持ち上げてネタに醤油を付けるときが困りますよね。

ネタとシャリがバラバラになりにくい醤油の付け方は、まずお寿司を横に寝かせ、その状態のまま箸で挟んでネタに醤油をつけて食べるようにします。

こうすることでバラバラにならず、ご飯粒も落ちることなく綺麗に食べることができるんです!

醤油用の小皿を置いていない回転寿司もあり、少々困った方もいるのではないでしょうか?
こういったお店では、プッシュ式の醤油さしが備えられているのでネタに直接醤油を付けて食べましょう。
プッシュ式の醤油さしは一滴ずつかけられるので、「かけすぎた!」という状況を避けられるので非常に便利です。

醤油用の小皿をなくすことで、小皿を一つ一つ手洗いしなくてはいけない手間を省くことができ、さらにコスト削減にも繋がります。

昔も醤油用の小皿を使わずにネタに直接つけていたようです。

お寿司屋さんでは手で食べたほうがいい?大人のお寿司マナー

お寿司屋さんでは手で食べた方が良いのでしょうか?

手で食べるも箸で食べるもどちらでも良いです。
手で食べる方が良いとされていますが、箸を使って食べてもマナー違反になるわけではありません。
お寿司は手で食べても箸で食べても良いですが、ガリは必ず箸で食べましょう。

お寿司に醤油を付けたら、一口で食べてしまいましょう!
シャリとネタが口の中で絡み合って美味しさが倍増します。
お寿司を一口かじって残りを再び皿の上に戻すということはマナー違反なのでやめましょう。

ガリは大トロのような脂の乗ったネタを食べた後、味の薄いものを食べるときに口の中をさっぱりとさせる効果があります。
ガリには消臭効果や殺菌消毒効果があるといわれているため、お寿司と一緒に食べられるようになったのです。

ガリで口の中をさっぱりとさせてから次のネタの味が邪魔されることなく楽しめるというわけなのです。

高級なお寿司屋さんに行くときには

高級なお寿司屋さんに行くときは、1週間前くらいには予約を入れるようにしましょう。
予約を入れるときに予算や苦手なネタなどを一緒に伝えておくと良いです。

高級なお寿司屋さんは予約に応じて仕入れをすることがほとんどなので、事前予約が必要なのです。

初めて高級なお寿司屋さんへ行くときは、お店の看板ネタや旬のネタを楽しめる「おまかせ」コースがおすすめです。
そのお店の常連客なら、好きなネタを1貫ずつ頼む「お好み」コースも良いです。

どこのお店でもそうですが、お店側が禁煙ではなかったとしても、カウンターでの喫煙は避けましょう。
周りの人の迷惑にもなりますし、味わいを楽しむためにも喫煙は我慢するかお店の外でしましょう。
臭いは食べ物の風味を落としてしまうので、香水の付けすぎにも気をつけたいところです。

寿司店ならではの専門用語がありますが、それらは従業員の隠語として使われていたこともあり無理に使う必要はありません。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686