注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

車の内装が劣化する原因と劣化を防止する方法について

車の内装は長く乗れば当然劣化しますが、出来ればなるべく劣化せずに、いつまでも綺麗に乗っていたいものですよね。

内装の劣化を早める原因さえわかれば防止することができますが、では、何が原因でダメージを受けるのでしょうか。劣化を防止する方法とは?

内装を綺麗に保つ掃除方法もご紹介!
シートの色によっても汚れが目立つ場合もありますので、車選びの参考にもしてみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眉毛の長さや整え方!基本の美眉でナチュラル美人

メイクをするようになると、眉毛のお手入れもしっかりとしないと顔の印象がどうしても野暮ったく見えてしま...

医者の彼が彼女に求めるものとは?本命彼女になるための指南書

お医者さんの男性は、女性にとてもモテる職業です。女性の中には、外見はタイプじゃないけど、お医者さんと...

元彼を思い出す時のスピリチュアルな引き寄せ・気づき・学びとは

元彼を思い出すと元彼も私を思い出しているって、スピリチュアル的には言うけど、その意味を具体的に知りた...

顔の体操は大事!高齢者向けの簡単な顔や口の体操のやり方を紹介

高齢者になっていくと、人と接する機会が減り話しをする時間も短くなってしまいます。ですので顔や体を...

男性必見!定番シャツをおしゃれに着こなすポイント

男性が私服でよく着るシャツは、着こなし方やシャツの選び方次第で、おしゃれにもダサくも見えてしまうので...

眉毛の形を細くする・書き足す。男性の眉毛の手入れ方法とコツ

男性の皆さん、眉毛のお手入れはしていますか。眉毛で顔の印象は大きく変わってきます。太い眉毛の...

秘書検定の面接で服装や身だしなみの基本や合格するコツとは

秘書検定の面接では、服装や身だしなみについても気をつけなくてはなりません。基本はスーツで受け...

ヘアカラーがプリンになった!セルフカラーでプリンを防ぐ方法

カラーリングした髪の毛が、時間が経ってプリンになってしまったとき、セルフカラーでプリンを防ぐ時はどの...

シールの剥がし方!ガラスに貼られたシールを綺麗に剥がす方法

お子さんがいるご家庭では、子供がシールを貼ってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか...

目が細いイケメン男子が人気の理由とさらにモテる方法とは

目が細いイケメン男子はどこかミステリアスなイメージなのが魅力的ですよね。イケメンというと大き...

女性も帽子のマナーを守っておしゃれな帽子ライフを楽しもう

女性も帽子を楽しむためにも、きちんとした帽子のマナーを身に着けておきたいですよね。女性用の帽...

潜在意識で恋愛を引き寄せる方法!前兆を見極めて素敵な恋愛を

潜在意識をコントロールすれば素敵な恋愛を引き寄せることができるという話を聞いたことはありませんか?有...

セルフで前髪をカットする方法と、失敗した時の対処法とは

セルフで前髪をカットするなら、美容室へ行ってカットしてもらった前髪をキープするくらいの頻度で、カット...

前髪を作りたいけど分かれる人必見!ブローのやり方を見直そう

ちゃんとした前髪を作りたい、ななめ前髪を作りたい…そう思っても分かれるからうまくできない、そんな悩み...

好きな人が留学!連絡がきた時・連絡をする時の連絡のとり方

片思い中の好きな人が留学してしまうことになったら、しばらくの間会うことができずに寂しい思いをしてしま...

スポンサーリンク

車の内装が劣化するのは何が原因?

車の内装も年月が経つにつれて劣化していきます。劣化の原因はその場所によっても違いがあります。

ダッシュボードなどのプラスチックで作られた部品は、紫外線を浴びることで劣化します。もちろん車は紫外線をたくさん浴びることを想定して作られていますので。コーティングをしたりとその対策はされています。しかしこのような対策も永遠ではありません。徐々に効果は薄れていき、劣化が目につくようになってきます。

その他にもいつも頻繁に使用するような場所も劣化が目立ちます。特にハンドルやシートは車に乗るたびに酷使する場所ですから、シートは汗などの汚れが付着するだけでなく、摩擦もおきて布の場合はシートに穴が空いてしまうこともあります。ハンドルは汗と紫外線のダブルですから、劣化が一番進みやすい場所とも言えます。

車の内装が劣化しなために今すぐできることは?

車の内装のいたるところに使われているプラスチック部品ですが、先述したように紫外線を受けることで劣化が進んでしまいます。

紫外線対策としてプラスチック部品にはコーディングが施されていますが、長い間使用するうちにその効果も薄れていき、プラスチックが白く変色してしまったり、歪みが出てきたり、時には割れてしまうこともあります。

気になるプラスチックの劣化を防止する方法はあるのか

もともとプラシチックの劣化は紫外線が大きな原因ですから、紫外線を避けることが防止策となります。

車を使用している際には完全に紫外線をカットする方法はありませんが、駐車している時間帯はサンシェードなどを利用することで、紫外線からの影響を軽減することは可能です。

劣化は長い時間をかけて徐々に進んでいくものですから、劣化をしてしまってからではなく車を購入したときから防止策を行うと、劣化の速度を遅くさせることができます。

車の内装の劣化を防ぐ掃除方法とは?

汚れを付けたままにせずに、ついた汚れをすぐに落とすことも劣化を防ぐ一つの方法です。

車の内装の掃除の仕方をご紹介いたします

プラスチック製品は通常通りクロスを使って、拭き掃除を行っている人も少なくないと思いますが、車内には知らないうちにホコリや細かなゴミが溜まっていき、そのまま掃除をすると傷が付きやすい状態です。そこで拭き掃除の前に、ホコリを取り除いて、さらに傷が付きにくいマイクロファイバークロスを使用します。

傷が付きにくいだけでなく、汚れ落ちがいいのもマイクロファイバークロスの特徴ですから、拭き掃除だけでも汚れをきれいにすることができます。

またクロスが届かないような狭い場所は、綿棒や使い古しの歯ブラシを使って、ホコリやゴミを取り除きましょう。

歯ブラシを使うときも力を入れすぎると、傷の原因となりますので優しく払ってください。このように場所にあった掃除用具を使用することで、隅々まで綺麗にできて、汚れを落とすことが劣化を防ぐことにも繋がります。

車の内装を掃除する時の洗剤は車専用のものがいいの?

上記したように車の内装を掃除するときには、その場所にあった掃除用具があると便利です。

では洗剤はどのようなものを使えばよいのか。車専用を選ぶべきが悩んでしまいますね。
カー用品店に行くと内装専用の洗剤も販売されていますが、ちょっとした汚れなら洗剤を使用しなくてもマイクロファイバークロスで、対応することが可能です。一度で取れなくても何度かこすってみてください。

マイクロファイバークロスで取れない汚れは、いよいよ洗剤の出番ですが、洗剤は家庭用の中性洗剤を使用しても構いません。私はいつも食器洗い用の中性洗剤を少しだけバケツの水の中に入れて使用しています。

このときの注意点はたくさん入れすぎないこと、そして洗剤を使ったあとは水で固く絞ったクロスを使用して、洗剤をきれいに拭き取ることです。

汚れを落としたときについた洗剤もそのままにしておくと、劣化の原因となる場合もありますので注意をしましょう。

その他にも掃除機やシートのゴミを取り除く、大きめのブラシなどがあると便利です。バケツ、ブラシ、洗剤、使い古しの歯ブラシ、綿棒、マイクロファイバークロス、クロスなどは車用の掃除グッズとして、まとめておくと掃除のときの手間が省けます。

汚れが目立たない車の内装の色は?

車の内装の色は、何種類かある中から選ぶことが可能です。車種によっては内装のカラーバリエーションが豊富な車もあります。

明るいカラーの内装を選ぶと、車の雰囲気も明るくなって女性に人気です。

しかし汚れが目立たない。ということを考えると内装のカラー選びにも違いが出てきます。

乗り込み時に靴があたってしまい黒い蹴り傷が気になるのなら、黒やグレーの内装の方が傷や汚れが目立ちにくいですし、ゴミが目立つのが嫌ならベージュだと気になりません。

車に子供をのせてお菓子などの食べこぼしが気になる方には、ベージュがおすすめです。その反面ジュースをこぼしたときなどは、シミが目立ちやすいので選ぶときに頭に入れておいてください。

私はお菓子のカスよりも、ジュースのシミのほうが気になったのでシートの色は黒、その他はグレーを選びました。

迷ったときにはディーラーの方に相談をして、おすすめの色を聞いてみるのも良いですよ。