注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

車の内装が劣化する原因と劣化を防止する方法について

車の内装は長く乗れば当然劣化しますが、出来ればなるべく劣化せずに、いつまでも綺麗に乗っていたいものですよね。

内装の劣化を早める原因さえわかれば防止することができますが、では、何が原因でダメージを受けるのでしょうか。劣化を防止する方法とは?

内装を綺麗に保つ掃除方法もご紹介!
シートの色によっても汚れが目立つ場合もありますので、車選びの参考にもしてみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアスを開けたいけどバイトで禁止!ピアスの穴を上手に隠す方法

ピアスを開けたいけどバイトで禁止されている・開けたピアスの穴を隠す方法が知りたいという人もいますよね...

カナヘビのエサは何が最適?赤ちゃんカナヘビの飼育方法

カナヘビのエサで一般的なのはコオロギですよね。しかし赤ちゃんカナヘビになると、餌にも注意をしなければ...

ホログラムネイルの落とし方のオススメのコツや注意点とケア方法

ホログラムのネイルって普通のネイルの落とし方では、簡単に落ちないですよね。では、そんな頑固な...

深夜にラーメンは太るとわかっていても食べたくなる訳と対処法

深夜にラーメンが食べたくなるのはなぜでしょう?夜飲んだあとは絶対食べたくなる人や、自宅で深夜...

鼻の角栓の取り方とは?気になる鼻はこうしてケアしよう

鼻の角栓がどうしても気になる…。鼻の角栓はどのようにケアしたらいいのでしょうか?鼻の角栓の取り方で気...

カラオケに行きたい男性にはどんな心理が隠れているのか徹底調査

付き合う前に好きな女性をカラオケに誘う男性が多いと言いますが、なぜカラオケなのか気になりますよね。...

電車の中での化粧がダメな理由が知りたい。日本と海外の違い

電車の中で化粧をするのはマナー違反になるのでしょうか。意見は賛否両論ありますが、 ダメな理由とは...

彼女が料理を頑張ってる姿に胸キュンする男性は多いと判明

彼女の料理が美味しいと、それだけで男性は嬉しいものですが、料理が苦手でも頑張ってる姿に可愛いと感じて...

眉毛を剃る男性の理由と正しい整え方のコツでなりたい自分に

眉毛を剃る男性が最近では増えていますが、どうして男性は眉毛を剃るのでしょうか?では、男性の正...

洗濯物の干し方とは?靴下の正しい干し方を紹介します

洗濯物の干し方はそれぞれの家庭のやり方がありますよね。とくに靴下は干し方に違いが出るもののひとつでは...

告白の返事を保留。食事に行った後告白したら返事は保留に

告白の返事を保留に…。関係を発展させたいから告白したのに、保留って!「二人きりで食事...

唇周辺の筋肉の鍛え方!口輪筋を鍛えて印象の良い表情を作ろう

唇の周辺の筋肉には「口輪筋」というものがあります。この筋肉を鍛えることで、女性には嬉しい効果を与える...

整骨院の先生と仲良くなるのはアリはナシか。職場恋愛事情とは

整骨院に通っているうちに、整骨院の先生のことが気になり始めた…。仲良くなる事はできるの?となんとなく...

彼氏が喧嘩になると黙るのはナゼ?その心理と対処法について

彼氏との喧嘩。喧嘩になると、彼氏が黙るのでどうしていいのかわからない。そんな時の彼氏の心...

鏡と写真の顔違う!顔が違って見える理由と本物の自分の顔とは

「鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔違うよね?」こんな疑問を抱いた事がある人もいますよね!鏡...

スポンサーリンク

車の内装が劣化するのは何が原因?

車の内装も年月が経つにつれて劣化していきます。劣化の原因はその場所によっても違いがあります。

ダッシュボードなどのプラスチックで作られた部品は、紫外線を浴びることで劣化します。もちろん車は紫外線をたくさん浴びることを想定して作られていますので。コーティングをしたりとその対策はされています。しかしこのような対策も永遠ではありません。徐々に効果は薄れていき、劣化が目につくようになってきます。

その他にもいつも頻繁に使用するような場所も劣化が目立ちます。特にハンドルやシートは車に乗るたびに酷使する場所ですから、シートは汗などの汚れが付着するだけでなく、摩擦もおきて布の場合はシートに穴が空いてしまうこともあります。ハンドルは汗と紫外線のダブルですから、劣化が一番進みやすい場所とも言えます。

車の内装が劣化しなために今すぐできることは?

車の内装のいたるところに使われているプラスチック部品ですが、先述したように紫外線を受けることで劣化が進んでしまいます。

紫外線対策としてプラスチック部品にはコーディングが施されていますが、長い間使用するうちにその効果も薄れていき、プラスチックが白く変色してしまったり、歪みが出てきたり、時には割れてしまうこともあります。

気になるプラスチックの劣化を防止する方法はあるのか

もともとプラシチックの劣化は紫外線が大きな原因ですから、紫外線を避けることが防止策となります。

車を使用している際には完全に紫外線をカットする方法はありませんが、駐車している時間帯はサンシェードなどを利用することで、紫外線からの影響を軽減することは可能です。

劣化は長い時間をかけて徐々に進んでいくものですから、劣化をしてしまってからではなく車を購入したときから防止策を行うと、劣化の速度を遅くさせることができます。

車の内装の劣化を防ぐ掃除方法とは?

汚れを付けたままにせずに、ついた汚れをすぐに落とすことも劣化を防ぐ一つの方法です。

車の内装の掃除の仕方をご紹介いたします

プラスチック製品は通常通りクロスを使って、拭き掃除を行っている人も少なくないと思いますが、車内には知らないうちにホコリや細かなゴミが溜まっていき、そのまま掃除をすると傷が付きやすい状態です。そこで拭き掃除の前に、ホコリを取り除いて、さらに傷が付きにくいマイクロファイバークロスを使用します。

傷が付きにくいだけでなく、汚れ落ちがいいのもマイクロファイバークロスの特徴ですから、拭き掃除だけでも汚れをきれいにすることができます。

またクロスが届かないような狭い場所は、綿棒や使い古しの歯ブラシを使って、ホコリやゴミを取り除きましょう。

歯ブラシを使うときも力を入れすぎると、傷の原因となりますので優しく払ってください。このように場所にあった掃除用具を使用することで、隅々まで綺麗にできて、汚れを落とすことが劣化を防ぐことにも繋がります。

車の内装を掃除する時の洗剤は車専用のものがいいの?

上記したように車の内装を掃除するときには、その場所にあった掃除用具があると便利です。

では洗剤はどのようなものを使えばよいのか。車専用を選ぶべきが悩んでしまいますね。
カー用品店に行くと内装専用の洗剤も販売されていますが、ちょっとした汚れなら洗剤を使用しなくてもマイクロファイバークロスで、対応することが可能です。一度で取れなくても何度かこすってみてください。

マイクロファイバークロスで取れない汚れは、いよいよ洗剤の出番ですが、洗剤は家庭用の中性洗剤を使用しても構いません。私はいつも食器洗い用の中性洗剤を少しだけバケツの水の中に入れて使用しています。

このときの注意点はたくさん入れすぎないこと、そして洗剤を使ったあとは水で固く絞ったクロスを使用して、洗剤をきれいに拭き取ることです。

汚れを落としたときについた洗剤もそのままにしておくと、劣化の原因となる場合もありますので注意をしましょう。

その他にも掃除機やシートのゴミを取り除く、大きめのブラシなどがあると便利です。バケツ、ブラシ、洗剤、使い古しの歯ブラシ、綿棒、マイクロファイバークロス、クロスなどは車用の掃除グッズとして、まとめておくと掃除のときの手間が省けます。

汚れが目立たない車の内装の色は?

車の内装の色は、何種類かある中から選ぶことが可能です。車種によっては内装のカラーバリエーションが豊富な車もあります。

明るいカラーの内装を選ぶと、車の雰囲気も明るくなって女性に人気です。

しかし汚れが目立たない。ということを考えると内装のカラー選びにも違いが出てきます。

乗り込み時に靴があたってしまい黒い蹴り傷が気になるのなら、黒やグレーの内装の方が傷や汚れが目立ちにくいですし、ゴミが目立つのが嫌ならベージュだと気になりません。

車に子供をのせてお菓子などの食べこぼしが気になる方には、ベージュがおすすめです。その反面ジュースをこぼしたときなどは、シミが目立ちやすいので選ぶときに頭に入れておいてください。

私はお菓子のカスよりも、ジュースのシミのほうが気になったのでシートの色は黒、その他はグレーを選びました。

迷ったときにはディーラーの方に相談をして、おすすめの色を聞いてみるのも良いですよ。