注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?

子猫がクルクルと鳴くのは寂しいとき?それとも嬉しいとき?猫が鳴き声を出すときにはこんな意味があるそうです。

また、子猫のうちに鳴き声にこたえてあげると大人になっても会話がしやすくなるのだとか。どのようにこたえてあげると良いのでしょうか?子猫の気持ちを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させることはできる?注意点と方法

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させたいと考えている人もいますよね。ですが、メダカと金魚を同じ水槽で飼う...

ブリーダーの崩壊とは?猫の多頭飼育による崩壊とその実態

猫のブリーダーの崩壊。あなたもニュースで目にしたこともあるのではないでしょうか。最初は計画的に繁殖を...

浪人生が夏休みで失敗しないための勉強方法と過ごし方

受験に失敗してしまう浪人生。共通点の1つに夏休みの過ごし方があります。夏休みという浮かれた気...

ソフトボールの練習メニューで体育の授業にオススメやコツとは

体育の授業でもソフトボールをすることがありますが、どんな練習メニューをするといいのでしょうか?...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

5ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方と発達に合わせたおもちゃ

5ヶ月の赤ちゃんは寝返りもできるようになり、物を掴むこともだいぶん上手になります。この時期の赤ち...

アメリカの食べ物が大きい理由と日本とは違う食事の特徴とは

アメリカの映画やドラマを見ていると、どの食べ物も大きいので圧倒されてしまいますよね。でも、な...

赤ちゃん【6ヶ月】が寝ない原因とは?寝かしつけや夜泣き対策

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?6...

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたド...

お弁当はパンで簡単美味しいパン弁当!お弁当作りを短縮

朝のお弁当作りは毎日大変ですよね。お弁当のおかずを作るとなると、4~5品くらいは必要になりま...

新生児一ヶ月で外出禁止とされている期間中の過ごし方と注意点

生まれてまだ日が浅い新生児一ヶ月頃までは外出禁止にした方がいいとされています。赤ちゃんが体調...

高卒彼氏との結婚に反対する親!反対する理由と認めてもらう方法

「高卒の彼氏と結婚したいと親に報告をしたら結婚を反対されてしまった」という人もいますよね。学歴な...

離乳食の7倍粥を炊飯器で焚く方法と驚きの時短の裏技を紹介

離乳食で7倍粥だと離乳食も中期のころですね。赤ちゃんの7倍粥はどんな方法で作っていますか?...

跳び箱の練習場所が自宅でできるコツや飛べるようになるポイント

跳び箱の練習は、場所や跳び箱がなくても基礎となる練習や必要な練習をすることができます。では、...

旦那が海外出張で不安!旦那の帰りを待っている妻ができること

旦那様の海外出張が決まり、不安な気持ちを抱えて過ごしているという奥様もいますよね。日本にいるのではな...

スポンサーリンク

子猫がクルクルと鳴き声を出す時の気持ち

猫の鳴き声のイメージって「ニャー」や「ニャオ」ではないでしょうか。

ですが、子猫の場合は「クルクル」という鳴き声を出すことがあります。
「クルクル」と鳴いている子猫は、なにを訴えているんだろうと気になったことはありませんか?

そこで、子猫が「クルクル」という鳴き声を出すときの気持ちについてご紹介します。

子猫は一緒に遊びたい

飼い主さんの元へクルクルと鳴きながら近づいてくる場合には、一緒に遊びたいと思っている可能性が赤いです。

猫って素っ気無いイメージを持たれていますが、意外と寂しがりやな一面もあります。
「構って~構って~」と訴えているのかもしれません。

子猫は飼い主に好意を表している

飼い主さんのことが好き!という気持ちをクルクルという鳴き声で表現している可能性もあります。

飼い主さんにくっついて鳴いていたり、鳴きながらゴロゴロと喉を鳴らしている場合には、好意を表している可能性が高いでしょう。

子猫が鳴き声でクルクルというのは元気なしるし?

クルクル鳴き声を出すときは気持ちが高ぶっている証拠

クルクルと鳴いているとき、近くにおもちゃはありませんか?
おもちゃが無くても、お家の中で何か新しい楽しさを見つけたのかもしれません。

子猫であれば、とても好奇心旺盛な時期です。

色々なことに興味を持ち始める時期でもありますので、新しく楽しいことを見つけてテンションが上がっていることをクルクルという鳴き声で表しているのかもしれません。

気分が高まっているときは無理に止めることはしなくても大丈夫です。
近隣の方に迷惑とならない程度に、存分に遊ばせてあげると良いでしょう。飼い主さんも一緒におもちゃを使って遊んであげると、尚喜ぶかもしれません。

また、子猫の場合には怪我や誤飲などにも充分に注意してあげて下さいね。

子猫の鳴き声「クルクル」は安心しているしるし

猫同士は、基本的に鳴き声でコミュニケーションを取ることはありません。

猫同士でコミュニケーションを取る際には体を使いコミュニケーションを取っています。
例えば、猫同士が鼻と鼻をぶつけ合う光景を見たことはありませんか?
この行為には「おはよう」などの挨拶の意味があります。

このように、猫同士でコミュニケーションを取る場合には体を使うため、鳴き声を使いコミュニケーションを取ることは殆どありません。

唯一、猫同士で鳴き声を使いコミュニケーションを取るのは、「母猫と子猫」の関係の場合のみです。

自分のことを守りきれない子猫を守るために、鳴き声を使うと言われています。

そういったことを考えると、子猫は飼い主さんのことを母猫だと思い、「クルクル」と鳴くことで甘えたい気持ちを表し、安心感を感じているのかもしれません。

子猫の鳴き声「クルクル」以外の気持ちは?

子猫の鳴き声はクルクル以外にも、「ニャー」や「ニャ」と鳴くこともあります。

クルクルと鳴くときには、遊びたい気持ちや飼い主さんへの好意など様々な気持ちが込められていることをご紹介しましたが、ニャーやニャという鳴き声にはどんな気持ちが込められているのでしょうか。

鳴き声「ニャー」に込められている気持ち

猫の鳴き声と言えば「ニャー」ですよね。
また、猫を飼っている方でもこの鳴き声を聞くことが一番多いのではないでしょうか。

この鳴き声には、「ご飯をもっとちょうだい!」や「甘えさせてほしい!」など何かを要求したい気持ちが込められています。

鳴く度に猫に従うのも良くありませんが、適度に付き合う分には良いでしょう。猫の要求していることに気付いてあげましょう。

鳴き声「ニャ」に込められている気持ち

猫の鳴き声を聞いていると「ニャ」と短く鳴くことがありますよね。

飼い主さんが猫の名前を呼んだときや猫に話しかけたときに鳴いていませんか?
この鳴き声は、挨拶や返事である可能性が高いです。飼い主さんのことを仲間だと思って、話しかけているのかもしれませんね。

子猫が鳴き声を出すのに付き合ってあげると?

子猫が「クルクル」や「ニャ」と鳴き声を出す度に、日頃から付き合ってあげるといずれ子猫が大きくなり、飼い主さんが話しかけたときに返事をしたり、相槌をうつ猫にすることができるでしょう。

猫は、自分が鳴くことで飼い主さんが自分の要求していることを叶えてくれると分かると、状況に合わせて鳴くようになります。

飼い主さんが話しかけると猫が「ニャ」と返す、この行動は可愛いものですが、猫が鳴くのは要求が通ると思っているからです。

そのため、要求が通らなくなると鳴かなくなる、または、もっと大きな声で鳴くことも考えられます。

「話しかけると返事をする猫」可愛くて堪らない気持ちは分かりますが、程々にしておいたほうが良いのかもしれません。