注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。

私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありません。

ホルモンの関係や、寝不足、ストレス、様々な要因がありますが、産後に義母と付き合えないと思ったら、付き合わなければいいと思います。

子育てに専念しましょう。夫に協力してもらうのが一番ですが、大抵は当てになりませんよね。

きっぱりさっぱり、理由は言わずに、『NO』といいましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1歳7ヶ月の子供の体重が重い!平均体重と肥満体重・対処法

子育て中のママの中には、赤ちゃんの体重増加について頭を悩ませている人もいますよね。同じ年齢の子供...

幼稚園のコップ袋は何枚必要なのか先輩ママの意見と必要なワケ

初めてのお子様の入園は用意する物がたくさんあって、本当に大変です。またどんな物をどれだけ準備した...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

人間同士の距離感。不快に感じるパーソナルスペースは人それぞれ

人間の距離について。人はそれぞれ自分の『パーソナルスペース』を持っています。不快に感...

犬が舌を出すのはなぜ?寝る時や日常生活で舌を出すこんな理由

犬は寝るときや日常生活で舌を出す行動をすることがあります。飼い主さんからしてみれば、どうして舌を出し...

離乳食とお風呂の順番は?一番はママが気にし過ぎないこと

離乳食が始まる時期になると、離乳食が先か、それともお風呂が先かの順番に悩みます。離乳食で汚れた口...

猫が怖いのを克服するためにできる方法と猫の意外な特性とは

猫が怖いと感じるのを克服するためには、まず猫の習性やどうして猫が苦手なのかその原因を考えてみましょう...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

指しゃぶりをする赤ちゃん!指しゃぶりが激しいときの対処法

赤ちゃんがいつも指しゃぶりをしている、指しゃぶりが激しいことを心配しているママもいますよね。赤ちゃん...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

娘と父親がお風呂に入る!一緒に入るのを卒業する時期の目安

娘さんとのコミュニケーション取りたい、娘が一緒に風呂に入りたいと言うなど、娘さんと一緒にお風呂に入っ...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

スポンサーリンク

産後に義母のことが苦手になるのは仕方のないこと。距離を置きたいと旦那を味方に

結婚したときには、それほど感じなかった義母に関しての苦手意識。でも赤ちゃんを生んだ後の産後になると話は違ってきます。

良い距離感を持っていたのに、赤ちゃんができた途端に毎日のように家に来るようになる。そして時間を考えずに、居座ることも時々ではありません。

産後は特に体が疲れているので、余計な気は使いたくないし、赤ちゃんが寝ているときは自分も横になっていたい。それなのに義母が来るとそうも行きません。

このような問題を抱えている場合は自分からいうと角が立つので、旦那に間にたってもらうのが一番良い方法です。

義母としては嫁に言わされているのだとわかっていても、可愛い息子からのお願いは聞かないわけには行きません。嫁に嫌われるのはなんとも思いませんが、息子には基本嫌われたくないですからね。

会いに来るのは旦那が休みのときなど、自分が義母の相手をしなくても良いときにしてもらいましょう。

もちろんストレートに言うのではなく、旦那に「送り迎えもできるから義母にとっても良いだろう」というような、息子の気遣いという点を全面に出してもらってください。絶対旦那の協力は必要ですよ。

産後に訪れる『ガルガル期』義母どころか実母も夫も苦手になっちゃうホルモンって?

どうして産後になると、今までよりも義母の話や行動が嫌になってしまうのか。それはホルモンの仕業です。

赤ちゃんを守らなくては!そう思う気持ちが、自分以外の人を赤ちゃんに寄せ付けたくなくなってしまう。まさに動物が子供を守る姿勢と同じなのです。そしてその行動に似ているために産後ガルガル期と呼ばれています。

これは義母にたいしてだけではありません。時には産後のお世話に来てくれた自分の母親とぶつかってしまったり、旦那に対して向けられることもあります。

でもこれは、産後の不安定なホルモンのバランスにも関係しているので、徐々に収まっていき、時間が経つとどうしてあんなに心が乱れていたのか?と思うほどです。

そしてケンカになってしまった場合も、自分が悪かったな。と反省することもしばしばです。

実母とは親子ですから、大きなケンカをしても修復が可能です。旦那も結婚した相手ですから、理由を話せば理解をしてくれますね。ここで問題なのは義母です。義母との間に溝ができてしまった場合は修復が難しくなります。

ガルガル期であっても、自分で義母に話をするのではなく、やはり旦那に間に入ってもらうことが一番の解決の近道となりますよ。

産後、義母のことが苦手になったのは出産時の勝手な振る舞いから

産後もホルモンのバランスが乱れていて大変ですが、妊娠時や出産時もイライラすることは多いですよね。

特に出産時は他の人のことを考える余裕がありません。強烈な陣痛の痛みから、わがままを言ってしまうことや、周りに文句を言ってしまうこともあります。

でも旦那や実母なら、そんな事もわかってくれるので安心です。

しかし義母ならどうでしょうか。出産時のトラブルが後々まで尾を引いてしまうことも少なくはありません。

このようなトラブルにならないように、出産時は生まれてから来てもらうように旦那に伝えてもらうのがベストです。

義母にとっては自分も経験者ですから、アドバイスを贈りたい、一緒に立ち会ってあげたい。そんな気持ちがあるのかもしれませんが、遠慮してもらうようにここだけはしっかりと旦那に確認をしておくと良いですよ。

産前・産後の発言で義母のことが苦手に。断ってるのにどうしてグイグイくるのかな?

断ってもグイグイくるタイプの義母、厄介ですね。でもこのようにグイグイ来るのは悪気がない場合がほとんどです。

生まれてきた孫を見たいというのが大前提にありますが、出産は大変なことだとわかっている経験者なので、何か役に立ちたい。そんな気持ちもあるのです。

では、そんな義母に断るときはどうしたら良いのか。悪気がないだけに、こちらも義母に強気な態度で断るわけには、なかなか行きません。

なるべくなら義母の気持ちを傷つけずに、これからも良い関係が続くようにしたいと考えます。

そんなときは義母に自分の気持ちになってもらう。義母ならどうするか?逆に問いかけてみましょう。

「お母さんのときはどうだったんですか?」と聞くことで、ハッと我に帰り嫁の気持ちになれる場合があります。

また「みんなこうしているわよ」というタイプの義母になら、私はこんな風に子育てをしたい。タイプが違うということを話してみると、義母の話を否定することにならずに、義母も引き下がりやすくなるでしょう。

産後、義母の本性を見たり!あの図々しさはどこからくるのか

義母も自分と同じ立場だった時期があったと言っても、その経験は昔の話で今とは時代が違っています。

義母の時代は、夫の母親に逆らうなんてことはなかったのかもしれません。

そして嫁が生んだ子供も、私の孫という感覚で自由に子育てに手出しができて、姑の意見が最優先された時代背景もあります。

そんな中で子育てをしてきた義母は、まさに自分の時代が到来して孫も自由にできると思っていたはずです。しかし時代が代わりそのような時代ではなくなってしまいました。

でもそのことに義母は気がついていないんですよね。病院だって好きな時間にお見舞いにいき、周りも気にせずにおしゃべり、退院した後もそれは続きます。

このような義母には嫁の立場から何を言っても無駄です。旦那や旦那の兄弟を味方に付けて義母を説得してもらいましょう。

嫁がいうよりも、実の子供の言葉の方がぐっと心に響くはずです。また自分もいつかその立場になる日が来るということを忘れずに、義母に対して接することも大切ですよ