注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

妻の過去にどうしても嫉妬してしまうあなたへアドバイス

妻の過去に嫉妬してしまう夫。特に今まで妻が付き合ってきた男性、あるいは関わってきた男性に対して嫉妬してしまうことが多いようです。

妻の過去に嫉妬して辛くありませんか?過去にとらわれ過ぎてしまうと、夫婦仲まで悪化してしまう可能性も否定できません。

妻の過去にどうしても嫉妬しまう気持ちに折り合いをつける方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カラオケの高音の出し方のコツや練習方法と必要なパワーとは

カラオケで高音を出すためには、高音の出し方のコツを掴むことが大切です。では、カラオケで高音の...

彼女のお弁当、迷惑なんだよね。だってマズイから…ごめん

彼女がお弁当を作ってくれる!本来ならば、嬉しいことですが、その弁当、マズイんです…。そん...

雪道をスタッドレスなし走行するテクニックと走行時の注意点

ノーマルタイヤで出かけ、次の日雪が降っていた!ということもよくあります。雪道をなんとかスタッ...

チューリップの球根の掘り上げ・保存方法と植え付けの方法を解説

チューリップの花が終わった後は、球根を掘り上げて保存しておくことで、次のシーズンも綺麗な花を咲かせる...

一重男子を好きな女性の理由とスッキリイケメンになる方法とは

一重男子が好きだという女性が最近増えていますが、ただの一重男子ではなく女性が好きなスッキリイケメンに...

緑の下地の使い方とは?上手く使いこなせばカバー力がアップ

緑の下地の使い方を間違えてしまうと、カバーするどころか顔色が悪く見えてしまう原因に!?緑の下...

地震の液状化現象を再現する実験。自由研究のまとめ方

夏休みや冬休みの自由研究に地震を題材にした自由研究をしたいという方はいませんか?日本は地震大国とも言...

マニキュアのホログラムの完璧な落とし方とは?一工夫してみよう

マニキュアでラメやホログラムを使うと、とてもかわいくなりますよね。でも、落とす時にはそれだけ...

【傷メイクのやり方】簡単初心者向けから本格的な傷の作り方

ハロウィンの時期を中心に、最近は傷メイクというメイク法があります。簡単にペンで書くものもあれば、...

セルフで前髪をカットする方法と、失敗した時の対処法とは

セルフで前髪をカットするなら、美容室へ行ってカットしてもらった前髪をキープするくらいの頻度で、カット...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

問い合わせ電話をかける時のビジネスマナーとポイントを解説

ビジネスシーンでは、取引先などに問い合わせの電話をかけることもあります。この時、電話をかける時の...

レオパは脱皮前後に食欲がなくなる?レオパの脱皮と注意点

脱皮前後のレオパは食欲がなくなるって知っていますか?レオパの食欲がいつもよりないと飼い主とし...

お腹ダイエットの簡単な方法、腸もみマッサージで更に効果アップ

女性が最もダイエットしたい部分、それはお腹ではないでしょうか。何とかお腹をダイエットしたいけど、...

洗濯物の干し方とは?靴下の正しい干し方を紹介します

洗濯物の干し方はそれぞれの家庭のやり方がありますよね。とくに靴下は干し方に違いが出るもののひとつでは...

スポンサーリンク

妻の過去に嫉妬する夫の心理とは

妻が同窓会に出席する度に、わざわざ同窓会中を狙って電話してくる夫もいるようです。
このような男性の多くに共通していることは、妻の特定のことに頭が上がらなかったり、あるいは嫉妬の感情を抱いているということです。

もちろん中には、純粋に妻のことが好きで心配して電話をかける人もいるでしょう。

女性がどんどん社会に進出するようになり、男性と同じように活躍を求められる時代である現在は、学歴や職歴が夫よりも高い妻も多くなってきています。

女性の社会地位は、年々上がる傾向にあり、会社の役員や長として活躍する女性も多く、そんな女性をパートナーに持つ夫は、妻を誇りに思うことよりも、「出来る妻」に対する嫉妬の感情が強く出てしまうようです。

また、男性の関心事は男性の本能から「自分が他人よりいかに上か」ということに執着する人も多いので、妻が自分より明らかに上の学歴や職歴の場合、長年心のどこかに嫉妬心を秘めているというケースも少なくありません。

逆に女性で男性の職歴が上か下かを気にする人は少ないので、男性ほど過去に執着し、女性は過去にこだわらないということが言えるのではないでしょうか。

妻の過去が気になり嫉妬してしまう時の対処法

人生のパートナーとして自分が選んだ妻

この先の長い人生を2人で生きていく大切な人です。

過去にこだわる人は、結婚してからも妻の過去が気になって仕方がないという人もいて、妻の過去を探ったり、周りの人に聞いたりして、妻の過去を知る人もいます。

妻の過去が気になってしまう男性は、自分に自信がない人が多い傾向があります。

過去を知ることで、満足する人は少なく、妻の過去にショックを受ける人がほとんどと言えるでしょう。

でも、冷静に考えてみると、今の自分自身も、あらゆる「過去」があったからこそ、「今」のあなたがあります。

最愛のパートナーには、自分以外の過去はあってほしくないというのは、気持ちはわかりますが、それはあなたのエゴと言えるでしょう。

それに、色んな過去の経験を経て、妻が選んだパートナーがあなたであるという事実は、ゆるぎのないことです。

そのことに自信を持ち、前向きに気持ちを切り替えて過ごすと、おのずと妻の過去は気にならなくなるのではないでしょうか。

妻の過去に対する嫉妬心を和らげる考え方

妻を愛する気持ちが強ければ強いほど妻の過去に嫉妬する

でも、「過去」は「過去」。

タイムマシンでもあれば、過去に戻って変えることもできるでしょうが、現実はできませんよね。

つまり、過去は変えられないということを、自分の頭に叩き込むのです。逆に、妻から、あなたの過去の過ちを責められたらどう思うでしょうか。

「今さら、昔のことを言われたってどうしようもできない」と思いませんか?

過去は変えることは出来ませんが、あなた次第で未来は変えることができます。過去に囚われて執着心を持つくらいなら、未来を変えることに頭を切り替えてみることをおすすめします。

人は嫉妬すると、周りが見えなくなり、執着するものに心が囚われます。

嫉妬心が大きくなると、まるで自分ではないような大胆な行動に出ることもあります。でも、人は自分が興味のあるものにしか嫉妬しないものです。

妻に嫉妬するということ

裏を返せば、それだけ妻のことを愛しているということとも言えます。

嫉妬してはいけないと思うのではなく、こんなに嫉妬するくらい妻のことが好きなんだと気持ちを切り替えると、少しは心が落ち着くのではないでしょうか。

妻の意外な過去、気持ちに折り合いをつけるためには

妻から許しがたい過去のことを打ち明けられた場合

ショックで何も考えられない状態になるでしょう。

この先の2人のことを考えると、あなたがその過去を「許せる」か「許せない」のどちらかで、方向性は変わってきます。

「許す」と心に決めた場合、大切なのは心を前向きに持つことです。

許すと決めたなら、もう過去のことには、一切触れてはいけません。

人間なので、日によって心が落ち込んだり、また嫉妬心が表れたりすることもあると思います。

でも、そんな時でも妻の過去を持ち出して責めたりすることはしてはいけません。

無理にでも、日々のささやかな幸せを感じながら、妻の良いところ、惹かれたところに目を向けて、気持ちを前向きに保ちましょう。

妻に許せない過去があったということは事実でも、あなたと今、パートナーになっている妻に、互いに惹かれて一緒になったということは紛れもない現実です。

過去に目を向けるのではなく、2人の未来に目を向けつつ、心を癒やしていくことが大切です。

こうして、この問題を2人で乗り越えられた時、2人の絆はさらに強く頑丈なものになっているはずです。

妻の過去に嫉妬しても意味がないことを知るべき

妻の過去に嫉妬は妻への愛情の証

好きな相手には、自分だけ見ていてほしいということはほとんどの人が思うことですが、中には、相手の過去までも自分だけのものにしたいという独占欲の強い人もいます。

そして、このような独占欲が強い人は、妻の過去を様々な方法で入手することに熱心で、どうにかして妻の過去を聞き出そうとすることがあります。

そこまでして聞き出した妻の過去を聞いて、また嫉妬心が強くなるという無意味なサイクルに陥ってしまうことも。

妻の過去を聞いたとして、それをあなたの満足する過去に変えるというのは不可能ということを理解しましょう。

妻だって、一生を添い遂げようと誓い、選んだのがあなたなのです。

その決断してくれた気持ちに答えるのが夫の役目ではないでしょうか。

結婚は2人の気持ちが大切です。

互いを思いやる心やいたわる心があって、温かい家庭を築いていけるものです。

変えられない過去に縛られるのではなく、2人の未来を明るいものに変えることに目を向けていくことが一番ではないでしょうか。