注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

告白の返事を保留にしたまま1ヶ月経つ。そろそろはっきりさせて

告白の返事を保留にされたまま1ヶ月経つ。

もう、このあたりではっきりさせた方がいいでしょう。

まず、1ヶ月経っても答えが出ないなら1年経っても答えは出ないでしょう。

告白の返事を保留にする理由として、一番多いのは『キープ』です。
忙しいとかなんだとか理由を言っていても、結局は『キープ』しておきたいのです。

告白した相手の背景や状況を考慮して、健気に待ち続けているかもしれませんが、あなたのことを好きで愛おしいと思う気持があるのなら、絶対に手に入れるはずなんです。

あなたに対して好きという気持ちがあっても、お付き合いというところまでの情熱がないというのが答えなのでしょう。

告白の返事を保留にされて、1ヶ月以上立つのなら相手にこう言ってみてください。

『ダメならきっぱり諦めたいからはっきりさせて欲しい』

相手は、想われているから安心しているのであって、あなたが離れていくと感じたら意外と食いついてくるものです。

それでもダメなら次に行きましょう!
恋愛だもの楽しまなくちゃね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

陶器の人形を処分する方法は?感謝の気持ちを持つことが一番大切

押し入れに眠っている陶器の人形を処分したいけど、人形をそのままゴミに出すのは良くないのでは…と悩んで...

セルフで前髪をカットする方法と、失敗した時の対処法とは

セルフで前髪をカットするなら、美容室へ行ってカットしてもらった前髪をキープするくらいの頻度で、カット...

ワイシャツの腕まくりがヤバい!女子がときめく着こなしとマナー

男性がワイシャツを腕まくりして少し着崩している姿がかっこよくてヤバい!という女性もいます。腕まくりし...

好きな子に彼氏がいて嫉妬してしまう気持ちをどうにかしたい

好きな子に彼氏がいるのを知ってショック…。嫉妬する気持ちはどうやって抑えたらいいのでしょうか?...

絵画の写真の上手な撮り方とは?コツと注意点を徹底解説

デジカメの性能もどんどん良くなっているので、自分の描いた絵画や美術館などに展示してある絵画の写真を撮...

ライブへの差し入れで食べ物は喜ばれる?渡す場合の注意点とは

お気に入りのバンドマンのライブを何回も見に行くと、次は何か差し入れしたいと思いますよね。でも...

腹筋の簡単な鍛え方とは?自宅でやってくびれ女子を目指そう

腹筋を鍛えてくびれを作りたいと思っても、女性の中には腹筋運動が苦手という人も多いと言います。...

問い合わせ電話をかける時のビジネスマナーとポイントを解説

ビジネスシーンでは、取引先などに問い合わせの電話をかけることもあります。この時、電話をかける時の...

ハムスターが擬似冬眠してしまったら温めとマッサージが必要

ハムスターの擬似冬眠を知っていますか?ハムスターを飼育には温度が重要。寒すぎると疑似冬眠をしてしまう...

車を購入した場合の頭金などの入金の時期について徹底解説!

車を購入する場合、ローンを組む人もいれば全額現金で支払う人もいるでしょう。そこで気になるのが...

体の柔軟性について。 柔らかい事のメリットは沢山。意外な効果も

前屈すると床に手が届かない、背中に回した手がくっつかないなど体が硬いと感じている方は多いのではないで...

おばさんは何歳から?50代は?おばさんの年齢について

「私はもうおばさんだから…。」と口では言っていても、心の中ではまだおばさんではないって思っていません...

緑の下地の使い方とは?上手く使いこなせばカバー力がアップ

緑の下地の使い方を間違えてしまうと、カバーするどころか顔色が悪く見えてしまう原因に!?緑の下...

前髪の作り方は切らないでも簡単にできるコツやアレンジ方法

前髪を作りたいけど切りたくないという人もいますよね。では、切らないでできる前髪の作り方とはど...

彼女のスタイルが良くないと嫌ですか?男性の意見とは

女性の考える美の基準と、男性が求める女性の魅力にはズレがありますが、女性は「スタイルが良くない私が彼...

スポンサーリンク

告白の返事を保留。1ヶ月経つけど返事がないのはどうして?

告白して大好きな相手に自分の思いを伝えると、相手の気持ちが気になるものです。

すぐにでも気持ちが聞ければ良いのですが、「少し考えさせて」と告白の返事を保留にされてしまうこともあります。

この「少し」というのは、相手にとっては短くても、待たされる方にとっては長く感じてしまうものです。

告白の返事を1ヶ月も待たされるのはどのような理由があるのか

その理由としては、すぐに答えられない原因があるからということが大きいでしょう。

例えば、自分以外に相手に思いを寄せている人がいたり、他の人からも告白されて迷っているということです。

また、仕事などが忙しく、心に余裕がないという場合もあります。

付き合うことで、周りへの影響がある場合、それを考慮していることもあります。

人によって様々な理由があるでしょうが、個人的には1ヶ月もの長い期間を待たされるということには少し疑問が残ります。

恋愛以外でも言えることですが、1ヶ月もずっと同じ問題を悩み続けて相応の結果は出るのだろうかという疑問です。

複雑な問題の場合、答えは1つではなく、色々な選択肢があることがあります。

でも、ほとんどは自分の決断によって決定していくことが人生です。

よって、1ヶ月もずっと答えを保留しているということは、問題の本質から逃げているか、そもそも考えていないということもおおいに考えられるのではないでしょうか。

告白の返事を保留にされたまま1ヶ月経つ。もう一度チャレンジしてみる!

告白の返事を保留にされて、1ヶ月経っても相手から何もアクションがない場合は勇気を出してもう一度アタックしてみることをおすすめします。

その場合、会っていきなり告白の返事を催促するのは相手にとってもプレッシャーに感じ、引かれてしまうかもしれませんので、最初は軽い世間話から始めて、徐々に2人の距離を縮めるように意識することが良いでしょう。

「久しぶり!何してた?」など相手の近況を聞いたりして、スムーズに会話を楽しむことが大切です。

告白の返事を断るのではなく保留しているということは、相手の中でもどうすべきか決めかねている状態と言えます。

そんな状態の中、1ヶ月おいて再度返事を聞いてみるといういうのは勇気が要りますが、再度アタックすることであなたの本気さが彼女に伝わり、良い返事をもらえるというケースもあります。

もやもやして過ごすのなら、彼女からの返事を聞いてスッキリした気分で過ごす方が良いですよね。

告白したら返事を保留にされた。1ヶ月経つけど返事がないのはNOってこと?

勇気を出して告白をしたら、彼女の返事が「少し考えさせて」というものだった場合、多くの男性は「時間をかけて答えを出してくれる」と捉えるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら、この「少し考えさせて」という言葉が、彼女からすると断りの意味である場合があります。

普通であれば、告白の断りの返事は「ごめんなさい」とか「他に好きな人がいるので付き合えません」などというものが多いですが、このようにストレートに「NO」の意思を表示してしまうことが相手の心を傷つけてしまうため、あいまいな返事をして答えを保留にすることで、そのまま連絡をしないという遠回しなやり方で断るという方法をとる人もいるのです。

自分が告白をした相手が、もしこのような考えで告白の答えを保留にしている場合は、彼女の中ではもう答えは決まっているので、いくらアプローチをかけたところで反応が薄いばかりか、「なんで断っているのに気づいてくれないの!」と悪い印象を持たれてしまうことがあるため、注意が必要です。

もし相手から迷惑そうな表情が見られたら、潔く身を引くことも大切です。

告白の保留期間が1ヶ月経つのなら、はっきりさせましょう

好きな人の前で、勇気を出して告白したのに、1ヶ月も待たされるということは、普通に考えて、相手の気持ちを考えていないということです。

どんなことであっても、自分のことを考えてくれたことであればなおさら、告白を受けた側も誠意を持って真剣に考えなくてはいけませんよね。

待たされている時間というのは、頭の片隅にはその問題がずっとあるので、相手には普通に過ぎる1ヶ月であっても、当人にはとてつもなく長く感じるものです。

1ヶ月、2ヶ月経っても、相手から何のアクションがない場合は、思い切って返事を聞くことがおすすめです。

さりげない会話から始めて、会話の中で「告白の返事が聞きたい」とハッキリ言うことが大切です。

注意しなくてはいけないのは、「返事が聞けたら嬉しいんだけど…」などというあいまいな言い方です。

あいまいな態度をする人は、このようなあいまいな質問をするとさらに返事が引き伸ばされてしまうことが多いからです。

数ヶ月経っても返事がない場合は、割り切って人間関係自体を断ち切ることが良いでしょう。

なぜなら、そのように大事な返事をずっと引き伸ばす人は、あらゆる場面において人としての基本である礼儀やマナーがなっていないことが多いからです。

告白の返事を保留にする人の心理を知って。あなたはどれに当てはまる?

告白を保留する人というのは、どのような心理があるのか

人によってもちろん違いますが、2人の関係性がおおいに影響することは間違いありません。

長い付き合いで、ずっと友人関係だった人から告白された場合は、突然の告白に友達から恋人になれるかどうかを考えて迷うこともあるでしょう。

または、勉強や仕事などが忙しく、恋愛のことを考える余裕がないという人もいます。

または、自分の友達があなたのことが好きなので、付き合うと友達を裏切ることになるという人もいるかもしれません。

そして告白したあなたのことをよく知らないということもあるでしょう。

また、本当は彼女も好きだけど、告白の返事を保留にすることでわざとに焦らしているというケースも稀にあります。

付き合いが長ければ長いほど、あなたのことをよく知っているからこそ、告白の返事を迷うということもあります。

あなたの場合は、どんな理由が当てはまりそうですか?