注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

口紅やメイクが濃い女性心理!好きな口紅の色でわかる女性の性格

真っ赤で濃い口紅を好んでつけている女性もいますよね。口紅だけでなくメイク全体が濃い女性もいますが、これにはどんな心理が隠されているのでしょうか。

口紅の色やメイクの濃さでその女性がどんな心理なのかを知ることはできるのでしょうか。口紅の色でわかる女性の性格は?

そこで今回は、メイクでわかる女性の心理についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友達からの恋愛相談がしつこい時の対策と解決へのヒント

女友達が集まると、決まって話題になるのが恋愛相談です。話題としては盛り上がるのですが、会うた...

中国の結婚式はいくらご祝儀が必要?日本とは違う中国の風習

中国の結婚式と聞いてピンと来ない方がほとんどではないでしょうか。中国の結婚式は日本とは違うため、...

ヘアカラーがプリンになった!セルフカラーでプリンを防ぐ方法

カラーリングした髪の毛が、時間が経ってプリンになってしまったとき、セルフカラーでプリンを防ぐ時はどの...

高卒採用はハローワークで登録!注意点や始める前にやるべき準備

高卒採用もまずはハローワークへの求人票登録が必要です。最近では、採用ターゲットを大卒だけに絞らず...

指輪をつける指の位置はバランスとデザインを考えて決めよう!

指輪の重ね付けっておしゃれで素敵ですよね。でも、自分もやってみたいとは思ってもつける指の位置...

ウーパールーパーはエラが赤いだけじゃない?エラの色の変化

ウーパールーパーといえば、薄ピンクの身体に赤いフサフサとしてエラが特徴で可愛らしいですが、そのエラの...

彼女が化粧テクでビフォーアフターの差が激しい時の彼氏の反応

「詐欺メイク」という言葉が流行るくらい、女性は化粧1つでビフォーアフターが全然違う時もあります。女性...

鏡とカメラの自分の顔が違うのはどうして?本当の自分の顔とは

「鏡に写った自分の顔と、カメラで写した自分の顔が違う」と違和感を感じている人もいますよね。鏡の中の自...

金魚の水槽のフィルター交換方法とは?頻度ややり方を紹介

金魚の水槽のフィルター交換はどのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか?フィルターが汚れてきたときが交...

セルフで前髪をカットする方法と、失敗した時の対処法とは

セルフで前髪をカットするなら、美容室へ行ってカットしてもらった前髪をキープするくらいの頻度で、カット...

心拍数を下げる方法や緊張を和らげるコツとトレーニングとは

緊張すると人は呼吸が早くなったり、心拍数が上がりますが、その上がった心拍数を下げるにはどうしたらいい...

小鼻の角質の正しい取り方とは?間違った情報にご注意を

小鼻の角質が目立つとメイクのノリも悪く、肌も黒ずんで見えてしまいます。取り方についての情報は...

潜在意識で恋愛を引き寄せる方法!前兆を見極めて素敵な恋愛を

潜在意識をコントロールすれば素敵な恋愛を引き寄せることができるという話を聞いたことはありませんか?有...

彼女のスタイルが良くないと嫌ですか?男性の意見とは

女性の考える美の基準と、男性が求める女性の魅力にはズレがありますが、女性は「スタイルが良くない私が彼...

猫のネズミ捕りの罠にかかった時の粘着シートの取り方と予防方法

家に仕掛けてあるネズミ捕りの罠に猫がかかってしまうと、猫の体が粘着シートでベタベタになってしまいます...

スポンサーリンク

口紅が真っ赤な女性やメイクが濃い女性の心理

唇のメイクは、顔の印象を簡単に左右する重要な部分です。

口紅の色に、大胆な「赤」を選ぶということは自分に自信があることを表します。

異性に対して関心が高く、セクシーと言われることに対して問題がない、むしろ嬉しいという人が多い傾向があります。

濃いめのメイクをする女性の特徴としては、何事も自ら積極的に行動を起こし、流行のアンテナを常に張っている人が多いということも。

濃い赤の口紅を塗ることで、自分をより魅力的に見せたいという心理の表れでもあります。

このような女性の多くは、社交性が高く、異性から自分がどう見られているかを意識しているため、異性との交際も積極的に行う人が多いというのも特徴のひとつです。

ただ、濃いメイクをしている人の中には、肌がキレイな人もいますが、中には肌が荒れ気味の人もいます。

実際、心の中に強いストレスや悩みを抱えている場合、それが顕著に肌の状態に表れますので、肌荒れをしている人は注意が必要です。

口紅の色でわかる女性心理!濃い色が好きな人は?

自分に自信が持てない人は、人前でも自分の意見がハッキリ言えなかったり、人から「おとなしいね」と言われることも多いですよね。

そんな弱気な自分を変えるのに、鮮やかな赤の口紅は効果的です。

唇の色が赤くなるだけで、女性らしい華やかさが加わり、表情がガラッと変わります。

不思議と自信も出てくるので、普段と違う赤の口紅に挑戦してみてはいかがでしょうか。
鮮やかな赤ではなく、落ち着いた赤の口紅を選ぶ人は、自分が中心になって注目されるよりも、一歩下がって冷静に判断することの方が向いている人です。

自分から多くを語ることはないですが、奥深い人間性があり、魅力的な人が多いという特徴があります。

このような落ち着いた赤の口紅をしていくことで、「時間をかけて私を知ってください」という印象を相手に与えることもできるので、初めてのデートにしていくメイクに取り入れると良いかもしれません。

また、モーヴと言われる薄い青みがかかった紫色の色を好む人も多いですね。

この色は、藤色とも言われ、落ち着いた色で人気があります。

この色を好んで選ぶ人は、物事を慎重に考えて進めることができる人が多いです。

計画を立てて、忍耐強く行動することができる人が多いというのが特徴です。

口紅に濃い赤を塗りたい女性心理と赤が好きな男性心理

「人を見た目で判断してはいけない」というのは、よく言われることですが、裏を返せば、人の見た目はその人の判断材料となりうるということです。

見た目だけで「この人はこんな人間だ」と判断してはいけないですが、人に与える自分の印象は大切な要素です。

不潔でだらしない見た目では、どんな魅力的な人間だったとしても、相手に受け入れてもらうのは難しいでしょう。

人間は、人間と向き合い、じっくりお互いを知りながら、関係を築いていくものです。

相手が何を考え、どんな風に接していけばいいだろうと考えることで、相手をより深く知ることができます。

これは、生涯のパートナーを探すことでも同じです。

顔は、特に人が相手を見る時に、視覚に入ってくる大切な情報源です。

特に、赤い唇は、男性が好む色でもあります。

女性が赤い口紅をすることは、「異性に対するアピール」が心理的に含まれています。

口紅の色は、シーズンによって流行りの色が出てきますが、基本的に赤系統が外れないというのは、このような理由があるからなのです。

あなたは大丈夫?こんなメイクはNGです

しっかりメイクをした上での真っ赤な口紅というのは外見の印象を変えるのには効果的なメイクですが、他の部分がすっぴんでそこだけ赤の口紅だと色が変に浮いてしまうということがあります。

真っ赤な口紅は、与える印象が強いので、カバーしようとファンデーションを厚く塗りすぎてしまうこともありますが、やり過ぎは禁物です。

赤い色に負けないようにと、他の部分を厚く塗ってしまうと、顔全体が芸者さんのように白く浮いてしまうことも。

顔の気になるシミやソバカスをカバーしようと集中的にファンデーションを塗ったために、近くで見たら塗り壁のようだったと引いてしまう男性も多いので、メイクのやり過ぎには注意が必要です。

また、男性が引くメイクには、やり過ぎのアイメイクもあります。

目は、印象を左右するパーツなので、念入りにアイメイクをしている女性の方が多いのではないでしょうか。

より目を大きく見せるために、アイライナーを使って目の周りを強調するメイクやまつげのエクステは、やり過ぎてしまうと不自然に見られることがありますので程々にした方が良さそうです。

メイクが濃い女性は男性から大事にされないのは本当?

女性にとってのメイクは、毎日欠かせないものです。

あまりにも塗りすぎてしまうメイクは「厚化粧」になってしまいます。

この厚化粧をしてしまう女性は、男性から大事にされないということが言われていますが、その根拠はどのようなことでしょうか。

それは、派手なものに目が行くという男性の本能に関係があります。

男性は、元々狩猟本能があり、派手なものを自分の物にすることで満足する心理があります。

見た目が派手な女性は、男性の目に留まることが多く、声をかけられることも多々ありますが、男性は女性が自分の物になった時点で、女性に対する熱は冷めてしまっていることがあります。

このような男性のほとんどは、すぐに女性に飽きてしまい、新たなターゲットを探しにいくという傾向があります。

そのため、見た目が派手な女性ほど、恋愛が長続きせず、男性から大切にされないということがあるのです。