注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

犬の鳴き声でわかる気持ち!クーン・ワンワン・ウーッでわかる事

犬が「クーン」という鳴き声を出している時は、一体どんな気持ちの時なのかわかりますか?犬の鳴き声によって、その時犬がどんなふうに感じているのかを知ることができるようです。

犬が「クーン・ワンワン・ウーッ」という鳴き声を出すときは一体何を考えているの?

そこで今回は、犬の鳴き声からわかる犬に気持ちについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんが笑うのがみたい。声を出して笑う時期と笑いのツボ

赤ちゃんが声を出して笑うととても可愛いですし、周りもつられて笑ってしまいますね。ニコっと笑ったよ...

軽トラの運転のコツ!普通自動車との違いと運転方法

軽トラというと、農家の方が乗っている車というイメージがありませんか?しかし、最近はそれだけではな...

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。...

1歳半で絵本に興味ない子供!興味を持ってもらう方法と対処法

1歳半なのに絵本に全く興味ない様子の子供。他のお友達はきちんと座って集中できるのに、うちの子供だけ絵...

天才は努力する人に勝てず、努力するものは楽しむ人に勝てない

天才が努力をする。それも楽しみながら。天才にこれをされてしまっては、凡人は太刀打ちできません。...

腕が短い人の洋服選びのポイント~おすすめの袖のタイプ

洋服を買っても、いつも袖が余ってしまうとか、シルエットがキレイに出ないとお悩みの方はいませんか?...

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。...

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう?では、...

スーパーの惣菜が余った!冷凍保存出来るかどうかのポイント

タイムセールや閉店間際にスーパーに行くと惣菜や弁当が半額や割引されていますよね。安いのでつい買うつも...

バレエの柔軟ストレッチ!股関節が固い子供に効果的な練習

体の柔軟性はバレエをする上で大切なことの一つですよね。しかし、「うちの子は体が固くて…」とお悩み...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

幽霊が怖い!恐怖心の克服方法と恐怖を感じるメカニズムについて

幽霊が怖い!わけのわからない恐怖心を克服するには、色々な方法がありますから是非試してみてください...

スポンサーリンク

犬の鳴き声が「クーン」この時の気持は?

犬はどのようなときにクーンと鳴くのでしょうか。クーンと鳴く時には不安を感じている時や自分は弱いという立場を知らせるためです。

子犬のときには高い鳴き声も、成犬になるにつれだんだんと大人の声になってきます。成犬になって子犬のような鳴き方をするときには、飼い主が近くにいなくて寂しいというときやお腹が減っているとき、甘えたいときなどとなります。

このように、弱い立場を知ってもらうときに鳴く以外にもクーンと鳴いているときの気持ちとして、怖いというのをアピールしているときもあります。

そのときには尻尾を隠すように足の間に入れます。

怒られたときや、この犬には勝てないというときにクーンという鳴き声、尻尾を隠すような行動をとります。

叱るときには、このような犬の態度をよく見ることが大切です。クーンと鳴いて尻尾を隠し反省の態度を表しているのにさらに叱るのはやめましょう。また、犬同士の喧嘩になりそうなとき自分の犬が負けを認めている、不安な気持ちを出していたら抱っこをしてあげたり相手の犬から離すようにしましょう。

犬は何かを要求しているときもクーンという鳴き声を出す

飼い主が目の前にいて、クーンと鳴く時にはお願いをしているときでもあります。

ご飯を「待て」とさせているときや、ゲージから出してほしいときにクーンクーンと鳴くこともあります。

このような状態は、犬との関係がきちんとしていることの表れでもあります。命令を聞かなくてはいけない気持ちと犬の欲求の気持ちとが混ざり合ってクーンという鳴き方となるのです。

甘えているときに出すクーンの他には、散歩の前にクーンと鳴くこともあります。これは、早く散歩に行きたい!嬉しい!という気持ちを表しています。

ご飯の待てにしても、散歩の前にしても犬のしたいことをさせてあげることで鳴きやみます。しかし、気をつけなければいけないのがクーンと鳴いたときにすぐに犬の言うことを聞いてしまうと犬とのパワーバランスが崩れてしまいます。

クーンと鳴きさえすれば、してもらえるとならないようにするには一度「待て」や「フセ」をさせて落ち着かせましょう。

犬がクーンという鳴き声を出す時は

子犬の頃から、クーンと鳴くとすぐに抱っこをしてあげるといつでも鳴けば抱っこをしてくれると犬は思ってしまいます。毎回、犬の言うことを聞くことは難しいかもしれませんができるだけかまってあげるといいでしょう。

あまりにも鳴くときには、散歩に行ったりおもちゃで遊んであげるといいでしょう。クーンと鳴くたびにご飯やおやつをあげてしまうと、泣けばもらえると思ってしまいます。

寂しい気持ちや不安なときには、犬は飼い主の顔を見ながら鳴いてきます。このときには、目線を合わせて対応してあげましょう。

なかなか散歩に行くのが難しいというときには、ブラッシングをしてあげたりなでてあげましょう。

犬に触れて安心させてあげることで鳴かないようになります。震えているときには、寒いこともあるので暖かい寝床を用意しましょう。

メスがクンクンと鳴く時には、発情期である場合があります。春・秋の年2回は発情時期となるので、避妊手術をするなどの対応をするといいでしょう。

犬が「ワンワン」と鳴くときの心理

では、犬がワンワンと鳴くときにはどのような気持ちなのでしょうか。

ほとんどの鳴き声はワンワンですが、鳴き方によって気持ちは違います。嬉しいときには、高い声で鳴きます。怒っているときには、低い声になります。

飼い主に向けて鳴くときと知らない人に対して鳴くのでは、ずいぶん声色が違いますよね。知らない人に対して鳴くときには攻撃的で顔つきも違います。

警戒していたり、怒っている鳴き声にも段階があります。尻尾の毛が逆立つくらい身構えていたり大きな低い声で鳴いているときには近づかないようにしましょう。自分の犬がそのような状態のときには、人や犬を近づけないように注意してください。

犬が鳴くときには、何か意味があるのではないかと思ってしまいますが人間の独り言のように、意味がなくとも鳴くときもあります。あまり見かけることのない犬の独り言や寝言は、飼い主が聞くことのできる特権かもしれませんね。

信頼関係が成り立っていて、安心できるパートナーという証とも言えるでしょう。

犬が「ウーッ」という鳴き声を出す時の気持ち

ワンワンではなく、ウーッと唸っているときはどんな気持ちなのでしょうか。クーンのときとは対照的で、耳が前を向いていて、尻尾も立っています。顔にしわが寄っていることが多く牙をみせつけている状態のときは、目の前に敵がいて戦う気持ちがあることを表しています。

犬は、犬が身の危険を感じるとこのような鳴き方をします。

しかし、遊んでいるときにもウーッと唸るときがありますよね。ボールを離さずにウーッと鳴くときには「これは自分のものだ」という気持ちの表れです。

遊ぶのに夢中で、ウーッと唸ってしまうこともありますがそのときにはきちんとしつけることが大切です。遊びの中でも、犬との関係が逆転するのはよくありません。

犬がおもちゃを離さないときには、まず離させることから始めましょう。おやつを見せて、口から離し、きちんと離すことができたらおやつをあげるということを繰り返しすることでおもちゃを離すようになります。

離させるときには、「アウト」のような掛け声をかけましょう。