注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

犬がハーネスを嫌がるときの対処方法や付けるときのポイント

犬にハーネスを付けようとしたら嫌がるのはどうして?ハーネスを嫌がるのにはどのような理由があるのでしょうか?

ハーネスを付けるときには、このようなポイントやコツが必要です。ワンちゃんがハーネスを嫌がったときには、ぜひ無理につけずにまずはこの方法を試してみてください。

ハーネスに慣れるための方法やハーネスの付け方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のお風呂嫌いを改善したい!改善方法と注意点・入浴方法を解説

飼っている犬がお風呂嫌いで、おとなしくお風呂に入ってくれないというお悩みを抱えている飼い主さんもいま...

犬の鳴き声でわかる気持ち!クーン・ワンワン・ウーッでわかる事

犬が「クーン」という鳴き声を出している時は、一体どんな気持ちの時なのかわかりますか?犬の鳴き声によっ...

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉...

ピアノを子供に上手に教える練習方法と親がするべきこととは

ピアノを習っているけど、なかなか上達した姿が見えずに悩んではいませんか?子供の習い事は、ピア...

8ヶ月の赤ちゃん【モグモグ期】が離乳食食べない理由と対処法

生後7、8ヶ月の赤ちゃんは離乳食中期のモグモグ期に入ります。赤ちゃんも食べることに少し慣れて...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

幽霊が怖い!恐怖心の克服方法と恐怖を感じるメカニズムについて

幽霊が怖い!わけのわからない恐怖心を克服するには、色々な方法がありますから是非試してみてください...

新生児のバスタオルは大人と同じはNGな理由と必要枚数

新生児の赤ちゃんが使うバスタオルは、大人と同じバスタオルはやめた方がいいそうです。では、どう...

生後2ヶ月で体重6キロは平均?2ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

「うちの赤ちゃんは2ヶ月体重が6キロだけどこれって普通?」こんなふうに、生後2ヶ月の赤ちゃんがいるマ...

手の大きさを比べるのはあなたに好意があるから?男性心理を解説

男性から手の大きさを比べるように促された経験がある女性もいますよね。もしも自分が好意のある男性からこ...

テレビを見ない子供は良い子に育つ?メリット・デメリット

テレビを見ない子供のほうが頭が良くなる?落ち着きのある子供になりやすい?テレビやゲームなどは...

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです...

嫁が無視をする心理とは?無視をされた時の対処方法や予防法

嫁が無視をしてくるときの心理とは?なんで急に怒り出したのか、わからない旦那さんはもしかしたら気がつか...

モルモットが噛むのが痛い!噛む理由は何?モルモットの飼い方

モルモットを飼っている飼い主さんの中にはモルモットの噛む癖に悩んでいる人もいますよね。モルモットに本...

赤ちゃんのオムツ替えで足の持ち方や困ったときの対処法とは

赤ちゃんのオムツ替えをするとき、足を突っ張ねたり、バタバタさせるときはどうしたらいいのでしょうか?...

スポンサーリンク

犬がハーネスを嫌がるのに無理につけるのはNG!

愛犬がハーネスをつけることを嫌がることがありますが、無理につけることだけは絶対にしないようにしましょう。犬にハーネスをつける時のポイントやコツを紹介します。

ハーネスだけでなく、シャンプーも同じです。嫌がる前にやめましょう。シャンプーならまだいいですが、散歩に行くためのハーネスをつけることを犬が嫌がっていると思っていない飼い主が多いのです。

ハーネスをつけたことがない犬に、突然ハーネスをつけさせ散歩に出かける飼い主が多いのでハーネスを嫌がる犬が多いのです。

まずは犬にハーネスを見せて、観察させます。実際に付けるのはその後で、見せている時に犬が体を硬くしたり、顔を背けたり、その場から離れた時はつけることを諦めましょう。犬の気持ちを理解してあげることが大切です。嫌だと言う気持ちを尊重させ、しばらく中断させることで犬が落ち着きます。怖いものではないということを理解してもらうことが大切なのです。嫌がらないように少しずつ慣らしていくことがポイントです。

犬がハーネスを嫌がるのは付け方が原因なことも

犬がハーネスを嫌がるのは付け方に問題がある場合もあります。みなさんはどのように着けていますか?犬の前に立ちはだかり、正面から近づき、犬の上にかがんで着けていませんか?このような行動は駄目です。犬は目の前に立たれると不安や恐怖を感じます。正面から近づくことが、犬同士では敵意の現れになり、かがむことは威圧になるのです。

ハーネスの正しい付け方を紹介します。まずハーネスにリードをつないで床に置きます。飼い主が犬の正面ではなく横に座り、ゆっくりと胸の周辺を何度か撫でてあげ、ハーネスをそっと首からかけて、ゆっくりと金具を止めるようにすると、嫌がることなく装着してくれます。

ハーネスを嫌がる時は無理をしないでゆっくりと慣れるまで気長に待ちましょう。

犬がハーネスを嫌がるときにはまず慣れることから

犬がハーネスを嫌がる時には、まずは見た目に慣らすことから始めましょう。犬の目の前にハーネスを置いて、匂いを嗅がせてあげます。ハーネスを見せておやつをあげるということをくり返します。犬は頭がとてもいいのでハーネス=おやつと結びつける事ができます。

しかし注意することもあります。もしハーネスに噛みついた瞬間におやつをあげないということです。ハーネスに噛みつくとおやつを貰えると間違えて覚えてしまうからです。

犬がハーネスを見ることに慣れてきたら、次は首に通すことに慣れさせます。犬の頭が輪を通ると褒めてあげおやつを与えます。このようにすることで、輪の中に頭をいれると良いことがあると覚えて行きます。ハーネスの感触に慣れてきたら、ハーネスがずっとつけられる状態にします。おやつを上手に使って慣れさせましょう。

犬のハーネスは体の負担が少ないものを選んであげよう

犬にハーネスを購入する時は体に負担が少ない物を選ぶようにしましょう。通気性がいいと犬への負担も少なくなります。オススメのハーネスは色が目立ち、通気性が良いものです。メッシュタイプのハーネスは通気性もいいので体への負担も少なくなります。

ハーネスは脱着しやすいタイプの物がいいです。犬もハーネスをつけられるのを待っている時間はストレスになります。

犬種が中型犬以上の場合は、胸元にクッション素材が入っているものにするといいです。リードを引っ張った時に、大きな犬はリードが負担になることもあります。クッションが入っているとハーネスが食い込みにくいからです。

又老犬になると犬も散歩をしたいけど体力がなくなっているので体力が落ちている場合もあります。介助のしてくれるような形のハーネスもあるので老犬になっても体への負担が少ないです。

犬のハーネスの使い方や注意点

犬がハーネスをつけることを嫌がったり、抜けてしまう場合があります。ハーネスが抜けてしまう原因は、犬の体型に合っていなかったり、ハーネスが緩んでいることが考えられます。

犬種にもよりますが、ダックスフンドなどの足の短い犬や首の細い犬はハーネスが抜けやすいです。そしてハーネスの装着が正しくないと抜けてしまう原因になります。抜けないハーネスの選び方は、飼っている犬にジャストフィットしているかどうかがポイントになります。装着する時は毎回チェックしましょう。首輪と違いハーネスは口が届いてしまうので、かじってしまうこともあります。破れなどは必ずチェックすることです。

ハーネスのが破れていたり、壊れているのはとても危険です。ハーネスの交換目安は半年~1年と言われています。使用する状況にもよりますが、散歩している時に壊れるのもとても危険なので、こまめに交換することをオススメします。何かの拍子に外れてしまい通行人にケガをさせてしまっては元も子もありません。ハーネスを装着する時は必ず確認してから装着するようにしましょう。