注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

犬がハーネスを嫌がるときの対処方法や付けるときのポイント

犬にハーネスを付けようとしたら嫌がるのはどうして?ハーネスを嫌がるのにはどのような理由があるのでしょうか?

ハーネスを付けるときには、このようなポイントやコツが必要です。ワンちゃんがハーネスを嫌がったときには、ぜひ無理につけずにまずはこの方法を試してみてください。

ハーネスに慣れるための方法やハーネスの付け方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬がズボンを噛むのはどうして?服を噛まれた時の対処方法

犬がズボンを噛むのはストレスがたまっているせい?犬が洋服を噛んでくるときには、きちんと教えてあげるこ...

1歳半の寝かしつけに音楽をかけるならこんな音楽!曲やかけ方

なかなか寝てくれない1歳半頃の赤ちゃんの寝かしつけに毎日困っていませんか?すーっと寝てくれたらど...

亀の飼い方!室内での飼育方法と育て方のポイント

ペットを飼いたいけど、あまりお世話をする時間が取れない方や、留守にする時間が長いという理由で亀を飼っ...

赤ちゃんにママのイライラは伝わる!ニコニコママになるには

赤ちゃんにイライラしているママの気持って伝わるの?リラックス状態か、ストレス状態か赤ちゃんに...

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないの...

男は本能で子孫繁栄したくなる!本能が選びたくなる女性のタイプ

「男の人が浮気をするのは本能だから」という話を聞いたことがある人もいますよね。男の人は子孫繁栄のため...

長男と次男の性格の違いを特徴から検証!産まれ順の影響も

長男と次男の性格にはそれぞれ共通する特徴があり、それによって長男と次男の性格の違いがみえてきます。...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

旦那が怖い。動悸やめまいの症状は?改善策と対処法につてい

旦那が怖い。帰宅時間や週末になると、動悸や頭痛、めまいなどの体調不良が…旦那がキレて...

生後2週間の赤ちゃんが寝ない!原因は魔の3週目?新生児の育児

それまではよく眠っていたのに、生後2週間を過ぎた頃から赤ちゃんが寝なくなってしまう・ぐずるようになっ...

オムツが外れない【夜だけオムツ】はいつ卒業できるのか

オムツが外れない。昼間は外せるけど、夜のオムツがいつまでたっても外せないと心配になりますよね?...

キッチン扉を簡単DIY!カッティングシートを上手に使うコツ

カッティングシートは簡単にイメージチェンジができるDIY初心者にもおすすめのアイテムです。キッチ...

赤ちゃんが音楽を聴いたら喜ぶの?お気に入りの音楽見つけて!

赤ちゃんと音楽の関係って?赤ちゃんだから音楽を聴いても、感想なんて持たないと思っているママ!...

朝は甘いものを食べても太らないのかそれとも太りやすいのか

朝に甘いものを食べれば太らない?それとも太りやすい?太りやすいや太りにくいかは、甘いものを食べる順番...

嫁が実家に帰る頻度が多すぎる?実家に依存してしまう原因と対策

嫁が実家に帰る頻度が多いことにウンザリ…。子供が小さいうちは仕方のないことなのかもしれません。...

スポンサーリンク

犬がハーネスを嫌がるのに無理につけるのはNG!

愛犬がハーネスをつけることを嫌がることがありますが、無理につけることだけは絶対にしないようにしましょう。犬にハーネスをつける時のポイントやコツを紹介します。

ハーネスだけでなく、シャンプーも同じです。嫌がる前にやめましょう。シャンプーならまだいいですが、散歩に行くためのハーネスをつけることを犬が嫌がっていると思っていない飼い主が多いのです。

ハーネスをつけたことがない犬に、突然ハーネスをつけさせ散歩に出かける飼い主が多いのでハーネスを嫌がる犬が多いのです。

まずは犬にハーネスを見せて、観察させます。実際に付けるのはその後で、見せている時に犬が体を硬くしたり、顔を背けたり、その場から離れた時はつけることを諦めましょう。犬の気持ちを理解してあげることが大切です。嫌だと言う気持ちを尊重させ、しばらく中断させることで犬が落ち着きます。怖いものではないということを理解してもらうことが大切なのです。嫌がらないように少しずつ慣らしていくことがポイントです。

犬がハーネスを嫌がるのは付け方が原因なことも

犬がハーネスを嫌がるのは付け方に問題がある場合もあります。みなさんはどのように着けていますか?犬の前に立ちはだかり、正面から近づき、犬の上にかがんで着けていませんか?このような行動は駄目です。犬は目の前に立たれると不安や恐怖を感じます。正面から近づくことが、犬同士では敵意の現れになり、かがむことは威圧になるのです。

ハーネスの正しい付け方を紹介します。まずハーネスにリードをつないで床に置きます。飼い主が犬の正面ではなく横に座り、ゆっくりと胸の周辺を何度か撫でてあげ、ハーネスをそっと首からかけて、ゆっくりと金具を止めるようにすると、嫌がることなく装着してくれます。

ハーネスを嫌がる時は無理をしないでゆっくりと慣れるまで気長に待ちましょう。

犬がハーネスを嫌がるときにはまず慣れることから

犬がハーネスを嫌がる時には、まずは見た目に慣らすことから始めましょう。犬の目の前にハーネスを置いて、匂いを嗅がせてあげます。ハーネスを見せておやつをあげるということをくり返します。犬は頭がとてもいいのでハーネス=おやつと結びつける事ができます。

しかし注意することもあります。もしハーネスに噛みついた瞬間におやつをあげないということです。ハーネスに噛みつくとおやつを貰えると間違えて覚えてしまうからです。

犬がハーネスを見ることに慣れてきたら、次は首に通すことに慣れさせます。犬の頭が輪を通ると褒めてあげおやつを与えます。このようにすることで、輪の中に頭をいれると良いことがあると覚えて行きます。ハーネスの感触に慣れてきたら、ハーネスがずっとつけられる状態にします。おやつを上手に使って慣れさせましょう。

犬のハーネスは体の負担が少ないものを選んであげよう

犬にハーネスを購入する時は体に負担が少ない物を選ぶようにしましょう。通気性がいいと犬への負担も少なくなります。オススメのハーネスは色が目立ち、通気性が良いものです。メッシュタイプのハーネスは通気性もいいので体への負担も少なくなります。

ハーネスは脱着しやすいタイプの物がいいです。犬もハーネスをつけられるのを待っている時間はストレスになります。

犬種が中型犬以上の場合は、胸元にクッション素材が入っているものにするといいです。リードを引っ張った時に、大きな犬はリードが負担になることもあります。クッションが入っているとハーネスが食い込みにくいからです。

又老犬になると犬も散歩をしたいけど体力がなくなっているので体力が落ちている場合もあります。介助のしてくれるような形のハーネスもあるので老犬になっても体への負担が少ないです。

犬のハーネスの使い方や注意点

犬がハーネスをつけることを嫌がったり、抜けてしまう場合があります。ハーネスが抜けてしまう原因は、犬の体型に合っていなかったり、ハーネスが緩んでいることが考えられます。

犬種にもよりますが、ダックスフンドなどの足の短い犬や首の細い犬はハーネスが抜けやすいです。そしてハーネスの装着が正しくないと抜けてしまう原因になります。抜けないハーネスの選び方は、飼っている犬にジャストフィットしているかどうかがポイントになります。装着する時は毎回チェックしましょう。首輪と違いハーネスは口が届いてしまうので、かじってしまうこともあります。破れなどは必ずチェックすることです。

ハーネスのが破れていたり、壊れているのはとても危険です。ハーネスの交換目安は半年~1年と言われています。使用する状況にもよりますが、散歩している時に壊れるのもとても危険なので、こまめに交換することをオススメします。何かの拍子に外れてしまい通行人にケガをさせてしまっては元も子もありません。ハーネスを装着する時は必ず確認してから装着するようにしましょう。