注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

鏡と写真の顔違う!顔が違って見える理由と本物の自分の顔とは

「鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔違うよね?」こんな疑問を抱いた事がある人もいますよね!
鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔が違うと感じるのには、一体どんな理由があるのでしょうか。

鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔はどっちが本当の自分?写真の自分に違和感を感じるのはどうして?

そこで今回は、鏡で見る自分の顔と写真に写る自分の顔が違って見える理由についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼女の男友達。二人でカラオケに行くって言うけど、コレって…

彼女が男友達とカラオケに行く。しかも二人きりで!いくら「友達」だと主張されても、二人...

鼻を小さく見せるメイク方法!すっきりとした鼻筋で美人顔

あなたは自分の顔の、どの部分を直したいと思いますか?自分の鼻にコンプレックスを持っている人も少な...

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で...

突然メールが来なくなるのはなぜ?理由についてをご紹介

突然メールが来なくなることは、よくあります。一番多い理由は単純に、あなたへの興味を失ったから。...

鼻を高く見せるためのメイク方法を習得して美人顔に変身しよう

キレイな人は皆鼻筋がすーっと通っていますよね。でも、団子鼻だと整形するしかないと諦めてしまう人も多い...

既婚者への片思い。諦める、諦めたい!どうしたら諦められるのか

既婚者への片思い。諦める以外ありません。諦めるしかありません。諦める他ありません。...

男性必見!定番シャツをおしゃれに着こなすポイント

男性が私服でよく着るシャツは、着こなし方やシャツの選び方次第で、おしゃれにもダサくも見えてしまうので...

カラオケに行きたい男性にはどんな心理が隠れているのか徹底調査

付き合う前に好きな女性をカラオケに誘う男性が多いと言いますが、なぜカラオケなのか気になりますよね。...

眉毛に長い毛が1本だけ生える理由!老化?宝毛?その理由を解説

眉毛に1本だけ長い毛が生えてくることってありますよね。どうして1本だけ長くなってしまうのか、原因が知...

ワイシャツの腕まくりがヤバい!女子がときめく着こなしとマナー

男性がワイシャツを腕まくりして少し着崩している姿がかっこよくてヤバい!という女性もいます。腕まくりし...

カナヘビのエサは何が最適?赤ちゃんカナヘビの飼育方法

カナヘビのエサで一般的なのはコオロギですよね。しかし赤ちゃんカナヘビになると、餌にも注意をしなければ...

ネット情報の正確性とメリット・デメリット!正確な情報の探し方

ネットには色々な情報が溢れています。果たしてその情報はすべて信用できるもので、正確な情報なのか気にな...

バレエを大人から始めます。教室の扉を開けてあなたもバレリーナ

バレエを大人から始める人、増えています。その動機は様々で、美容やダイエット効果を期待する人もいれ...

彼女のスタイルが良くないと嫌ですか?男性の意見とは

女性の考える美の基準と、男性が求める女性の魅力にはズレがありますが、女性は「スタイルが良くない私が彼...

問い合わせ電話をかける時のビジネスマナーとポイントを解説

ビジネスシーンでは、取引先などに問い合わせの電話をかけることもあります。この時、電話をかける時の...

スポンサーリンク

顔違うよね?鏡に映る顔と写真に映る顔が違うのはなぜ?

鏡に映っている顔と写真に映っている顔が違うと思った事がある人はたくさんいるかと思います。

その理由にはどんなものがあるのでしょうか?

鏡は左右が逆になって映っている

鏡では、左右が逆になって映っているので違和感を覚える事があるかもしれません。

人の顔で、全く左右で同じという人はいません。

多少なりとも、眉の形や目元、口の形や頬の形など、違ってきます。
そのために、写真と見比べると違和感が出てきてしまう事もあります。

逆に写真では、他の人が見ているように見えたりします。

鏡を見る時に無意識のつもりでも意識している

鏡で自分を見る時は、自分では何も考えていないつもりでも無意識に顔に筋肉を引き締めたりして、キメ顔になっていると言われています。

写真と撮る時は、慣れていなければ慣れていないほど緊張してしまい、変にこわばってしまったり、抜けた感じになってしまう事があります。

また、写真では、真正面から光が当たれば映りがよく見えますが、後ろや斜めから光が当たっていれば、影になってくすみになって見えたりします。

鏡や自撮り写真の顔と他人が写した写真の顔違うのは当たり前?

普段、鏡で見ている自分の顔と自撮りしたものはキレイにとれていても、他の人が撮ったものだとキレイじゃないという現象もあるようです。

自撮りに慣れている人は、鏡を見るときのように、やはり無意識に意識しているようで、表情などが普段と変わるようです。

どんな人でもよく見えるような写真が撮れたりするので、写真を見て、実物と全く違っている事がよくあります。

SNSなどでも、もはや誰だか分からないような写真だったりするのを見た事がある人も多いのではないでしょうか。

逆にどんなにキレイな人でも、逆光だったり不意打ちで下の方向から映せば、変に映ってしまう事もよくあります。

また、自分の顔が嫌いだったりして写真が嫌いな人は、写真を構えられるとこわばってしまい、周りの友人達から「集合写真などの写真写りがいつも悪いよね」と言われてしまったりする事もあります。

そういった事で、写真写りのいい人と悪い人、不意打ちの方がいい人と悪い人が出てきます。

鏡と写真の顔違う!本当の自分はどっちか検証して見た結果

「自分がいつも見ている顔は、周りの人がいつも見ている顔よりも80%ほどよく見えている」などと、何かで聞いた事がありますが、それが本当ならばとても恐ろしい事です。
こんな顔でさえ自分だけ80パーセントも良く見えているならば、普段見られている顔なんて恐ろしくて見せれないと思ってしまいます。

しかし、普通に生活をしていて、自然に笑ったような表情が豊かな顔は、無表情に比べれば、だいぶ印象はよくなるようです。

周りの人を見ても、笑顔の人の方が好印象だと思いますので、あまり笑わなかったり、笑っても表情があまり変わらない人は、笑顔を意識してみるのもいいかもしれません。

また、本当の自分はやはり、無意識の時に不意に撮られた写真だと思います。

写真に写った自分に違和感を感じてしまうのはどうして?

写真をみて、自分が自分じゃないように感じてしまうのは、やはり普段は鏡を見る機会の方が多くて、左右が逆の状態で見ているからではないでしょうか。

人間は、食事をしたり、眠ったり、歩いたり、立ったりと、完全に左右対称でバランスよく生活をする事が出来ないために、必ず左右で多少なりとも違いがあると、以前働いていた先でも教わりました。

写真よりも、左右が逆に映ってしまう鏡を見る機会が多いので、どうしても写真を見た時には違和感が持ちます。

もちろん光の加減や位置などによって、写真映りのよさも違ってきますが、いつも見ている方が安心感があるせいか好感を持ったり、いつも見ているものが親近感もあり普通だと思ってしまいがちです。

そして逆に見慣れない事が不快に思ってしまう事に繋がる事もあります。

鏡と写真の顔が違うのにはこんな理由もあった!

「左右が逆なだけでは、そんなに変わらないはず」と思う人も多いでしょう。

印象がそんなに変わるものなのか不思議に思うかもしれませんが、人は、自分から向かって左側を主な情報として、その人を無意識に判断するそうです。

相手を見るときには、相手の右側の情報を中心として見て判断します。

右脳の働き

  • イメージ的
  • 芸術的思考

左脳の働き

  • 言語
  • 論理的思考

また、左目では右の認識をして、右目では左の認識をしています。
右側を主にした印象と左側を主にした印象は変わって見えますし、前髪の分け目の位置が逆になるだけでも、いつものイメージと違うと感じる事もあるかと思います。

そして、メイクをする時にはパーツを見ているので、全体的から(遠くから)見た印象が変わって見えたりもします。

なので、逆に映ってしまう鏡を普段見ていると、いざ写真を見た時に違和感を感じたりする事が大きくなるのです。